おせち料理「ゆず香る紅白なます」&2018年おせち記録。

あけましておめでとうございます!!

昨年も年末は例年通り旅行をして、帰宅後におせちの仕込みをしまくり
大晦日はテレビで日本の紅白を見(海外にいると、紅白を見たくなるんです)、
イギリスのTVで毎年恒例のカウントダウン花火を見、爆睡!!
元旦を迎えました。

元旦はちょっと朝寝坊して、それでも雑煮とあんこ餅を用意しまして、
その後はご近所さんにおすそ分けするおせちのつめつめ作業・・・

おせちと言えば、渡英直後にかなり悪戦苦闘したのですが、その後は要領を得て、
それなりに日本のおせちを作ることが出来まして、毎年少し多めに作りご近所さんにおすそ分けをしています。

仕込み中から、子供達が「おせち早く食べたい~~」と興味を示してくれるのが本当にうれしいです

さて、今日ご紹介するのは、おせち料理の中の代表レシピ

Cpicon おせち料理 ゆず香る紅白なます by ケチャ&ウル

おせちを作るようになって、かれこれ20年以上経つのかな・・・(年齢がバレますが)
中でも「紅白なます」は、大根と人参の重量を計ることなんてしないので、ついつい適当に作っちゃうんですけど
人からレシピを聞かれることも多く
毎年とっていたメモをまとめて行きついたものをご紹介させていただきます!!

うちの「紅白なます」は、甘い酸っぱいの両極端から脱却した、ゆずの風味が決めてのもりもり食べられる美味しさ
ちゃんと日持ちがしますし、ていうか日が経ったほうが味がなじんで美味しいです。


もう新年を迎えたこのタイミングでは遅いけど、
「紅白なますって味が決まらない」そんな方のお役に立てれば幸いですし
また、来年のおせち用レシピに控えてもらえたら嬉しいです。

紅白なます

【コツ、ポイント】

・塩は粗塩を使用しています、普通の食卓塩を使う場合は控えめに
ゆずはぜひ加えてください。これがないのとあるのとでは味が違います。
日持ちは1週間以上、清潔な容器で保存すればもっと日持ちします


さて、今年のおせちですが、色々考えるのもめんどくさくほぼ去年と一緒
それでも29日の夜(正確には日付変わって30日)に旅行から帰宅して、自宅用+おすそわけ用を仕込んだ自分をほめたい
以下、自己満の記録記事です。

2018年 我が家のお節料理 

20180101 1
(去年のおせちと違いを探そう!!と言いたくなる内容)

壱の重

今年も重箱には、市販の「2 in 1 Parchment&Foil」と庭の笹の葉を使って9マスの仕切りを作り、
3×3の市松型に盛り付けました。
仕切り作るのめんどくさかったんですが、ここ数年間の無駄な鍛錬が実り(笑)、けっこう楽勝作業となりました。

20180101 3

黒豆、紅白かまぼこ、伊達巻、ししゃものマリネ、栗きんとん、田作り、紅白なます、数の子に浸し豆、昆布巻き

黒豆は毎年さとみわさんのレシピで砂糖控えめに作ります。Cpicon 圧力鍋で♪黒豆 by さとみわ
かまぼこは、一正蒲鉾さんのサイトを拝見して飾り切り♫
マイレシピは、Cpicon おせち料理 ゆず香る紅白なます by ケチャ&ウルCpicon ししゃもと香味野菜の南蛮漬け風マリネ by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 砂糖要らず♪うちの栗きんとん by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 薄味♪ポリポリ田作り by ケチャ&ウルを参考に。
薄味の昆布巻と、甘さ控えめに作りたいけど毎年いまいちな仕上がりの伊達巻(笑)、塩カズノコから作る浸し豆のレシピはいつかアップ出来たらいいなと考えています。

弐の重

田の字型で、肉や魚の焼きものや煮物など、主菜になるものを詰めました。
今年は長男がこの段をよく食べる食べる!!

20180101 4
(これも昨年と一緒)

鴨の山椒煮、サーモンのゆず塩麴焼き、海老の鬼殻煮、鶏の八幡巻き

参考のマイレシピ
Cpicon おせち料理「あっさり系海老の鬼瓦焼き」 by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 サーモンの塩麹&柚子漬け焼き by ケチャ&ウル

鴨のタレの味付けに山椒を使っているんですが、
今年は日本の実山椒佃煮と、中華で使用する花山椒をWで使い、これは上出来でした。
サーモンには、生柚子が入手できず市販の冷凍ゆずを使いました。

20180101 9
(これはけっこう使える!!)

鶏は、皮つきモモ肉が売っていない国なので・・・骨付きの足8本をキッチンばさみでちょきちょき
料理教室でもご紹介しているやり方なんですが、実は鶏の皮苦手なのでこの作業がほんと辛い

参の重

どさっとお煮しめを詰めました。

ごぼう、レンコン、たけのこ、こんにゃく、さといも、鶏肉、人参、絹さや

20180101 5
(写真がブレ気味なのも昨年と一緒。笑)

これだけは前日夜に軽く煮ておき、元旦朝に仕上げます。
皆さんもご存じのとおり、一旦冷やすことで味がしみしみになりますので、かといって前々日ですと冷蔵庫に保管するスペース問題が生じるので、このスケジュールが大事!
ちなみに人参と里芋は別に煮て、仕上げに合わせました。

20180101 2

さらに昨年に続き、今年もお世話になったご近所さん達におすそ分けをしました。
前回容器を仕切るのが超絶面倒くさかったので、一時帰国中にネットで買っておいた容器が大活躍

20180101 6

ちょっとバカみたいな作業ですが、元旦早々から喜んでもらえることが、本当にうれしいので
鶏の骨取り作業とか、昆布巻きのかんぴょう結びとか、人参の飾り切りもがんばれちゃいます!!
ていうかもっと他のことでがんばらないといけないことがたくさんあると思うんですが、結局のところ私は料理が好きなんだな、と。

夜はいつもより早い時間から家族でこのおせちを囲み、ドラえもんを見(笑)、
食後に「はらぺこあおむし」のかるた遊びをしましたよ。

20180101 7
(友人が作ってくれた鏡餅と、実家風に作った今年の雑煮)

昨年度もたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました!!
そして新たにスタートしたこの年が、皆さまにとっても幸せいっぱいの一年になりますように
本年度もどうぞよろしくお願いいたします!!


20180101 8
(年末旅行先にて)


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

ポルトガル再訪その2『世界遺産シントラ、ペーナ宮殿とムーア人の城壁』

2泊3日のポルトガル旅行記。
1日目にサクッとリスボン観光をして(というか食べてばかりだった)
2日目は今回の旅の一番の目的地である、シントラという街へ出かけました。

シントラ(Sintra)

リスボンからは車で約40分、ちょっと山の中に来たような感じでしたが
ここにはポルトガル王家の王宮や、豪奢な城館、貴族の別荘などが点在していて
その文化的景観が1995年にユネスコの世界遺産に登録されているそうです。
イギリスの詩人バイロンは『この世のエデン』と呼び、友人に宛てた手紙には「シントラは世界一美しい」と書いたそうですよ

なんて私全然知らなかったですけどね
たまたまぱらっとめくったポルトガルのガイドブックにド派手なお城の写真が載っていて、
それでここを知ったんです

まず最初に向かったのは、そのド派手なお城(笑)です。

ペーナ宮殿(Palácio Nacional da Pena)


20170323 20
(広い敷地です!!)

私たちが車を駐車した場所(チケット売り場あり)からはちょっと遠く、
バスで来られる方は正面の入口から入場するようです。

でもその宮殿までの道のりもまた緑いっぱいだったりしてハイキング気分を楽しめました。

20170323 21
20170323 23
20170323 24

小鳥のさえずりや、美しいお花を楽しみながら、緑豊かな敷地内の上り坂をひたすらのぼりました。

20170323 22
(群生していて綺麗だった青い花)

午前中は長男が微妙に体調が悪かったようで、抱っこ魔となりそれは想定外でしたが
日ごろ運動不足気味なのでちょうどよかったかも?!

20170323 25

息が切れてきたところで、いきなり姿を現してきたペーナ宮殿。

20170323 26

「本物だッ」

青い空にそのド派手な色がこれ以上なく際立っており、その存在感といったら!!
この建物、まるでここがテーマパークのような錯覚に陥りそうですが、時の王族が建てた大真面目なお城なのです。

20170323 27
20170323 28

名前を知っているところだとイスラム、ゴシック、ルネッサンス・・・様々な様式が取り入れられていて、本当に面白く
ヨーロッパを旅行していてこんなに元気になれる建物ってあまりなかったかも

20170323 29

どこまでも青い空は、長い冬をロンドンで過ごしていた私たち家族にとっては本当にまぶしかったです。

このまばゆいお城、完成したのは1885年。
なんとその建築を命じたのは、ドイツのノイシュバンシュタイン城を建てた人のいとこにあたるそうです(フェルディナント2世)

20170323 30

アラブ風なのとザ・ヨーロッパな雰囲気とが大胆に混在していて、ここはどこの国だ!!と思っちゃう。
建物内部もまた面白かったです。

20170323 31

幾何学模様のタイルで彩られた中庭や、
窓からの眺めがすばらしくまるで天空にいるかのような景色を楽しめるダイニング。

20170323 32

こんなところに住んだら楽しくて仕方ないだろうな~
(人間ダメになっちゃうかな?笑)
なんてことを考えながら見学しました。

20170323 33
20170323 34
(多分貝殻で出来たモザイク)

広くはないけどその教会も素敵な雰囲気で、美しいアズレージョと緻密な彫刻でつくられた祭壇が印象的でした。

20170323 36
20170323 37

外観がド派手であっても、その回廊が妙に落ち着いた雰囲気を醸し出していたり
生活の場と思われる寝室や使用人部屋などは、これまた眺めが最高でした。

20170323 38

色々なお部屋がありましたが、特に綺麗だった装飾や、装飾品の数々

20170323 39
20170323 40
20170323 41

当時のポルトガル王室の富や権力、すごかったんでしょうね~
アジア由来であろう壺などのお宝もたくさんありました。

20170323 42

途中、白衣を着て何かを補修している人たちを発見。

20170323 43

中でも私が好きだな~と思ったのが、この照明です。
あさがおのような花モチーフで、色使いがすごく可愛い!!
でもこれはここにこうやってあるから良くみえるのかな。

20170323 46
20170323 47
(超素敵だったので2カット)

建物内ではここが多分一番広く感じました。ホール?

20170323 49
20170323 48
(15~16世紀のステンドグラスが展示されたドーム型の部屋)

テラスからの眺めがまた最高で、ガイドブックさながらの写真を撮ることができました

20170323 44

当時のキッチンが展示用におしゃれに再現された場所。

20170323 50

さらにこの部屋と全く同じような天井のカフェレストランで昼食をとりました。
イギリスではこの手のレストランの味がかなりいまいちだったりしますが、ここのはなかなか◎

20170323 51

カウンターでオーダー&支払いして食べるカフェテリア形式。
白身魚のグラタンと、半熟カステラが一押しです。

20170323 52

日本でも一時期ブームになった(?)、ポルトガル名物の「半熟カステラ」
実は正直「生焼けカステラなんてお腹こわしそうでいやだな」と思っていたんですが、
おそらく数年ぶりに食べてみたら、これがまた半熟部分がカスタードのようで、仙台名物「萩の月」を思い出すような美味しさでした。
イギリスに住んで味覚が落ちているのかもしれないけど。

ペーナ宮殿を満喫した後は、再び敷地内を歩いて次の目的地へと向かいました。

20170323 54

帰りは下り坂だったので楽ちん♪
(不調だった長男の元気も復活してきました。)

ここもまた、山の中。
さっきまで見学していたペーナ宮殿を隣接する山の頂に見ながら・・・

20170323 55

ムーア人の城跡(Castelo dos Mouros)、到着です。

20170323 64

ムーア人とはかつてここを支配していた北西アフリカのイスラム教徒のことで
彼らによって7~8世紀に作られた城塞跡地なのです。

一部が廃墟のようになっていますが、トイレ完備のカフェもあり、ケチャ子そっくりの猫もいました。

20170323 56
(ここでごはんをもらっているようで、人慣れしていた可愛いケチャもどき)

子供の足でもひょいっと登れる場所です。

20170323 58

場所によってはすれ違うのも怖いような狭いところがありましたが、
高所恐怖症気味の私や長女でも楽しく散策することが出来ましたよ~

20170323 59

天気が良かったせいか、シントラの街並みがとてもよく見えました。
写真で左下の建物が、ポルトガル王が夏の間ここに居住したという「王宮」です。

20170323 57

一番高い場所へ上るのに下ったり、上ったり。
けっこうな急な場所はちょっと怖いかも・・・

20170323 62

噂に聞いていたとおり、その景色がまるで万里の長城のよう!!でした。(行ったことないけど)

20170323 60
20170323 61

ちょっとした運動にもなる(笑)、素晴らしい眺望に感動できる場所でした。
シントラに来てよかった~!!

20170323 63
(一番高いところから)

この後は、シントラの街で雑貨やさんを見たり。
可愛いポルトガル陶器を扱うお店が多く、またポルトガルの食器って地域によってそれぞれ特色があっておもしろいんですよ、
食器好きにとっては本当に楽しい国です。
この時のことはまた後ほど・・・

夕ご飯はリスボンへ戻って

レストランの外観は、「ここが美味しいレストランなのか?!」て感じですが
中に入ると洋館風。

20170323 66

ウェルカムドリンクとしてスパークリングワインをサービスしてもらい(子供はジュース)
「まさかここって高級レストラン?!」と思ってしまったけど

20170323 65
(上から時計回りにサバのセビーチェ、ソーセージと野菜のリゾット、イベリコ豚、ラムのリブ、仔牛のカルパッチョ、栗のスープ)

どれも美味しく、リーズナブル。
リゾットはイタリアで食べられるような絶妙アルデンテでした。

子供用にサインペンのセット×2をプレゼントしていただきました。ありがとうございました。

20170323 67

Clube de Jornalistas
Rua das Trinas 129, 1200-857 Lisboa
+351 21 39 77 138

関連記事
ポルトガル・リスボン旅行記①「水族館、陶器やさん他」
ポルトガル・リスボン旅行記②「テージョ川沿いのレストラン、サンジョルジェ城」
ポルトガル・リスボン旅行記③「世界遺産ジェロニモス修道院ほか」
ポルトガルで購入した器
ポルトガル再訪その1「リスボン~ケーブルカーに乗る、シーフードレストラン三昧♪」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ボルドー旅行記③「メドック地区シャトー見学『ムートン』『ランシュバージュ』他」

ボルドー3日目。
コルディアンバージュを早朝にチェックアウトして、見学&試飲を予約していたシャトーへ向かいました。

この日、試飲を含めた見学を事前に申し込んでいたのは、次の2つ
それ以外は指をくわえて外観を見学するだけ、ということで

 シャトー・ムートン・ロートシルト
 シャトー・ランシュ・バージュ

1つめ
シャトー・ムートン・ロートシルト(Chateau Mouton Rothschild)
ボルドーの格付け第一級、日本でもよく名の知れた高級ワインのシャトーです。

20161231 54

普段安ワインしか飲まない私たちにとっては高値の高嶺の花、ということで緊張しましたが
案内してくれる方はとてもフレンドリーな方で少し安心するのでした。

20161231 55
20161231 56
(ちょうどワインを仕込んでいる場所に出くわすこともできました。)

こういった欧米のワイナリー見学、実は初めてではありませんが
ただもうここの設備は他のと比べて圧倒的に整っていました。その規模ときちんと管理されている感がとびぬけてましたよー。

20161231 57

ワイナリー見学に行かれたことがある方ならご存じかと思いますが、
「2階部分から材料を入れて、1階から出す!」みたいな感じです。

20161231 58
20161231 59

建物の中全体が、ワインと樽のいい香り
特に、ワイン樽が寝かされた空間は、相当いい香りがします。

20161231 60

また、シャトー・ムートンは毎年ラベルのデザインを様々な画家やアーティストに依頼することでも知られていて
その展示が面白く、
ロスチャイルド家の財力はんぱないな~と思ってしまうような素晴らしい美術品を見ることもできました。(撮影禁止)

最後にお楽しみの試飲。

20161231 61
20161231 62

オーナーが所有する別のシャトー「シャトー・クレール・ミノン( Chateau Clerc Milon)」「シャトー・ダルマイヤック(Chateau d'Armailhac)」を含め、3種類をいただくことが出来ました。クレールミノンもダルマイヤックも、ボルドーの第5級ワインです。
お味もまたここでわざわざいうまでもないような、素晴らしいワインでしたが
ムートンはさらに上をゆく別格のワインでした

試飲させてもらった3杯のクオリティを考えると
ここの見学&試飲代金の元がとれた…というか、かなりお得だった気がします


ランチは、同じメドック地区にあってポイヤックの南隣に位置する、サン・ジュリアンへ移動しました。
車で数分です。

20161231 63

サンジュリアンの市庁舎とその広場(写真の通り、かなりこじんまりしています)を目印に
お目当てのレストランへ

サンジュリアンにある第2級シャトー、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ( Chateau Lynch Bages)やシャトー・レオヴィル・ポワフェレ(Chateau Leoville Poyferre)もすぐそばにあります。

20161231 64

評判のお店らしいんですが、外観はまるでファームにある一軒家のような(笑)
そして店内は格式ばった雰囲気が一切なく、フランスによくある明るいカフェのような感じ。
ちょっと歴史を感じるモノクロ写真がセンスよく飾られていました。

20161231 65

デザートなしの2コースをオーダーしました。

アミューズのカボチャのスープ。
まるでデザートみたいなんですが、ほっこり甘めで子供も大好きな味です。

20161231 70

前菜は、私がホタテを主人がラヴィオリを
メインには、手長海老(ビスクみたいなソースがたっぷりかかったもの)、牛ヒレをオーダーしました。

20161231 66
20161231 67
20161231 68
20161231 69

メニュー数は多いとは言えませんでしたが、どの料理もソースがめちゃめちゃ美味しかったです!!
イギリス料理には素材がよかったとしても、ソースがあまり期待できないんです(自分で卓上の塩で味をつけさせられること多々)
ロンドンの高級フレンチで食べるようなランチが3コース(前菜、メイン、デザート)込みで€37、デザートなしの2コースで€32
旅の感動も手伝うのかもしれないけど、それでこんなに美味しいなんて破格?

Le Saint-Julien
11 Rue de Saint-Julien, 33250 Saint-Julien-Beychevelle
+33 5 56 59 63 87
おすすめのレストランです


さて、午後は再びポイヤックへ。宿泊した宿があったバージュ村に戻り、もうひとつのシャトー見学をしました。

シャトー・ランシュ・バージュ(Chateau Lynch Bages)

格付けは5級ながらも、味は2級に匹敵するということで「スーパーセカンド」とも呼ばれるワインが醸造されているそうです。
日本でも見かけますが、1本1万円はするような高級ワインなのですよー。

20161231 71

敷地内建物すべてが、訪問客を意識したつくりとなっていたような気がします。
ここでも施設を見学させていただきながら、最後に試飲がまっています。

20161231 72

ここも、ちょうどワインの仕込み真っ最中というところでした。
ブドウの搾りかすがあったりして、こんなの見たことないもんだから、テンション上がる!!

20161231 73

ただの廃棄物なんでしょうが、物珍しさに思わず写真をとってしまった。

ここで面白かったのが、現在は使われていない中世時代のワイン醸造設備を見学することが出来たこと!
古くはローマ時代からワイン作りが行われてたというボルドーの地にあって、
ランシュバージュの歴史は16世紀頃(日本では安土桃山時代)にさかのぼることが出来るそうです。

20161231 74

ちょっとした博物館を見学しているかのような錯覚。

ワイン樽が並ぶ部屋もまた、いい香り。
思わず樽に鼻を近づけて香りをかぎたくなっちゃうんですが、これは万国共通のようで(笑)

20161231 75

お楽しみの試飲です。
ランシュバージュの他、同じオーナーがサンテステフに所有する「オルム・ド・ぺズ(Ormes de Pez)」2種類のワインを飲み比べることが出来ました。

20161231 76

幸せな試飲タイム終了後、敷地内に公園や、カフェや素敵ショップなどがあって
これはもう、時間があればすごく楽しいかも!!

20161231 77
20161231 78
20161231 79

ショップには、ランシュバージュの各ヴィンテージが勢ぞろい、
さらにこじゃれたワイングッズや、キッチンツール、グラスや器、雑貨など色々、ああ楽しいっ


この後は、さらにメドック地区を南下して、ポイヤックから、サンジュリアン、そしてマルゴーの有名どころシャトーの外観を拝ませてもらい、川の右岸にあるサンテミリオンへ移動することになっていました。

ワインのラベルデザインにもなっていることの多い、ボルドーの「シャトー」。
ブドウ畑の中に点々と存在するその歴史ある建物はどれも本当に美しく絵になるものばかりでした。

シャトー・ピション・ロングウィル(Chateau Pichon Longueville)

20161231 80

第2級格付け。
おとぎ話のお城のような建物が目をひきます。手前の池に反射する姿がことのほか美しい
現在のオーナーは、大手保険会社のアクサ保険なのだそうですよ~。

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド(Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande)

20161231 81

第2級。名前が長って思いますが(笑)
過去に上のピション・ロングウィルと分割されたもうひとつの方のシャトーです。
道路を挟んで向かい側にあり、左右対称な建物もなんだか似ているな~と思いました。

シャトー・ラトゥール(Château Latour)

20161231 82

おそらく誰もが耳にしたことのあるはずの第1級シャトー、ラトゥール。
その名の通り、塔がラベルのデザインとなっているやつです。
実際ワインに描かれている「塔」は、100年戦争の真っ只中、14世紀に要塞として建てられたものだそうですが、現在あるのは
その塔に使われた石を利用してつくられた「鳩小屋」なのだそうです。
ここでは、小型トラックに加え、馬が作業に使われているのが印象的でした。

シャトー・ベイシュベル(Chateau Beychevelle)

20161231 83

第4級。
ここはラベルのデザインが、建物ではなく帆船です。
17世紀、海軍提督を務めた領主への忠誠を誓うべく、シャトーの前を通過する帆船が帆を下したことがその由来となっているそうですよ。
写真にある大きな木は樹齢200年以上なんですって!!
思わず車をとめてしまうほど、美しいシャトーでした。

シャトー・ブラネール・デュクリュ(Chateau Branaire Ducru)

20161231 84

第4級。
ベイシュヴェルの向いにあるシャトーで、かつてはその一部だった土地が17世紀に分割されて出来たそうです。
門からのびたまっすぐな道の先にある建物が素敵でした。

そしてそして、絶対に見ておきたかったのが
シャトー・マルゴー(Château Margaux)

20161231 85

歴史的建物にも登録されているこの美しいシャトーは、19世紀初頭にそれまでの城に取って代わって新たに建てられたそうです。
通称「メドックのヴェルサイユ宮殿」。ワインのラベルにも使われているので、見たことのある方が多いんではないかと思います。
まさにその通りの眺めでした

20161231 86

ここもワインの仕込み真っ最中といった雰囲気でした。
ちなみにシャトー・マルゴーは、テイスティングを含む見学というのが、プロの方限定とされているのですが
HPは日本語訳版も公開されているので、興味のある方御覧になってみると楽しいですよ。

そしてマルゴーではもうひとつ、ワインやさんにも立ち寄ってみました。

20161231 87

偶然目に入ってきて、雰囲気がとてもよさそうなのでなんとなく入ってみたお店でしたが、大正解。
あとで、ボルドーのワイナリーめぐりガイドを見てみると、このお店のことがちゃんと掲載されていました!!

ラ・カーヴ・デゥリス(La Cave d’Ulysse)
2 RUE DE LA TREMOILLE
33460 MARGAUX - FRANCE
Tel +33 (0)5 57 88 79 94

20161231 88

はっきり言ってボルドーワインのことなど、全然わからない私達夫婦。
予算や好みを伝えると、店員のドミニクさんがまさにその通りのワインを選んでくれました。もちろん試飲も

ちなみに、日本へはクロネコヤマトで発送してくれるそうですよ。

その後夕暮れの中、川を渡って次の目的地サンテミリオンへと向かいました。

20161231 89
(写真では微妙ですが、鮮やかな虹がいつまでもついてきてくれました)

20161231 90

半分雨で、半分が綺麗な夕日の空という、はっとするような美しい夕焼けをみることが出来ました。

続きます


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP