ロンドンの美味しいデリ『OTTOLENGHI』

週末、事件がありました

ボイラーの修理屋さんが日曜日にやってきたのですが
玄関でお人形さんみたいな可愛い女の子も一緒にやってきたんですよ。
←これ、うちの大家さんと同じパターンなもので。

「え?大家さん?」

我が家の賃貸事情をご存知の方は私の焦りをご理解いただけるかと思いますが
慌ててとった私の行動に、驚いたウルリが狂暴化

今、私の左手がむっくり腫れ上がっております…
料理することに支障を感じるほど、痛い。
早く治ってくれー!!


さて、今日は美味しかったお店のご紹介です

教室の生徒さんや、沢山の友達が口を揃えておすすめだというデリ
『OTTOLENGHI』

イスラエル人のシェフが展開する、ロンドンで人気のお店なんですって
HPには、惜しげもなくレシピが紹介されているんですよ。
野菜をたっぷり使った、素材重視の地中海料理かと思いきや、
日本の山葵や味噌を使用した料理なんかもあったりして、人気なのが頷けます

お昼すぎになるとものすごい行列が出来てしまうそうですが
心優しい友達と幸運とに恵まれ、わりとすぐに?入店が叶いました

20150225 2

店頭にディスプレイされた前菜と、メイン
パンやデザートを選んで注文するシステムなのですが
これがバカに出来ないおいしさでした。

20150225 1

ロンドンのレストランで食べる料理って、味がぼんやりしているイメージですが
ここのはどれもそれぞれの味がバランスよく主張していて
「また食べたい」「レシピが知りたい」そんな感じ。
評判通りのお店でした

そして、オリジナルのレーズンビスケットと
スフレチーズケーキ、パッションフルーツのタルトをお土産に購入

20150225 3

これがまた、感動

イギリス的な甘さを予想していたのに
日本のケーキ屋さんレベルの甘さ、美味しさだったんですよね。

特にガリバルディビスケットはスーパーで売られている同じ名前のものより
5倍の値段でしたけど、めちゃ好みの味!!

20150225 6

オールレーズンを何ランクかアップさせたような
柑橘系の香りまで楽しめる、ちょっと贅沢な焼き菓子です。
日本へ帰る時の手土産にしたいくらい

近所に住んでいればリピーターになりたいな、と思いました♪
(混んでなければな~


さて、この日の戦利品。

20150225 5

長~~~~い。
写真よりずっと長いです、これ。
エレガントな柄に一目ぼれ

20150225 4

日本で買うより安いので、つい手を出してしまい・・・
だけど収納問題がぁ


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

3月の料理教室☆ご予約状況・お申込みについて

先週、我が家でも「おひな様」を飾りました。
小さな部屋にぴったりなサイズの可愛いおひな様
これ、毎年しまうことをうっかり忘れてしまいそうになるので、今年こそ注意しないと!!
…親みたいに嫁ぎおくれちゃう



さて本日は、昨日広報させていただいた3月のレッスン内容とスケジュールにつきまして
現在のご予約状況をご連絡させていただきます。

2015年3月
 テーマは、小料理やさん風のおつまみを作ろう!ということで
『 「黒酢のあっさり角煮」がメインの献立』
です。

前回が洋食でしたので、今回は和風の家庭料理
ご飯にもお酒にも合う、おつまみレシピをご紹介したいと思います。

メインとなる角煮は、黒酢で煮込むことであっさりした味わいに
脂身が苦手な方(私もです)にもご満足いただけるレシピです。

また、「焼きナスのムース」、鶏レバーやセロリを使ったおつまみ他
最近我が家で大ヒット中の品々もご用意しております。

P1270542 (1) 1

ご予約状況

3/3(火) 満席
3/6(金) 残席2
3/9(月) 満席
3/13(金) 満席
3/16(月) 満席
3/18(水) 満席
3/25(水) 満席

各回定員6名
時間10:30~14:30
リクエストにより、臨時教室を開催させていただくこともございます。
また、各回急なキャンセルが出る場合もございますので、お気軽にご相談ください。

費用
お一人 £30

新規のお申込みについて
ブログのコメント欄に鍵付きで「返信用アドレス」をご連絡ください。
教室の詳細、次回のスケジュールについてご連絡申し上げます。
(鍵付きのコメント内容は公表されませんので、ご安心ください)

教室について
講師 田村佳子
調理師、インテリアコーディネーター(ペーパーです
ロンドン北部の自宅キッチンにて開催

どの回も基本的にはお子様連れOKです

レシピ本掲載のお知らせ『クックパッドの美味しい厳選!サラダレシピ』~ゴーヤ・海老・バルサミコ酢を使ったサラダ3品。

先週、アマゾンジャパンからお届けものが!!
PCでポチって、今回なんと2日後にロンドンに届いたんですよ~日本のアマゾンって優秀

というわけで、またとっても嬉しいお知らせがございます

2月5日に新星出版社さんより発売された
「クックパッドのおいしい 厳選! サラダレシピ」

クックパッドのおいしい 厳選!  サラダレシピ

新星出版社
売り上げランキング: 7,461


こちらに、レシピを3品、掲載していただきました

20150221 1

レシピ本として参考にするのに、
キッチンでも場所を取らないコンパクトなA5サイズ(148×210)なのが嬉しいですよね

掲載していただいてるのは、
その①
Cpicon サラダ感覚✿ゴーヤとツナの梅肉和え by ケチャウルレシピ

20150221 2

それまでゴーヤが苦手だった私自身が、
「いかにゴーヤの苦みをなくして美味しく食べるか」をテーマに考案したレシピです。

下ごしらえに気を使い、ツナや梅肉と合わせることで苦みが和らいで、とても食べやすくなるんですよ。
今じゃ、この「苦み」があってこそだと思ってしまうほど、ゴーヤの虜ですけども

その②
Cpicon 海老とアボカド❤至福のサラダ by ケチャウルレシピ

20150221 3

これはもう、我が家の定番中の定番
普段の食卓にも、またおもてなしにもヘビロテな一品でございます。
ぷりぷりの海老と、円やかクリーミーなアボカドの黄金コンビはもちろん
ナッツヨーグルトの組み合わせがポイント
具材や調味料をご自身でお好みの配合にアレンジできるのも重宝します。

その③
Cpicon 温野菜サラダ 濃厚バルサミコソース by ケチャウルレシピ

20150221 4

いつもの食卓をちょっとお洒落にしてみたいときのお助けサラダでございます。

このレシピ、アップしたのが約7年前
その頃って今ほどバルサミコ酢が流通していなかったような
甘酸っぱい?新婚当時の思い出が

バルサミコ酢
煮詰めることでなんとも円やかなコクのあるソースになりますので
甘味のある温野菜や、あっさりとしたチキンや白身魚をサラダ仕立てにして食べる際にこれがぴったりなんです。


そして、何気なく帯が外れた時に裏表紙を見てみたら・・・

20150221 5

私が撮影してものではないけれど、マイレシピの写真が使われているではありませんか~
なんたる光栄…

他にも、人気の定番サラダから、和洋中サラダ、さらにはアレンジ自在な手作りドレッシングまで
厳選された「家庭で簡単に」使えるレシピが満載

書店などでお目にかかる機会がございましたら、ぜひお手にとっていただきたいなと思います。

新星出版、クックパッドの関係者、スタッフの皆様
また、応援してくださるすべての皆様、本当にありがとうございました


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

モロッコで買ったもの☆「食器」「グラス」「バブーシュ」等。

今更感いっぱいで恐縮ですが
今日は今月頭に旅行したモロッコ(マラケシュ)での戦利品をご紹介させていただきます。

さすが、雑貨天国

その数、種類といったら、目がくらくらしてしまうほど
中でも食器やグラス、前々からほしかったバブーシュ等楽しくお買い物することが出来ました。

一目ぼれした角皿

20150217 1

色も大きさも柄も、これなら頻繁に使えそうです。

小鉢
コロンとした形と、ほのぼの系の柄が気に入って色違いでそろえてみました。

20150217 3
20150217 2

これも普段使いに便利なサイズ。
和のおかずにも、洋風にはディップやオリーブなんかもいけそうです。

「マラケシュレッド」と呼ばれるレンガ色の赤が印象的な皿

20150217 4

これ、パスタやカレーなどにばっちりです。
微妙に違う柄のと2つ購入してしまいました。

20150217 5

これ、本当に綺麗なんですよ。
早速とあるおもてなしの機会に登場~

20150217 17

ただの枝豆がワンランクアップ!!

フラットな大皿

20150217 7

夏にアンダルシアで出会った皿と柄がそっくり。
多分地中海近辺のオリジナルなのであろうかと。
これ、軽くて扱いやすいんです。ケーキや果物を載せるのに使おうかと

ポップな小鉢

20150217 6

大きさは日本のお菓子(アスパラガス)と比較してください~
これはちょっとしたスナックやおつまみを入れてみたいな。

ミントティー用の耐熱グラス

20150217 8

エキゾチックな細工が施されていて、一目ぼれでした。
値段の表記があまりにも詐欺まがいだったので、これはけっこう真面目に値下げ交渉したんですよ

で、こちらのバスケットがですね・・・

20150217 9

普通に可愛いバスケットですが、これがものすごい使える代物で
見つけた時には歓声をあげてしまった。

20150217 10

こんなにぴったり収納できるんですもん。
このバスケット屋さんを紹介してくれた、同業の店員さんに感謝感謝

して、モロッコといえば
かかとの履き潰しデザインがなんとも可愛い「バブーシュ」

革製のバブーシュ、日本で買うと4000~5000円しそうですが
モロッコでは激安でしたよ。

スウェードタイプ。

20150217 11

手前味噌ですがめちゃめちゃ可愛い。
リボンの色は好みで選べます。

サンダルっぽい涼しげなデザインのもの。

20150217 12

さらりとしていて履き心地もよさそうです。
この夏が楽しみ。

子供用。

20150217 13

これ、長女もヨダレ王子も大喜びで
ホテルでも家でも、はきまっくてはそこら中に脱ぎちらかしております

以上の品々、壊れ物が多いので
こんな巨大バッグを購入しまして詰め詰め…

20150217 18

編み込んだ部分もわりとしっかりと作られているのですが
フチと取っ手部分が皮で補強されているので、すごく丈夫なんです。
重~いけど、安全に機内持ち込みの荷物となりました



おまけ

マラケシュ、猫がいっぱいおりました。
猫好きにはたまらないけど、ダメな方は道を猛烈なスピードで走ってくる
一見自転車風のペダル付きバイクと同じくらい怖いかも・・・笑

20150217 16

ぼーっとしてると轢かれそうになりますんで、ご注意!!

猫達。
店頭や、雑踏に佇む姿がすっごくサマになっているんですよね。

20150209 8
20150209 9
20150209 7

看板猫達。

宿泊したリヤドの前にめちゃくちゃキュートなフワフワ発見

20150209 4

ウルリの子猫時代を彷彿させる、美人ちゃん・・・
人懐こくすりよってくるので、連れて帰りたくなってしまいましたよ・・・

20150209 5

普段から2匹の猫(ケチャ子とウルリ)と戯れている、長女とヨダレ王子にとっても
こんな小さな子猫は初めてです。

20150209 6

元気に大きく育ってね


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

2015バレンタインディナー記録。長女お友達とハートのクッキー作り♪

昨日はバレンタインデー

が、前回のブログに書いた通り
イギリスに引っ越してきて以来、あのバレンタイン特有の盛り上がりを目の当たりにすることもなく
しら~っと過ごしてしまっています

今年も去年同様、
数日前に友人と「そういえばバレンタイン、何する?」てな会話があって、
親子手作りクッキー作り&カード作成ミッションを敢行することが出来ました

当日の晩ご飯は、自分へのご褒美も兼ねて
いつもよりちょっと贅沢なバレンタインディナーを作ってみましたよ

20150215 1

MENU

 アミューズ 
     
 前菜  黒鯛のカルパッチョ、マテ貝の和風タルタル、焼きナスのムース
 
 サラダ モロッコインゲンと林檎のシーザー風サラダ
 リゾット マッシュルームのリゾット トリュフ風味
 
 肉料理 鴨のロースト オレンジソース

 デザート ガトーショコラ

(一部は今月の料理教室からの拝借品です

アミューズは冷蔵庫の常備品から、3品
その①(手前)『牛肉のアボカド巻き 柚子胡椒&野菜サルサソース』
その②(奧)『Cpicon 鶏レバーのバルサミコ酢煮 by ケチャウルレシピ

20150215 5

前日焼いた牛ステーキ肉が思いのほか固くて全部食べきれず。
この残飯肉を薄くそぎ切りにして、アボカドと少量の柚子胡椒を巻き、
みじん切りにした彩り野菜とマスタードで作ったサルサソースをかけました。

その②『牡蠣のオイル漬け』

20150215 4

言わずと知れた常備菜でございます。
このまま食べるのはもちろん、パスタやサラダにアレンジしたり重宝しています

前菜は和風を1品、白ワインに合うものを2品用意しました。
その①和風
『マテ貝(レイザークラム)の和風タルタル』

20150215 2

味付けはCpicon 真鯛の和風香味タルタル by ケチャウルレシピを参考に
マテ貝の刺身は日系食材店でGETしまして、実はこれを生で食べるのって初
さっと湯引きしてさっくり和えるのがコツ。これは主人に大好評でした~♪

その②
『焼きナスのムース』

20150215 3

ふんわりムースで、焼きナスの甘さ&スモーキーなコクをお楽しみいただける至福の一品
最近の大ヒット作で、今月のレッスンでも皆さんにご試食いただいているんですよ。
めちゃうまなのですが、弱点はその地味すぎる見た目
コンソメジュレといくら、スリミロイヤル(カニカマ)をあしらっています。

その③
『黒鯛の軽い昆布〆カルパッチョ』
20150215 7

その名の通り、薄くそぎ切りにした黒鯛を昆布で〆たものをカルパッチョ仕立てにしています。
プリっとした歯ごたえと昆布の旨みが、
ルッコラなどのピリッとした辛みのある野菜に合うんです。

サラダ
『モロッコインゲンと林檎(グラニースミス)のシーザー風サラダ』
手前は、Cpicon ピスタチオとフルーツの全粒粉パン by ケチャウルレシピのレーズン&クルミアレンジ

20150215 6

夫が大好きなサラダに、私の好きなものを加えてみました。
見た目こんなんですが、これがまた後を引く味なんですよ
パルミジャーノたっぷり削って入れるのがポイントです

リゾット
『マッシュルームのリゾット トリュフ風味』

20150215 8

家庭で「トリュフ」ってなんかすごい贅沢な感じですが
なんとこれ、スーパーのスパイスコーナーに売ってるんですよ。
(むき海老2パック分と同じくらいの価格でございます)

薄くスライスしてパスタやリゾットはもちろん、サラダや卵料理のトッピングにも
ロンドンにお住まいの奥様、おススメ食材でございます

メインは、最近勝手にマイブームな「鴨ロース」で
『鴨のロースト オレンジソース』

20150215 9

今までにも何度か作ったことがありますが、今回は一番美味しく出来ました
バレンタインなので、隠し味としてホワイトチョコをソースに少~し加えてみたんですよね。
「ナントカのオレンジソースとかいう料理、苦手なんだよね~」という旦那からも「美味しいね」いただきました

デザートは王道のガトーショコラ。
実はこれも今月のレッスンでお出ししているもの、拝借しちゃいました~

20150215 10

ホイップクリームとベリーを添えて
粉を使わないレシピで焼いているので、
しっかりと濃ゆい生チョコ風味のガトーショコラです。


以上、自己満足度の高い(笑)自宅飯となりました。
でもたまには素敵なレストランデートがしたいよぉ~
(←って書いたこのブログを夫は読んでくれるかは微妙



おまけ

バレンタイン前日。
長女、仲良のお友達と一緒にクッキーづくり。

20150215 12

上手く出来ずに「出来ないー!!」癇癪をおこしながら、母親もそれに若干イラッとしながら…
それでもなんとか、完成

20150215 14

と、今度は「早く食べたい、食べたいー!!」などと…
焼き上がりも、冷めることを待てずにあちちーの状態でご試食です。

肝心のパパ達の分がなくなっちゃうよ~

ということも想定済みでして、
パパ用の真剣作成version、別に作ってしまいました。
Cpicon バレンタイン♡チョコサンドクッキー by veryベリー

20150215 13

veryベリーさんのオリジナルレシピでは、ココアを使うところ
少々インスタントコーヒー(粉末にして)を加え、大人味にアレンジさせていただいて、
ほんのりコーヒー風味のサクサククッキーが、ホワイトチョコベースのクリームにぴったんこ

長女とヨダレ王子が一生懸命書いたバレンタインカードと共に

20150215 11

クッキー達はセロファン袋に入れて
可愛いおうち型パッケージに詰めこんで

20150215 15

パパも大喜びでございました。
ミッション大成功~


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

レシピ本掲載のお知らせ「クックパッドの大人気おかずPart.2」、長女アイススケート初体験♪

今日はバレンタインですね
こちらでは日本のような盛り上がりがなく、最近の忙しさにかまけて思わずスルーするところでした

それでもなんとか長女と一緒に、パパへのサプライズを準備しまして
明日の朝(ロンドン時間現在午前一時)は主人の反応が楽しみだな~。


さて、今日は嬉しいお知らせです

先月末、扶桑社さんより出版されました
『殿堂入りレシピも大公開!クックパッドの大人気おかず108 Part.2』
にレシピを掲載していただきました



掲載していただいているのは
Cpicon ほんのり香ばし✿ブロッコリーの昆布茶あえ by ケチャウルレシピ

20150214 4

「レシピ」と呼んでいいのかどうか・・・
一種の食べ方のご提案といったほうが良いでしょうか。

ブロッコリーのシンプルなおいしさが存分に味わえる、我が家でも定番のサイドメニューでして
お弁当にもよく合いますので、ぜひご家庭の定番料理に加えていただきたい一品です。

残念ながら、ロンドンでは手にとってみることが出来ませんが
(私も今回はアマゾンジャパンから海外発送してもらいました
日本にお住まいの皆様、ぜひ書店でお手にとってご覧くださいませ

クックパッドさんで大人気の簡単&美味しいレシピが満載ですよ!!



おまけ

先週末のことになりますが
ケチャウル一家、お友達家族と共にロンドンに来て初めての
アイススケートを楽しんで参りました~

ヨダレ王子は年齢制限で入場叶わず
でも、4歳の長女にとっては初めてとなる「アイススケート」
大好きなアナ雪の劇中でも、皆が楽しそうに滑るシーンがあったので
この日をとても楽しみにしていたのでした

訪れたのは、カナリーワーフという郊外のショッピングモールに設置されたアイスリンクです。

20150214 1

日本ではあまり見かけたことがないのですが
こちらでは「ペンギン」「白熊」などの形をした、
子供がそれにつかまって滑られるなんとも可愛い補助用具?があるんですよ。

20150214 2

長女もこれがなくては滑ることが出来ず・・・
いや、厳密にはつかまっていただけで、私が引っ張って「滑る」ようなカタチに

年齢制限のあるヨダレ王子も便乗して、初スケートならぬ、初「白熊」体験

20150214 3

「もいっかい、もいっかーい!!」リクエストで何度かチャレンジしましたー


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

モロッコ・マラケシュ旅行☆『3日目・バイア宮殿、伝統工芸館』

モロッコ3日目。
夕方の飛行機でロンドンに帰ることになっていたので、最終日です。

リヤドの朝ご飯、毎朝出てくるパンがちょっとづつ違うのがまた楽しかったな♪
この日はモロッコ風の?パンケーキ。

20150209 1

手前がそうなのですが、
イギリスで売っている「クランピット」のような表面の凹凸
ふわっふわで甘さ控えめなのがめちゃツボ!!

20150209 2

ミントの入った苺サラダとはちみつをたっぷりかけていただきました
これは家でもマネして作ってみたいな


腹ごしらえ後、午前中は、ホテルの方もおススメの観光スポット
『バイア宮殿』

19世紀、歴代の首相が居住した宮殿なんですって
外観と入口はとても質素。
知らなきゃ通り過ぎてしまいそうな・・・笑

入ってみると猫が沢山くつろいでいて、猫好き家族にはかなりポイント高し

20150209 22

人もまばらなので、たいして期待もせずに建物入口へ向かいました。
鮮やかなスカイブルーと白が印象的なドア。

20150209 10

けっこう素敵な予感

オレンジがたわわに実る第一の中庭を抜けていくと・・・

20150209 11

あらーっ!!
素敵ではありませんかっ

20150209 12

床には可愛いモザイクタイルが、
天井には鮮やかで緻密な模様が描かれています。

20150209 13

天井も高く、壁の彫刻もすごく美しくって
スペインのアルハンブラ宮殿を彷彿させる匠の技!!

20150209 17

一説によるとこの宮殿、そのアルハンブラ宮殿を模して造られたのだとか
なるほど、頷けます

ステンドグラスから入る光が壁に反射して綺麗

20150209 16

対岸の世界遺産に規模は全く及ばないと思いますが、これはこれで素敵で
前日に訪れたスークの雑踏を思うと、心が洗われるような美しさでしたよ。

20150209 15

午後は、飛行機の時間まで余裕があったので
前日行けなかった(厳密には行ったけど、ちょうど休みだった
Ensemble Artisana・伝統工芸館

値段表記のないマラケシュのスークですが
ここは、政府が値段を管理・表記された状態で商品が販売されているんです。
なのでしつこい接客もなく、マイペースでショッピングが出来
スークで買い物をする前にある程度の相場も知ることが出来るという旅行者にとってはありがたい場所

20150209 21

ついでにランチもここの併設カフェで
前日スークで買い物を堪能していたはずなのに、
「値段がはっきりしている」安心感で、ちょびっと追加購入しちゃいました

20150209 18
20150209 19
20150209 20

バブーシュ、カゴ類、食器…
バブーシュに至っては日本での価格を考えるとかなりお買い得なんですよ。
でもってデザインも豊富

モロッコでの戦利品はまた追々ご紹介しますね

20150207 1


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

モロッコ・マラケシュ旅行☆『2日目スーク巡り、本場の塩レモン料理!』

モロッコ旅行の続きです。

2日目は「スーク」と呼ばれるお店めぐりを楽しみました。

前日の夜、屋台がたくさんでていたジャマ・エル・フナ広場から四方八方に出ている小路
ここに面してぎっしりと小さなお店が続いており
スーク(市場、マーケット)と呼ばれ、マラケシュ旧市街(メディナ)観光の目玉のひとつとされています。

20150207 4

細い小道が迷路のように入り組んでいて
いちおう雑誌でお目当ての店をチェックしてから出かけたものの
どれがどれなんだか、まったく分からず

悪く言えば、ごちゃごちゃ。

雑貨好きにとっては、どのお店も魅惑的
人懐っこい店員さんが「コンニチワ!」「アリガト!」私達を日本人とみると
にこやかに話しかけてきてくれるのですが・・・
「モロッコは危険、笑顔に気をつけろ」と聞いていたので、最初は皆が怪しい人々に見えてしまって

ここはランタンのお店。

20150207 3

ファブリック(布製品)。
奧にも商品が無造作に積み重ねられています。

20150207 11

カゴ、バスケット
シンプルなものから、ポップな刺繍が施されているものやら
写真はバスケットが主ですが、これ以外にも色々あってカゴ好きの私の目は

20150207 12

銀細工のお店には、細工が施されたおぼんをはじめ
ミントティーを入れるのに使うティーポットや、耐熱ガラスのコップなど

20150207 6

値段表記が詐欺まがいなところもありましたが、それもご愛嬌ということで

私が一番ハマったのが、やっぱり「食器」やさん
様々な形、サイズのタジンや
南スペインでも見かけたような絵皿がいっぱい!!

20150207 10
20150207 13

とにかく似たようなお店がいっぱいありますので、これまた必要以上に悩んでしまう…

バブーシュ(スリッパのような履物)やさん。

このバブーシュやさんも、とにかくいっぱいありすぎで困るんですけどー!!
私達が安心して入れたのが、奧まで品ぞろえがあって明るく、値段も表記されていたこのお店です。

20150207 7

店員さんも、まったく押しつけがましくなく、だけど丁寧に接客してくれましたので
子供用の可愛いものを含めて、ここでいくつかお買い上げ~

20150207 8

フサフサリボンも好みの色を選んで、その場でつけてもらいました
ミントティーまで入れてもらって、定価なはずのお値段も少しサービスしてもらって、大満足

フェルト製品

天然の染料で染めたという羊毛を使ったハンドメイドのフェルト製品
バッグやバブーシュ、フェルト玉を使ったネックレスなど
あまり実用的ではなさそうだけど(失礼)、温かみのあるデザインがいいですよね。

20150207 5

店頭で職人のお兄さんが、せっせと仕事してました。
ここでは長女用にネックレスを購入です

20150207 9

この店の店員さんも、相当フレンドリー(日本の某旅行雑誌に、このお店と一緒に写真まで掲載されていた!!)
この後は、彼が半ば強引に(!)紹介してくれたお店で掘り出し物に出会えたり

最初あんなにためらっていた値段交渉にも「楽しいね~」と言い出す我が夫。
ここスークでは、旅先でこその体験をすることが出来ました

そろそろランチにでもしよう~と、
バギーのカゴに戦利品を沢山つめて、フナ広場へ戻ると・・・

食事前にこんなものを見てしまったけど

20150207 14

蛇つかい?
マンガに出てくるような「コブラ」のああいうのもありました
チラ見するだけでお金を請求されることもあるそうなので、
写真も遠目から・・・

さて、ランチは広場に面した眺望のよいレストランでいただきましたよ。

20150207 15

旅行先での「ランチビール」
といきたいところですが、イスラム教国では基本禁酒。
故に、旅行者向けのレストラン以外ではアルコールが飲めないんですよね~残念!!

そこでまた、甘いミントティーを。

20150207 19

主人は「これ(ビールが無い)はやっぱり解せない」と珍しく旅行中にぶーたれてましたが
私はこのミントティーがなかなか気に入ってしまいました

『モロッコ風サラダ』

20150207 17

サラダをはじめ、
いくつかオーダーしたのですけど、やっぱりタジンが美味しい~

『オリーブとレモン、チキンのタジン』
20150207 16

これが本場の「塩レモン」料理ですよね

レモンの香りがふわ~っと
チキンもめっちゃ柔らかで、オリーブの旨みも欠かせないアクセントとなり
ビールが、いやクスクスが進みます(笑)

お肉大好きなヨダレ王子もがっついて、このタジンはもう1皿お代わりしたいくらいでした

そして、やっぱりビールが飲みたくなるのでした。。。

午後は、ケチャ家旅先の定番イベント(観光馬車へのってみました。
マラケシュの馬車、一台につき2頭のお馬さん制でしたが
お値段も手ごろでしたよ~。

20150207 20

街中は本当に車が多く、加えてバイクと自転車が車道に溢れかえる・・・
そこを馬車がかき分けて走るような感覚が新鮮でございました。

20150207 21

長女はどこへ行ってもこの馬車がお気に入り。
プリンセス気分に浸れるのかな~

翌日は最終日です。続く


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

モロッコ・マラケシュ旅行☆『1日目、伝統建築「リヤド」に泊まる』

数日ぶりの更新です。

ちょっと忙しくしておりまして
週末には、2泊3日でモロッコ・マラケシュへ旅行を楽しんできました。

ロンドンから飛行機で3時間、
ヨーロッパ旅行よりずっとお安くて
私はもちろん、旅慣れた主人にとっても初となるアフリカ大陸。

モロッコへ旅行したことのある友達からは、
「子連れだと厳しいかもー」「危険だから気を付けてー」そんなことを聞いていたし
ここ最近の人質事件のこともあったりで、いつも以上に気を引き締めての旅となりました。
今回は弾丸でしたので、楽しめたのは「マラケシュ」という都市の旧市街のみ。

ロンドン・Stansted空港を昼過ぎに出発する便に乗って、
モロッコ・マラケシュ空港に到着したのは、すでに夕方。
取りあえず送迎車にのって、この旅お世話になる予定の宿へ向かいました。

モロッコでは、古い邸宅を改築した「リヤド」と呼ばれる宿泊施設が人気ということで
私達もこの「リヤド」に宿泊してみましたよ。
『Riad Jona』

さすが元「邸宅」
外装からは想像できないような、優美な造りになっているんです。

1階は吹き抜けの中庭になっていて、天窓から太陽の光が

20150204 2

チェックインしながら、モロッコの伝統的なミントティーをいただきました。

20150204 1

このミントティー。
ポットに茶葉とフレッシュミント、砂糖をたっぷり入れてお湯を注ぐそうです。
これがけっこう甘いんですけど、爽やかでほろ苦く、ミント系食べ物が苦手だったはずの私がなかなかハマった!!

モロッコの人々はイスラム教の方が多く、アルコールが厳禁
そこでこんな爽やかなお茶を飲みながら、語らい団らんするそうですよ~。
(私はやっぱりお酒がいいな…


で、このモロッコ伝統的建築を利用した「リヤド」
中央に中庭が配置されている為、各部屋は長細くなっており
私達の泊まった部屋もこんな感じ

寝室側

20150204 3

リビング側

20150204 4

好みがあるかもしれないけど、インテリアがなんともゴージャス
でも、決して「お高い」宿泊料金を払っているわけではないですよ
・・・実際、お風呂のお湯が途中で出なくなったりする→宿に文句を言っても「時間をおけば大丈夫だから♪」と言われたりして

20150204 14
(部屋に置かれていたオレンジで遊ぶひと)

それでも、こんな素敵なお部屋に泊まれるってのが、一女子としては盛り上がっちゃいますよね
ハイレベルな「リヤド」になると、子連れNGなエステ付きコースなんかも用意されていたり
そんなところへはハリウッド俳優なんかもお忍びでくるそうです~

屋上には、街を一望できるテラスが完備されていて
小さいけれど「プール」「ジャグジー」、モロッコ風サウナ「ハマム」、

20150204 16

バーやレストランもあって、
朝食もここで頂くことが出来るんです。
昔は、外出を制限されていた女性や子供の憩いの場所だったそうですよ

20150204 17

さて、チェックイン後は夕飯の時間まで付近を歩いてみることにしました。

マラケシュの旧市街。
噂には聞いていたけど、既に日が暮れているのにも関わらずものすごい活気!!

20150204 9

道も迷路のように入り組んでおり、大通りはとにかく雑然としていて
狭い道の中をバイクがものすごい勢いで通り抜けていくので
とてもじゃないけど、ヨダレ王子を自由に歩かせるなんてことはできないし
大人の私達も一列になって歩いていないとちょっと怖い感じ。

だけど一本道を入ると、ひっそりしていたりして
子供達がきゃっきゃと遊んでいたり、猫の親子が食事をしていたり

20150204 6

宿から徒歩5分。マラケシュ旧市街の観光起点となる、
ジャマ・エル・フナ広場">ジャマ・エル・フナ広場

20150204 7

どこからこんなに集まってきたの?ってくらいの人、人、人

数年前に爆弾テロがあったという、侮ってはいけない危険な場所。
にこやかに、というか怪しげに話しかけてくる人も多いので
バギー(二人乗り仕様になる頑丈なタイプを持参しました)にいる子供達に注意を払い
前掛けしているバッグをきゅっと握って、どきどきしながら、の散策です。

20150204 8

夜になるとあらわれる屋台。
ここがまた「安くて美味しい」らしいのですけど、屋台によってはお腹を下しかねないとの噂
子連れ故ここはあきらめて

初日の夜はリヤドの食事をいただくことにしました。
これも期待を裏切らないディナーだったんですよー

前菜3種類
『ナスとパプリカのサラダ』『トマトのサラダ』
『ラム肉の春巻き、チーズの春巻き』


20150204 15

トマトサラダは爽やかで、酸味加減が好み
ナスのサラダも野菜の旨みが凝縮された甘さ
春巻きは、これもう一回食べたいおいしさでした~ビールが進む
ちなみにヨダレ王子、これらの前菜では、ナスと春巻きにがっついでおりました

メイン
『魚(あんこう)と野菜のタジン』

20150204 10

と、予約時には「あんこう」をお願いしていたはずだったのですが
どうもこの魚はアンコウではないような…と疑問を感じつつも、美味しかったのでこれはこれでよし。笑

メイン2
『ラムとアプリコット、アーモンドのタジン』

20150204 11

これも、超好み
連れて帰りたいほど(笑)、美味しかったです。
たっぷり入ったアーモンドが香ばしく、ラムに合うんですよね~
数年前までナッツはそんなに得意ではなかったのに・・・これでまた、ナッツが好きになったかも。

それぞれ熱々のタジン料理を、クスクスとriso(米粒状のパスタ)にスープを吸わせながらいただきます。

20150204 12

ローカルワインが進みます

デザートは、
『りんごの何とか』
『フルーツサラダ』


20150204 13

見知らぬ料理に辟易していた長女でしたが、
これら甘いデザートには大喜びでございました

↓翌日、屋上テラスの室外機前にて

20150204 18
20150204 19

ここから出る熱風で異常に盛り上がる子供達
この後は、スーク(市場)巡りです。続きはまた次回


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP