パパッと出来る♪お手軽ごちそうサラダ『スモークサーモンとアボカドのサラダ』、ストライダー王子。

日本では連休突入ですね。

子供達の幼稚園でも、週末から週明けにかけて連休があるので
天気が良かったら国内でも旅行しようかな~なんて計画しております



さて、今日ご紹介するのは
パッと出来て、間違いなく美味しい簡単サラダ
  
Cpicon 手軽♪サーモンとアボカドのごちそうサラダ by ケチャウルレシピ

実は、これうちでよくテキトーに作るサラダのひとつでして
改めてレシピ化するのもこそばい気分なのですが、それくらい本当に手軽に作ることが出来るんです。

ポイントは、ポン酢ベースの簡単ドレッシング
レシピの配合は一番シンプルな基本形ですので、材料の量やお好みで足し算引き算OK

普段の食卓だけでなく、おもてなしの時にもよく作る「あともう一品」でして
これを食べた友達にもレシピをよく聞かれる、万人ウケするサラダなのです

あえてのコツは、ベースとなるポン酢に、ごま油とオリーブオイルを半々使用すること。
両方のオイルが合わさると、なんともバランスの良い味わいのサラダに仕上がるんです。

騙されたと思ってぜひお試しいただきたい一品

スモークサーモンとアボカドのサラダ

【コツ、ポイント】
・サラダミックスの量は、大皿やサラダボウルにふわっと盛り付ける程度を使います。
・スモークサーモン以外では、蒸し鶏や生ハムでも美味しく作れます



おまけ

元気に幼稚園のナーサリーへ通い始めたヨダレ王子。

朝は朝で、教室に入るや否やおもちゃへ一直線
しばしのお別れに際しても、実にクール。

その上、迎えにいくと「まだ帰りたくない」と泣いて拒否することも・・・
まぁ頼もしい限りでございます

そんなヨダレ王子、最近までずっとペダル無し三輪車がお気に入りで

20150428 1

しかもこれ、乗るというよりは「自分でひいてあるく」的な使い方をしていたんですよね~
たまに乗るのはいいけど、すぐに大人に引っ張らせる始末。

それが、2週間ほど前から、ストライダーにハマっているんです

20150428 2
20150428 3

お姉ちゃんが乗っているのを見ていたせいか、上達が早い早い。
公園や庭で「ウィ~!!」と元気よく遊んでおります



にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

イタリア・ローマ旅行記③『サンタンジェロ城、ローマの下町へ

晴れるとその日差しが痛いくらいなのに
ここ数日来、落ち着いた冷温続きのロンドンです。

涼しさを通り越してけっこう寒いんですけど、パブのガーデン席では半そでの方を見かけたりと
そんなネタには事欠かない季節がやってきたかな?笑



さて、今日はまたローマ旅行記の続き。

イタリア・ローマ3日目 
「サンタンジェロ城、トラステヴェレ地区の夕暮れ」


3日目は、予報ばっちり的中の雨
しかも立派などしゃぶり、その上けっこう寒いときたもんだ・・・

「雨だからね~今日はとにかく屋内いっとくしかないよね。」
朝食をたべながら、この日の計画を練り直し
とりあえず初日にタクシーから眺めるだけで済ませた「サンタンジェロ城」へ行ってみることに。

20150426 1

お城というか、要塞?
2世紀初頭に当時のローマ皇帝ハドリアヌスが自身の霊廟用に作らせ、
その後しばらくは歴代皇帝の霊廟として使われ、以降牢獄や要塞として、
緊急時には教皇の避難場所として使われていたそうです。
(ヴァチカンとは秘密の地下通路があるのだとか)

入ってみると、建設当時に作られたというらせん状のスロープがありまして
途中、通気孔が空いていたりして恐怖を感じつつも

20150426 2

うちの子供達、「坂道」で遊ぶのが大好きなので、このスロープにはおおはしゃぎ
そりゃもう楽しそうに登ってくれました。ラッキー

スロープが終わると、今度はゆるやかな階段が。
これもまた実にゆるやかなので、歩くのが大嫌いな長女ですらノリノリで上ってくれまして

20150426 3

明るい場所へ到達

20150426 4

ここから少し登ってところに、見晴らしの良い展望回廊がありまして
しかもあれだけ雨が降っていたのに、ここについたら止んでくれたのです
眺めもいいし、嬉しくなってここで家族写真まで撮ってしまいました

20150426 6

この回廊にはカフェもありました。
創業50年以上の歴史あるカフェなんですって。ステキ

20150426 5

子供がいなければここで一休み、なんてもの絶対ありですよね。

楽しく登れて、雨も止んで、大満足~

なんて思っていたら、どうやらこの城、ここが終点ではなかった!!

地味な階段から人が下りてきたので、ついて入ってみると

20150426 7

こんなところに立派な大広間が~

20150426 8
20150426 9

16世紀前半に法王パウロ3世が造らせた住居エリアで
当時の家具や、法王庁の財宝を保管する金庫があるんですって。

ここからまた、今度は狭くて急なローマ時代の階段を少し上って

20150426 10

今度こそ、塔の頂上です

雨空なのが悔やまれるけど、
ローマ市内を一望できる素晴らしいパノラマが待っていました

20150426 11
テヴェレ川
20150426 12
ヴァチカンのサンピエトロ大聖堂
20150426 13

サンタンジェロ城。
この城では始終子供達も、機嫌よくどこでもノリノリとにかく大はしゃぎで
楽しんでくれている様子が嬉しかったな~予想以上に楽しめました

文字色
お城後は、ちょうどお昼時でしたので、ここから歩ける範囲のお店でランチ。

「Obica」

日本にも(ロンドンにも、ドバイにも、アメリカにも!)支店がある
美味しい自家製モッツアレラチーズと、それを使ったピザが売りのカジュアルなお店です。

20150426 18

ここでオーダーしたグラスワインがめちゃうまでテンションUP
他のお品も、ここならではの美味しさというか
マネのできない味で、「ここいいね」何連発したことでしょう

サラダ
『青りんごとなんとかチーズのサラダ』

20150426 14

旨~い
大好きな組み合わせな上に、このチーズがまた最高に旨っ!!

ピザ
『ハムとアーティチョークのピザ』『マルゲリータ』

20150426 16
20150426 17

これもまた、旨~~い

表面に粗く香ばしい粉がはたかれていて、それが表面カリッカリの食感を生み
生地自体ももっちりなのに軽くて香ばしい。
「今までに食べたことのないピザだね」と開口一番がかぶってしまいました

「ピザだけで軽く済ませよう」
なんて言ったのに、
自家製モッツアレラとやらが、数種類あってめちゃめちゃ魅力的でしたので
オーダーせずにはいられませんでした。

20150426 15

至福~
しばらくスーパーのモッツアレラが食べられないかもしんない。笑

ふと外を見ると、外はまた土砂降りの雨
幸いヨダレ王子様がご就寝でらしたので、
長女には「アナ雪」のパズルに食いついてもらい、大満足ランチはゆ~っくり時間をかけて済ませることが出来ました。

ランチ後一番に向かったのは、
「サンタ・マリア・マッジョーレ教会」

20150426 19

ローマ4教会のひとつ。
その名の通り、聖母マリアを祀る教会なのですが
キリスト教公認後、教皇自身によって建てられた最初の大規模な教会でもあるそうです。
(この雨の日写真じゃ全く伝わらない

20150426 20

広い教会内には、5世紀のモザイク画が沢山
バロックの巨匠ベルニーニの墓もあるそうですよ~(どこだか分からなかったけど)

この日は日曜だったせいか、ずっと牧師さんの説教が流れ
するとお香の香りが立ち込めてお偉そうな方々の行列を見ることが出来たりと、貴重な?体験もさせていただきました。


この日の〆は、ローマの下町トラステヴェレ地区へ

ローマ最古の教会といわれる「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会」

20150426 21
20150426 22

最古と言われるだけあって、派手さはないけれど
一面ゴールドのモザイク画を見ることが出来たり、印象に残る教会でした。

そしてこの界隈、街歩きも楽しくて

20150426 23
20150426 24

「このお店、おいしそうだね~」
夕暮れ時でそんな雰囲気を醸し出すレストランがいっぱい
食いしん坊夫婦には魅力的すぎます。

ちなみにヨダレ王子的に一番魅力的だったのは・・・

20150426 25

ローマの街中にあった、水飲み場。
滞りなく流れ続けるその豊富な水は、もちろんそのまま飲用にできるそうです。
ぺットボトルに補給する方もよく見かけました。

次は最終回


にほんブログ村 料理ブログへ

シャキシャキ美味しくってヘルシー♪『豆腐入りキャベツバーグ』、お別れの可愛いハグ。

今日、幼稚園へお迎えに行くと出てくるやいなや
「みてみて~これ~
嬉しそうに先生方からいただいたバースデーカードを見せてくれました。

そんな長女でしたが、昨日は仲良くしていた友達と最後のお別れ…

涙涙、なのかと思いきや、そんなのは親だけで
珍しく夜更かししてしまったせいか、今朝はぼーっとしてまして。
5歳になりたて女児、そんなもんですかね~



さて、今日は先日クックパッドで話題入りさせていただいたレシピを改めてご紹介です。

ロンドンへ来て以来、めっきり作らなくなってしまった料理が「ハンバーグ」

欧米人って肉ばっかり食べているイメージですけど
(実際、そうかもしれませんが)
そのせいか、日本よりずっと「脂身」に対する警戒心が非常に強いようで
売っているお肉は綺麗に脂肪分が取り除かれた赤身ばかり・・・

ひき肉もしかり。
「脂肪分○○%以下」と明記された商品が多く、
良くいえばヘルシーですが、悪く言うと脂が少なすぎて、その料理がパサパサしてしまうんですよ

脂身が苦手な私ですが、この「ひき肉」にはちょっと違和感がありまして
かといって自分でミンチを作るのも面倒

なんて話で、ハンバーグもすっかりご無沙汰となってしまうのであります。

その代り、大手スーパーには成形された「バーガー生地」が一般的に売られていて
ですが、これもまた焼くと実に肉肉しい。固め?
バンズに挟んでハンバーガーとして食べるのには良いんですけどね~

そんなひき肉事情ではありますが、お気に入りのマイレシピ

Cpicon きゃべつ入り豆腐ハンバーグ by ケチャウルレシピ
久々に作ってみようかと思います

「キャベツの量にびっくりなんてお声をいただいたこともあるのですが
このキャベツが一番のポイントでして

豆腐入りで柔らかめのあっさりとしたハンバーグ生地に
シャキシャキ食感のキャベツ、これと甘めのソースがぴったんこ


ヘルシーで美味しい家庭ならではのハンバーグ、ぜひお試しくださいませ

キャベツハンバーグ 1


【コツ、ポイント】
・蒸しの仕上げの段階でスライスチーズをのせ、「とろりん」とさせるのも美味しいです。
・ハンバーグ全般に言えることですが、焦げやすいので火加減に注意してください。



おまけ

仲良くしていた友人が、ついに帰国してしまいます。

その直前に我が家へ遊びにきてくれました。
長女もヨダレ王子も大喜び

20150424 3

して、ちょっと早い時間からの、おもてなしディナー

20150424 2

ちょうど今実施しているレッスン内容で攻めてみました。
お肉とお魚を使った少しボリュームのあるサラダを中心とした前菜色々と、
メインには、 『アンコウのサフラン&ケイパー煮込み』

20150424 4

これ↑
飲んでる上に、おしゃべりをしながら仕上げていたら、なんと塩を入れてしまいすぎるという
ありえないと思いたいハプニングが

最後だというのに、いつも通りのくだらないおしゃべりが続き
デザートには彼女の好きなアールグレイ風味のロールケーキをつくりました。

20150424 5

親子でお代わりしてもらえて嬉しかったな

こちらへ来て最初の数か月はとにかくもう、いろんなことに慣れるのに必死で
そんな私にロンドンのいろはを色々と教えてくれたのが彼女
初めてできた友達だったので、この別れはそりゃもうハンパなく寂しい!!

20150424 1
(やらせっぽいかな?)

気を許すとまた涙が出てきそうですんで
他の楽しい事に集中するようにせねば~なんて思っております。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

長女5歳のバースデーパーティ☆彡大人の食卓編

先週日曜日は長女の誕生日当日でした

5年前のこの日に、陣痛が訪れて…
あのものすごい痛みのことをはもはや他人事のようにも感じるけど
長女誕生の瞬間は、やっぱり昨日の事のように身近に感じるんですよね。

長女はめでたく5歳を迎え、私もママ歴5年となった記念日

家族4人でこじんまりと長女の大好物とケーキを囲み
日本の祖父母が届けてくれたプレゼントやバースデーカードを開けてきゃっきゃとはしゃぐ長女
その後、プレゼントのひとつをパパが落として割ってしまうという、許されざる大ハプニングが発生し
忘れられない一日となったかな



さて、今日は先週の長女とお友達との合同バースデーパーティーのこと
大人の食卓編をお届けします。

ベイビーズを含め総勢30名超え、大人だけでも13名

収容人数に限界があるので、
ナーサリークラスの頃からの同級生ママ達に声をかけさせていただきまして…
一年に一度の誕生日パーティー、また、仲良くしていた友達が本帰国してしまうということもあり
前日仕込みからはじめて、今年一番(?)はりきって準備させていただきました

20150419 1

サラダや前菜など、約20品
キッシュ以外は全て作り置きできるものをと考えて準備していたのですが
盛り付けても盛り付けても終わらないというか・・・
友達に手伝ってもらいながらのスタートとなりました。(皆、ありがとう

他。、シャンパンやワイン、ビールなど沢山持ち寄っていただけたので、飲み物パラダイス

ますは庭で子供達の食事をスタートしてもらい、
大人はロゼで乾杯

今回は、女性ウケしそうなおつまみ系とサラダ色々
お酒を飲まないママも多いので、炭水化物もいつもより多めに、
洋風を中心に、和と中とを加えてあきのこない献立にしてみました。

一人一皿①
『鶏のガランティーヌ』

20150419 2

骨付きの鶏肉を開き、豚ひき肉に炒めたマッシュルームやハーブ、オリーブとチーズ、ナッツなどを加え
蒸し冷やし固めたフレンチの定番料理です。

一人ひとつ小鉢②
『レンズマメのサラダ』

20150419 13

実はこちら、今月の料理教室でもご紹介中のレシピなんです

一人一つ小鉢③
『ブロッコリーのチーズムース』

20150419 14

某フレンチ店の前菜からヒントをいただきまして。
ブロッコリーのピュレに合わせたクリームチーズがポイント。

一人ひとつ④
『三つ葉と白菜、ベビーコーンの煮びたし』

20150419 17

ロンドンでは「三つ葉」って、自分で栽培するか日系のお店でGETするほかないのかな
けっこうハードルが高い食材のひとつですが、これが少し入るとぐっと香りよく上品なお味に

サラダ①
『ジェノベーゼポテトサラダにスモークサーモン』
20150419 16

ジェノベーゼソースとマヨネーズをベースとしたドレッシングで和えたポテトサラダです。
スモークサーモンを添えてサーブしたものを主人が絶賛してくれたので、この日も同じ用に

サラダ②
Cpicon ローストパプリカとアンチョビの前菜 by KT121

20150419 15

パプリカを真っ黒になるまで炙り、皮をむきまして、アンチョビと美味しいオリーブオイルでいただくシンプルな一品。
彩りがまた元気になれそうで我が家のヘビロテです。

サラダ③
『キャロットラぺ』
20150419 6

言わずと知れた、フレンチの定番サラダ。
最近、野菜のすりおろし器を新調しまして、これを使って粗削りした人参で作ったサラダ
味が良くしみて本当に美味しいのです。ってことでこの日も登場~

『フェンネルのエスニック風コールスロー』20150419 5

日本ではあまりなじみの無い野菜で、サクサクとした食感とその香りと甘さが特徴
こちらに来て間もない頃は、怖くて手が出せなかったのですが
一旦食べてみたら、もう虜
この日は以前、カフェで食べたデリに似たようなのがあったので真似っこしてみました。

『ソラマメのパテ、フムス(ひよこまめのペースト)、リコッタチーズ』
20150419 8

これも、とある美味しいパブでいただいた料理がヒント
中ふわふわで外カリカリのパンに、ソラマメペーストとレモンの皮が散らされたリコッタチーズに
たっぷりのオリーブオイルがかかっていたがっつり系の前菜が、すっごく美味しくって
それには到底及ばないけど、しばらくソラマメにハマりそうな予感

常備おつまみその①
Cpicon こんがり焼いた茸のマリネ ピクルス風味  by ケチャウルレシピ
20150419 7

我が家の定番茸マリネ。
今回は、しめじやしいたけ、エリンギなどが入った豪華版♪

常備おつまみその②
Cpicon 牡蠣とマッシュルームのオイル漬け by ケチャウルレシピ
20150419 3

とその奧にあるのは、
Cpicon デリ風☆チキンタツタdeサラダ  by ケチャウルレシピ
これは鶏肉が苦手な友達が「これはイケる!!」と笑顔になってくれまして

和風おつまみその①
『鴨ロース肉の醤油焼き ネギたっぷり柚子胡椒ダレ』
20150419 4

これも、鴨肉が苦手だった友人に好評で、作りまくっているお気に入りの一品
料理上手な友達がレシピを聞いてくれて嬉しかったな

和風おつまみその②
『シーバスの昆布〆 しば漬けソース』
20150419 11

前日に購入したシーバス(スズキ)の刺身は昆布〆にしまして
しば漬け(50g)と塩昆布(8g)を刻み、ごま油とオリーブオイル(足して大匙1)、醤油少々で風味づけ

和風おつまみその③
『ホタテとカブの柚子胡椒風味』
20150419 12

こちらも最近お気に入りのレシピ。
スライスしたカブとホタテを電子レンジで加熱し、蒸し汁を利用したドレッシングでマリネしておいたもの。
参考レシピ・NHK今日の料理

お土産にもなるキッシュは2種類ご用意です。
Cpicon 絶品☆ホウレンソウとホタテのキッシュ by ケチャウルレシピ
20150419 10

と、最近GETしてこ喜びしている角型で焼いてみたのは
『ソーセージのキッシュ』
20150419 9

以前こちらでも紹介した、ポーリッシュの長皿がぴったりサイズなのです

パンも。
『全粒粉&シード入りフルーツとナッツのパン』
20150419 18

最近、多めに焼いて冷凍保存しておくことが多いのです。
日本から持ち込んだHBが壊れた当時、涙涙でしたが、最近はこの巨大サイズが有り難かったりして

お魚
Cpicon 鮭のムニエル バタぽん生姜ソース by ケチャウルレシピ

20150419 19

こうなってしまうと地味ですが、サーモンは巨大な半身を使ってオーブンで一気に焼き上げまして、
スプーンでざっくり取り分けてみたんですよ。
(このラフさが楽ちんでした

お肉
『豚ほほ肉のステーキ ハニーバルサミコソース』

20150419 20

今まで煮込み専用肉だと思っていた「豚ほほ肉」。
焼くとゼラチン質がまたいい感じにジューシーになって美味しいのです
焼き縮み防止と、火の通りをよくする為に予め格子状に切り込みを入れています。


『アサリと海老の洋風雑炊』

20150419 21

ポルトガルで食べたシーフードの雑炊が美味しくって、真似て作ってみました。
リゾットより手軽に作れるのが嬉しいところでございます

デザートも作ったのですが、
Cpicon 栗たっぷりほっこり♪栗のチーズケーキ by ケチャウルレシピ
後半は油断して飲んでしまい…写真がございません
一般のスーパーで簡単に入手できる、栗のピュレ缶詰を利用してみました。


すっかり長くなりましたが、以上、この日のお料理記録とさせていただきます


20150419 22

子供の長椅子用に購入した、IKEAの平均台×2が写真撮影時にも大活躍



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

イタリア・ローマ旅行記②『パンテオン、猫のいる遺跡、市場、花ズッキーニのフライ。』

先週から長女は幼稚園の年中に、
ヨダレ王子もナーサリー(年少さんの下のクラス)に入り
あっという間に過ぎた1週間・・・
二人とも、朝から本当に楽しそうに通ってくれるので(ヨダレ王子はネタに出来るほど)、
親としては有り難い限りでございます

さて、今日はローマ旅行記の続き。

イタリア・ローマ2日目 
「パンテオン~猫だらけ遺跡、広場めぐり」


初日はヴァチカンへ
その翌日、午後から雨との予報でしたので とにかく午前中に動こう!!
ということで、まず向かったのは
「パンテオン」

20150412 1

なんと、118年に建てられた現存するローマ建築で、石造りとしても世界最大
「パンテオン」という名前は、「すべての神々の」という意味なんですって
よくまぁこんな完全な形で1900年もの間ここにあるなんて…

中に入ると、これまた厳かな雰囲気、建物内も巨大で思わず息をのんでしまいます。
丸い天井には、直径9メートルもの天窓があり、これが建物唯一の光源なんですって。
ガラスとかついていないただの穴ですが、雨が降ったとき用に床にはちゃんと排水穴が設置されていました。

20150412 2

人だかりが出来ているところにはラファエロのお墓がありました~
石でこんな巨大な頑丈な建物を建てられるなんて、ローマ人すごい!!

早くも長女が飽きはじめていたので、近くにあったジェラートの名店へ
「Giolitti(ジョリッティ)」

20150412 4

ローマで最も古く歴史のある老舗のジェラテリア。
時間が早かったせいか、全てのフレーバーが出ていませんでしたが
それでも定番らしいものをいただくことが出来ました。

20150412 5

どれも美味しい~
学生時代にローマへ来た時、適当なお店で食べたジェラートかなり甘かった記憶があるのですが、
記憶の味を覆す美味しさでした。
(ロンドン生活で甘さに鈍感になってしまったのかもしれないけど)

空模様が怪しくなってきたので、急いで次のポイントへ向かいます。

街中に突如現れる遺跡
「アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)」

ここにあった神殿で、あのカエサルが「ブルータスお前もか!!」と叫びながら暗殺されたんですって~
興味深く見るかはその人次第かと思いますが(笑)

20150412 6

実はここ、人間は立ち入り不可の隠れた猫スポットなのです

街中から集められた野良猫が、公的な援助でワクチン接種を受けここで保護されていて
ノビノビと気持ちよさそうに過ごしている姿を見ることが出来ます。

20150412 7
20150412 8
20150412 9
20150412 10
20150412 11
20150412 12

敷地内には約300匹の猫がいるとかで、
猫好きにはたらないかも

次に向かったのは、マーケット。
「カンポ・デ・フィオーリ市場」

20150412 13

地元客や観光客でにぎわっている食料品中心の市場です。
その名前の由来となったお花屋さんや(安い!!)

20150412 14

日本では、いやロンドンでも珍しい野菜の数々

20150412 15

旅行者なので実際に買うわけにはいかないのですけど、こういうのって見てるだけで本当に楽しいんですよね。

そのまま歩きながら食べられそうなカットフルーツ

20150412 17

お店によっては行列が出来ていたりして
これうちの子供達も食いつき、追加購入してしまったほど
(そのあと、「トイレトイレ~」と長女が大騒ぎ

その場でオレンジならぬ「ザクロ」をたっぷり絞った、
ザクロのフレッシュジュースやさんも所々でみかけました。名物なのかな?

20150412 16

他にも、生ハムやチーズの量り売り、
多種多様なパスタやさん、瓶詰やさん、オリーブオイルですとか、いっぱい!!

そしてこの市場の先を少しいったところに
お目当ての食器やさんがあったので、楽しくお買い物が続き・・・


気付けばランチ時
この市場周辺にあった、口コミの良いお店に入ってみました。

ここが、これまた秀逸

何もかも美味しくて
特に感動したのが、大好きなアーティチョークをまるごと加熱した「ローマ風アーティチョーク」

20150412 18

とろ~りモッツアレラチーズを使った温かい前菜
生ハムのアクセントが絶妙なんです。

20150412 19

そして、これ

20150412 20

見た目どうしようもなく地味ですが、これが本当に美味しかった!!
カリッと薄い衣の中には、花をつけたズッキーニと中からとろっとチーズが流れてきます。
なんて幸せな食べ物なんでしょう

ランチなのでメインはオーダーせず、軽くパスタとリゾットを
なんて思っていたけれど
パスタはもちろん、ここのリゾットが
「またここに来て食べたい」と思うほどに、めちゃくちゃ好み

20150412 22

長女にせがまれしぶしぶオーダーしたデザートも、美味しかったのです。

20150412 23

炎が消えたあとの、クリームブリュレ
表面のカリカリ感やば

しかも、この時は食事中賑やかなヨダレ王子はご就寝~
いい意味で、昼から予定が狂ってしまったような満足感でございました
「Trattoria Moderna」

と、お腹も心も満たされたランチ後は

しかもけっこうなどしゃ降り。

バギー必須の子連れにとっては、雨の移動って辛いんですよね。
はて、どこへ行くべし?
迷いながらも、とりあえず一番近くにあった観光名所の広場へ
「ナヴォーナ広場」

ローマ時代の競技場に起源をもち、3つの美しい噴水の水音が心地よい広場
なはずですが、雨・・・

20150412 26

ランチ終了間際に目覚めたヨダレ王子
テーブルに残っていたパンをビニール袋に入れてもらい、午後はそれを手放すことがなかった…

20150412 25

「タコと格闘」↑

雨と寒さで、次の目的地まではタクシー移動することに。
すると、いつの間にか雨も上がっておりました

ブランドショップが並ぶ「コンドッティ通り」

20150412 27

高級ブランドショップも魅力的ですけども
ここから小路を入ったところに雑貨やさんがあったりして、私はここでお買い物

ローマと言えば、ここ!!言わずと知れた「スペイン広場」
ここに着いた頃には、一瞬青空を拝むことが出来たりして

20150412 28

嬉しくなってこのスペイン階段を上まで登り切ってしまった、ケチャ一家です。
(大きなバギーを抱えた上ったのは我が夫。)

20150412 29


なんやかんやで、気づくと今度はディナータイム

ランチをしたお店には敵わなかったけど、ここもなかなか
「Il Falchetto」

『生のアーティチョークを使ったサラダ』(写真)や
数時間前に食べてハマった『花ズッキーニのチーズフライ』(でもここよりランチのが俄然美味でした)

20150412 30

『手長海老のクリームリゾット』も濃厚で、コメの固さがまたいいんですよね。
お米大好きな長女もモリモリ食べていました。

20150412 31

ここでの一番はこちらのパスタ。
生パスタなのかな?太麺もっちもちでソースも魚介の旨み凝縮系なのであります

20150412 32

これだからイタリアっていい~

前回「ローマ」を訪れた時は、学生でツアー旅行だったので
お弁当の付け合わせのようなパスタを食べさせられたり、食に関してはロクな思い出がなかったのですが
翌日にも期待できそうです。

続きます




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

長女誕生会お返しギフト♪『フルーツ&ナッツたっぷりビスコッティ』、主役の2人と今年のバースデーケーキ。

昨日は、大人総勢13名+子供達21名が我が家に集合~

幼稚園ナーサリークラスからのお友達ママズに声をかけて
長女と仲良しのお友達との合同バースデーパーティーを開催しました

だいたい人数が多くなると、室内遊戯場などを貸し切って行うのが通常のようですが
せっかくなので、ママ達にもお料理を楽しんでもらいたいなぁと
去年同様、自宅開催を決行!!

でも、人数的に大丈夫なのか?
挑戦だったかもしれないけど、幸い天気にも恵まれたので、子供達会場は庭へ
我が家のダイニングテーブルにもきゅうきゅうに座っていただきまして・・・

作った料理のことなど、また詳しくご紹介させてください。



今日ご紹介するのは、誕生会プレゼントのお返し品として用意したものの中から
好評だった焼き菓子「ビスコッティ」です。

ザクザクとした食感が信条のイタリアのお菓子。
この食感を生むのが粉の配合です。

イギリスの小麦粉はすべて「中力粉」なので、この食感が生まれやすく
また、「粉ふるい」などの手間もいらず、ボウル1つにどかどか計量しながら混ぜていくだけ~
非常にラフなかたちで簡単に作ることが出来るんですよ。

大好きなドライフルーツとナッツをたっぷり入れて、甘さ控えめに仕上げてみました

Cpicon フルーツたっぷりビスコッティ by ケチャウルレシピ

ビスコッティ



P1280659 1

【コツ、ポイント】

・日本では、薄力粉と強力粉を4対6程度でご使用ください。強力粉を多めにした方がザクザクとした食感に。
・生地を伸ばす時は、手を水でぬらすと扱いやすいです。
・フルーツには「オレンジピール」を、ナッツには「ピスタチオ」を加えてあげると
より風味豊かなおいしさが生まれるので、ぜひ

20150411 8
(ラッピング材 レース柄袋、リボン共にHEIKO)



おまけ

お誕生日会の主役2人。

20150411 3

去年も同じように我が家で共同バースデーパーティーを開催したんですよね。
あれから1年…親子で仲良くさせてもらっていたけど、ついに、いよいよ本帰国故のお別れです。
そんなこともあり、今回は特別な気持ちで準備にも熱が入りました。

20150411 1

パーティーフラッグ。
手前は市販品( Paperchase)、✿はタイガーのキット使用
奧は私の力作。

20150411 2

梁部分にも、またまたフラッグ(去年も使用♪)
主人が1£ショップで購入してきた風船を使って、モールを作ってくれました。

20150411 9

バースデーケーキは「キティちゃん」
ケーキ名人の友達が担当してくれました。

20150411 7

「ハピバースデー~♪」を歌って、ろうそくの火を吹き消して
「キティちゃん、かわいそう!!」なんて言いながらも
「私、顔が食べたい」という声が多々

20150411 5
20150411 6

友達とワイワイいいながらご飯を食べて、いっぱい遊んで
気付けば夕方、

20150411 4

素敵なプレゼントやカードをもらって大はしゃぎ。
長女にとっては思い出に残る最高の一日となったようです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

『とろとろほほ肉のラグー(パスタソース)』、公園で「お花見」。

今日は一日中キッチン!!

といいながら、飽きてしまい気晴らしにブログなんて書いてますが

明日、我が家で長女とお友達のバースデーパーティーを開催する為
準備におおわらわなのでございます。

主役はもちろん、普段親子でお世話になっているお友達やそのママ達に
楽しんでもらえる会となりますように

明日はとにかく晴れてほしいな~



さて、今日ご紹介するのは、イタリア旅行であれだけ食べてきたにもかかわらず「パスタ」

シンプルなミートソースはもちろんですが
牛肉やジビエ系のラグー(煮込み)がたっぷりかかったパスタが大好物の我が夫。
昨年フィレンツェでとても美味しいラグーに遭遇できたので
今回ローマでも期待していたのですが・・・
事前にメニューを調べて入ったお店にもそれ系のラグーが無かった!!

地味に残念がる夫が、なおさら不憫に思えまして
家で彼が好きそうなものを作ってみたのでした

「これは、わざわざイタリアに行く必要ないな」と夫。
それもちょっと困るんですけど・・・
覚書です。

『とろとろほほ肉のラグー(パスタソース)』

20150410 9

【材料】

・豚ほほ肉(若しくは牛すね肉) 600~700g
・塩、胡椒 少々
・小麦粉 大さじ2

・玉ねぎ(小) 1個
・人参 1/2本
・セロリ 小1本
・にんにく 1かけ
・トマトペースト 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

・赤ワイン 150㏄
・固形スープ(ビーフ) 1個
・中濃ソース 大さじ1
・バター 15~20g
・ベイリーフ あれば

・お好みのパスタ
・パルミジャーノ お好みで

【手順】

①肉は3~4㎝角にカットし、塩胡椒をふっておく。

P1280654 1

玉葱は薄切りに、人参とセロリはみじん切り、ニンニクは粗く刻んでおく。
②鍋にオリーブオイルを熱し、野菜をしんなりするまで炒めます。

P1280657 17

③野菜をいためている間、別のフライパンにオイル(分量外)を熱し、小麦粉をはたいた肉(ビニール袋の中でやると楽♪)を香ばしく表面を焼き付けるように焼いておく。
④2の鍋に、3の肉、トマトペースト、赤ワインを加えて強火にし一旦沸かします。
⑤肉が浸る程度の水を加え、固形スープとベイリーフを加え煮立ったらアクをひき、とろ火にしてふたをして煮込む。
⑥肉がほろほろに煮崩れる程度まで煮込んだら(2時間近くかかりますのが、圧力鍋なら加圧時間20分程度?)

P1280667 1

ふたをとって強めの火に切り替え、煮汁にとろみがつくまでさらに煮込みます(写真)
「煮込む」というより、水分を蒸発させてスープの旨みを凝縮させるイメージです。
⑦仕上げに中濃ソースとバターを加え、塩胡椒で味を調えます。

P1280669 1

⑧お好きなパスタにたっぷりかけて召し上がれ~

20150410 8

基本的な作り方は、赤ワインベースのシチューと一緒です。
ポイントは、パスタソースですので、どんなパスタにもよく絡まるように
・肉がとろけるほどに煮込むこと
・肉が柔らかくなったら、とろみが出るまでソースを煮詰めること!!


時間がとろとろのとろける美味しさを約束してくれるはず



おまけ

週末、公園へ
図らずも「お花見」してきました。

日本では桜といえば、ソメイヨシノ。
ここロンドンにはいろんな種類の桜があるので、開花時期もまばら・・・
盛り上がりには欠けますが、けっこう長い間、楽しむことが出来ます。

車窓から、まるで日本の桜のような勢いで咲いているのを発見

20150410 2

訪れた公園にも、立派な桜の木がありまして
レジャーシートをしいてお花見している?イギリスの方がちらほら。

20150410 1
20150410 6

長女はストライダーのタイヤに桜の花びらがつくのが面白いと、始終ご機嫌

20150410 3

ヨダレ王子も、はらはらと散る花びらを拾っては集めて
そのうち「ネギネギー!!」と言いながら、草をむしり集めておりました

20150410 4


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

イタリア・ローマ旅行記①『世界遺産・ヴァチカン市国』

週明けから陽気続きのロンドン
サマータイムになってから、日がどんどん長くなり
時計を見ていないと「え?もうそんな時間?」慌てて夕ご飯のしたくを始める羽目に。

昨日は、長女の同級生友達が我が家に集合~
子供達は庭で「おやつタイム」「ケーキタイム」を堪能し
ママ達は屋内で楽しくおしゃべり、本帰国を前にうるっときたり、と楽しく春休みを過ごしております。 


さて、今日はイースター休暇を利用して行った
イタリア・ローマ旅行記です。

1日目『ヴァチカン市国』

ロンドン発が朝便でしたので、ローマに到着したのはちょうどお昼どき
ホテルチェックイン後、早々に向かったのが
ローマ教皇領、且つ世界で最少の国家「ヴァチカン市国」です。

20150409 1

ブラマンテ、ラファエロ、ミケランジェロに引き継がれて造られた
「サン・ピエトロ大聖堂」

言わずと知れた、カトリックの総本山です。
(この日は入場出来ない日でした
寺院を囲む広場がまた広大で、
教皇のミサがある日にはここに大勢の信者が集まるそうです。

20150409 11

気になるイタリアとバチカンとの国境はというと、ガードレールみたいなものがあるだけで
基本的にここへの入場は、自由に行き来できるそうです♪

そして、敷地内でちらほらみかける、コスプレの人。
・・・じゃないんですよ~これ真面目な服!!

20150409 12

ヴァチカンを守るのは、スイスから派遣されている衛兵さん。
昔、スイスによってその危機が救われたという歴史があり、
以来スイスからの衛兵さん制度が今に続いているそうですよ

長蛇の列をさけるべく、事前にチケットを購入して
入場しました、
「ヴァチカン美術館」

20150409 2

代々教皇の美術コレクションが起源となり、
いくつかの美術館群からなる「ヴァチカン美術館」
ハイシーズンとなるとかなりの待ち時間があるそうですので、予約必須だと思われます!!

入場してみると、ロンドンで同じ通りに住む友達家族とバッタリ
また行きの空港でも会った、最近ランチをした友達家族とも偶然バッタリ
「ストーカーしちゃってごめんね~
駐在家族同士、世界の狭さを感じながら(笑)

まず入ったのが中庭

20150409 3

バギーにどっかり腰を下ろしていたヨダレ王子が急に「おりる~」と言いだして
きゃいきゃいはしゃいでおりました。
でも芝生内は立ち入り禁止だって~

そのまま古代彫刻が展示されている館へ
人だかりが出来ているところの先には「美術の教科書で見たことのあるやつ!!」

20150409 5

どの館も、床のモザイクや壁、天井の優美で繊細な彫刻や絵画が素晴らしく
この宮殿自体がスケールの大きな美術品なんですよね。

20150409 6

カメラを向けても、美しい全体像が入りきらないという・・・

タペストリーのギャラリー
ラファエロの弟子によって描かれた下絵を基にベルギーの工房で織られたものだそうです。

20150409 4

地図のギャラリー
16世紀後半、当時の数学・宇宙学者が描いたイタリア各地方の地図が
120メートルもの回廊に飾られています。

20150409 7

ここ、天井もまたすごい豪華でびっくり

20150409 8

美術館の見どころ(個人的主観で)その①
ラファエロの間

20150409 9

当時の教皇が、25歳のラファエロに依頼したフレスコ画
ラファエロの死後はその弟子たちに引き継がれて描かれたそうで
なんと4部屋も続くんです

第3室 ラファエロ自筆の「署名の間」

20150409 10

天井画の一部ですが、この部屋には「アテナの学堂」という
古代の哲学・科学者が一同に会した様子を描いた有名な絵画もありました。

この後、最大の見どころ「システィーナ礼拝堂」へ続きます。
残念ながら、この礼拝堂は「私語厳禁」「カメラ撮影厳禁」でしたので
ブログでは何もご紹介できないのですが
おそらく誰もが美術の教科書等でご覧になったことがあるであろう
ミケランジェロの名画「アダムの創造」「楽園追放」等の旧約聖書シリーズが天井に
祭壇奧の大きな壁面一面にはあの「最後の審判」を見ることが出来ます。

時を超えて伝わってくるその迫力といったら


そんなこの日のディナー。
ランチを抜いていたので、お腹ぺこぺこ。

スマホで調べた口コミ評価の高かった近場の店へGO~
「Taverna Angelica」
入口からすると広い店内でしたので、バギー使用の2子連れ夫婦にも有り難い感じ

前菜の盛り合わせ

20150409 13

どれも美味しく、味付けも日本人好み
(サーモンは醤油味のドレッシングでした)

ショートパスタも、もちもち。
ソースも絶妙~ワインが進む

20150409 14

子供用にオーダーしたトマトソースも美味。

20150409 17

ただ、主人がオーダーしたパスタがかなり塩辛かった・・・

メインは鯛。
野菜と海老と一緒にホイル焼きにしたものなんですが、素材の味が生かされた間違いのないお味でした。

20150409 15

サイドメニューとしてオーダーしたホウレンソウのサラダが
これまたバルサミコを煮詰めた系のしっかり味なんですけど、後を引くおいしさでこれも美味し~

20150409 16

気付けば、さっきまでパスタにがっついていたヨダレ王子も、いつのまにか寝てしまい・・・

朝早かったのと、酔いと疲れとで、
ホテル着後は一家で即寝でございました。

翌日は、「パンテオン」をはじめ、広場散策等・・・その②に続きます


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の夕ご飯より『オクラ豚肉ロール☆香味醤油麹焼き』、降ったり止んだり…。

少しご無沙汰しておりました。

というのも、イースター(復活祭)休暇に合わせて
ローマへ行ってきたんです

去年のイースターもイタリア(トスカーナ)だったので、今年もイタリアへ~!!
外すことのないローマという王道で、観光とグルメを堪能してまいりましたよ。
天気には恵まれなかったけど、子供達も楽しんでくれたかな?と

また詳しくブログで追々ご紹介させていただきますね


さて、今日はここ最近の夕ご飯で個人的にヒットだったおかずレシピを覚書程度にご紹介したいと思います。

『オクラ豚肉ロール☆香味醤油麹焼き』

昔、「オクラ」って、日本の野菜かと思っていたんですが
そもそもアフリカ原産の野菜なんですってね~
英語表記も「okra」なんですよ

イギリスのスーパーでも一般的に入手出来、
しかもその1パック分の量が日本の倍はあるかな?
というわけで、我が家では普段からよく使う野菜のひとつです。

和風やエスニックに使うことが多いのですが
今回は、その中間をとったいいとこどりの味わい

醤油麹の円やかな旨みに
香味野菜のパンチが加わって、あとを引くおいしさです


マヨネーズが、下味と接着?の役割をはたしてくれているのかな~これもまたポイントでございます

20150407 1

【材料】

豚薄切り肉 約200g
オクラ 10~15本
マヨネーズ 大さじ1~2

醤油麹(市販品) 大さじ2
みりん、酒 各大匙1
生姜、ニンニク(みじん切り) 各1かけ分

【手順】

①オクラは産毛を擦り取るように洗い、ヘタをむくように取り除きます。
②肉を広げて、マヨネーズ少々づつを塗り(写真)、オクラをのせて巻きます。

20150407 2

③オリーブオイル適量を入れたフライパンに入れて焼きます。
片面が香ばしく焼けたら裏返し、蓋をして4~5分、弱火に切り替えて蒸し焼きにします

④オクラの色が鮮やかに変わったら、
フライパンの空いた場所にニンニクとショウガのみじん切りを入れて香りが出るように炒め
醤油麹、みりん、酒を加えて煮絡めて完成。

【コツ、ポイント】

・肉を巻く時は、脂身が外側にくるように肉を少し斜めにずらしながら巻くと、焼くときに油がカリッとして見た目にも香ばしくなりますよ♪
・焼くときは、最初に肉のとじ目(巻き終わり)の方を下にしてやると型崩れ防止になります。



おまけ

今回のイースター休暇旅行
これがまた、天気に恵まれずでして

20150407 4

「降ったりやんだり」は、ロンドン生活でとうに慣れてはいますが、
観光メインな旅行先で連日雨というのは、辛い

それでも食べ物が美味しいイタリア

20150407 3

子供達も驚くべき食欲を見せてくれ
特に長女は大好きなジェラートを毎日食べて大喜びでございました


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

3月料理教室記録『小料理屋さん風 黒酢を使った角煮、焼き茄子のムース他』

今日は、先月の料理教室記録をさせていただきます。

テーマは「小料理屋さん風」

ということで、黒酢(バルサミコ酢で代用)を使ったレシピ
焼きナスとお出汁をムース仕立てにした前菜、
味噌ドレッシングでいただくサラダ


など、和風テイストの献立を組んでみました。

20150330 1

献立

 前菜 焼きナスの和風ムース ポン酢ジュレ
 サラダ セロリと胡瓜の味噌ドレッシング
 メイン バルサミコ酢の角煮、アスパラガスのフライパン蒸し
 小鉢 鶏レバーの赤ワイン&バルサミコ酢煮込み


 ご飯
 一口おつまみ 3種類牡蠣と茸の味噌マヨ焼き、山形県産「秘伝豆」、タコと胡瓜の梅肉かけ
 デザート チーズケーキ ルバーブのコンポート


前菜『焼きなすの和風ムース ポン酢ジュレ』

20150330 8

・米ナスを使った焼きナス、火加減、皮の剥き方、冷凍保存
・ゼラチンリーフの使用方法、粉ゼラチンを使う場合
・「白だし」を使う場合
・ムースのコツ 使用する生クリーム、泡立て加減、ナスのピュレ 
・電子レンジを使った、簡単ポン酢ジュレの作り方

難しそうに見える、野菜系の甘くないムース。
お上品に少量取り分けていただくことで感動的な美味しさが待っています
お菓子作りをされる方には、「簡単」な部類かと!

サラダ『セロリのハリハリサラダ 味噌ドレッシング』

20150330 7

・セロリの切り方、
・ハリハリ食感のための必須事項
・味噌の配合

これ、基本的に切るだけなのでものすごく簡単でして、我が夫が絶賛してくれた食べ方だったりします。
今回ご参加いただいた生徒さんの中で
「実はセロリが苦手だった」方々から
「これは美味しい!!」「好きになった」「早速買って帰った」との嬉しいお言葉をたくさんいただきました

小鉢Cpicon 鶏レバーのバルサミコ酢煮 by ケチャウルレシピ

20150330 6

・なま板、包丁を使わない、びっくりな鶏レバーの下処理
・煮込み加減、加熱時間

クックパッドでも好評をいただいている鶏レバーレシピ。
レシピを見るだけでも美味しく作れるはずなのですが
実際に見ていただくことで、コツを分かりやすくご紹介したかったのです。
これもまた、レバーダメな方から「これなら食べられる!」
「簡単で驚き」「子供達が喜んで食べてくれた」との嬉しい感想をいただきました

主菜Cpicon あっさり美味☆黒酢で煮込む『豚の角煮』 by ケチャウルレシピ

20150330 5

・使用する豚肉、選び方
・圧力鍋を使った作り方、加圧時間について
・バルサミコ酢での応用
・煮汁を作る調味料の分量について
・煮汁の煮詰め加減
・付け合わせアスパラの瞬間加熱調理

今回、ロンドンのスーパーではレシピで使われている「黒酢(香酢)」が入手出来ない為
安く手軽に入手できる「バルサミコ酢」で代用しました。
時間短縮の為にレッスンでは「圧力鍋」を使用しまして
この加圧時間、後半のレッスンでは30分でやらせていただきました。


実習した4品の他に、ご試食いただいた一口おつまみは3種類です。
小料理屋(居酒屋)の突き出しで出てきそうな、出てきたら嬉しいな~なんてものをご用意してみました

おつまみその①
『タコと胡瓜のゴマ生姜梅肉和え』

20150330 2

胡瓜は蛇腹に切って塩もみし、刻んだ生姜とごま油少々で和えます。
仕上げに梅肉ダレをかけてみました。

おつまみその②
Cpicon プリップリ!牡蠣と茸の味噌マヨグラタン by ケチャウルレシピ

20150330 3

これは、下準備さえしておけば
トースターで表面を焼くだけなのに、意外とすぐに出せるスグレモノなのです。

おつまみその③
『山形県産 秘伝ハッピー豆』

20150330 4

能天気なネーミングに思わず笑みが
浸し豆の一種なのですが、これ甘味が強くて私大好きなんですよ。
年末の一時帰国の際に、多めに買ってきていたのでした

これらの品々を各自お盆に全部ならべていただいて

20150330 9

そして、ルクルーゼで炊いた白いご飯には、
先日ブログでもご紹介したお供
Cpicon ご飯のお供♪食べる生姜&じゃこ by ケチャウルレシピ
こちらをお好みでかけていただいて♪

P1270807 1

デザートには、チーズケーキを

和食なのにチーズケーキってのが・・・微妙っちゃ微妙ですが
最近、ロンドンのスーパーでもお目見えするようになった「イギリス産ルバーブ」
これを早速使いたくてコンポートを作ってみたら、これまた美味しくって

『ライムチーズケーキ ルバーブのコンポート添え』

20150330 10

分量と簡単な手順については、ご希望の方へご紹介させていただきました

さて、次回のレッスンは、洋風の献立を予定しています。
「満席」と表示されている場合でも、急なキャンセルが出る場合もありますので、お気軽にお問合せくださいね
(コメント欄より「非公開にする」をチェックしていただくと、内容&返信先アドレスが公開されることはありません。)



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP