トラファルガー広場「Japan Matsuri 2014」へ♪ 

愛車のパンク、早々に解決です

土曜日に、以前タイヤを交換したお店に行って相談してみたところ
「本当は修理OKなタイヤじゃないんだけど、出来るからさ~」なんて話になり、
「でも修理しちゃいけないのに直しちゃったからさ、お代はいらないよ~」
なんてことに。

え?マジで?いいのー?
ラッキー
この日の晩酌の乾杯コールは「タイヤに乾杯」でした

そんな日に、ケチャ一家が向かったのはロンドン中心地にある「トラファルガー広場(Trafalgar Square)
ここで毎年開催される『ジャパン祭り』に行ってみました

天気にも恵まれ、時には青空も見られて汗ばむほどの陽気の中、
日本人だけではなくイギリス人?の方も沢山集まっておりました。

20140928 1

イベントのHPも、配布されていたパンフレットも英語表記でしたので、
海外に向けて日本を広報する意味合いが強いのかもしれませんね。

寿司、焼きそば、たこやき、お好み焼き、そばうどんラーメン、和菓子などの日本食の屋がいっぱい
人気店には長蛇の列が出来ていました。

私達が食べてみたのは、
「お好み焼き」
20140928 2

見た目はおいしそうでしたが、
これキャベツとコーンと、なぜかチーズがたっぷり入っているという・・・桜えびやネギはもちろん、肉も一切無し。
チーズとソースとマヨの味しかしない。
全然「お好み焼き」じゃないんですけどー!!

私、ブログで人様の作った料理をこき下ろす趣味は全くないのですが、
これって、屋台とはいえ、とあるお店の商品として売られていたものですよー?
(しかも£6.5というけっこうなお値段)
これを食べたイギリス人だって、こんなのがお好み焼きだと思ってしまうじゃないですか。
むむむー

「おでんとまぐろ&アボカドロール」
20140928 3

ふ~これぞ日本の和食の味
特に「まぐろ&アボカドロール」は値段も手ごろで、もう1パックいこうかと悩む美味しさでした。

「かき氷」
20140928 5

宇治金時的なものと、いちごミルクを購入
どちらも、シロップを手づくりしているのかな?
日本のものよりあっさりした感じでさっぱりといただけました
まさかロンドンでかき氷を食べられるなんて!

「和牛使用の牛丼」
20140928 4

最近解禁されたという話題の「和牛」
思っていたよりあっさりとした味わいでした。
日本の大手牛丼屋の、ひらひらとした肉とは全く違う食感です

混雑していたので、ヨダレ王子は解き放たれず・・・

20140928 11
(ぶさいく?)
パパの抱っこひもの中でこの牛丼をモリモリ食らっておりました。

長女も金魚(玩具です)すくいに興じたり
20140928 6

25匹すくえばプレゼントがもらえるらしかったのですが、4歳児には無理な話ですよね。
残念賞でいただいたマシュマロを本人は喜んで食べていましたけども。

航空会社のブースでは、コスプレをさせてもらったり
20140928 7

おちびな長女、これじゃまるでスケ番だどー

日本が世界に誇る?ゆるキャラ、「くまモン」にも会えました
子供達よりむしろ親がはしゃいでしまった
20140928 9

メタボ体型なのにもかかわらず、ダンスがめっちゃキレキレ~
くまモーン!!

帰り際、ドタバタしてしまったけど、
なかなか思い出になりそうな一日でした

20140928 10

日本を離れて、はや10か月。
ここでの暮らしに快適さを感じることも増えたものの、
何かにつけて日本とイギリスを比べてしまう私がいます。

けれど子供達は、「日本」だとか「イギリス」だとか、そんなこと全く気にせず
親の無駄な心配をよそに、のびのびと成長してくれているのでした



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

熱々はコロッケ味?『定番ソース味・ジャガ芋の鶏そぼろ煮』、ヨダレ王子のおべんとう。

愛車がパンクです…!!

遠目から見て「あれ、なんかタイヤがつぶれてる?」なんて不安が的中
走行中に注意表示が出てしまい
(それが英語なもんだから余計あせる)
タイヤにねじが刺さっておりました・・・。
数か月前も同じことがあって、タイヤを交換したばかりだったのにー!!

低速運転なら問題ないそうですが、やはり怖いので
昨日は友達に移動と送迎を甘えてしまいました。
心優しい友人に大感謝です


さて、今日は最近ハマっている副菜レシピのご紹介です。
Cpicon 定番ソース味★ジャガイモの鶏そぼろ煮 by ケチャウルレシピ

味付けの要は日本の「中濃ソース」
なので、めちゃくちゃ簡単なうえに、家族皆が大喜び間違いなし♪


「ジャガ芋は所詮付け合わせ・・・」
デンプン(芋)をおかずに、デンプン(米)を食べるなんて、日本にいた頃は考えもよらない話でしたが
イギリスに来てみたら、この「ジャガ芋」が美味しくって

飯マズ大国、美味しいものが乏しい故に、芋程度でも美味しく感じてしまうのでは?

渡英前はそう思って、イギリスの芋食文化をバカにしていたのですが(イギリスの方、すみません
大間違いほの甘くて本当に美味しいのです

香ばしく焼き付けたジャガイモが、ソース味の鶏そぼろに絡んで白いご飯にぴったり。
熱々を食べるとコロッケの味・・・?
かな?

ジャガイモの下ごしらえには電子レンジを使うので、ほんの数分で完成するのもありがたいですよ♪
ご家庭の定番にぜひ加えていただきたい一品でございます。

ジャガイモのソース煮


【コツ、ポイント】
・味の濃さは、仕上げの醤油と砂糖の量でお好みに応じて調節してください。
・写真では新ジャガを使用しています(こちらでは通年販売されている)が、普通のジャガイモで問題ないです。皮が苦手であれば剥いてご利用ください。




おまけ

2歳になってから、ますます態度が横柄になるヨダレ王子。
食事中の癇癪は日常茶飯事・・・

時としてこんな迷惑なお手伝いもしてくれるのですが
20140911 9

「ママがやるから返して」
「ダー!!(嫌だ、冗談じゃない!オレ様は今これで遊びたいのだ、じゃまするな)」
こんなやりとりが発生するのです。

そんなヨダレ王子ですが、夏休み前からチャイルドマインダーの先生宅へ
週2で通うようになりました。
とある日のお弁当
20140926 1

地味~
(細巻き、さつまいもの煮物、ブロッコリーのおひたし、苺)
いつもすっからかんに食べてくれるのが嬉しい母でした。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

10月の料理教室☆空席状況・お申込みについて

例年よりも天気に恵まれているらしい、ロンドンの9月。
それでも朝晩外に出ると「さむっ!!」思わず声に出してしまうほどの寒さを感じます…

さて今日は、昨日公開しました来月の料理教室についてご連絡をさせていただきます。
これからご予約を考えていらっしゃる方、日によってはまだ余裕がございますので
下記状況をご参考に、お気軽にお問合せいただければと思います。

ご予約状況

10月
『骨付き鶏もも肉を使った煮込み料理がメインの、洋風のおもてなし献立』
前回が「白いごはんが進む和風家庭料理」でしたので、次回は洋風の献立にしました。
思わずワインを開けたくなってしまうような、おもてなしにも最適な品々をご紹介させていただく予定です

10/2(木) 満席
10/7(火) 満席
10/14(火) 残席1
10/16(木) 満席
10/20(月) 満席
10/23(木) 満席
10/28(火) 満席

各回定員5名
時間10:30~14:30

費用
お一人 £20

新規のお申込みについて
ブログのコメント欄に鍵付きで「返信用アドレス」をご連絡ください、追って詳細をご連絡申し上げます。(鍵付きのコメント内容は公表されませんので、ご安心ください)
満席になってしまった場合にも、次回のスケジュール&内容が決まり次第、いただいたアドレスへご連絡をさせていただきます。

教室について
講師 田村佳子
調理師、インテリアコーディネーター(ペーパーです
ロンドン北部の自宅キッチンにて開催

20140925 1

園ママと豪華海鮮丼パーティー☆『海鮮丼に、茅乃舎の出汁を使った料理色々他』

幼稚園の送迎で毎日顔を合わせる、園ママ。
新しく来た方の歓迎会をしよう~なんて話が持ち上がり
当初は外でランチの計画もあったのですが、結局我が家に集合する流れとなりました。

数分たりとも座っていられないヨダレ王子を連れての外食が甚だストレスなので
実はその方が楽だったりして

さらに、ちょっぴり手を抜くべく、提案したのが

豪華海鮮丼パーティー

日系の食材店で刺身を買い込み、酢飯の上に乗せてたべちゃおう!!
ってことです

20140924 1

献立

・海鮮丼
・野菜のディップ
・煮物 2種類
・野菜の煮びたし
・鶏料理
・卵料理
・漬物、おつまみ

メイン
『海鮮ドン』
20140924 4

買ってきた刺身を贅沢にのせて
(まぐろ、サーモン、紅鮭、白身、鯵、しめサバ、甘エビ、海老、いくら、ほたて)
刺し身は、そのままべろーんとのせずに
折りたたむようにふんわりと盛り付けると見た目が良いです♪

とはいえ、海鮮丼だけでは、私のおもてなし精神が許さないので
日本のお土産にいただいた「茅乃舎だし」を贅沢に使い、あっさり系の料理で攻めてみましたよん。

『出汁巻卵』
20140924 5

「茅乃舎だし」の料理読本にあった通りのレシピで。
甘さ控えめのあっさり味♪

『ターツァイの煮びたし』
20140924 8

これも、茅乃舎だしの読本を参考に
小松菜でやりたかったのですが、売って無いのでターツァイで代用。
でもこのイギリスのスーパーで売られている「ターツァイ」が、クセがなくってなかなか優秀なのです。
茹でるのではなくさっと湯通しする感じで

『ふろふき大根』
20140924 10

これは友達のリクエストで。
下煮した大根を、たっぷりめの出汁で「ぐつぐつ煮込むのではなく、一晩おいて味をしみこませる」のがポイントです。
この日の朝、さらにかつお出汁を加えて風味アップです

魚ばかりではあれなので、肉料理も。
『鶏からのネギダレかけ』
20140924 2

いわゆる油淋鶏のような、サラダ感覚で食べられる一品をイメージして作りました。

『卯の花』
20140924 3

クックパッドにアップしているマイレシピCpicon うちの「おから(卯の花)」 by ケチャウルレシピを少し甘目に。
桜えびとネギ、ひじきが入るのがポイントでございます。

『セロリと胡瓜の浅漬け』
20140924 6

これも大人気レシピCpicon 簡単☆ぽりぽり美味しいッ!セロリの漬け物 by ☆空への想い☆彡拝借しまして
今月の料理教室でもご試食いただいているドハマり中の一品。

『ピーカンナッツとかえりの田作り風』
20140924 7

毎年、お正月のおせち料理に入れている田作りCpicon クルミたっぷり!●おせち・田作り● by エルン♪
を参考に少し甘目につくらせていただきました。
カリカリポリポリ、ビールがめっちゃすすみます

『ラディッシュとアーティチョークのアンチョビマヨディップ』
20140924 9

これも個人的にヒット中のおつまみ。
シャキシャキのラディッシュはもちろん、茹でたアーティチョーク独特の旨みがクセになるんですよ

友達持参①
『和州牛』
20140924 11

さしの入った日本の和牛に似せて作られたアメリカ産牛肉です。
一緒に焼いたキャベツがまた旨ー!!
友達の実家に伝わる秘伝のタレをつけていただきました

友達持参②
『ロールケーキ』
20140924 12

以前ブログでもお話したことがあっというな・・・友達にロールケーキ作りの名人がいるんですよ
彼女が作るのは、イギリスのケーキ屋さんでは絶対に味わえないおいしさなのです。

いっぱい食べていっぱい笑って、楽しい一日でした。
友に感謝、感謝

さて、この日のヨダレ王子とお友達。
20140924 13

男らしくブドウにがっついておりました
この2人、半年前は・・・

こんなベイビーズだったんですよ。
20140924 14

・・・早いなぁ。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

Open House London 2014☆イギリス最高裁判所と外務省へGO!!

先週末、ロンドンの街では「オープンハウス」といって
1年に一度、普段は入れない建物やお屋敷などに無料で入れるというイベントをやっていました。

建築大好きな主人の提案で、ケチャ一家も行ってみることに

向かったのは、ビッグベン(国会議事堂)や
ウエストミンスター寺院(キャサリン妃が挙式したところ)などが集まるエリアです。

20140921 1

「Supreme Court of the United Kingdom(イギリス最高裁判所)」と
「 Foreign and Commonwealth Office(イギリス外務省)」
2つの建物に入ってみました。

まずはSupreme Court of the United Kingdom(イギリス最高裁判所)
日本の荘厳な最高裁判所とは全く雰囲気の異なる建物で
こういっちゃなんですが、わりと温かみのある場所でしたよ。

20140921 2

とはいえ、入場後には空港での出国同様の持ち物検査があります。
検査後、子供には風船のプレゼントが

図書室です。

20140921 3

階段も派手さはないけれど、どことなく優美

20140921 4

ヨダレ王子はこの階段をえっちらおっちら喜んで登っていくのですが
甘えん坊の長女4歳は「ああ~疲れるぅ~ぱぱ抱っこぉ~」と・・・
そんな声が吹き抜けに響いてゆきます

ここで裁判が開かれるようです。

20140921 5

ここも派手さはなく、おごそかな雰囲気。
イギリスの最高裁判所って、
以外にシンプルなんだなっていうのが、率直な感想でした。

時間はちょうどお昼時、お腹が空きまくりの子供達にお弁当を食べてもらうべく
セント・ジェームズ公園(St. James's Park)
ビッグベンのある広場から、バッキンガム宮殿へつながる長細い公園です。
大きな池とそこに集まる水鳥やリスに癒される緑いっぱいの公園なのですが

20140921 6

ヨダレ王子の動きが止まらないっ!!
あっちへダッシュ、こっちへダッシュ
リスを追いかけてみたり このひとはどこへいっても全力で楽しむことが出来るようで
まぁ有り難いといえば有り難いのですが・・・

お次は、公園に面した建物のひとつ
Foreign and Commonwealth Office(イギリス外務省)

20140921 7

ここは入口にセキュリティチェックを待つ行列が出来ていましたが
子連れの私達は特別に行列無しで入場することができましたよ

これまた、超立派ゴージャス

建物内にあるコートヤード(中庭)

20140921 8

広ーっ!!
この日の中庭では、パネルや映像を用いた説明が随所で行われており
さながらイベント会場のようでした。

20140921 9

子供達も大勢の人の間をすり抜けおっかけっこ。

この中庭から、階段を上って1階(日本でいうと2階)へ登りました。

20140921 10

この2回の床のタイルがまた可愛いと思いません?

20140921 11

「The Muses Stair(女神たちの階段」と呼ばれる階段にて。
八角形の天井には、古代ローマ時代の女神達の彫刻がぐるっと

会議室
20140921 12

レセプションルーム
20140921 13

この豪華な2部屋と、真ん中の小さい部屋を併せて
「Locarno Suite (ロカルノスイート)」と呼ぶそうですよ。

圧巻なのが、この階段
「The Grand Staircase」

20140921 14

こうなってくると、もうまるでお城ですよね。
天井には、主要国?が記された女神の壁画が。
(ちゃんとJAPANもありました

20140921 15

海外からここを訪れる来賓が、
「おお~すげえ」とその国力に感服せざるを得ない階段です。

ヨダレ王子はここを下り→上り→下り、とホール内一周半しておりました

20140921 16

彼の放つ、このオレ様感・・・
なんというか、頼もしい限りです。とでも言っておこうかな


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

スペイン・アンダルシア旅行記⑦ グラナダ・アルバイシン地区のレストランにて♪アンコウ料理など。

9月も半ばを過ぎたというのに
今週のロンドンは、まるで初夏に戻ったかのような?不思議な陽気が続いておりました

大好きなパパが出張中で不在の中、
年少の長女がその幼稚園生活の中で嬉しい成長が見せてくれたりと
・・・説明すると長くなるので省きますが、この1週間は感激な出来事もありました。


さてさて、今日も旅行記を続けたいと思います。

まだまだ続く、「スペイン旅行記、その⑦」
グラナダ・アルハンブラ宮殿観光後、夕飯を食べたレストランにて
オーダーしたもの全てが美味しかったので、詳しくご紹介しますね

この日の夕飯に狙ったのは、ガイドブックに載っていたお店。

昔、主人がグラナダを旅行した際、
「眺めもよく味も最高だった」という記憶を信じて、丘に広がるアルバイシン地区のレストランに行ってみました。

20140827 1

店内からはアルハンブラ宮殿全景を見ることが出来ます

テラス席には、可愛い子猫とその親姉弟がいたりして
子供達も(猫好きな私も?)その時点でおおはしゃぎ

前菜には、どんぐりを食べて育った豚を使った生ハム「イベリコハム」、他にアスパラ、ソラマメの料理を
メインに肉と魚を1品づつオーダーしました。

アスパラ料理
20140827 3

一見チーズのようなソースがたっぷりかかっていて
熱々、ホクホクのアスパラが相当美味しくいただけました。

ソラマメ料理
20140827 4

日本の「ソラマメ」って、さやから取り出した豆を茹で、その皮をむいて食べるのが定番ですが
こちらではソラマメを早くに収穫し、小さいものを皮ごと食べるのが主流のようです。
最初は「えーっ!」って思ったけど、慣れると甘くてぷちっとした食感も美味しいものです

このソラマメ料理も、アンチョビと半熟卵との組み合わせが
おつまみとして絶妙な味わいになってました♪
マネしてみようっと~

アンコウ料理
20140827 5

見た目はちょっとアレですけど
これ、「絶対にまた食べたい」と思ってしまうくらい、めちゃうま
柔らかいのに歯ごたえのあるアンコウの肉厚な身と、シチューの味がこれまた最高で
外で食べた美味しい料理って、家でもマネしたくなるんですけど
これはちょっとわからない味付けでした。どうやって作るんだろう??

イベリコ豚のステーキ
20140827 6

旅先で何度かイベリコ豚の同様の料理を食べていますが、ここのも絶品
普通のポークとは一味もふた味も違う、濃ゆい味がするような気がします。
そえられたいちぢくのソースも赤ワインにぴったり、大好きな味でした♪

あたりはすっかり暗くなって、
ライトアップされたアルハンブラ宮殿のステキな夜景が

20140827 7

料理もお酒も景色もうまいって嬉しいな♪
長女の「おトイレ」ヨダレ王子の「おむつ替え」に何度も席を立ったり
子供達が飽きないよう懸命でしたが、酔いも手伝って、この夕飯タイムは幸せ気分でございました。

店内の庭。

20140827 8

「子猫ちゃん、どこー?」なんていいながら、
姉弟でくるくる回っておっかけっこをしたり、こんな場所があったので子供達も楽しかった様子

20140827 9

グラナダ・アルバイシン地区のレストラン
『ミラドール・デ・モライマ(Mirador de Morayma)』
おススメです
あのアンコウ料理をまた食べたい・・・



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

スペイン・アンダルシア旅行記⑥ 憧れの世界遺産「アルハンブラ宮殿」に大興奮!!

あれからもう1か月以上…
実は、夏に旅行したスペイン旅行記がまだ完結しておりませんでして・・・
色々時間が無かったのと、時間が経つにつれ面倒になってしまったのと・・・
そんなこんなの旅行記続編ではございますが、興味のある方、ぜひお付き合いください。
旅行はいよいよ佳境に突入~

グラナダ2日目午後、
私的にはこの旅のメインイベント、アルハンブラ宮殿へ

南スペインを訪れる人が必ずといっていいほど訪れる
グラナダの世界遺産「アルハンブラ宮殿」

8世紀頃からイスラム教徒の支配を受けていたスペインで、
イスラム国家最後の首都がグラナダであり、
軍事施設と王の住居、官庁などの施設が、このアルハンブラ宮殿におかれていたそうです。

キリスト教による奪還後も、イスラムの文化は破壊しつくされることなく
今もその美しさを見ることが出来るなんて

20140825 11
(アルハンブラ内ナスル朝宮殿のコマレス宮・アラヤネスの中庭)

今日は、イスラム建築の最高傑作とされる「アルハンブラ宮殿」を観光した様子を
写真満載でお伝えしたいと思います。

時期的なこともあり、入口はかなりの混雑でしたが
私達は事前にネット予約していたので、暑いこと以外は何ら問題なく入場することが出来ました。


ひとことでアルハンブラ宮殿といっても、かなり広大で
修道院を改築した国営ホテル「パラドール」があったり、
モスクを改修した教会(写真)や王の住居、要塞、別荘など、見どころいっぱいなんです。

20140825 1

赤い壁が印象的な、外見上は質素な建物群の中に
異彩を放つ豪華な宮殿発見

20140825 2

「カルロス5世宮殿」
この地を奪還した、スペイン王の孫カルロス5世
新婚旅行で訪れたここがたいそう気に入り、ここに当時最新のルネッサンス様式の宮殿を建築したんですって。


見どころはなんといっても、この王宮(Palacios Nazaries)

予約必須、入場制限ありの「ナスル朝宮殿」
外観は父の実家(東北の農家です)にある納屋を彷彿させるほど、地味なんですけどね

20140825 4

中が絢爛豪華
といっても、ヨーロッパの各地で見られるキリスト教建築の豪華さとは一線を画した、
グロテスクさ一切無しの、繊細優美な造りなんですよ。

20140825 6

偶像崇拝の文化を持たないイスラム文化独特のアラベスク模様を施した装飾が、
壁や柱~天井に至る随所で見られます。

施された彫刻が、所々透かし彫りのようになっていて

20140825 7

外の猛暑を忘れてさせてくれるほどの涼しげな印象を与えてくれます。

砂漠の民であった、イスラム教徒にとっては「水」がオアシスであり、生命の象徴でもあるんですって
そのため宮殿内いたるところに、泉や噴水など水の演出がみられました。

その都度子供達が大喜び

20140825 5

世界中から観光客が訪れる世界遺産の建物内で
楽しそうに遊べる子供達って、幸せですよね。

20140825 8

それまでは「暑い暑い」と文句タラタラだった長女も
水が湧き出る水路できゃいきゃい、弟と共にはしゃいでおりました。

12頭のライオンに支えられた泉のある中庭
ライオンの中庭(Patio de Leones)

20140825 9

この建物の2階には、たくさんの王妃が住んでいたといわれています。いわゆるハーレムですよね。
プライベートな場所として使われていたそうです。

この中庭に面した部屋には
鍾乳石を模して作ったといわれる「モカラベ」と呼ばれる美しい天井が

20140825 10

どうやって彫ってるのー?!

外の焼けつくような日差しが漏れてくるけど
宮殿の中はそんな外の暑さを忘れてしまうほどの涼やかな空気が流れていました。

20140825 12
(2姉妹の間)

そして、今度は水路をまたいで遊ぶ姉弟

20140825 13

何が楽しいんだか・・・笑
でも、観光中に少しでもハマってくれるものがあると、親もまた嬉しいものでして

ライオン宮を抜けたバルコニーでは、午前中にえっさほいさとバギーを抱えて歩いた
歴史的エリア「アルバイシン地区」を望むことが出来ました。

20140825 14

絶景

ナスル朝宮殿、出口前にあった中庭もまたステキです。
急にヨーロッパ的な風情があるのは、奪還後に増築された影響なのかな?

20140825 15

ここでも水場でじゃばじゃばっと、ご機嫌なおふたり

雨が少なく暑い国で、「池」「噴水」などがいかに貴重で喜ばれたのか
この二人の様子を見る度に実感するのでした。

20140825 215

以上の宮殿からはガラッと雰囲気が変わるのが、要塞「アルカサバ」
敷地内で最も古い部分で、ローマ時代の砦跡に起源をもつそうです。
「暑い暑い」とぶーたれる長女をひたすら説得しつつ、要塞内にあるいくつかの塔にも登ってみました。

20140825 17

一番高い塔からは、グラナダの街が一望できましたよ。
当時、坂の上り下りがブームだったヨダレ王子
こんなところでも盛り上がっておりました。

20140825 18

暑さでふらふらなケチャ一家でしたが、まだまだ見どころいっぱいなアルハンブラ宮殿。
お次は、王の夏の別荘地「ヘネラリフェ」

20140825 20

メインの宮殿からは少し離れている為、
先ほどまで観光していた場所の遠景を望むことができます。

ここでも、計算し尽くされたかのように左右対象の美しい絵が簡単に撮れました

20140825 19

ちなみにこの写真で長女が手にしているのは「オレンジ」?
スペインの街中には、街路樹が柑橘系果実の木だったりして
アルハンブラ宮殿内もしかり
そこらじゅうに熟して木から落ちたと思われる実がいっぱいありました。
それが子供達の即席玩具に・・・

20140825 21

予想以上に長くなってしまったので、今回はここで。
アルハンブラ宮殿を眺めながらいただいた、この日の夕ご飯のことはまた今度ご紹介します~

ほんとこのスペイン旅行記、ひっぱりすぎですよね・・・


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

香り濃厚!!『ポルチーニ風味の贅沢マッシュルームスープ』、イタリアンで送別会。

今週1週間は主人がアメリカ出張へ、
義理の両親も週末に帰国してしまったので、一気に寂しくなってしまったケチャ一家です。
いや、子供達がいるだけで十分賑やかなのですが・・・


さて今日は、秋深まるロンドンからお届けする、スープレシピのご紹介でーす

Cpicon 香り濃厚!!贅沢マッシュルームのスープ by ケチャウルレシピ

物価が高いと言われるロンドンのスーパーですが、日本に比べとにかく安いのが「マッシュルーム」
1パックにたっぷり250g程度入って£1程度
しかもとても新鮮で生で食べられるほどなんですよ。

このマッシュルームでポタージュスープを作ると、これまたとても美味しいのですが
さらに乾燥ポルチーニ茸をプラスして、
より薫り高くおもてなしにもワインの前菜としても使えるような一品に仕上げてみました

これ以上になく、秋味溢れる一杯でございます

マッシュルームスープ

【コツ、ポイント】

「乾燥ポルチーニ茸」を少量加えることで、旨みアップ!!
 もちろん無くてもOK、マッシュルームのみでもその旨みを楽しむことが出来ます。
「牛乳の量」はあくまでも目安です。お好みの濃度に仕上げていただいて、最後に塩で味を調えて下さい
・うき実には、クルトンやパセリなどお好きなものを。
 料理教室ではマッシュルームを粗く刻んでバターで炒めたものを乗せてみました。

20140911 6

少しひと手間ですが、個人的にはこれがおススメ




おまけ

週末・土曜日の夜、子供達を家族に託して
今月中に本帰国してしまう友達の送別会へ行ってまいりました。

これからもずっとお付き合いが続くと思っていたのに
まさかまさかの「本帰国」・・・急すぎますよ、ほんとに

お店はハムステッドにあるイタリアン『Villa Bianca』
20140914 1

パスタ不味国ロンドンで、美味しいイタリアンが食べられる貴重なお店のひとつらしく
でも実は以前、ランチで訪れた時にパスタソースがしょっぱすぎて「?」、
その時だけ首をかしげてしまったこともあったのですが

この日はこのロブスターパスタがめちゃうまでございました
20140914 2

他に、ローズマリーの香りがきいたイワシの前菜など
マネしてみたくなる一品もあったりして

ワインもしこたま飲んでしまった。
ロンドンに来てからその傾向が非常に強いのですけど
他のお客さんが、日本語を理解できないとわかると、話の内容も大胆になってしまっう・・・笑

帰国してからも、また皆で飲む機会がありますように


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

8月後半・料理教室記録『ポークソテー飴色玉葱ソース、茸スープ、さくらんぼデザート他』

夏休み前にも、同じクラスのお友達との別れがありましたが
また二学期に入ってからも、沢山の「本帰国が決まってしまった」という話を聞いています。

やっとこちらの生活に慣れて、友達もできたのに
初めて感じる寂しさというか・・・これから何度も経験していかなければならないのでしょうけども
駐在家族の宿命?ですよね  いやでも、ほんと寂しい。



さて、今日は、料理教室記録です
夏休み中の先月後半に実施させていただいた教室内容についてご紹介します。

実は今年の2月下旬、仲の良い友達相手に「料理教室の練習」をした時の献立内容とほぼ一緒なんですよ。
教室を始めることに未だ躊躇していた頃でしたので、
背中を押してくれた友人には、本当に感謝しきりです

8月だというのに、ロンドンは早くも肌寒く秋めいてきてしまいましたので、
急きょ前菜を温かいスープに代えてみました。
メインはイギリスのスーパーでもお手頃な食材のひとつ、「豚肉」です。
デザートは旬も過ぎてしまいましたが、「さくらんぼ」を使った我が家の定番レシピを

20140911 1

献立
 
 前菜 ポルチーニ風味の茸スープ
 メイン ポークソテー 飴色玉ねぎソース グリーンサラダ
 デザート サクランボの赤ワインスープ

 他に、アミューズ的な2品とフランスパンをご用意しました。


前菜
『ポルチーニ風味の茸ポタージュ』

20140911 6

・ポタージュスープの基本
・冷凍保存について
・乾燥ポルチーニの美味しい戻し方、使用の注意点

ロンドンでは生でもシャクシャク美味しく食べられる新鮮なマッシュルームが
250~300g入りで£1程度、シメジや舞茸は手の届かない場所にあるけれど
マッシュルームに限っては多種多様でお買い得なんです
マッシュルーム代が浮いた分、
ポルチーニ(これも日本に比べたらかなり安い!)で贅沢な風味をプラスしました

詳しいレシピは近々ご紹介予定です。

メイン
Cpicon ポークソテー 本格☆あめ色たまねぎソース by ケチャウルレシピ
20140911 8

付け合わせは、『Cpicon うちの基本グリーンサラダ by ケチャウルレシピ』です。

・豚肉の選び方、おススメの部位
・ポークソテー、下ごしらえ&焼き方のコツ
・飴色タマネギの作り方
・サラダドレッシング基本の配合
・ラディッシュの花切り

洋食の基本要素が詰まった一品です。
鶏肉や牛肉とはまた違った加熱方法や、飴色玉葱の作り方がポイントなので
そのあたりに注目していただきました。

一人分のみ、鶏肉で作ってみたのですが、これもなかなか
20140911 3


『焼きたてフランスパンとオリーブのパテ』
20140911 7

パンは、冷凍生地を使用しています。
こちらのスーパーで売っているパンの冷凍生地って、なかなかレベルが高く
予め下焼きされたものを、オーブンで焼くのですが、
皮バリっ中ふんわりな焼きたてフランスパンを手軽に味わうことが出来ます。
ただ、ちょっと焼き色が薄くなりがちなので、
袋の説明書きより温度を高く設定して焼いております。(230℃で10分)


デザートは、私がよくおもてなしに作る
Cpicon ベリーの赤ワインスープ仕立て by ケチャウルレシピ
の、さくらんぼアレンジ
20140911 2

・アルコールの飛ばし方
・コーンスターチを使ったとろみづけ
・さくらんぼの種のとりかた

とろっとジューシーな赤ワインスープに、少量のラム酒を加えた、大人向けのデザートです。
残ったワインの消費にも便利なのですよ


そして今回、ご試食いただいたおつまみは2品

先日友達と自宅ランチした時に作って好評だった、
『蟹みそ入りカニ肉のマスカルポーネ和え』
20140911 5

カニみそが入ったかにのほぐし身を、少量のレモン汁、マスカルポーネチーズで和え
アボカドとスモークサーモンを添えています。
こんな風にマスカルポーネをサワークリームに代えても↓
Cpicon アボカドとカニ、サーモンにイクラ!! by ケチャウルレシピ

『ナスのアンチョビマリネに、トマトソース』
20140911 4

ニンニクオイルとアンチョビ、バルサミコ酢と少量の醤油で味付けしたナスのマリネ。
美味しいけれど、色がいまいちなので、トマトソースをかけてみました。

スペインで購入した小皿達が大活躍

そういえば、スペイン旅行記が途中で止まっている・・・


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

HM使用で簡単&極上の口当たり♪『秋の果物たっぷり英国風スパイスケーキ』、捨てられない「花」で。

今日は、ホットケーキミックス(HM)を使った、簡単なのに本格的なケーキレシピ

個人的にフルーツやスパイスがきいた、甘さ控えめのケーキが大好きでして
こちらのブログでも何度かその類のものをご紹介してきましたが

今回は、イギリスの伝統的なスパイス入りのケーキをイメージした、アーモンドパウダー入りのしっとり生地に、
秋に美味しい果物をたっぷり混ぜ混んで焼き上げた
個人的にめちゃヒットな一品なのです

Cpicon 秋の果物たっぷり♡英国風スパイスケーキ by ケチャウルレシピ

HMを使用しているので、
ぐるぐる混ぜるだけ簡単&失敗いらず
また、アーモンドパウダーを配合するので、
しっとりホロッとした極上の口当たりに


焼いている間から、スパイスの甘くいい香りが~
紅茶のお供にいくらでも食べれちゃいそうな美味しさです

スパイスケーキ


P1240375 1

・焼きたても美味しいのですが、一晩おいてしっとりしたものがより美味しく召し上がれます

・使用する「スパイス」
今回シナモンを主体に、ナツメグ、クローブ、カルダモンを加えていますが
揃わなければ、「シナモンとナツメグだけ」、「オールスパイスだけ」、「シナモンだけ」
お好みにアレンジしていいただいて全く問題ありません


・そして、加える「フルーツ」
秋に美味しい果物(りんご、洋ナシ、いちぢくや柿)以外にも、加熱して美味しいもの
例えばベリー類やオレンジ、さくらんぼなどお好みのものに代えていただいてもOK
もちろん、レーズンなどのドライフルーツでも美味しく作ることが出来ますよ。




おまけ

私自身、特にフラワーアレンジメントだとかを学んだことがないのですが
生花が好きでして家によく飾っております

花がもう終わりになる頃、まだ十分鮮やかな花びらをつけている花を
そのまま捨ててしまうのがなんだか可愛そうで
お花大好きな長女に、「もう枯れちゃった花だから、これで遊んでいいよ」と。

この日は仲良しのお友達と一緒に、集中集中・・・
20140909 1

女子だなぁ~と思いますよね。

渾身の(?)作品をどこへもっていたのかというと

20140909 2

庭の隅でごろんと一休みしていた、隣人宅の猫のところへ
「ルーリー(猫の名前)が美味しいって言ってるから~」

20140909 3

顔が黒毛なので、写真からは表情が微妙ですが
迷惑そうな、少しまんざらでもないような、可愛いルーリー君でございます



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP