簡単手抜き絶品サラダ☆彡「みょうがとしらすのグリーンサラダ」

更新ご無沙汰していました。
実は、短い間でしたが日本へ一時帰国をしていまして、
余裕のないスケジュールの中ではあったけど、何年振りかに日本の桜が咲く中でお花見をすることが出来たり
充実した休暇を過ごすことが出来ました!!

そして、ロンドンへ戻って早々に長女の誕生日や学校行事が立て続けにあり
楽しみながらアワアワしながらの毎日です。


さて、今日ご紹介するのは、日本滞在中にハマった「超」簡単手抜きレシピ
みょうが好きさん、おススメですよ~

薬味にちょこっと使うイメージの「みょうが」、これがこのサラダの主役。
みょうがと相性の良い、釜揚げしらすをたっぷり加えて、お好みの和風ドレッシングをかけていただきます

なんて、レシピというより、食べ方のご提案かもですが
あと一品やお酒のあてにも最適なのです!!

Cpicon みょうがとしらすのグリーンサラダ by ケチャ&ウル

20170423 1



【コツ、ポイント】
・レタスミックスはお好みのもので。ルッコラやクレソン、カイワレなど香味のある葉っぱ類を加えるとなお美味しいです。
・さらにトマトやクルミなどのナッツ類、豆腐を加えるなどアレンジを楽しんでください。

20170423 21
(紫色のスプラウトを加えてみました)

日本滞在中にお世話になったキッチンで、それこそ「材料を切って盛り付けるだけ」で満足度の高かったサラダです。
「みょうが」「釜揚げしらす」など、海外ではなかなか入手できない貴重な食材ではありますが


毎回、あまりにもあーっという間の一時帰国。
今回は初めて春に帰ることが出来たので、何年かぶりに日本の桜を拝むことが出来ました。

20170423 22

日本に居れば、長女もこの4月から小学校一年生です。
小さな体には大きすぎるランドセルをしょって、桜の咲く公園へ出かけてみたり

20170423 23

念願の温泉旅行もすることができました


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

アスティエを使ってみた~ポトラック会から普段の食卓まで。

最近我が家にやってきた、白食器。
かわいいけど、お値段が全然そうじゃないという・・・

その元をとるべく、普段使いの食器に加えた結果。

とにかく軽くて丈夫!!
何をのせてもそれなりに見える!!

という結論に至っています。

とある日のポトラック会では、アスティエをいくつか使ってみました。

20170329 1
(角型の大皿2枚、細長い皿2枚、取り皿4枚)

個人的に打ち上げ気分な日ということもあり、楽しいひとときでした。

私が用意したのはサラダ2種類。
それぞれ各皿にのせていただきました。

20170329 2
20170329 3

「温野菜と海老のミモザ風サラダ」
「トマトとカリカリベーコン入りグリーンサラダ」


おつまみ2種類。

20170329 6

「燻製牡蠣と香味野菜のポン酢」
「焼き茸マリネ」


それと、フルーツとナッツ入りのパン、市販のパテ&クラッカーなどを用意しました。

そしてこの日も友人持参の料理が最高に美味しかった!!

20170329 4

「ザーサイとチキンの和え物」
→アスティエの細長い器に一口サイズずつこんもりと盛り付けてみました。
ザーサイが鶏と野菜になじんでいて、お酒がなんでもすすんでしまいそうなお味です。

「シーフードムースみたいなやつのミモザボール(勝手に命名)」

20170329 5

これはプロの味~♪
感動しながらいただきました。

「春雨サラダ」も美味しかったよー!!
大人も子供も大好きな味付けで、大好評!!

20170329 7
(ちらっと見えているのは「燻製サバと胡瓜の細巻き」

タイミング悪く写真をとることができませんでしたが、
この日のデザートは、ケーキ作りを学んできた友人がその技を披露してくれました

いつもありがとう!!



アスティエの食器を使ってみて思ったこと。

シンプルなデザインであればあるほど、料理になじみやすく
その手作り感あふれる味わいが料理を引き立ててくれているな、と思います。

20170329 8
(セロリと海老、きぬさやの塩炒め、白菜と卵のシーザー風サラダ)

なんでもない普段の食卓や、週末のちょっとごちそうメニューの時にまで大活躍です

20170329 9
(鴨のソテー、和風玉ねぎソースとセロリアックのピュレ)

例えばシンプルなトーストの朝食に、これを使うと朝から嬉しい気持ちになれる、
まさに自己満足以外の何物でもありませんが
そういう意味では、お値段に見合う価値があるのかな


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

イースターのアイシングクッキー&フラワーアレンジメント(Easter wreath)

毎年この時期になるとやってくる「イースター」
復活祭と称したキリスト教行事で、お店ではカラフルな卵や、ウサギ、ひよこなどのオーナメントを見ることが出来たり、エッグハントなどのイベントが行われています。

その優しいパステル調の色使いが、不思議と気持ちをあたたかくさせてくれ
春を実感できる嬉しい行事だなと思います

ということで、今年もイースターがテーマのアイシングクッキーを作ってみました

20170327 7

イースターのアイシングクッキー
うさぎ、ひよこ、イースターエッグ(レース、バラ)


パステルカラーにすべくどれも着色料はごくわずか、

今回初挑戦したのが、「バラ模様」
アイシングが乾かないうちにパパッと仕上げなければいけないので、難しかったです…
マッハで作業したつもりでも、葉っぱの部分がツンツンと小さな凸凹になってしまいました。次回の課題

20170327 8

そして、小花は市販品をのせただけ

それでもやっぱり「ひよこ」「うさぎ」のモチーフがかわいくって、
卵に柄を描くのも楽しくて、大満足の作品となりました



さらにイースターをイメージしたフラワーアレンジメントを作りました。
(といいながら作ったのはけっこう前の話

形はリース。
花材はロンドンの花市場で調達して
散々お世話になった先生のアドバイスを思いだして、思い出して・・・

20170327 1

色はひよこをイメージした黄色ベースで、
鳥の巣のような素材感を出すべくリース本体のナチュラルな感じを残しながら、の。

じゃじゃん

20170327 4

イースターのリース(Easter wreath)

使用した花材はすべてアーティフィシャルです。
・こでまり
・フリージア
・カーネーション
・てまりみたいなあじさい
・あじさい(ペールピンク)
・小花色々

20170327 3

リースベースに、こでまりを使って土台とし、
黄色い花をおいて、小花とグリーンを追加→最後に鳥の羽根(これも花市場で入手)をバランスよく配置してみたつもりです。

20170327 2

小花の種類がよくわからないのだけど、近づいてみると造花なだけにへんてこな感じですが
遠目でみるとけっこうかわいい。

本当はこでまりではなくて、カモミールやイギリスの芝生に咲いているデイジーのような小さな花を使いたかったのですが、市場のアーティフィシャルコーナーではそのような花材を見つけられず。

20170327 5

とりあえず長女にはお褒めの言葉をいただきまして、春先までは玄関ドアに飾ろうと思っています。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

2~3月 料理教室記録「和風家庭料理『サーモンの香ばしバター生姜焼き』、『豆ごはん』他」

2~3月の料理教室記録です。

テーマは、「和風家庭料理」
サーモンを主菜に使った、野菜多めでヘルシーかつ食べごたえのある料理
をご紹介させていただきました。

20170325 1

献立

ひとくしおつまみ 焼きホタテとアスパラの梅肉だれ 絹ごし豆腐の冷製スープ


    
副菜 白菜とイカのおひたし     
サラダ ゆで鶏と香味野菜のサラダ みそドレッシング
主菜 サーモンの香ばしバター生姜焼き

ご飯 豆ごはん
ご飯のお供 ホタテの時雨煮


デザート あずきのシフォンケーキ

20170325 2

テーブルにはこの季節出回るチューリップを中心に飾らせていただきました。

サラダ
『ゆで鶏の香味野菜サラダ 味噌ドレッシング』

20170325 3

・しっとりゆで鶏の作り方、皮目、火加減、ゆで時間、湯に加える塩の量と香味野菜。
・使用した香味野菜
・野菜の切り方
・味噌ドレッシングの配合
・見栄えを考えた盛り付け方、肉の切り方

イギリスでは経済的お肉のひとつである、鶏もも肉のフィレ。
骨と一緒に皮もはがれているので、日本の「鶏もも肉」に慣れていた私はカルチャーショックでしたが…
パックから出してそのまんまお湯にポン♪お手軽にできて作り置きも可能、ということで喜んでいただけた一品です。

主菜
Cpicon 鮭のムニエル バタぽん生姜ソース by ケチャ&ウル

20170325 4

日本にいたころ、秋になると出回る「秋鮭」をがっつりご飯のおかずで食べたいな~という思いで考案したレシピです。
ロンドンではさっぱりとした鮭よりも、脂ののったサーモンが主流なうえに美味しいので
今回はこちらのサーモンを使ったアレンジレシピをご紹介させていただきました。

・サーモン うろこ付き皮のはぎ方、お手軽バージョンも。
・下味用塩、振り方と量、適した塩の話
・サーモンの焼き方、火加減と焼き時間など
・生姜の千切り、生姜の選び方、おすすめの切り方
・バターと醤油の相性、炒め加減、ソースの煮詰め加減、仕上げのオーブンとそれに代わる調理器具
・付け合わせ野菜、水菜代用野菜について、切り方

副菜
Cpicon 白菜とイカのゴマ生姜ポン酢浸し by ケチャ&ウル

20170325 6

・白菜のさっと茹で
・冷凍イカ、解凍、湯で加減、切り方
・生姜のみじん切り
・芯の厚みを利用した盛り付け方 など

たっぷりのみじん切り生姜がポイントの超簡単レシピ、盛り付けのひと手間でお客様にも出せる一品となります。

ご飯
『豆ごはん』

20170325 7

春先になると出回る鞘付きのグリンピース。
あの香りがたまらない春ご飯のひとつですが、イギリスではなんとこれが超簡単に美味しく作れてしまうという
材料を入れて炊飯器のスイッチオン♪です。

・使用するグリンピース
・調味料、特に塩の量について

ご飯のお供
Cpicon しっとりふりかけ風♪ホタテの時雨煮 by ケチャ&ウル

20170325 8

・使用するベビーホタテ
・調味料の配合
・炊き方、ほぐし方のこつ
・アレンジについて

私が大好きな常備菜のひとつ。
これさえあればご飯がすすむ!!という優れものです。炊いている間の匂いがたまらない(特に空腹時)。

20170325 9

おにぎりにするのも美味しく、気に入っています。

また今回の「一口おつまみ」は2種類ご用意させていただきました。
その1
『絹ごし豆腐の冷製スープ』

20170325 10

美味しいお出汁をとっておき、それと同重量の絹ごし豆腐、少量の塩と砂糖と生クリームをブレンダーにかけます。
一口のんでほっと和める味です。

その2
Cpicon 焼きアスパラとホタテの梅肉ソース by ケチャ&ウル

20170325 11

先日クックパッドにアップさせていただいたばかりのレシピです。
茹でずに焼いたアスパラと刺し身用ホタテを小皿に盛り、作り置いたネギ入り梅だれをかけました。

また、デザートは和風に。
いつもみなさんに好評なシフォンケーキを焼きました。
Cpicon 和スウィーツ♡小豆のシフォンケーキ by ケチャ&ウル

20170325 12

ゆであずき入りのホイップクリームが個人的にヒットでした。

以上、臨時開催を含め合計14回、お忙しい中ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!
また時期柄、本帰国をされる方も多く、、何度この寂しい思いを経験しなくてはならないのだろう、とつくづく思います
それでも料理教室を通じての出会いは私自身にとって大変貴重で、勉強になることも多く感謝、感謝です。

次回は春休みを挟み、5月以降のご案内を予定しています。
少し間が空いてしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ポルトガル再訪 番外編「ポルトガル食器色々、名菓パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)」

ポルトガル旅行記、番外編。

アズレージョが施された建物が立ち並ぶ美しい街並みに、決して広くはない道路をリスボン名物の路面電車が縫うように走ります。
坂を上ったところにある数々の展望台からは、オレンジ色の屋根が重なって見えたり
通りに面したベランダからは無造作に洗濯物が干されていたり、独特の美しさと活気があふれる場所でした。

シーフードを中心とする料理が美味しいのはもちろん、
ヴィーニョ・ヴェルデ (Vinho Verde)と呼ばれる微発砲のワインが、その料理によく合って美味しいのと、
甘党でなくとも、ポルトガルに来たら必ずお試しいただきたいのが、「ナタ」です。

20170328 10

パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)

要はエッグタルトなんですが、薄めのパリパリパイ生地にやわらか&なめらかカスタードがたっぷり入っていて
お店によっては甘さも控えめ、決して甘党ではない(どちらかというと甘いの苦手)な私でも、ぱくぱく食べられちゃいそうな美味しさです。

いくつか食べた中でも「美味しい」と思ったお店がこちら。

20170328 11
20170328 13
20170328 12

隣のオーブンで焼かれたナタが、あつあつの焼きたてで飛ぶように売れていました。

最終日もここでナタを買って自分用のお土産にと持ち帰りました。
焼きたてにはかないませんが、冷めてもなかなかいけるのです。これとコーヒーで相当幸せになれます。

20170328 14
(パッケージも可愛い)

Fábrica da Nata
dos 68, Praça dos Restauradores 62, 1250-110 Lisboa,
+351 21 793 3766

そして、私が大好きなポルトガル陶器

20170328 8

ポルトガルには、アレンテージョ(手前の棚)やコインブラ(奥の棚)などその地方やメーカーによって特色のあるデザインがあり、それぞれが全く違う雰囲気なのです。
前回旅行した時もそれが楽しかったのですが、今回はちゃんとそれを頭に入れていたので、迷う事なくいいものゲットすることが出来ました。

20170328 7

↑シントラにあった陶器やさん
このお店でイギリスのスーパーWaitoroseで売っている陶器を発見し、「ポルトガルから買い付けてきたのか!」と笑ってしまった

ここではまるでアズレージョのような素敵な長皿に一目ぼれしてしまいました。

20170328 5
(飾っておいたいくらい)

こちらも長皿になりますが、なんとペーナ宮殿のショップで購入したもの。
凹凸タイルのような質感と白地に黒の魚の絵、というモノトーンなデザインが良いな、と。

20170328 1

これ、クラッカーやチーズ等のおつまみをそのままのせるのはもちろん、
子供用にかなりの頻度で作っている細巻きやおいなりさんを盛り付けるとくっつきにくくて、思いのほか便利です。

ボルダロの陶器も外せません。

20170328 9

ボルダロ・ピニェイロ(Bordallo Pinheiro)

裏に刻印されたカエルのマークが目印、質の良い陶器で、キャベツやかぼちゃ、苺やスイカなどの果物やフルーツをモチーフにした遊び心あふれるデザインが魅力の陶器です。ポップなものもあるかと思えば、料理を選ばなさそうなシンプルなデザインのものもあるんですよ~。
バリのジェンガラ焼きが好きな方は絶対に好きなはず。

ロンドンの老舗デパートでも売っているのですが、イギリス人好みの限られたデザインしかない上に、超高い!!
ポルトガル旅行でお気に入りのボルダロに出会ったら、買うべしです

20170328 4
20170328 15

白地に葉っぱが花びら上に施された中鉢と、
刺し身を盛り付ける用に、大きな葉っぱの長皿を買いました。早速重宝しています。

そしてこちらはリスボンの中心地にある、陶器やさん。
品揃え豊富で広い店内のディスプレイも素敵、買わなくても見ているだけで楽しいかもしれません。

20170328 6
(サンタジョスタのエレベーターからも歩いて数分です)

Arte Rústica  
R. Augusta 193, 1100-050 Lisboa,

ここでは、コインブラ地方の陶器、青絵柄シリーズを購入しました。

20170328 2
20170328 3

かわいらしい動物モチーフがたまりません。
前回カラフルなタイプを購入していたのですが、その色ゆえ使い道が限定されるな~と思っていたので
今回は和食器としても違和感なく使える青地をチョイスしました。こちらもかなり重宝しています。

関連記事
ポルトガル・リスボン旅行記①「水族館、陶器やさん他」
ポルトガル・リスボン旅行記②「テージョ川沿いのレストラン、サンジョルジェ城」
ポルトガル・リスボン旅行記③「世界遺産ジェロニモス修道院ほか」
ポルトガルで購入した器
ポルトガル再訪その1「リスボン~ケーブルカーに乗る、シーフードレストラン三昧♪」
ポルトガル再訪その2「世界遺産シントラ~ペーナ宮殿、ムーア人の城壁」
ポルトガル再訪その3「リスボン~サンタジョスタのエレベーターほか、シントラ~レガレイラ宮殿でRPG体験?!」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP