幸せ料理教室のこと、母の日のプレゼント。

こんにちは。
先週は週末にかけて、ロンドンは最っ高~のお天気
土日共、家族で遊びに出かけてしまい、いつも以上にお疲れモードな月曜日です

土曜日は Windsorにあるレゴランドへ
日曜日もまた青空に誘われて毎年恒例イベント?に行ってきました。
そりゃ疲れるよね、という週末でしたが、1日の終わりのビールが旨いっ



さて今日ご紹介するネタは、先月のとある日のこと
友人宅で行われた料理教室のお話です。

「素敵~

20160509 1

菓子研究家でお菓子教室を主宰している方のお宅、素敵さが半端ない。
「白が好き」とおっしゃるだけあって、そのテーブルコーディネートが眩しいのなんのって
失礼を承知で、器の入手先や値段を聞きまくってしまいました

20160509 4

そして、肝心のレッスン内容。

だいたいの材料とその分量が書かれている紙を基に
実際に料理人としてご活躍されている方の、お仕事を目の当たりにすることが出来ました。

20160509 3

その食材も、ちょっと普通のスーパーでは買えないよなというレベルだったりして
いつのまにかメモをとることを忘れ、その仕事に見入ってしまいそうになるんですけど
ぐっとこらえて(笑)
少しでも自分のスキルの足しになるように、写真パシパシとって相当真面目にメモりました!!

20160509 9

友人宅キッチンが、これまたテレビのセットみたいなので
(我が家のぼろっとしたカントリー調キッチンとは大違い
映像を見ているかのような、臨場感というか。

時間ぴったりに仕上げてくださいました!!

20160509 2

友人持参の泡で「乾杯」
この日は運転手役を買って出てくれた心優しい友人がいたので、心置きなく。
(ほんとにこの日はありがとー

講義メニューその①
『天然すずきのカルパッチョ、フェンネルとオレンジのサラダ』

20160509 5

カラスミの量がふとっぱら。
当日はオレンジではなくピンクグレープフルーツでしたが、これもまた◎
フェンネルサラダの作り方も、自分で作る際に疑問に感じていた点がすっきり解決出来ました。

白身魚は他の魚でアレンジ出来そう♪
これは翌日家でも早速作ってみました。

20160509 15
(食べかけ画像、しかもオレンジ忘れましたが、旦那絶賛

そして、サービスでいただいたスープ
『グリーンピースとミントのスープ』

以前にもいただいたこのあるスープでしたが、やっぱり美味しい。

20160509 7

作り方概要を教えていただいたので、これも近々やってみようと思います。
金箔は無理だけど


これも講義メニューの魚レシピ。
『イカのイカ墨リゾット詰め チョリソーとムール貝のソース』

20160509 8

いか飯を彷彿させるビジュアルですが、
鮮やかなソースの赤色に、味もパンチがきいていてすごく好みでした。
ただ、これをこの通りに作れるかというと、正直自信はありません
が、これも学ぶポイントがいくつか。忘れないうちに復習しておかねばと思います。

講義メニュー肉
『和牛ステーキ 地中海風赤いペースト』

20160509 10

これはもう、レシピを学びたかったというか
「和牛(ロンドンでは超高級食材)が食べたい~」という一心でのリクエスト。笑

だったはずが、この「赤いペースト」がすごく美味しい~
ベースはドライトマトとパプリカなんですが、
これにアンチョビ、ガーリック、チリ、ローズマリーなどの旨み香りが加わって絶妙でした。
このペーストは簡単にアレンジしてみたいと思っています。

20160509 6

手作りのパンは、2種類のバター(海藻、トリュフ)でいただきました。
アイテムがいちいち素敵

そして、デザート
シェフが冷蔵庫を開ける度にチラチラと見えていたのがこのムースケーキです。

これは、お菓子づくりプロである友人

20160509 11

「素敵~

合間に口直しのグレフルジュレまで用意していてくれたり、
もう何からなにまで、至れりつくせり。

20160509 12

独身時代にコタツ定員オーバー宴会を開いていた、あの頃の私に見せてやりたい(笑)
夢のような時間をありがとうございました

そしてお土産にいただいた子牛肉。
「豚肉だと思って調理してください~カツレツとかおススメっす」との事でしたが、ステーキにしてみました。

20160509 14

ソースはレッスンで見たものを真似て、マデラ酒使用
ペーストはそのまま拝借です。
これもまた今まで食べた子牛肉の味(豚フィレなイメージ)を覆すようなおいしさ。

安くはないけど、それでも大納得の1日でした
調整してくれた友人をはじめ感謝感謝です!!



おまけ

日本の母の日に合わせて、こんなのを作ってきてくれました。

3歳の長男は、手形をカーネーションに見立てた絵と、私の顔なのかな?笑
6歳になったばかりの長女、雛人形的なのに裏には私へのメッセージがかかれていました。

20160509 16

「ままへ いつも(←「も」、を「ま」と書いてしまい消した後が、きゅんと来る!!)
おいしいごはんを~(省略)だいすき」

いつの間にか平仮名を自分の言葉でかけるようになっている?
いや、きっとこの母の日メッセージは定型文かもしれないけど(笑)、小さくても大きな成長を感じる瞬間です


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

紅茶教室⑤「自宅アフタヌーンティーでのおもてなし」

週末、長女の通う幼稚園の卒園式がありました。
年中である長女達も、「在園児代表」としてお姉さんお兄さんたちの卒園式に参加することとなり
歌などを一生懸命練習していた成果を発揮していました。

もちろん年中組の保護者は式に参加することはないのですが、
会場から漏れてくる歌声を聴いているだけで、なんだかこみ上げるものがありました
ロンドンへ来て初めて幼稚園に通うようになり
親子でのお付き合いが沢山あって、お別れもいっぱい経験してきて、、、
もし来年我が子が卒園式に出席する姿を目にしたら、絶対に泣いてしまいそうです。
式後に長女がクラスのお友達で集まって遊ぶ姿を見ていると、なんとも言えない気持ちになりました。


さてさて今日はレシピのご紹介ではなく、昨年から定期的に通っている紅茶教室の記録です。

今回は、5回目。
先生のご自宅でのレッスン最終回となります
テーマは
アフタヌーンティーでのおもてなし

イギリスで「アフタヌーンティ」というと、なんだかお洒落豪華な貴族的イメージがありますが
そうではなくもっと気軽に自宅で、例えば親しい友人やお世話になった人、そのご家族をおもてなしする
そんな楽しみ方もあるそうです。

この日は実際にテーブルを囲み、先生おススメの様々な紅茶と共に
サンドイッチやスコーン、焼き菓子などをいただきながらのレッスンです。
(こりゃ楽しくないはずがない

まず最初にいただいたウェルカムティーは、『Easter Tea Fortnum&Mason』

20160312 2

イースターらしくきれいな花弁入り
茶葉からして見た目もキュートなブレンドティーです。
マリーゴールドやコーンフラワーの花に、オレンジブロッサムやエルダーフラワーの香りも着香されているそうです。
のっけからお代わりしたくなるような、美味しい紅茶でした。

レッスンでは、事前の準備に関することからはじまって
・ゲストやメニューその告知について
・テーブルかソファか
・セッティングの仕方、そのポイントについて

20160312 1
(セッティング例)

また前日までにしておくこと~家の中、食器、茶葉や食事、焼き菓子の選択・決定、
加えて、当日すべきことアフタヌーンティーのマナー(エチケット)についての教えていただきました。

2杯目の紅茶は、『Valentine's Tea Fortnum&Mason』です。

20160312 3

これもまた茶葉からしてめっちゃキュート
バラの花びら入りなので、バラの香り溢れる紅茶かなと思いきや
ローズヒップの爽やかな味がバランスよく配合されている白いお茶(白茶)。
その水色がまさにバレンタインらしいというか、これ嫌いな女性はいないんじゃないかなと思います。

サンドイッチは、2種類。

20160312 4

『トマト卵』
『スモークサーモンと胡瓜』


高級ホテルのアフタヌーンティーで出てくるものですらパサついた印象のサンドイッチですが
この教室でいただくのはいつも具とパンのバランスがよく美味しい♪
また雑談の中から、美味しいサンドイッチの具材について教えてもらい、嬉しい収穫です。

続いて焼きたてのほかほか

20160312 5

『レーズン入りスコーン』

実はスコーンってあまり得意じゃなかったんですけど
この教室に通うようになって、友達が焼いてくれるこのスコーンは別

スコーン用のナイフで半分にカットして
お好みでクロテッドクリームやジャムなどをつけていただきます。

20160312 6
『自家製苺ジャム、レモンカードにジャージー牛のクロテッドクリーム』

3杯目の紅茶は、先生のお気に入りだという
『Rose Pouchong Fortnum&Mason』です。

20160312 8

しっかりとした印象の紅茶にバラの香り。
クリームやジャムをつけたスコーンや、甘いお菓子にぴったりだと思いました。
(また、写真はありませんがこの後もAfternoon Teaと呼ばれる美味しいブレンドティーもいただきました)

ブドウは、前々回のレッスンテーマ「アンティーク」で学んだ
ブドウ専用のはさみを使って、各自とらせてもらいました。

20160312 11

どこに刃があるのかわからないような優雅なはさみなのに、
「ばちん」といい音を立てて上手に枝が切れた時はなんだか嬉しくなりました

チョコレート(オランジェット)がのせられたアンティーク皿も素敵

20160312 7

銀製品は価格もですけど手入れにも自信がなくて、やはり高値の花ではありますが
こうやって実際に使っているのを見ると本当にいいなと思います。

焼き菓子は、イギリスではとてもポピュラーなこちら

20160312 9

『キャロットケーキ』

これも私、その先入観で今まであまり食べたことがなかったのですが
甘さもほどよく上に塗られているクリームがまた良くあっていて、紅茶にぴったり!
人参以外にもバナナがたっぷり、全粒粉とグレープシードオイルで焼かれているそうです。

20160312 10

素朴でやみつきになるお味。

以上、先生のご自宅での最終レッスン
アフタヌーンティーをしながら、そのエピソードやポイントについて、また紅茶と健康にまつわる話も教えていただきました。

「紅茶を飲みながら、くつろいで楽しんでいただけるように」
「マナー(エチケット)はあるけれど、肩ひじはらず」
そんなお話が紅茶素人にとっては嬉しく、私も家でアフタヌーンティーやっちゃおうかな、という気持ちに

イギリスにいる間に料理教室を通じてこんな素敵な友人と知り合えて
紅茶教室を受ける機会に恵まれ、本当にラッキーです

次回は来月、いよいよ最終回となります。

過去の紅茶教室記録

第1回「美味しい紅茶の淹れ方」
第2回「各茶葉、食事とのペアリング」
第3回「アンティークと歴史」
第4回「アンティークマーケット(Alfies Antique Market)」




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

バレンタイン・アイシングクッキー☆初体験。

イギリスのスーパー、製菓材料売り場が日本のそれと比べるとかなり充実しているように思います。
中でも、アイシングに使う着色料や砂糖菓子の類の豊富なことといったら
料理はあれだけど(失礼)、家庭でのお菓子作りって人気があるのかな?

というわけで、子供が大好きな「アイシングクッキー」
先日、友達とそのアイシングデコ初体験してきました。

型のテーマは、バレンタイン

ハート各種、くちびる、ハイヒール、ドレス
ハト、蝶、くまさん、天使、イニシャル…

これが想像以上に難易度が高いっ
最初にクッキーの表面に縁取りを書くのですが、そこが相当難しく

でも、難しいんだけどそれだけに楽しい~ハマりそうです

20160211 1

はじめての力作
が、所々ガタガタでお恥ずかしい限りです。

そして神の手(!)によるアイシング術にただただ感激

20160211 2
20160211 3

クッキーの周りを綺麗に縁取るのがとにかく大変
ここをなんとかクリアして、表面に柔らかめのアイシングを流し込むように延ばしていきます。

20160211 4
(固まる前に、別の色を絞り入れる事で模様が出来ますよ、の例)

・アイシングを入れる小さなコルネの作り方
・それぞれの作業に適したアイシングの固さ、絞り方のこつ
・色の作り方
・低温(50℃)オーブンでの仕上げ

友人おススメのレシピ本も教えていただきました
そうこうしているうち、予定していた型までは行きつけず、あっという間に制限時間が

「ランチ食べなきゃ

20160211 5

それでもしっかりと宅配のデリをたいらげ(以前ご紹介したこのお店のデリ、やはり美味)
出来上がった作品たち(クッキー)を箱に詰めて、「今日は本当にありがとう!!」

帰宅後、このクッキーを見た子供達が予想以上に大喜びしてくれまして
毎日食後に数枚づつ大事にいただいております

楽しくて為になる一日、とはこのこと
何度も言わせて~何から何まで本当にありがとう!!

忘れないうちに復習しないと。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

紅茶教室第2回目「各茶葉、食事とのペアリング」

先月から通い始めた「紅茶教室」、
紅茶よりコーヒー、コーヒーよりビール、ビールよりワイン・・・
そんな私でありますが

せっかくイギリスにいるんだし、紅茶を学んでみよう!!

とゆことで、こちらで出会った友人が始めた紅茶教室に参加することに
これがまた毎度目が煌めいてしまうような感激と発見で、最近の大切な楽しみのひとつとなっております

今日ご紹介するのは、第2回目のこと。
『各茶葉と食事とのペアリング』

私は紅茶と言えば、とにかく自分の好みの香りがするようなものを選んで
食後にたしなむ・・・そんな飲み方しか知らなかったのですが

「紅茶」とひとくくりにいっても
産地や製法、茶葉の採取時期等により数えきれないほどの種類があるんですね~
各種茶葉の特色、それに適した淹れ方、を学びながら
その紅茶に合う食事のペアリングを楽しみました。

(当日カメラを忘れてしまった為、以下スマホ写真で失礼します
20151030 1

パステルカラーの可愛い缶は、Fortnum&Mason Queen's Blend Tea(ケニア)
チョコレート(シーソルト)と頂きました。
ケニアの茶葉は綺麗な赤色が特色、適度な渋みがチョコレートによく合うそうです。

次に、日本への輸入量が多く、「これぞ紅茶!」と感じられるスリランカの紅茶セイロン。
第1回のレッスンでもいただいた、East India CompanyのRoyal Flash O.P.1(セイロン)

20151030 2

チーズとの相性が良いとのことで、同じくEast India社のチーズビスケットとあわせていただきました。
(このThin Biscuitシリーズ、美味しいんですよね

フレーバードティーは2種類。
まず1つ目は、ラプサンスーチョン
製造過程で松の木を燃やし燻製香を付けた、フレーバーティーの元祖ともいわれているそうです。

20151030 3

中国産らしいエキゾチックな香りがクセになりそう。
同じく燻製香を楽しむスモークサーモンのサンドイッチと頂きました。
このサンドイッチもパンがしっとりふわふわで最高!!
「どこのスーパーでパンを買うと美味しいんでしょうか」なんて話題にも

20151030 4

緑茶のような爽やかな香りが楽しめるダージリン。
茶葉の収穫シーズンによって、それぞれの特色も楽しめるそうです。
この日頂いたのは、4月前後の新茶 ファーストフラッシュ(ダージリン)

20151030 5

緑茶のような味わいということで、和菓子にもよく合うそうですが
イギリスで定番のペアリングは苺!!
とのことで、苺を使った英国デザート「イートンメス」と共に
先生の手作りデザート達はどれも甘さ控えめで本当においしい!!

フレーバードティーその②は、私が大好きなアールグレイです。
伯爵にちなんで名づけられたこのお茶は、柑橘系果実ベルガモットの香料を用いてブレンドされているそうで
柑橘系お菓子によく合うのだとか

20151030 6

こちらも先生お手製のケーキ
レモンドリズルケーキ と頂きました。

これが、めちゃくちゃ私好みのお味

20151030 7

見た目でもう、甘いんだろー。と身構えてしまうのですが
たっぷり使ったレモン果汁と、きめ細やかな生地がそんな固定観念を覆す美味しさ。
ただでさえ大好きなアールグレイとの相性も最高です。

最後はアッサム
インドでの紅茶生産が始まるきっかけとなったこの地域の紅茶は、
「しっかりとしたコク、程よい苦み、芳醇な香り」が特徴でミルクティーでも美味しいそうです。

20151030 8

バターの香りが堪能できる、ショートブレッドと共にいただきました。

この日いただいたお茶は6種類。
茶葉の形状や大きさ、色だけでもこんなに違いが!

20151030 9

他にも、自然環境の保護や人権に配慮した労働環境、地域社会への貢献など、
厳しい基準にクリアした農園へ与えられるRainforest Alliance(レインフォレストアライアンス)の認証マークや、
ブランド紅茶の原産地を保証するマークの話も、全く知らなかったのでとても有意義でした。

紅茶の世界って想像以上に広い

そしてそれを「知って飲む」のと、知らないで飲むのって全然美味しさが違うんですよね。
紅茶に限った話ではないけれど、そんなことも考えながら。

20151030 10
(リビング飾られたダリアが綺麗で思わず写

今回もまた贅沢なひとときを過ごすことが出来、心に栄養をいっぱいいただきました。
先生~、ありがとうございます!!

次回はカメラを忘れないようにせねば。

にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

つくれぽ『五香粉味噌の香ばし鶏チャーシュー(byタラゴンさん)』

ここ数日のことですが
ヨダレ王子、小走りが出来るようになりました。
おしゃべり(風)なのも、日増しに堪能になってきまして
声が可愛いので、これまたかわいくって(←ばか)

そういえば、あと2日で1才5か月になるんですよね
しみじみしちゃいます。



さて、今日は美味しかったレシピのご紹介です。

『五香粉味噌の香ばし鶏チャーシュー』

丸くくるくるっと成形した、鶏肉を香味の効いたタレにつけこんで
オーブンでやいた簡単&美味なチャーシュー
ニンニクとショウガの香味野菜と豆板醤のちょいピリ辛感、
さらに五香粉を使うので、中華料理店で食べるような本格的な香りが、たまらんのです。

実は、焼く直前「タコ糸」が無いことに気づき
しっかりと成形できなかったので、表面がぼろぼろっとしていますが・・・
20140119 9
コリアンダー(パクチー)を添え、そのままスライスし、ビールのお供にいただきました

翌日のランチは
最近よく作っている『ポロネギとマッシュルームの煮込みそば』に、
たっぷりトッピングして
(撮影後に、チャーシュー増量しています。笑)
20140119 10

うんまーっ

シンプルな野菜主体の麺が、この香ばしチャーシューを載せただけで
本格飲茶レストランでいただくような麺料理の味&香りに!!

今回、イギリスではけっこうお高い「胸肉」で作りましたが、
「もも肉」でも作ってみる価値がありそう。
いや絶対美味しいはずなので、作ってみようっと

大好きです、こういう「つけておくだけ」「やくだけ」なお料理~
タラゴンさん、素敵なレシピをありがとうございます




GO TOP