基本調味料で応用自在♫『海老ゴロゴロ入った人参サラダ(ラぺ)』、ロンドンで初サッカー観戦。

先週末、
渡英後5年目にして初、サッカー観戦に行きました

旦那はさておき、私自身は全くサッカー通でもないし
ただ、せっかくイギリスにいるのだから、一度は行きたいな~と思っていたんですが
子供が集中力を保てるほどの年齢ではないのと、かといってわざわざ子供預けてまで行くのもどうかな…と尻込みしていまして

そんな特別な日を前にして、長男との会話

旦那「明日はサッカーがすッごく上手な人達のをみるんだよ」
長男「Y先生(幼稚園の体育&サッカー教室の先生です)とどっちが上手?」
旦那「そりゃもう、選手だよ。プロなんだから!!」
長男「・・・違うよッ!!Y先生だよッ!Y先生の方が上手だよ!」
旦那「(苦笑)いや、Y先生はプロじゃないだろ?」
長男「違うよぉー!!Y先生の方がうまいんだよぉー!!」

といって、長男号泣
悔しすぎたのか、隣の部屋へ走り去ってしまいました。笑

「そうだよね、Y先生もサッカーをみんなに教えるプロだもんね」
とフォローしたら、涙をふいてくれましたが
こんなことでも自分の意見を覆されたことが悔しかったのかな。
Y先生のことも大好きなのだな、と♫



さてさて今日ご紹介するのは、寒いこの季節が旬の野菜「人参」をどっさり消費するサラダレシピ

Cpicon たっぷり海老と人参のサラダ(ラぺ) by ケチャ&ウル

このブログで何度も力説しているのが、この国で売られている野菜の安さ!!

イギリスの消費税率ってすごく高いんですけど(細かく分けられているんですが、スーパーでいうとビスケット以外のお菓子や調理済み商品、酒などは普通20%)乳製品やパン、野菜、果物、子供服などはそれがないんです。
そんなわけで元々安い野菜の中でも、こと根菜類に関しては、見た目はさておき本当に安く
(一般家庭で1~2週間で使えきれない量が入って£1台とか)味も抜群!!
本来の味がするというか、甘みや風味がいいんですよね

結果として、日々根菜消費料理に心を砕くわけですが

人参サラダに関しては、シンプルに+ちょっとアレンジを加えるだけで、格別に美味しくて
このレシピが我が家の定番となりました

基本調味料のみ加えた状態では、
数日~1週間は保存がきくうえ、個人的には日が経った方が味がなじんで美味しいな~と思います。

ラぺ


【コツ、ポイント】
作り立てよりも、数時間後~2、3日経って味がなじんだものが美味しいです。
パクチー大好きな方へ♥「食べる直前」「たっぷりと」がおススメでーす!!



冒頭にお話ししたサッカー観戦のこと

私自身、旦那から何度説明されても、マンUとマンCとの区別が?となるし、
イギリスで活躍されている日本人選手の名前もド忘れちしゃう。
チェルシーっつったら、あのヨーグルト味の飴でしょ?って思っちゃう。(歳がバレる)
というレベルでサッカーに疎く、「私なんかが見に行っても良いのだろか」という感じでしたし

加えて直前に長男ともひと悶着ありまして(Y先生の方がサッカー上手なんだからー

が、スタジアムの盛り上がりとライブな熱気、
選手たちの華麗なプレーを目の当たりにして、大興奮、あっという間の試合時間でした。

20180125 5
チェルシー対ニューカッスルの試合です)

チケットの種類によっては、試合前とハーフタイムにはお酒や食事も楽しめたりするみたいで

料理はというと、ちゃんとガストロパブ的な美味しさで
5歳と7歳の子供でも、パスタやお菓子コーナーがありましたので、そこは飽きることなく

20180125 6
(付け合わせの野菜がすごく美味しい)

意外だったのが、普段サッカーに興味のない7歳女児
開始早々に「つまんない」と文句たれましたが、徐々に楽しんでくれたようです。

20180125 8

一見紳士風なおじさまが、ゴール入った瞬間別人みたいになっていたのも面白かったな

スポンサーサイト

グラタン・ドフィノワ風「レイヤーポテトグラタン」、Longchampのロンドン限定トート。

こんにちは。

日本では何年振りかの寒波で大雪だそうですね。
これが峠になるといいのですけど・・・

ロンドンもまだまだ寒い日々ですが、スーパーでは水仙のつぼみの束が売られるようになり、
「またこの時期が来たか!」と。
少しずつですが、季節の移ろいを感じています。


さて、今日ご紹介するのは、ほっくりジャガイモが主役のおフランス料理、熱々が美味しいグラタンです
以前料理教室でもご紹介したことがあるんですが、

Cpicon レイヤーポテトグラタン by ケチャ&ウル

ちいこ グラタン

このグラタン、ロンドンでもガストロパブなどで付け合わせに出てくるんですよ。
元々フランスの地方料理で「グラタンドフィノワ」と呼ばれているそうです。

ほんのりニンニクをきかせるのがポイントで、ホワイトソース要らず
ジャガイモのでんぷん質と生クリームのとろみが、要となっています。


「スライスした生のジャガイモと材料を合わせて耐熱皿に並べて焼く!!」
という作り方もあるんですが
(そっちの方が主流かな?ザ・芋料理って感じの食べ応えのある味で、これはこれですごく美味しいんですよ~

ちょっと面倒でも、
事前に芋と牛乳を鍋で加熱した方が、ジャガイモのほっくり食感とミルキーな優しい味わいが増して美味しい

と思いまして、私はこの作り方に落ち着きました

ジャガイモを切って水にさらさず、牛乳で煮て(吹きこぼれ注意)、生クリームとチーズをかけて焼くだけ。

一旦冷めたものをカットして温めなおしても美味しいので、忙しい時の朝ごはんにもおススメです。


20180125 4



【コツ、ポイント】
・芋のデンプン質でとろみをつけるので、切った後絶対に水にさらさないこと。
・芋を牛乳で煮る時の吹きこぼれに注意!!

20180125 5

ちなみにロンドンでこのグラタンにおススメなのは、
「King Edward」というホクホク食感の日本でいうところの男爵のようなジャガイモ。

20180125 3
(ホックホクで煮崩れがひどく、肉じゃがやカレーに使うにはけっこう大きく切らないと、です)

ロンドンではジャガイモの種類が豊富、そして激安なので、日々料理に取り入れたいところなんですが
なんせそのパッケージの量が半端なく「使い切れない」という声をうよく聞きます。私もそうでした…

ジャガ芋大国にお住まいの方、ぜひこのグラタンをレパートリーに加えて芋消費にお役立てください♫

他にもおススメのガッツリ系ジャガ芋レシピはこちら
Cpicon ジャガイモとベーコンのコチジャン煮 by ケチャ&ウル
Cpicon 定番ソース味★ジャガイモの鶏そぼろ煮 by ケチャ&ウル



そういえば最近、ロンシャン(Longchamp)でバッグを買いました。
店舗にいくことはあっても、ここで何か買ったのは今回が初めて

持っている方も多いであろう、人気の折り畳みトートバッグ。
の、ロンドン限定販売version

どっかりとビッグベンがプリントされているんです。
とある日の料理教室に来られた方が持っていて「こりゃ可愛い」と狙っていたんです!

20180125 1

子供用のいすにのせてこのサイズ、
カーキ色らしいですが、どっちかというとブラウン?
おひとつ£80
 
日本ではネットとかで買えるみたいなんですけど、ちょっと買う気になる値段ではなかった…

ロケットみたい
注射みたい

なんていう友達もいるんですけど(笑)
私はロンドン生活の記念にと思い、購入!!

20180125 2

ちなみにおフランスではエッフェル塔がプリントされたのが限定販売されているそうです。
ビッグベンより絶対可愛いよ~

ちなみにちょっと高くなるけど、ロンシャンのこのシリーズはカスタムメイドもできるそうです♫
LONGCHAMP LE PLIAGE PERSONALIZED

Xmasパーティーレシピ♫「カプレーゼなリースサラダ」、幼稚園のクリスマス発表会。

あっという間に金曜日。
今宵は親子で仲良くさせてもらっている近所のお宅でタコ焼きパーティー、遅くまで楽しませてもらいました♪
帰りは極寒!!(Rさん、Yさん、ありがとぉー


さて今日ご紹介するのは、クリスマス向けの一品

Cpicon Xmasに♪カプレーゼなリースサラダ by ケチャ&ウル

去年のクリスマスメニューレッスン用に考案したサラダです。

イタリアンの「カプレーゼ」と、ギリシャの「グリークサラダ」を合わせた、ちょっと欲張りなリースサラダ。

今回は、見た目のアクセントに、欧米ではポピュラーなビーツを加えてみました。
(日本人にはなじみのない生ビーツ、自分で茹でると本当に美味しいんです)
が、入手できなければこれがなくとも十分

この盛り付け、まるでフラワーアレンジメントでリースを作るような感覚に似ていて、すごく楽しいです

リースサラダ

20171208 8

【コツ、ポイント】
・最初に安定感のある具材で土台を作るとよい。
・フェタチーズと、ドレッシングに入れるオリーブの塩気があるので、塩は控えめにしてください。


今年も長男の通う日本人幼稚園のクリスマス発表会がありました。

その前日が半日保育でしたので、クラスメート&ママさんと歓迎会兼ねての家ランチを
ドラムスティックのローストチキン、ロールキャベツや、ミートボールに美味しいお惣菜等々持ち寄っていただきました。

20171208 10
(どれも最高!!)

「明日の発表会は楽しみだね~」

20171208 9

このクリスマス発表会、通常はそれぞれの学年が、それぞれの劇を披露するらしいのですが
今年は長男の所属する年中組と年長組さんが合同で「不思議の国のアリス」を演じてくれました。

20171208 6
(長いしっぽ付きの衣装がお気に入り)

去年のクリスマス発表会では目立って落ち着きがなくダメダメ度断トツで№1だった長男でしたが
今年はちゃんとやることをやってました。ほっ

20171208 7

昼過ぎにお開きになり、帰りの車中では即爆睡していました。
がんばったね!!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

最近ロンドンのスーパーWaitroseで感激!!の食材を使ったサラダ&天才からの贈り物♫

最近、ロンドンのスーパーに売ってるもので感激したものがあります!!
特に何も考えず買ったサラダ用のミックスリーフ、いざキッチンで開けてみたら

花が入ってる?!

こっちで売っているパック入りのサラダミックスって、選ぶのが楽しくなっちゃうくらい色々な種類があるんです。
・ルッコラ&クレソン、ほうれん草
・トレビス、エンダイブetc
・ハーブ入り
・いわゆる日本の「レタス」が入ったもの

日本と比べ、ただのレタス類が激安なのを考えると(立派なので1玉£1程度)、この袋に入ったやつらは割高なので悩むところですが、まぁお洒落だし、この種類の葉野菜をそろえるとむしろ高くなるし・・・
ていうので、たまに購入しています。

今回買ったサラダミックスには、サニーレタスを柔らかくしたような丸葉レタス(Red butterhead)、酸味のあるミニリーフ(citrusy sorrel)、豆苗(Pea shoots)、コリアンダーの芽、それにエディブルフラワー(食用花)のビオラが入っているんです。

20171113 4
(Mild Pea shoots & Edible Flowers、£1.50)

日本にいたころ、「『エディブルフラワー』とかいってどこの主婦が買うんだろう~」と思っていたし
レストランの皿に入っていても「花は観賞するものであって、食べるものではないっ」と思っていたんですが

なにしろ今回は、たまたま買ってきたサラダミックスに問答無用でたっぷり入っていたので、仕方なく(笑)食べてみました。

「ん?美味しい。」

ごわごわしてるわけでもなく、苦いわけでもなんでもなく、美味しい。
多分目隠しして食べたら他の葉っぱと間違えちゃうかも。

また、この食べられる花は見て美しいだけじゃなく、栄養価もその種類によっては野菜以上なのだとか!
それがこんなに入って、フツーのサラダが食べるのもったいないほどに見た目グレードアップしちゃうのって、直に嬉しいですよね。

しかも一袋£1.50って、Waitroseにしてはお買い得ではないですか?
ロンドンではコーヒー一杯が£2~3しますんでね…

ロンドンにお住まいの奥様、これはおススメです

20171113 1

ただ、こんなにかわいらしい花を食べてしまうのはかわいそうなので、
食べる前に十分愛でてから美味しくいただきたいと思います。

お花のサラダ

【材料】
・食用花入りサラダミックス(Mild Pea shoots & Edible Flowers) 一袋
・プチトマト 5個
・お好みのチーズ(パルミジャーノやフェタがおすすめ) 適量
・生ハムや茹で鶏など 適量
・ドレッシング(今回は、EVオリーブオイル大匙2+熟成タイプバルサミコ酢小さじ2+塩少々フリフリしました。)

20171113 3

【手順】
①サラダミックスを食べやすい大きさにちぎります。必要であれば水に放ちパリッとさせてからよく水気をきっておくとよいです。
またこの時食用花の半分は飾り用に取り分けておきます。
②プチトマトは半分に、その他の材料は食べよい大きさに切って、チーズはほぐすor削る。
③器に彩よくもりつけ、飾り用の食用花をのせ、食べる直前にドレッシングをかけて完成です。

20171113 2

しつこいようですが、食用花、全然美味しくいただけますので、このサラダミックスはおススメですよ
季節限定品でなくなっちゃうかもしれないけど…

  
先週、日本の友人からのとても嬉しいお届けものがありました。
長女用のヘアゴムです。

20171113 5

元々料理上手で器用な友人、最近編み物にはまっているそうで
これ全部手編みなんですって!!
「クリスマスっぽいのも欲しい」と余計な注文をつけたら、可愛いサンタとトナカイも作ってくれました
トナカイは完全オリジナルなんですって。(私なんて「トナカイの絵を描いてみろ」って言われてもかけないよ・・・笑)

長女は「ママのともだちが作ったの?!すごい!!天才」と大喜び。

20171113 6

ちょっと言ってみたら、海の向こうからこんなにありがたい贈り物が届くなんて、感動です!!
Pサン、ほんとにほんとにありがと~

  
昨日、長女の通う現地校で、「Odd socksをはいてきてください」というお達しがあり
といっても、「そんなの嫌だわ」という人はその通りではないのですが、
散々迷って左右柄の異なる変な靴下をはかせました。

20171113 7
(長男用のミニオンズ柄の靴下です)

・・・Oddです。笑

この日の靴下はOdd socks day といって、精神的な病に苦しむ人への差別偏見をなくそう!!的なキャンペーンの意味もあったようです。

イギリスの小学校では(もちろん学校によりけりだと思ますが)、そんなイベント絡みで子供に一種の仮装をさせる日がまれにありまして、それが初めて聞くやつだと、一体どんなものをどんな感じに着せたらよいものか、けっこう悩みます・・・。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

我が家のリス日記。&話題入り感謝「大葉風味海老のレンコンはさみ焼き」

最近、出かけた公園(森?)で栗拾いをしました。

ですが、あまりにも小さく情けない出来の栗で、「これはちょっと人間の食べる栗ではない・・・」と思うけれど
拾うこと自体が結構楽しくって(コンカーの時と一緒です)、小さなビニール袋いっぱいの収穫がありました。

20171022 1

このショボ栗、庭に置いてみると、我が家のドングリの木に住むリスたちが現れ
すごい勢いで殻を食い破り、ムシャムシャ食べてくれちゃって、可愛いのなんのって。

20171022 7
(固い殻も上手に剥いてます)

うちの庭のドングリの木に住んでいると思われるリスたちが、複数現れ
多い時では6匹!!にわか「リス祭り」となります。

20171022 2

殻付きのヘーゼルナッツやクルミを置くと、可愛いリスさんが家族?で現れ、カリカリとかわいらしい食事風景を見せてくれるのでした。
リス通の友人によると、彼らは殻付きナッツをより好むそうです。

20171022 6

はぁ、リスちゃん。ほんと可愛い。

ということで、今日はリス特集です。
カメラは普段使っているデジタル一眼レフに、子供の学校行事などで使えたらいいなと買った望遠レンズを使って
(でもこれ、私の腕では全然使いこなせなくて、庭のリスを撮るという顛末…)

20171022 8
(どこにもピントがあっていない。笑)

窓越しでも、案外綺麗に撮れていますかね・・・。

20171022 3
(一番のおデブさん)

ドングリをはじめ、ふってわいた栗や殻付きナッツは、その場で食べることもあるけど
土に埋めることもあるみたい。
また、堀って埋めたふりをするだけっていう時もあるそうですよ。

我が家の芝生はそこら中にやる気のない穴(笑)が掘られています。

20171022 5
(ホリホリして何かを隠し、手でパタパタと埋める、の図)

そんなリスに埋められた木の実から芽が出ることもあるのだとか。

この季節、リスもちょっとおデブさんに?
冬眠に備えているのかと思いきや、ロンドンでよく見かけるこのリスたち(ハイイロリス)は冬眠しないんですって!!

20171022 9
(「デブデブ言うな」)

確かに冬でもよく見かけるな…

20171022 4

ぽっちゃりしてても走るのめっちゃ早いですよね。

最近写真を撮って気づいたのは、こうして被写体になってくれるのリスっていつも決まった子のようです。
一番登場してくれるのが、このトトロみたいな母さんリスです。

20171022 10

立派なおっぱいがあることから勝手にそう判断させてもらい
子供達と一緒に「かあちゃん」と呼んでいます。

20171022 11

この写真を見て大笑いする長男。
「だって手をこんなんしてるんだもーん(爆笑)」

そんなに面白いとは思えないけど、こりゃ可愛い。
ですが、かまれると狂犬病に感染して死に至る場合もあるそうです。注意!!


先週、クックパッドでこちらのレシピが話題入りさせていただきました。
シャキシャキレンコンとぷりぷり海老の黄金コラボ

Cpicon 大葉風味♪エビのレンコンはさみ焼き by ケチャ&ウル
エビのレンコンはさみ焼

私の大好きな食べ方です。
ロンドンでは美味しい生レンコンの入手が難しく、すっかりご無沙汰ですが・・・
つくれぽをくださった皆様、ありがとうございました!!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP