イースターのアイシングクッキー&フラワーアレンジメント(Easter wreath)

毎年この時期になるとやってくる「イースター」
復活祭と称したキリスト教行事で、お店ではカラフルな卵や、ウサギ、ひよこなどのオーナメントを見ることが出来たり、エッグハントなどのイベントが行われています。

その優しいパステル調の色使いが、不思議と気持ちをあたたかくさせてくれ
春を実感できる嬉しい行事だなと思います

ということで、今年もイースターがテーマのアイシングクッキーを作ってみました

20170327 7

イースターのアイシングクッキー
うさぎ、ひよこ、イースターエッグ(レース、バラ)


パステルカラーにすべくどれも着色料はごくわずか、

今回初挑戦したのが、「バラ模様」
アイシングが乾かないうちにパパッと仕上げなければいけないので、難しかったです…
マッハで作業したつもりでも、葉っぱの部分がツンツンと小さな凸凹になってしまいました。次回の課題

20170327 8

そして、小花は市販品をのせただけ

それでもやっぱり「ひよこ」「うさぎ」のモチーフがかわいくって、
卵に柄を描くのも楽しくて、大満足の作品となりました



さらにイースターをイメージしたフラワーアレンジメントを作りました。
(といいながら作ったのはけっこう前の話

形はリース。
花材はロンドンの花市場で調達して
散々お世話になった先生のアドバイスを思いだして、思い出して・・・

20170327 1

色はひよこをイメージした黄色ベースで、
鳥の巣のような素材感を出すべくリース本体のナチュラルな感じを残しながら、の。

じゃじゃん

20170327 4

イースターのリース(Easter wreath)

使用した花材はすべてアーティフィシャルです。
・こでまり
・フリージア
・カーネーション
・てまりみたいなあじさい
・あじさい(ペールピンク)
・小花色々

20170327 3

リースベースに、こでまりを使って土台とし、
黄色い花をおいて、小花とグリーンを追加→最後に鳥の羽根(これも花市場で入手)をバランスよく配置してみたつもりです。

20170327 2

小花の種類がよくわからないのだけど、近づいてみると造花なだけにへんてこな感じですが
遠目でみるとけっこうかわいい。

本当はこでまりではなくて、カモミールやイギリスの芝生に咲いているデイジーのような小さな花を使いたかったのですが、市場のアーティフィシャルコーナーではそのような花材を見つけられず。

20170327 5

とりあえず長女にはお褒めの言葉をいただきまして、春先までは玄関ドアに飾ろうと思っています。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

生クリなしでふわとろ簡単♪「濃いちごのヨーグルトムース」、桜の2Wayスワッグを作りました。

4月!!
ロンドンでも昼間はあたたかく春らしい日が増えてきました。
そしてこれから夏にかけてが、イギリスでは苺の旬です。
(ビニール栽培が主の日本とは違って、こちらでは露地栽培が主流だからなのだとか)

蓋つきのパックに入って売られていて(重ねて持ち帰られるのでこれは便利)、
日本のように大きさがそろっていることはあまりなく、大小それぞれ、ゆがんだ形のものがあったり、
大きさも形も(味までも)バラエティーに富んでいるのがイギリス品質。笑
つやがあって、表面のツブツブまでぷっくりしているようなのが、美味しい苺だな~と思います

さて、今日ご紹介するのも苺をたっぷり使った我が家定番のひんやりおやつ。

Cpicon 濃いちごの❤ヨーグルトムースゼリー by ケチャ&ウル

甘い苺とさわやかなヨーグルト

フレッシュ苺をたっぷり使って、黄金コンビのヨーグルトと合わせて、ふわとろムース食感のデザートにしました。
生クリームが入っていないので低カロリー、ヘルシーなのも嬉しいポイントです。


しかもブレンダーやミキサーさえあれば、とっても簡単に作れますよ

20130224いちご


【コツ、ポイント】
・材料(特にヨーグルトなど)は予め冷蔵庫から出しておくと、万が一の失敗(固まらなかったなど)の失敗が防げます。

20170401 6

この写真、7年前くらいに撮ったので、見るたびにそのころのことが思い出されて懐かしくなります


最近作った、フラワーアレンジメントのこと。

これは先々週、ロンドンでも様々な種類の桜がほころび始めたころに作った作品で
アーティフィシャルフラワーの桜を使った、2Wayのアレンジです。

桜の2Wayスワッグ

20170401 1

桜の枝が意外とリアルなつくりだったので、ここもうまく利用したいな~と、
思い切ってぐにゃーっとまげまして、そこへサハラを仕込み、花と枝を切ってさしていきました。

20170401 3

メインに使用したのは、白い桜の花でしたが、
それだけではちょっと寂しいので、ピンクの桜花もアクセントに入れてみました。

20170401 2

玄関のドアにかけてみました。
こうやって壁にかけるときは、ちょっと斜めに飾りまして・・・

さらにこれ、置いてもなかなか良いのです。

20170401 4

そもそもは壁掛け仕様に作ったつもりが、想定外にツーウェイになってくれました

20170401 5

家でお花見気分?!



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

上品和風おかず♪「サーモンの塩麹&柚子つけ焼き」、お正月フラワーアレンジ。

お正月も三が日があけて、多くの公立校が始まる頃となりました。
我が家でも明日から長男の幼稚園がスタートするので、お正月気分もおしまいです。
すると、なんかラーメンとかカレーとか無性に食べたくなるんですが

さて、今日ご紹介するのは、我が家の定番おせち料理

Cpicon おせち料理 サーモンの塩麹&柚子漬け焼き by ケチャ&ウル

塩こうじにつけ込んだ優しい味わいのサーモンに、
ほんのり柚子が香る、飽きのこない上品な一品
おせち料理としてでなくても、普段の食卓やお弁当のおかずとしてもおすすめです。


なぜに正月に「サーモン」?というのは、ロンドンの食材事情になるんですが…

日本のように、普通のスーパーで多種多様な魚が売っていないというのと
スコットランド産の美味しいサーモンがロンドンでは非常にポピュラーで、常時入手しやすいという事で

ちなみに主要材料である「生の柚子」も、ロンドンでは入手困難(あったとしても、めちゃ高級)な為、
普段はノンワックスのレモンなどで代用するしかないのです。

もちろんレモンでも十分美味しいのですが、柚子が入手できるのでしたら
お正月やお祝いの席などではぜひ柚子で作っていただきたいな~と思います

つけておいて、あとはグリルなどで香ばしく焼くだけ。
さらに冷蔵庫で2~3日は日持ちします
ので、
和風のサーモン料理レパートリーに加えていただく価値のある一品かと思います

鮭塩麹焼き



【コツ・ポイント】

・ゆずが入手出来ない場合、香りは断然劣りますが、レモンやライムでも代用できます。
その場合、酸味が強くなるので量を控えめに。


20160101 5

一昨年は直前に一時帰国していたので、必要な分だけの生ゆずを調達出来ていたのですが↑
今年は、それがかなわず、レモンで作りました↓

20170104 1

また笹の葉やヒバの葉などを敷いたりあしらったまま保存すると、その殺菌作用でより日持ちがするような気がします。
(もちろん、よく洗ってくださいね)


お正月アレンジを作りました

といっても、作ったのは去年の12月
フラワーアレンジメント教室「A's Flower」先生ご自宅にて。

20170104 3

このデザインはまるごと、友達が作っていたお正月アレンジの真似っこでして
水引やロープなど、一部の材料も分けていただき(ありがとうございます!!)、大満足の作品となりました

メインの胡蝶蘭が、これまたリアルなつくりとなっていて

20170104 4

アーティフィシャルフラワー(造花)の限界ってあるのかもしれないけど
A先生のセンスにかかると、本当に素敵な作品になるので、その都度感動しきりでした。

ロンドンでレッスンを受けられなくなってしまうのは本当に本当に残念でなりませんが、
東京でもそのご活躍を楽しみにしていますねー!!

20170104 2

クリスマスリースと交代しました
(でも隣のクリスマスツリーは出しっぱなし…)


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

クリスマスのアイシングクッキー、Xmasアレンジメント☆

今日はクリスマスに向けて作った力作を紹介させてください。

まずは、アイシングクッキー
Xmasをテーマに作りました。

20161211 1

・クリスマスブーツ
・クリスマスツリー
・トナカイ
・雪の結晶


20161211 2

作りながら、「雪だるまやジンジャーマンクッキーの型もほしいな~」と思うけど
でも色々な種類を作ると時間がかかってしょうがないので、この程度でいいのかな

赤を濃いめに着色するのと(ブーツ)、緑に少し赤を加えて落ち着いた色味にするのが(ツリー)ポイントでした。
トナカイの前足をもっとスリムに、さらにお腹に白を入れたいな、というのは次回への課題です。

雪の結晶は、初挑戦にしてはかわいくできたかも

20161211 3
4 SNOWFLAKE COOKIE CUTTERS

ベースをひかずに模様を描いたのと、そうでないのと2種類作りました。
なにしろ複雑な形なので、縁取るのが面倒~これはベースを流し込むのも一苦労かもです…

またその後日、再び別の友達とアイシングクッキーを作る機会がありまして
トナカイお腹の部分の課題を…パス出来たかな?

20161211 5

やっぱりお腹が白い方がかわいい♪
でも、黒を作る時間がなくて目が緑

ちなみにクッキー型は、日本の楽天と、ロンドンのキッチン雑貨やさんで購入したものを使いました。
「馬嶋屋菓子道具店」(ブーツ、ツリー)
「LAKE LAND」(雪の結晶、トナカイ)



そして、A's Flowerのお花レッスンで
アーティフィシャルフラワーを使ったアレンジメント
Xmas用に2作品作りました。

・シクラメンの置き型リース
・卓上ミニツリー

前者は、先生の考案されたデザインをそのまんま、コピー作成です
見本があるから簡単かと思いきや、これがとても難しかった!!

20161210 6

花やつぼみの立て方、葉っぱのバランス等々、ハイレベルでしたので
これは先生がいないと絶対作れない感じです。それだけに出来上がり作品がいとおしい。

20161210 7
(葉っぱがけっこうリアルなのです)

ミニツリーは、生花用のツリー型オアシスをベースに
バランスを見ながら数種類のグリーンを切っては挿し、また切っては挿し、、、

20161210 4

最後にボールや松ぼっくりなどの具をのせていくイメージで作りました。
これはそんなに悩むことなく、楽しく作れたかも。

20161210 5

可愛い

現在開催中の料理教室でも早速飾らせてもらっています

20161211 4

A先生、いつも楽しいレッスンをありがとうございます!!
あと最近いくつかこしらえたお花作品があるので、追ってご紹介できればと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ハロウィンのアイシングクッキー。久々のワイン試飲会(酒精強化ワイン等)♪

今週は、長男が通う幼稚園の保護者参観&面談ウィークです。
参観日ではその健気にがんばる様子を見ることが出来、なんとも嬉しく頼もしく思いました。

ただいつもよりお迎え時間が早く、それだけなのになんだか慌ただしい1週間です。



さて今日はハロウィン用に作ったアイシングクッキーのことをご紹介させてください。

この季節になるとスーパーにもそのコーナーがあったり
巨大なオレンジ色のかぼちゃが大量に売られているのですが、
「仮装を楽しむ」という話においては、日本のような盛り上がりはなく、多分イギリスのほうが地味かもしれないです。
それでもクリスマス前のイベントとして、楽しみたいものですよね

そこで、おなじみ、カボチャのランタン黒猫こうもりおばけのクッキーを作りました。

20161010 1

ジャックオランタンの目鼻口の部分をどうやって作るか、
・上に黒色アイシングでのせるのがよいか
・オレンジでふちどり、その形を抜くのがよいか
ここ悩みまして、両方やってみました。

結果、どっちもどっち…(笑)
今度やるときは、ココア入りクッキーで後者のやりかたでやってみようと思います。

20161010 2

カボチャのぷっくり感は思っていた通りに仕上げることが出来ました


加えて、ワイン試飲会のこと。
友人に定的に開催してもらっているワイン会ですが、夏休み中はお休みだったので今回は久々です。

普段飲まないような(買わないような)、特別なワイン色々飲ませていただきました

20161010 3

ポルト、シェリー、マデラなどが知られる酒精強化ワインや、貴腐ワイン、フレーバードワイン…
普通のワインよりアルコール度数が高いので、けっこうくるんですが(笑)
美味しい飲み方やカクテルへの応用、相性のよい料理などを教えてもらい、新な発見いっぱいでした。

20161010 4

魚介、パテ、各種チーズを使ったおつまみ
どれも美味しいだけじゃなく、ワインとの相性を考えられていて食べるのがもったいなくなります。

20161010 5
20161010 6

チョリソーご飯も、余裕があればお代わりしたいくらい!!
デザートは、バラみたいなアップルパイに、香港では有名とのこと卵黄入り月餅

至福のひとときでした。
Rさん、いつもありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP