季節のお楽しみ♡『香ばしくて甘酸っぱいルバーブのタルト』、庭の地味なブルーベル。

5月も半ばを目前にして、
ロンドンでは家庭の庭先や公園などで、「ブルーベル」と呼ばれる青い花がたくさん咲いています

写真 1 (14) 1

この花が森の中に群生していたりすると、本当に素敵なのですけど
今年はまだそういうのを見に行けておらず

写真 5 (1) 8

↑以前、キューガーデンにブルーベルを見に行った時の写真です。
広大な敷地内にブルーベルが咲く森のエリアがあって、綺麗だったな~

我が家の庭にも、左右隣の家の庭にもちょうど今綺麗に咲いているんですよ。

20170514 5

一切手入れはしておりませんが、毎年ちょこちょこと勝手に生えてはうつくしくかわいらしい花を咲かせてくれます。

また、ブルーベルと同様にこの季節になると、
スーパーの棚や、パブやレストランのデザートメニューなどにも登場するのが
「ルバーブ」

20160420 4

出始めは真っ赤な茎がみられ、一見野菜というか、日本のフキみたい。
ちょっとかじると超~~酸っぱく、とても食べられそうにない代物なんですが・・・

砂糖と一緒に煮るとまるで青りんごのような味わいで、甘いものが得意ではない人でもハマってしまいそうな味
イギリスでは大人気の食材のようです。

ということで、今年も焼いております

Cpicon 香ばしくて甘酸っぱい♡ルバーブのタルト by ケチャ&ウル
20170514 3

ルバーブといえば、簡単にクランブル※にして食べるのがポピュラーなようですが
(※ざく切りにしたルバーブに砂糖をまぶし、ホロホロ崩れるクッキー生地のようなものをのせて焼いたお菓子)

ちょっと手をかけてタルトにするのが私は好き。

さっくさくタルトと、濃厚なアーモンドクリーム、きゅんと酸っぱいルバーブ、3つの味がバランスよく楽しめます

メンドクサイ思いして作る価値のある一品


20170514 2

【コツ、ポイント】

下準備として卵とバターは室温に戻しておきましょう

工程①室温に戻して柔らかくしておいたバターに、分量の砂糖を加えて、白くふわっとするまでホイッパーで撹拌します。
20140314 5
ここで丁寧にこの状態になるまでよく混ぜることで、バターに空気が入り、
焼き上げた時に「ほろほろ」「さくさく」とした食感のタルト生地になるそうです。

工程⑥フォークでピケをして、180度に予熱しておいたオーブンで10分間下焼きします。
20140314 4
(写真は少し全粒粉を配合しているので、茶色くぷつぷつしています)
下焼きすることで、サクサク食感UPです。

工程⑧のアーモンドクリーム。
20140315 2
タルト生地もそうですが、ここで冷蔵庫から出してすぐの卵を使うと分離するので注意。
・アーモンドクリームに使うコーンスターチは、小麦粉で代用できます。
・工程⑪
20140315 5
ルバーブに砂糖をふってなじませ数分後、この程度ちょっと表面がうるっとしたらOK。
これ以上置くと、水分がどんどん出てしまうので要注意です。
ルバーブの量、レシピには250gと書いてありますが、280g程度まで可能です
(300g乗せて焼いた時は、アーモンドクリームがあふれてしまいました

20170514 4

切り分けると、中からきゅうんと甘酸っぱいルバーブがたっぷり
濃厚なアーモンドクリームと、サクサクほろほろのタルト生地との相性もばっちりです

20170514 1

先週何度もお世話になった友達へ、箱に入れておすそ分けしました。

おまけ

ふと窓辺を見やると、ケチャ子がこんなんなってました。

20170514 6

無防備すぎて可愛いよ~~


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

大好きな和スウィーツ♥「小豆のシフォンケーキ&小倉クリーム」、ウィンザー城へ行きました。

先週末から、上海に住む友人親子が遊びにきてくれていて、にぎやかな我が家です。
一番喜んでいるのが子供達?!
けちゃことウルリが肩身狭そうにしています(笑)

というわけで今週のブログ更新は今日限りかな・・・とおもいながら。
ご紹介するレシピは、現在開催中のレッスンで食後に召し上がってもらっているこちら

Cpicon 和スウィーツ♡小豆のシフォンケーキ by ケチャ&ウル

あずきのシフォンケーキ

日本ではおなじみ、加糖のゆであずき缶詰を使ったほっこりスウィーツ♥
(私は井村屋さんのゆであずきを愛用)

イギリスでは日本で食べられるような、軽いスポンジ生地のショートケーキやら、シフォンケーキが滅多に食べられないので
(その型すら、「ここなら売っているよ」という情報がないお店以外では入手できないかも…)
貴重に感じるせいか、
ロンドンにいても定期的に食べたくなる大好きなケーキのひとつです。
甘いものがそんなに好きなわけではなかったのに

作り方は、普通のシフォンケーキと一緒。
粉を混ぜ込む前、泡立てた卵黄にオイルや液体を加えた後に、「ゆであずき(加糖)」を加えます

この時にあずきを少し残しておいて、トッピング用のホイップクリームに砂糖の代わりに加えると
それだけで抜群に美味しい小倉クリームが出来ますよ

桜の塩漬けを添えて、春爛漫気分で召し上がっていただくのも良いかも



残しておいた40グラム前後のゆであずきを
ホイップした約150㏄の生クリームに加えて「小倉クリーム」を作り、ケーキに添えてみました。

20170314 1

クリームだけぺろっとなめても美味しい(笑)
この食べ方、おすすめです


雨がふる残念な日曜日、上海から遊びきている友人親子と一緒にウィンザー城へ行きました。

20170314 5
(1897年創業?ウィンザーロイヤルショッピングセンター)

ここは現女王陛下のエリザベス2世が主に休日を過ごす場所であり
ロンドン中心地からは電車や車で約1時間、日帰り旅行先としても人気の場所で
ラウンド・タワーと呼ばれる丸い塔が印象的なお城です。

20170314 6

無料のオーディオガイド(日本語有り)が、すっごくうれしい!!ありがたい!!
基本的に建物内部は撮影不可なのですが、王室が誇る名画やお宝が展示されてあったり
1992年の火災のこと、その後の補修工事のことなど、興味深く見ることが出来ます。

また、このお城で嬉しいのが、衛兵さんを超間近に見ることが出来るということ。

20170314 2
(ただし、時期的に冬服なのでなんか地味・・・)

「バッキンガム宮殿の衛兵交代式」をご覧になったことがある方なら、お分かりかと思いますが
ものすごい人の混雑っぷりで、子供はもちろん、私のような背の低い大人にはハードルが高いイベントなのです。

が、このウィンザー城ではちょっと手を伸ばせばすぐそこに衛兵さんが歩いてたりして

20170314 10
(この写真は3年前の夏に行った時に撮りました)

交代式もスケールが小さくなりますが(笑)、もろ間近で見ることが出来ました。

20170314 4

また、建物内で禁止されていたカメラ撮影ですが
ここでは音声ガイドにも「衛兵とご一緒に記念撮影をどうぞ」と紹介されているほど

なんとも簡単に、記念に残る一枚を撮ることが出来ます。

20170314 3
(イケメンでした)

ちなみにこちらは以前撮影した夏服バージョン↓

20170314 12

また、敷地内のショップにはセンス良くかわいらしいものがいっぱいです。

20170314 11

ロイヤルコーギーのぬいぐるみがかわいすぎます
お値段お高めですが、一部がチャリティーになるらしいので・・・そう思いながら物色させてもらいました。
女王陛下在位65周年(サファイヤ・ジュビリー)を祝う記念デザインが素敵でした。

この日のランチは、お城から数分あるいたところにあるパブにて
そばを流れるテムズ川をみながら、サンデーローストをいただきました。

20170314 7
(ラムのロースト)

味はまあまあでしたが、あいにくの天気にもかかわらず賑わっていました。

20170314 8

THE BOATMAN
10 Thames Side, Windsor, West Berkshire SL4 1QN
Tel: 01753 620010

そして、食後は白鳥たちに餌やり。

20170314 9

ウィンザーは、このお城の他に、数々の首相や学者を輩出したエリート校「イートン校」があったり
ロンドンからの日帰り旅行先としてはとてもおすすめです♪

関連記事
・女王陛下の住む「ウィンザー城」
・レゴランド@ウィンザー



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

「バレンタインのアイシングココアクッキー❤」&可愛い力作。

先週、大好きな高校時代からの友人がロンドンに遊びにきていたので、
その週末は王道のコッツウォルズへドライブに出かけました。
寒かったけど、初めて行ってみた街が意外に楽しめたり、
何より久々に同級生と笑いの耐えない楽しいおしゃべりが出来たことが嬉しかったです
その時のことはまた国内旅行日記にて・・・

さて、今日はバレンタイン
ということで、長女が仲良くしているお友達&ママさんと一緒にバレンタインのアイシングクッキーを作りました

バレンタインのアイシングココアクッキー

20170214 2

バレンタインだしチョコレート味がいいかな?と思いまして
ココア入りのクッキー生地(Cpicon ハロウィンのアイシングクッキー。 by ケチャ&ウル)で、ハート型と、小さなハイヒールと

あとはなぜか「羊」のクッキーを焼きました。

イギリスのクレイアニメ「羊のショーン」が好きだったりするわが夫、その影響をもろにうけた子供達が、喜んでくれるかな?
なんて期待してみたりして。

その羊さんですが、ハロウィンの時同様、顔の部分はアイシングをのせない作戦で、
羊毛に埋もれている感が出てくれています。

20170214 3

生地の配合と、アイシング流し込みなどのコツはこちらのレシピをご参照ください



ちなみに今回使った羊の型は、American Sweets というメーカーさんのものです。
名前がアメリカンだけど、日本のサイトで購入しました。笑
ここの型、可愛いのはもちろんのこと、大きさもちょうどよく、デザイン案もパッケージに書かれていてすごくおすすめです

20170214 1

完成した時には、日も暮れかけていたので、写真がなんだかぼんやり。。

・レースのハート ピンクと赤
・キルティングのハート 白
・レパード柄
・マーブル?柄
・羊
・ミニハイヒール

大人が楽しく作っている傍らで、より真剣に作っていたのが長女とそのお友達。

20170214 4
(写真撮らせて~と言ったら、ふたりとも「ちょっと待って、ちゃんと並べるから」とレイアウトしてくれました

デザイン見本などなくても、その想像力でけっこう素敵なクッキーを作ってくれました。

20170214 5

出来たそばから食べてしまったけど、
いくつかの力作は「パパにあげるんだ」「ママはこれを食べてね」と張り切っている姿、思わずふふふと笑ってしまうのでした。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

バレンタインに❤『アボカドのショコラチーズケーキ』、ロンドンのバレンタイン。

今週に入り、また冬に逆戻り。
スーパーの店頭に水仙のつぼみ束が並び始めたのを見て、遠く向こうに春の訪れを感じたのですが
まだまだ長~いロンドンの冬です。

週末には、日本から友達がロンドンに遊びにきてくれる予定なのでそれも楽しみ
というわけで1週間がんばろう~!!


さて今日ご紹介するのは、最近作ったケーキの中から
バレンタインにもおすすめなチョコレートを使ったこちらです。
Cpicon アボカドのショコラチーズケーキ by ケチャ&ウル

なんと、アボカドを使ったチーズケーキ

日本にいるころ大好きだったジェラートやさん
ここのフレーバーに「アボカドはちみつ」なるものがあって、
最初恐る恐る試したみたところ、ハマる美味しさだったんです

それをヒントに、大好きなチーズケーキにアボカド&はちみつを入れてみたところ、やはり正解。
ただちょっと見た目がいまいちだったので(白なのか緑なのか黄色なのか…どっちつかずの色が微妙なんです)
ガナッシュを使ってマーブル状にデコってみました。

アボカドチーズケーキ1

サラダとして食べることの多いアボカドですが、
その濃厚でとろっと食感は、スウィーツにもぴったり
はちみつは言わずもがな、チョコレートとの相性もばっちしなので、バレンタインのイベントにもおすすめですよ~

黙って食べてもらって、「実はアボカドが入ってるんだよ」と事後申告した時の反応がまた楽しく
色や見た目の粋なところも気に入っています。

アボカドチーズケーキ2



【コツ、ポイント】
・トッピング用のガナッシュが固まってしまったら、レンジか湯煎で再度あたためてください。
また、生クリームが熱すぎると分離してしまうので、工程④は要注意です。

アボカドチーズケーキ

焼きたてよりも翌日以降、味がなじんできたころが食べごろです。
冷たく冷やしてから召し上がってくださいね


ロンドンのバレンタイン。
当たり前ですが、日本のようなチョコレート商戦はないんです~!!

こっちにきた当初はその盛り上がりに欠けた雰囲気が異様に感じられましたが、
欧米ではバレンタインというと、「主に男性から、恋人や妻に、花やカードやチョコレートなどのお菓子を贈る」という習わしなんだとか。

20170207 1

スーパーのバレンタインコーナーも、日本に比べたら超小規模ですが
ここに立ち止まって、物色している老紳士を見かけたりすると、ほっこりします。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

幸せおやつ♥『アップルスイートポテト』、クリスマスツリー☆彡

先週は、アイシングクッキーを作ったり(クリスマステーマです)、お楽しみのワイン会があったり
テニスラケットを持ってみたり、大好きな友達としばしのお別れに涙したり
さらに土曜日には長男の幼稚園で「クリスマス発表会」があったり(恥ずかしすぎる場面がありました)、
もりだくさんの一週間でした

そして日曜日はいつも以上によく寝ました


さて、今日ご紹介するのは
先月クックパッドで話題入りをさせていただいた、私の大好きなおやつレシピです

Cpicon アップルスイートポテト by ケチャ&ウル

甘て美味しいスウィートポテトに、甘酸っぱいリンゴがたっぷり入って
ほくほくジューシー
芋好きにはらまらない、幸せおやつなのです


この国では、日本でいう「さつまいも(White sweet potato)がちょっと特別な野菜になるんですよね。
(これからお正月料理の栗きんとんを作ろうとされる方、
日系のお店や、アジア系の大型店舗や大きなTESCOなどに行けば入手可能です♪)
それでこれを作る頻度がかなり減ってしまいましたが・・・

20161121 7


【コツ、ポイント】
・FB(フードプロセッサー)が無ければ、ただつぶすだけでOK、粒々が素朴でまたいい感じです


おまけ

先週から飾っている我が家のクリスマスツリー。
ようやく点灯式をすることが出来ました
(延々電池を買い忘れてたの

20161121 1

去年よりも、少しにぎやかになったかな?(去年は裏側に何もぶらさけてませんでした
この1年間、イギリス国内外の旅先で買ってきていたご当地オーナメントが仲間入りしています

20161121 9

中でも気に入っているのが、去年南仏エズ村で見つけたこれ↑
と、今年クロアチアのドゥブロヴニクで見つけたこれ↓

20161121 8

卵で出来ている本体の上下にパールビーズがちょこんとついていて、一目ぼれでした。

20161121 2

その傍らには、アドベントカレンダーと、
早くも今期に半額になっていた(笑)、WaitroseオリジナルのXmasクッキー缶や、クリスマスモチーフの小物を飾りました。

20161121 3

↑買ってみたらグラグラだったことが判明した、木の小人列車
友人にもらった、シャンパンサンタ

20161121 4
(ミニボトルですがかなりかわいい

シャンパンサンタの隣にあるのは、2年前の「Country Living Christmas Fair」で見つけたポーランド陶器のツリーです。
(2つで£〇!!というお買い得商品だった

これは日本のフランフランで何年前だろう、と忘れちゃうくらい昔に買ったガラスのツリー。

20161121 5

渋い色合いがとても気に入っていて、毎年テーブルに飾っています。
まるいオーナメントはひとつ長男が落として割ってしまいましたが、それも運命

20161121 6

そして、ガラスボウルの中にツリーがきらめくガラス細工
LEDなのかな?数秒ごとに色が変わるのが幻想的で楽しめます。

と少々クリスマス気分にひたったところで、、今週もがんばるぞー!!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP