FC2ブログ

夏の簡単おつまみ『ネバ旨♫イカとオクラの香味梅肉和え』、今年も苺と野菜色々狩りへ(Parkside Farm Pick Your Own)。

今週、日本から遊びにきていた両親が帰国しました。
子供達は大喜びで毎日クタクタになるまで公園で遊んだり、1泊で旅行へ行ったりとあっという間の1週間です。


さて今日ご紹介するのは、2年前に公開したレシピの改訂版、

Cpicon ねば旨♪イカとオクラの香味梅肉和え by ケチャ&ウル

イカとオクラのねばねば食材に、ネギと生姜、梅肉と塩昆布を加えていただく
夏に美味しいウマウマなおつまみです

食欲のない時でもねばねばつるつるとした食感で、ついついご飯やお酒がすすむことまちがいなしです!!

イカとオクラの香味和え

写真では新鮮な刺し身用のスルメイカを、湯引き→そぎ切りにしたものを使っていますが
日本では普通にスーパーで購入できる「イカそうめん」がありますよね、ぜひこれで気軽にチャレンジしてみてください


【コツ、ポイント】
・梅肉は、自家製の超~すっぱいタイプを使用。市販の甘塩タイプの梅干しを使う場合は、みりんは半量若しくは加えなくてもOK
・梅干しが苦手な方orない場合は梅肉無しでも美味しいです。適宜塩を加えたり、塩昆布を増量して味をととのえます。


今年も苺狩りに行ってきました。
家から車で約20分の距離にある農園は、イチゴだけでなく旬の野菜やベリー類なども採ることが出来、子供も大人も楽しめるのです。

実は今年行くのはこれが2回目
1度目は友達親子と、2度目は先週遊びに来ていた両親と行ってきました。

20180810 1
(とても広い農園です)

今年のロンドン、もう今までにないくらいの猛暑日が続いているのですが
この日も30℃以上はあるんじゃないかという、強い日差しにめげながら
それでも今まで行った中では一番甘い苺が沢山!!大豊作

20180810 2

日本の苺狩りがビニールハウス栽培なのに対し、イギリスでは奔放に育てられた感あふれる露地栽培で、形も味も色々。
また、日本の苺狩りは「先に一律料金を支払って時間内に食べ放題」
ということが一般的ですが、ここは、「入場料は無料だけど、一人につき最低£〇(忘れた)は採ったものを買い取ってね。」というシステムです。

20180810 4

基本的に畑内で食べるのは禁止!!
という看板もあるけれど、子供は皆採った苺をその場で食べちゃってます・・・といったラフな感じ。

この農園には立派なラズベリーもありまして、苺よりは小さいけれど、大粒のラズベリーは本当に美味しいです。
20180810 5

ここのラズベリーを食べたら、ラズベリー感が変わるかも?!

20180810 7

どうしてもラズベリーを食べたがらない長男に無理やり食べさせようとする長女
「食べてみなよ~」
「大丈夫っ!!」
最近、気の進まないことを提案させると「大丈夫!!」といって断ることを覚えた長男でした
(ヤダヤダと言われるよりはなんだかずっといい

今年は8月上旬にしてブラックベリーも採ることが出来ました。
イギリスではそこら中のやぶにブラックベリーが自生しまくっていますが、
管理された農園のブラックベリーもまた大粒。

20180810 8
(この写真じゃその大きさが全然伝わらないけど…)

わりといつ行っても採れるズッキーニや、プチトマト、インゲンなどの夏野菜に加えて
今回子供達が楽しみにしていたのが、トウモロコシ!!

20180810 10

この畑にまで、こんな看板があってウケる

さすがに生ではぼりぼり食べないだろうと思うんですけど、
これがまたトウモロコシを生のままで食べた後の残骸があったりして驚きます

20180810 12

数本でいいのに、調子にのって20本近く採ってくれちゃって
近所の友人におすそ分けしたり、飲み会に人数分持参したり(Aちゃん、ポシェットから出ちゃってごめんなさい
だけどしばらくはトウモロコシ三昧の食卓となりました。

写真はありませんが、トウモロコシご飯にもち米少々加えてみたらかなり美味しかったです。
多分私にしかわからないけど、覚書として分量を書いておきます。

トウモロコシご飯
・とうもろこし 1本
・米1.5合(うちひとつかみ分のもち米)
・粗塩 小さじ1弱
・酒 大さじ1
・茅乃舎だしほぐしたもの少々
 
この日の収穫
20180810 13

Parkside Farm
Hadley Rd, Enfield EN2 8LA
020 8367 2035

スポンサーサイト



夏のおもてなし♫『焼きナスと甘エビの柚子胡椒マリネ』、バラのお花見「Queen Mary's Garden」へ&長男運動会。

こんにちは。
ロンドンも、今週は暑いです!!朝寒かったりするけれど昼過ぎには20℃後半の暑さ!!
多分この一週間が今年一番の暑さのピークなのかなぁ・・・

そんな日々ですが、先週末には長男が通う幼稚園の運動会があり、
続けて今年初めての苺狩り、長男の振替休日にはハムステッドヒースにある水遊び場でピクニック
またとある日にはウエストミンスター界隈の街歩きツアーに参加したり・・・

本帰国を約2か月後に控えた今だから、最後のロンドンの夏を堪能するぞ~♫ という心構えで突っ走っています。



さて、今日ご紹介するのは、夏から秋にかけて美味しい野菜「なす」を使ったおつまみレシピ

Cpicon 焼きナスと甘エビの柚子胡椒マリネ by ケチャ&ウル

きんと冷やしていただくあの香ばしい風味のとろっとした焼きナス!!
もう昔から大好きで、特に食欲減退する暑い季節には欠かせない一品となります。

唯一の欠点は、作るのがめんどくさいってこと
あの皮むきにいらだちを覚える方、私だけではないはず・・・

ちなみに、ロンドンにはふつうのナスが売っていないので(売っていたとしてもそんなに美味しくない)
大きな米ナスを使います。それを日本の100均で仕入れてきた極シンプルな焼き網に置き、強火の直火で皮が真っ黒になるまで焼いて「焼きナス」にします。

普通のナスなら「熱いうちに皮をむく!!」というのが鉄則かもしれませんが
米ナスの場合は、真っ黒こげに焼いておけばそのまま放置して冷めた状態でも皮がベロンとむけてくれます
案外らくちんなんですよ。

で、この美味しい焼きナス
食感が似てるんじゃないかな?という勝手な判断で、甘エビと合わせてみました。

甘エビは、少量の柚子胡椒とEVオイルで軽くマリネしておきます。
それぞれ素材の香りとピリッとした香味が、優しい焼きナスに恰好のアクセントを与えてくれるんです。

甘エビと焼きナス



料理教室では、ロンドンでは生食できる甘エビは高級ですんで、少量ずつ盛り付けて
有り難く召し上がってもらいました
目分量で作っていたのですが、なかなか好評でしたので、この度レシピアップさせていただいた次第です。

20171016 2

これからの季節、おもてなしやパーティー、ちょっと特別な日の一口前菜としておススメ

他、「焼きナス」を使った夏向けレシピはこちら

Cpicon 牛しゃぶと焼きナス、白髪ねぎのゴマドレ♪ by ケチャ&ウル
201806029 3

Cpicon 白髪ねぎ添えて♪焼きナスの牛タタキロール by ケチャ&ウル
201806029 1

Cpicon 一口食べて感激!!焼きナスのムース by ケチャ&ウル
201806029 2

↑めんどくさくない順に並べました。


最近のあれこれ。

先々週、ちょうどバラが見ごろの公園へ行ってきました。
リージェンツパーク(The Regent's Park)内にあるバラ園です。

Queen Mary's Garden

毎年バラが咲く季節には欠かさず出かけているバラ園ですが
そういえば私が始めて訪れたのは10年前。

え?10年も経ってるー?!

自分でもびっくりしちゃいます。新婚旅行で訪れたのでした。
そういえば今年結婚10周年なんですよ~いやはや、・・・絶句

今年も気の置けない友達親子と持ち寄りピクニックをして、この素敵な場所を楽しみました♫

201806029 4

右下、思いっきり食べかけ画像ですが
「しゅうまい」「焼きそば」「からあげ」「牛はらみ」「肉じゃが」「鶏インゲン」「ガーリックブロッコリー」「細巻き」が並びました。
最高

201806029 5

途中から肌寒くなってきて上着のお世話になりましたが、
子供達は木登りしたり、縄跳びをしたり、バラの花びらをひろったり、どこにいても友達と全力で楽しめる能力ってすごい。

201806029 8

ああ、ここで遊ぶのも最後かな

さらに話変わって、先週末のこと。
長男の通う日本人幼稚園の運動会がありました。

ロンドンに来た時はまだ1歳児、よだれをたらしまくっていた長男も2か月後には6歳になります。

201806029 7

今年はなんと「年長さん」
キレのある体操やダンスを披露してくれたり、リレーでは第一走者でなかなかの雄姿を見せてくれました。
「あれだよ、スタートはね、こうしてこうやって、一気にびゅんて出るんだよ」(←得意げ)

また、周りと全くあっていない太鼓のリズムや
そんなに足開かなくてもいいところ開きまくって腕を組むポーズなど、我が子ながら笑わせてもらいました

201806029 6
(今年のメダルはなんだか特別)

天気も最高でした

自家製♫エルダーフラワーコーディアル(Elderflower Cordial)2018

先日またまたお引越しをしました。
この短期間の間に立て続けに引っ越しすることになったので、ちょっと頭がおかしくなりそうでしたが
これでしばらくはほっと落ち着けそうです♫

さて、6月に入りまして初夏らしい爽やかな陽気に恵まれているロンドン。

といっても、いつこの「夏」が終わるかわからないので(今だって朝は肌寒いし、8月にはもうダウン着たくなるような寒さがやってくることもある)
ここぞ!!という陽気の日に庭でバーベキューをしまくるイギリス人
上半身裸で日光浴をするイギリスのお父さん
30℃にもなっていっつーのにサンダル&キャミソールで街を歩く女性を見かけます。
そんな「夏」の過ごし方を最初は冷やかし半分で見ていたけれど、最近はそこから大いに学んでおりますが


さてさて、今日ご紹介するのは、そんなこの時期になるとロンドンのあちこちで見かける花「エルダーフラワー」を使った、コーディアル(シロップ)。

成長するとけっこうな大木になるエルダーの木、春になると咲く白くて小さな花=エルダーフラワーがその主な材料です。

20180604 3
(白い花をつけているのがエルダーの木です。)

多分この時期、気を付けてみれば街のいたるところで見ることが出来るんですよ。
道路の脇、家の庭や、公園、やぶの中・・・

20180604 2

匂いをかぐと、「マスカットや青りんごのような」と表現される通りのさわやかで独特の香りがします。

イギリスでは、このエルダーフラワーがリラックス効果のあるハーブティーや薬として古くから知られているそうで
一般的なスーパーには必ずといっていいほどエルダーフラワーの飲み物が売られているくらい、ポピュラーです。
イギリス在住歴の長い友達から聞いた話ですが、その実(エルダーベリー)からはジャムもできるそうですよー。

なんて私、イギリスに来るまではその存在を知りませんでした
なぜに知ったのかというと、日本でも売っているはずのこれ「エルダーフラワーコーディアル(Elderflower cordial)」

有機コーディアル エルダーフラワー 500ml
ユウキ食品
売り上げランキング: 290


個人的にはこういう系よりお酒の方が断然♥なのですが
「花からつくられた飲み物なんて、さすがガーデニング大好きイギリス人。なんてお洒落なんだー!!」と衝撃でした。
日本では成城石井とかで、ちょっとしたセレブ価格だったように記憶していますが、ロンドンのスーパーでは数ポンドで購入できます♫
20180604 20
(コーディアルで£2~、そのまま飲める微炭酸飲料などが£1台)

実はこのコーディアル、花さえゲットできれば自宅になるもので簡単に作れると聞き
去年もこのブログでその自家製コーディアルをご紹介しているのですが(去年の記事
すっごく美味しかったので、今年もまたトライしてみました。

20180604 4
(花は、小川沿いの遊歩道でワサワサしているやぶの中なんかにも地味に咲いていたりします)

手作りエルダーフラワーコーディアル(Homemade elderflower cordial )

20180604 16

【材料】
・エルダーフラワー 120g(花枝をとった状態、大き目の花房20個程度?)
・砂糖 500g
・水 500g
・レモン 2個(出来ればノンワックス、無ければ粗塩でゴリゴリして中性洗剤で良く洗う)

【手順】
①エルダーフラワーをよく水洗いします。
といいたいところですが(←去年も同じこと書いてる)、水洗いすると香りが激減するそうなので
水をはったボウルやシンクの上に、花を逆さまにした状態で指でぴんぴんはじいて、汚れや虫を取り除きます。

20180604 6

水の中に落ちていく虫さんたち・・・
(花を見てもその存在がわからないほど小さい虫さんたち、花粉の一部なのかな?と見紛うほどそこそこの数でいらっしゃる)

正直、この作業が一番苦手ではあります・・・

②花を花枝から切り離します。

20180604 7

花枝(茎?)の部分が苦みの元になるらしいので、なるべく花ぎりぎりのところをカットしました。
これもけっこう面倒くさい作業・・・

こうして花のみを集めた状態で計量したら120g近い量でした。

20180604 8

③鍋に分量の水をぼっこぼこに沸かすのですが、その間にレモンの皮をうすくそいだものを花に混ぜておきます。
(ノンワックスのレモンがおススメですが、ない場合は塩ゴリゴリした上で台所用中性洗剤を使ってよく洗ってください。)

20180604 9
黄色い皮の裏の白い部分も苦みの元になるので、そこはなるべく除きます。

④ぼっこぼこに沸いた湯に分量の砂糖を溶かし、花とレモンの皮が入ったボウルの中に一気に注ぎます。

20180604 10

可憐な小花に砂糖入りの熱湯をかけるなんて・・・
と一瞬思うけど、まあ一瞬です

20180604 11
(砂糖湯を投入直後)

⑤さらに荒熱がとれたら、ここへレモン果汁を絞り入れます。

20180604 12

去年は1リットル(+1㎏の砂糖)につきレモン2個使ったのですけど、今年は半量の500ml(+500gの砂糖)にレモン2個。
ちょっとレモンきついかな?とは思いましたが、レモネード風になっても悪くないかも…と。

⑥このまま不純物が入らないようにラップをかけて、冷暗所(私は冷蔵庫にしました)に2~3日放置します。

20180604 13

どんどんエルダーフラワーコーディアルっぽい香りになっていくので仕上がりが楽しみ♫

⑦キッチンペーパーを置いたザルやストレーナーなどを使って濾します。
この時絶対に上から押し付けないこと。これまた苦みの原因になるそうです。

20180604 14

最後まで無理に絞らず花とレモンの皮の重みでゆっくりと濾します。

⑧できた!!
去年はブラウンシュガーを使ってしまったので、よく言えば琥珀色、悪く言えば茶色…そんな仕上がりでしたが

20170614 13
(去年のコーディアル)

今年は綺麗などことなくはかないレモン色に仕上がりました

20180604 15

真っ白い花から作る爽やかな味わいが売りである以上、やはり茶色いよりこっちの方がいいな。と自己分析。

香りの凝縮した甘いシロップなので、少量を炭酸水や水で割って飲用したり
個人的にはグリークヨーグルトなどにハチミツ代わりにかけたりするのがおススメです

20180604 19
(氷いっぱい入れて~の炭酸割り。やっぱり最高

ちなみに、イギリスの様々なサイトで同レシピが紹介されています。
クエン酸を使ったりそうではなかったり・・・自分好みに作るのも楽しいかもしれませんね。

BBCのクッキングサイト
Homemade elderflower cordial recipe | BBC Good Food
20180604 18

ご存じジェイミーオリバー
How to make elderflower cordial - Jamie Oliver | Features
20180604 17
(写真は両サイトより)

今年も旬のお楽しみを堪能させていただきました

イースターに♫「半熟卵の茸ポテトサラダ&フレンチドレッシングのレシピ」、おススメの卵型チョコレート!!

今年もイースター(復活祭)が、やってきました。
キリスト教国では、イエスキリストの復活を祝う大切な行事で
長女の通う現地校も、長男の通う日本人幼稚園も、この時期から4月半ばすぎまで日本でいうところの「春休み」です。

イースターが近くなってくると、スーパーなどでは、黄色い水仙のつぼみ束(一束£1とかで安いっ!!)や
ウサギやひよこのぬいぐるみ、パステルカラーのイースターグッズ、カード等々
さらには様々な卵型チョコレートが並びます。

このチョコレート、当初は「あんな巨大なチョコレートをわが子に食わせるか!!」と思っていたのですが
中にはけっこうかわいらしい卵型チョコレートもあって、子供はもちろんですが、大人がつまんで食べるのも悪くないなと思うようになりました。

「チョコレートはちょっとだけ食べるから美味しい」という私
「とにかく甘いもの、チョコレートだ~~い好き」な長女
「みんなが食べてるから僕も食べる」という長男
そんな私たちが気に入っているのが、この2種類です

20180330 3

Galaxyの「ゴールデンエッグ(GalaxyGolden Eggs)」と、Cadburyの「ミニエッグ(Mini Eggs)」

どちらもうずらの卵を一回り小さくしたようなサイズ
そう、アーモンドチョコレートサイズ!!

まずはこのカラフルなミニエッグ。
Cadbury Mini Eggs
20180330 2
(90g入り小袋で£1.2、2袋買うと£2とか)

周りがシュガーコーティングされているので、カリカリとマーブルチョコレートのような食感で
色も可愛く、また様々なパッケージで売られているイースターの定番商品のようです。

20180330 5

さらに、こちら
Galaxy Golden Eggs
20180330 1
(72g入り小袋で£1)

これが見た目びっくり!!
このまま食べるのを一瞬躊躇するくらいゴールデンなんです
どうやら金色のホイルで包まれているわけでもなく、金粉をまぶした?みたいな状態になってます。

20180330 4

が、中はサクサクのクランチが入った美味しいチョコ♥
このお値段で、このゴージャスな見た目、そして味も良いと来たら買いかも♫

そして、そういった卵型のチョコレートや、小さなおもちゃなどを
こういう形の卵型プラスチックカップ(テスコなどのが安い)に入れて、エッグハントするのです。

20180330 6

宝探し的な楽しさなんでしょうね~
自宅の庭でやると「もう一回」「あと一回」と、何度もそれが繰り返され、最後には中に何も入れない状態の卵探しを楽しむ、なんてこともあったな。笑

遊園地などでも、子供向けに様々なエッグハントのイベントがあり(宝探し方式、オリエンテーション式、など)、ホリデー中のちょっとしたお出かけ先に良いのです


さて、今日ご紹介するレシピ
イースターつながりで卵を使ったおつまみにも最適な一品です

Cpicon 半熟うずら卵のキノコポテトサラダ by ケチャ&ウル

「とろとろの半熟うずら卵」
「チンして粗くマッシュしたジャガイモ」
「エリンギソテー」
にお好みのドレッシングをかけるだけ!!

この3つの相性がかなり抜群です♫


実は以前、料理教室の一口おつまみとして考案したのんですが、
その時は、芋に「トリュフ塩」、茸ソテーに「トリュフオイル」で風味づけしていました。
これだけでぐっと芳醇な味わいになりますが、まあなくてもイケます。

また、「うずら卵がないけど作りたい」場合は、普通の卵でも大丈夫
見た目はワイルドになりますが、むしろ卵黄が多い分美味しいです。
その場合は、グラグラと煮えたお湯の中に卵を入れて6分半~7分茹でるとちょうど良いかも。

お試しください♪

半熟うずらのキノコポテトサラダ


ちなみにイギリスには日本人が美味しいと思うようなドレッシングがなかなか市販されていません…
そこで手作りするわけですが
私が作るフレンチドレッシングは、玉ねぎ多めのこちら

『玉ねぎたっぷりフレンチドレッシング』

材料(作りやすい分量)
・玉ねぎ60g ざく切り
・にんにく小1かけ(5g)
・オリーブオイル100㏄(90g)
・サラダオイル100㏄(90g)
・ごま油大匙1強(15g)
・白ワインビネガー65g
・ディジョンマスタード10g
・塩6~8g
・砂糖5g
・ブラックペッパーお好みで少々
→すべてをブレンダーにかけて冷蔵保存。
作りたてより、1週間以上たって味がなじんだほうが私は好きです。

また、和風になりますがこちらのドレッシングもおススメです♫
『玉ねぎたっぷり和風ドレッシング』


期間超限定セビルオレンジでイギリス人大好きなマーマレード作り♫、鬼のお面とトントン相撲。

先週のとある日、
スーパーで子供達がいつも食べている、みかん風オレンジ(Easy peeler、Mandarinがミカンぽいオレンジ。いわゆるみかんはSatsumaという名前で売られていたり、いなかったり。)を買おうと思い、オレンジ売り場をパッと見やると
いつもと違う箱入りのがあって、しかもその時安売りされていた
お、新商品?いつも買っている箱入りミカン風オレンジよりも安いじゃん♫ ってことで迷わず購入。

学校からかえってきた長女
「ミカン食べていい?」
「いいよ」
「何これ、固くてむけない!!」

私が手にとり皮をむこうとすると、確かにかなり固くて剥きにくい・・・そして苦労してむいたのに、中がやけに小さいんですよね。
「中、ちっちゃ~い(笑)」といいながらも一口ほおばった長女

「酸っぱーい!!種ばっかだよぉ!!」

「えっ?そんなはずは・・・」
はずれを選んだかもしれないともうひとつ剥いて食べてみましたが、やはり皮が分厚くて中がレモン並みに酸っぱい

いつも美味しい果物が、その日によってはやけに美味しくなかったりすることがよくあるので(イギリスあるある?)
こりゃまたやられたわ、とぶつくさ文句いいながら
その箱にかいてある文字をよく見ると

Marmalade Orangeって書いてあるよ…

そう、マーマレード用のオレンジだったんです!!

マンダリン(ミカンぽいオレンジ)かと思いこんでいた、相変わらずダメすぎる私

20180205 2
(一番大きな字でマーマレードって書いてあるのに

実は毎年1月後半から2月にかけて、イギリスのスーパーにはこの酸っぱいマーマレード用のセビルオレンジ(Seville orange)というのが出回ります。
スペインのセビリア地方原産のオレンジで、酸味と種の多さでそのままではとても食べられないのでもっぱら加工用として利用されているそうですが、このオレンジで作るマーマレードがイギリス人の大好物
毎年「世界オリジナル・マーマレード賞(The World's Original Marmalade Awards)」というコンテストも開催されていて、われら日本人の入賞者もいるんですって♫

というわけで、相当何年かぶりにマーマレードを作ることになりまして
今日はその覚書。

『セビルオレンジのマーマレード』

20180205 5

まず、イギリスのマーマレード。
最初食べた時、けっこう苦い!!味が濃い!!と思うんです。
その味がハマるんですよね。
個人的にはパンにのせて食べるよりも、フレッシュチーズなどにたっぷり添えたり、肉料理に使うのも美味しいと思います。
また日本ではけっこうなお値段で売られているメーカーのものが、こちらではかなり安く売られているので
「こっちいるうちに食べとかないと損!!」なんて思ったりして

チップトリー オレンジママレード 340g
ウィルキンソン&サンズ (2016-09-01)
売り上げランキング: 26,414


日本では、このTiptreeやボンヌママンのジャムやマーマレードが高級品かもしれませんが
こっちのスーパーでは通常£2~、たまに£1台で安売りされていることもあるので、激安?!
日本へのお土産にもいいかもしれませんね。(重さが唯一の難点)

話はマーマレードに戻りますが、
私がこのオレンジを間違って買ってしまったスーパー、Waitroseのサイトにもレシピが公開されていました。

20180205 1
(写真は該当ページからお借りしました)

日本のレシピでは、「皮の下茹で」がその苦みを軽減させるために必須のようですが
イギリスではそれをやらないんですね~このざっくり感。笑
これがあの絶妙な苦みを生むわけです。

ということで、私も下茹で無しで、そしてイギリスレシピよりも砂糖控えめに作ってみました。

20180205 6

【材料(300~350ml入りの瓶4個分)】

・セビルオレンジ 1kg
・砂糖(ブラウンシュガー) 750g ←しっかり甘いのが好きな方は900g~1㎏でも良さそう
・水 2ℓ

【手順】

①セビルオレンジの皮を厚くむく→薄くスライスする
1キロともなるとこの作業がかなりの労力…音楽聞きながらとかテレビ見ながら作業をおススメします
②残った果肉入りの房をぎゅっと絞り、搾りかすをお茶パックに入れる
この搾りかすの種や皮に含まれるペクチンがマーマレードをゼリー状に固めてくれるそうで、必須。
③がんばってスライスした皮、お茶パックに入った搾りかす、果汁、水を鍋に入れて火にかける
沸いたら弱火にして1~2時間、お好みの柔らかさになるまで煮る

20180205 3

④お茶パックを取り出して(この時やけどに注意してトング等を使って適度にしぼる)、砂糖を加えてさらに15~30分強めの中火で煮る(必要に応じて混ぜる)。
砂糖を加えるとかなりの水分量です。強めの火でその水分を飛ばす感じ。
冷めるとびっくりするほど固まるので、ちょっと水っぽいかな?程度で煮詰めは終了して完成とします。
ちなみに、ジャムの煮詰め加減をチェックする方法として「コップテスト」というのがあります。水の入ったコップにジャム等を落とし塊のまま底に静まれば良い、っていう・・・でもすみません、このテストがマーマレードに当てはまるのかはわかりませんです。
私は少量を器にとり、冷蔵庫で一旦冷やして固さを確認し、仕上げに加熱して・・・という流れで作りました。
⑤熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れ、蓋をしたら逆さにして(脱気)冷めるまで待ちます
未開封なら数か月~半年もつそうです。

20180205 9
(ケイパーが入っていた小さめで使いやすい大きさの瓶、、だけどラベルが全然剥がれない…)

私は敢えて小さめの小瓶に入れ、友達へおすそ分け
「こんなん買っちゃったじゃん」というハプニングからのマーマレード作りでしたが
自分的に予想以上にイギリスらしい美味しいものが出来たので大満足
またひとつロンドンに暮らすことが出来てよかったなと思えたのでした


最近、長男(年中)が日本人幼稚園で鬼のお面を作ってきました。
「おには~うち、ふくは~そと!!じゃないんだよ。」と言って、自慢げにニンマリ

20180205 7
(先生に言われた通りに作っているんだろうけど、年々クオリティが上がっていて嬉しい驚き)

さらに先週末には、その父親参観がありまして
父親と一緒に紙コップで工作、、、「とんとんずもう大会」をしたそうです。

‘せっけいず’というのに、なぜか日本とスウェーデンの国旗を描いており、
別に我が家にはスウェーデンというお国となんの縁もないし、なんでそこー?と思いましたが

それによると、力士の名前は「とらやま」、猫好きが遺伝した(笑)長男らしいなと思いました

20180205 8
(左が長男作、右は旦那作)

計らずも「優勝」したそうで、大喜びでした


GO TOP