秋色リース★いちぢくのアーモンドケーキを作りました。

昨日は、ロンドンの北部、ハートフォードシャーにあるヘンリー・ムーア美術館へ行ってきました。

・・・ムーア?

聞いたことのない方も多いと思いますが、20世紀のイギリスを代表する有名な彫刻家で
日本では箱根彫刻の森美術館で彼の作品を多く見ることができるそうです。

彼が暮らした邸宅と、その庭が野外美術館として期間限定で公開されているということで
そういうのが大好きな夫は大満足だった様子。
そうして、「味覚の秋」だけでなくて、「芸術の秋」…という言葉を思い出したのでしたw



今日は「芸術・アートの秋」ということで、最近の力作をご紹介させてください。

定期的に受講している、フラワーアレンジレッスン。
毎回何を作ろうか迷いに迷って、先生に相談、リクエストさせてもらっています。

今回作ったのは、秋色のリース

リースを作るのは、去年のクリスマス以来だったのですが
その時いただいた解説プリントを少し復習してから挑みました!!

20160922 3

「オレンジ、ボルドー、紅葉、木の実で…」
という色味を希望していたのですが、先生の用意してくださった花材はまさにその通りで、毎回感激です

バラの実も本物っぽい。
ベースに配置した紅葉(落ち葉?)は、市場の方いわくプリザーブドなんだそうですが、
カサカサしないでしっとりしているので、扱いやすかったです。

20160922 4
20160922 5

ほおずきや、ミニバラの配置、形のバランスが難しかった…
(なので先生のアドバイスの通りに

これからしばらくの間、リビングに飾りたいと思います!!

20160922 8

A先生、いつもありがとうございます。




続いて、やっぱり「秋の味覚」ネタも

最近、友達におすそわけしてもらった自家製完熟いちぢくを使って、こんなケーキを焼きました。
Cpicon いちじくのアーモンドケーキ by 勇気凛りん岸田夕子

20160922 6

大好きな料理家さん、岸田夕子さんのレシピです。
アーモンドプードルたっぷりの生地にいちぢくをのせて焼き、
仕上げにレモン汁にラム酒を加えたシロップをた~~~っぷり塗ります。

この最後のシロップのおかげで、ちょっと普通のアーモンドケーキとは別格の美味しさ

・米粉が入手できなかったので「selfrising flour」を使用
・バターと卵はブレンダーで撹拌。

生のいちぢく、実はあんまりでしたが
友達が絶賛するとおり、これはもうすっごく美味しい

20160922 1

色も濃くて、味も甘味も濃い!!
これを生地の上にたっぷりのせて焼きます。加熱しちゃうのもったいないような気もするけど

20160922 2

焼き上がりにレモン果汁1個分を使ったシロップをたっぷりしみこませて
翌日くらいが味がなじんで美味しいと思います。

20160922 7

いちぢくがない季節でも、ベリー類やオレンジなどの柑橘系、桃の缶詰などでもまちがいなく美味しいと思います♪
猛烈におススメでーす


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

【記録】長男4歳、合同バースデーパーティーのこと。

9月もいよいよ半ばを過ぎましたね。
我が家の庭でもドングリとそれ目当てのリスを見る機会が増えています。

さて今日は備忘録。

夏休みも終盤の今月上旬に実施した、
長男とその同じ月生まれのお友達との合同バースデーパーティーのことをご紹介します

ロンドンでは、子供のお誕生会というと、
アミューズメント施設を時間で貸し切ったり、レストランやボウリング場や映画館だったり、
そこへパフォーマーを呼んだり、と色々お楽しみがあるようです。

が、長男のクラスメートはなんと8人
こじんまりとやることが出来るボリュームなので、今回もまた長女の時と同様に自宅開催させていただきました。

お楽しみの目玉も、長女の時に人気だった、バウンシーキャッスル

20160921 12

業者さんはけっこういい加減だったりするのですが
まる一日貸し切りでも、この国ではそんなに高くないのです。

子供たちのご飯は、子供の好きなもので
パスタにおにぎり、ソーセージにからあげ等々!!

20160921 13

ブッフェスタイルで

子供のお誕生日会って、あくまでも子供主役ではありますが
普段お世話になっているママ友にも楽しんでいただきたいなと思うので(プレゼント買ったりの準備も結局親だし)、大人ご飯もちゃんとご用意します。

20160921 1

ますはテーブルに前菜色々を並べて、乾杯
子供が庭で飛び跳ねているのを見ながら。
時折「これちょっと食べたい」とやってくる子供はつまみ食いしてにんまり

20160921 2
20160921 3
20160921 4
20160921 5
20160921 6
20160921 7

「半熟うずらと小芋のトリュフペースト添え」「黒鯛の昆布〆」「ローストビーフと焼きナスのサラダ」「パプリカとキノコのマリネ」
「胡瓜と白菜、ミニ人参のバーニャカウダ風」「海老とアボカドのケイパー風味タルタル」


以上、スペイン人ママさんもいらしたので、和にかたよりすぎぬよう
また、お腹にがっつりたまらないような、おつまみを用意してみました。

20160921 8

パンは、ドライフルーツとナッツたっぷり系を焼きました。

以下は一人一皿。
前菜「サーモンとアボカドのタルタル、2種類のドレッシング」

20160921 9

サーモンの刺し身とスモークをたたいたこってりめのタルタルに、香味野菜入りのサラダをのせ
梅肉ドレッシングと、玉ねぎドレッシングをかけました。

パスタは食べかけ画像になってしまいました…

20160921 10

「Riso 海老のビスク風」
米粒状のパスタに海老の旨みたっぷりクリームソースとパルミジャーノチーズをあえています。
最近これを主人が旨い!とほめてくれたので、調子にのってこの日も登場させてみました。

メインは、煮込みです。
「豚ほほ肉のビール&赤ワイン煮込み」

20160921 11

ビールのコクと赤ワインのコク!!
2日前から仕込んだので、これは我ながら良く出来た味かと思います。
人参のコンフィは、最近美味しかったレストランのまねっこ

余った煮込みは皆さんのお土産に。

そして、バースデーケーキ
実はちょっと手抜きしてしまいまして、ケーキ本体は、ロンドンで受注販売されている日本人パティシエMarumiさんにオーダー。

まちがいなく美味しいケーキの上に、主役がそれぞれ大好きなキャラのプレートを手作りしてのせ
子供が喜んでくれる仕様にしてみました。

20160921 14

プレートは去年作ったのと同じやり方。
塗り絵画像を適当な大きさにプリントアウトし、その上にオーブンシートをのせてチョコペンでなぞり
乾いたところに、着色したホワイトチョコをおおざっぱにのせていきます。

20160921 15

こんなんで大丈夫?という風ですが、裏返すと意外とサマになっているのです。
手がかかるといえば、かかるけど…
年一行事だし、ケーキ本体を楽した分、そこはがんばってみた

20160921 16

4本のろうそくをお友達と一緒に吹き消しました。

準備を一緒にしてくれた、JさんとYさん、ありがとう!!
また、夏休み中に来てくれたお友達、そのお母さま方、本当にありがとうございました!!

20160921 17

楽しい一日となりました


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ハロウィンに!『ほっこり♥かぼちゃのクリームブリュレ風プリン』、長女の転校。

先週中ごろまで、30℃近い気温の日もあったのに
週末にかけて突如めっきり冷え込んできました。
このあまりに急な秋の訪れ!体調を崩さないように、きをひきしめていかないと。

さて、9月。
きっと日本では芋栗南瓜のスウィーツが店頭に並ぶ季節ですよね。
私もこれがだ~~い好きなので、羨ましい限り


今週は、去年今頃のレッスン内容で臨時の料理教室を2回予定していまして
そこではハロウィンの季節に合わせて、デザートはこちらをご用意しています

Cpicon かぼちゃのクレームブリュレ by ケチャ&ウル


ということで、久々に作ってみました。

甘さ控えめ、とろ~りなめらかなのに、後味はほっくり美味しい南瓜プリン
表面をキャラメリゼしてカリカリにクリームブリュレ風に仕上げてみました。


やっぱこれ美味し~~

特別な材料を使うわけでもないのに(今回使用した冷凍かぼちゃ、こちらではある意味高級品ですが)
幸せ~な気分になれる美味しさです

かぼちゃのクリームブリュレ



【コツ・ポイント】
・今回カボチャは、品質の安定した冷凍タイプを使用しました。
・多少水分の多い南瓜や、バターナッツでも食感は若干変わってきますが、同様に作れます。
・でもやっぱりホクホクの南瓜を使って作ると格別!!

20151107 9

私は、Amazonで購入した簡易バーナーを愛用していますが
ない方はもちろんキャラメリゼ無しでもそれはそれで充分美味しいと思います



こちらの学校では新学年のスタートとなる9月。
このタイミングで長女が、ロンドンの現地校へ転校することになりました。

日本では幼稚園の年長にあたるのですが、長女の生まれ月だと、
就学年齢の早い現地校ではYear2(小学校の2年生みたいなもの)になります。
突然お勉強が始まり、算数に到っては「足し算・引き算」だけでなく「掛け算・割り算」までアトランダムに学ぶそうです。

英語の環境の中で、しんどくないかな?
と心配していたけど、クラスに日本人のお友達がいるせいか、初日から笑顔で通ってくれています。

20160916 1
(弟もお姉ちゃんの学校までついて行き、その後自分の通う幼稚園へ…)

まだまだわがままを言って甘えたり愚図ったりすることもある6歳ですが、頼もしいかぎり

多分、ハシゴ送迎が始まって私のほうが大変になってるかも。
早く慣れたいと思います。

20160916 2

日本のおじいちゃんとおばあちゃんに写真送ろう!と、撮った一枚です。
新しい学校でも早くお友達が出来るといいね



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

世界遺産・イギリス国教会総本山の「カンタベリー大聖堂」

カンタベリー旅行記、続きです。

前日のドーバーは強風雨時々晴れ、という微妙な天気でしたが
この日は、半そででも「暑ッ」ってなるくらい、ロンドンの8月後半にしてはめずらしく日差しが強い一日でした。

朝はブリティッシュブレックファストからはじまりました。

20160909 33

ベーコン、ソーセージ、卵料理に、ベイクドビーンズ、ベイクドトマトにマッシュルームソテー。
これに薄切りのカリカリトーストが付きます。

ヨーグルトやシリアル、フルーツもお好みで、ということで
朝から元気いっぱい!!


さて、カンタベリーと聞くと、日本では(私もそうでしたが)、「カンタベリー物語」という文学作品で知られていると思います。
実際、ロンドン市街からも電車で2時間かからない場所にあってアクセスもしやすく、日帰り観光をされる方も多いそうです。

街には3つの世界遺産があって、そのうち一つは一番の観光名所「カンタベリー大聖堂」(Canterbury Cathedral)
イギリス国教会の総本山で、その巨大さは予想以上でした。

20160909 34

歴史を感じる建物が並ぶ街。
そのどこからでも、その荘厳な姿を見ることが出来そうです。

20160909 35

(入口となるクライストチャーチ門)
ここでチケットを購入し、いざ!!

うわ、でかッ。

20160909 36
(映っている部分はおそらく4/1くらい?)

思わず圧倒される大きさです。
横に寄って、さらに入口入って後ろの方からも撮ってみました。

20160909 64
(ベルハリータワー)

高さもあるけど、それ以上に縦横に長いというか、
これまでに見た大聖堂の中では多分ダントツで見学出来る範囲が広い大聖堂でした。

20160909 65

中も、地下礼拝堂以外は基本的にカメラ撮影OK。

身廊です。
しゅっしゅっと高く垂直に立てられた何本もの柱がすごい!圧巻!

20160909 37

この大聖堂の起源は、6世紀の後半、ローマからキリスト教布教の為にここを訪れた聖アウグスティヌス。
その後、国王に反発した大司教が暗殺され…その後、その大司教にまつわる奇跡が起き、信者が集まる巡礼地となった。
そんな歴史があるそうです。

20160909 38

大司教トマスベケットが暗殺された場所。
マータダム(殉教の場)
20160909 39

そこには大小の剣が飾られてあって、なんだかおどろおどろしい…
ここで祈っていたベケットに、国王派の騎士が4人剣を振りかざしたそうです。

20160909 40
(マータダムの天井も高く、ゴシックの先頭アーチが見事)

ちなみに国王(ヘンリー2世)とベケットは、元々親友だったそうで、
それだけに仲がこじれてしまった時の失望や溝も大きかったのかもしれないですね。

チャプターハウス(参事会会議場)
20160909 41
20160909 42

ここで会議などが執り行われたそうです。
ステンドグラスが緻密!!
高~い天井にも手抜かりなく装飾が施されています。

20160909 43
(チャプターハウスの天井)

回廊

これもまた美しい回廊です。
お墓がいくつかありましたが、その柱の間から見える大聖堂の姿も素敵。

20160909 44
20160909 46
20160909 47
20160909 45

通路の天井に描かれている紋章、これも見ているだけで楽しいかも。

20160909 48

次に、地下聖堂に入ると、長男がタタタターッと明るい方へ走っていってしまい
追いかけてみたら偶然薬草園にたどり着きました。

20160909 50
20160909 51

周りにはまるで廃墟のような壁の一部が残っていたりして、なんとも味のある場所です。
中世においては、薬草(ハーブ)が薬としてだけではなく、醸造、染料、インクや消臭剤などに利用されたそうですよ。

ここで、さきほどマータダムで見かけた可愛いお八猫ちゃん再登場

20160909 52

奇声をあげる子供達には「しゃー」と言ってましたが、
大人の足もとにはちゃっかりすりよってくる、可愛い子でした♪

20160909 53

地下礼拝堂(クリプト)
20160909 49

ここは撮影禁止でしたので、写真はありませんが
この大聖堂の中で最も古い部分であることが頷ける、おごそかな空間でした。
大聖堂自体はいかにもゴシックなのに、ここだけロマネスクな半円アーチ天井です。

次に順路に添って歩くと、身廊の奧、聖歌隊席への入口へ。
ここがまたもんのすごい天井高~っ!!

20160909 54

ちょうどこの真上に、大聖堂の中で一番高い塔「ベルハリータワー」があるそうです。

20160909 55

ミサの時に聖職者たちが座る聖歌隊席
20160909 56

大火事で焼けてしまい、現在の姿は12世紀頃に再建されたものだそうです。

トリニティ礼拝堂
20160909 63

12~16世紀の間、ヘンリー8世により取り壊されるまで、前述の大司教トマスベケットの墓が置かれていたそうです。
(他にもヘンリー4世と、黒王子として名高いエドワード王子も埋葬されているそうです)

ここは特にステンドグラスが見事で、本当に見ごたえがありました。
写真ザーッと行きます!!

20160909 58
20160909 57
20160909 59
20160909 60
20160909 61

さすが、イギリス国教会の総本山!!
中世より巡礼の地として崇められているカンタベリー大聖堂は、なんだか包み込まれるような大らかな空気さえ感じました。

20160909 62
(トリニティ礼拝堂)

神聖な大聖堂を拝ませてもらった後は、出口にあるショップへ寄ってみました。
日本で言えばお寺?の売店とは思えない、オサレな雑貨色々、猫好きにはたまらない猫グッズまでありました。

あれ?さっきの八ちゃんは、神聖なマスコットだったのか?!と思わせるこの品揃え。笑

20160909 66

(私はここで、Xmasオーナメントと、猫のティータオルをゲットです。)

写真沢山で長くなりましたので、続きはまた次回。
カンタベリーにある3つの世界遺産のうち残り2つをご紹介します


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

掲載感謝♡『簡単&毎日食べられる?!ゴーヤの梅ゴマ和え』、秋色アジサイで…

ロンドンなのに、9月なのに、まさかの残暑です。
30℃近くあっても、電車(もちろん地下鉄含む)にはエアコン常備されているわけでもないので
かなりへばります。

そんな中で、昨日は家族総出でビザ更新へ出かけてきました。。。ぐったりです。
(完全に暑さに弱くなっている…

さてぐったりも癒えたところで今日ご紹介するのは、暑い季節に美味しい野菜「ゴーヤ」を使ったレシピ

Cpicon 簡単☆毎日食べられる、ゴーヤの梅ゴマ和え by ケチャ&ウル

さすがにロンドンではゴーヤを気軽に入手できなくなったので、毎日は食べていませんが
日本ではその旬の間「ほぼ毎日!!」といっても過言ではないほど食べていました。大好きな味!!です

ゴーヤの苦みに梅の爽やかな酸味とゴマのコク。

なんともハマる、あとをひく味なんですよね~
元々は『Cpicon サラダ感覚✿ゴーヤとツナの梅肉和え by ケチャ&ウル』のアレンジで、ツナを入れるのが面倒臭いときに無しで作ってみたのがきっかけです。

ぜひご家庭のゴーヤレシピのレパートリーに加えてみてください

20160914 6

【コツ・ポイント】

・多めの塩でさっとゆで、冷水に放っておくと苦みが和らぎます。
・梅干しによって塩分量が異なりので、お好みで調節してください(かなり酸っぱい梅干しを利用する場合は、1~2個で十分。さらに、ちみつや砂糖で甘みをプラスすると良いです)


また、この夏&秋向けレシピが掲載されたクックパッドさんの雑誌にも掲載していただきました


クックパッドの大好評レシピ Summer&Autumn (TJMOOK)

宝島社 (2016-08-02)
売り上げランキング: 13,884


夏から秋にかけて使える、大人気の定番レシピからおつまみ、お弁当レシピやおやつレシピ等の様々なジャンルまで
簡単で美味しいレシピが満載の一冊です

20160914 1
(掲載ページ)

関係者のみなさま、クックパッドレシピを参考にしてくださる皆様、ブログ読者のみなさま
いつも本当にありがとうございます!!



ロンドンに来て、大好きになったお花のひとつ「紫陽花」
日本では梅雨の時期に美しい見頃を迎えるものが主流ですが
こちらでは、夏から秋まで色を変えながらず~~っと咲いています。
総じて秋色あじさいと呼ばれるらしく、この季節になるとなんとも味わいのある素敵な色になるんですよ。

これがまた綺麗なドライフラワーにもなる、という話を聞きまして、
立派な紫陽花が沢山咲いている友人に少し分けてもらい、ドライあじさい作りに初挑戦。

20160914 5
(Yさん、ありがとー

また、調べてみるとどうやら我が家の庭に咲いているような、弱小あじさいでも
その水分抜け加減によっては綺麗なドライフラワーになるらしいのです。

20160914 3
(元々は赤よりのピンク色でした、が、もはや枯れかけている…)

2年前に鉢植えを買ってきて、自分で植え、その後放置しっぱなしでこんな風に・・・
枝もひょろひょろ、花房も小さくて大きさもまばら・・・
この日も暑かったせいかクタッとしてます。

20160914 2

ちっさな紫陽花なので、来年のことを考えて花芽を残し短くカット。
切り花の延命剤を花瓶に2センチほど入れて、アジサイをさして、このまま水が蒸発するのを待つそうなんですが

20160914 4

果たして結果はいかに?!
上手に出来たらご報告させてください。って、上手くできるかな~


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP