ひな祭りに♪「具だくさん バラちらし」。。ロンドンの画家ダイアンさん邸へ。

あかりをつけましょぼんぼりに~
おはなをあげましょもものはな~
ご~にんばやしのふえたいこ~今日は楽しいひなまつり♪

この季節になると長女が歌う「ひなまつり」の歌、
去年に比べ格段にレベルアップしているのに感激です



さて、今日は嬉しいお知らせ。

日本では既に出版されているレシピ本になります、
「クックパッドのおいしい 厳選!お持ちよりレシピ」
にマイレシピを掲載していただきました


以前からブログにも何度か書いていますが、
クックさんの「厳選!」シリーズが大好きなので、とても嬉しく光栄です

キッチンでも扱いやすいコンパクトサイズなうえ
テーマに合わせて採用されているレシピも、その名のとおり「厳選」された分かりやすくて作りやすい
出来上がりの味や見た目も間違いのないであろうレシピが勢ぞろい

クックパッドのおいしい 厳選!お持ちよりレシピ

新星出版社
売り上げランキング: 73,757


また、持ち寄りに適したレシピだけでなく、
ついなあなあにしてしまいがちな持ち寄りのルールや、その様々なアイデアなども
分かりやすくご紹介されています。これは使える♪

20160226 3

そして今回、幸運にも採用していただいたマイレシピはこちら

Cpicon うちのちらし寿司(ばらちらし) by ケチャ&ウル

20160226 4


いつも最っ高に素敵なページに仕上げていただき大感謝です!!

20160226 1 

特に今回のこの器
一人分の重箱サイズなのかな、色も渋くて、いいなあ~これ。
煮物なんかにもよく合いそうです。

20160226 2

キラキラと具が沢山のった「ばらちらし」
中の酢飯にも具が沢山混ぜ込んであります。

手作りならではの豪華な美味しさ

ひなまつりはもちろん、ちょっとしたハレの日やパーティー・おもてなしのメインとして
これさえあればテーブルが華やぎます

関係者の皆様、この場をお借りしまして本当にありがとうございました!!


おまけ

先日出かけた画家さんの自宅兼アトリエでのこと。

ロンドンの自宅から車で約1時間半
決して近くはないけど、そう遠くもないといった場所ハンプシャー(Hampshire)

猫を擬人化したロンドン的な風景を描くことで知られている、ダイアンエルソン(Diane Elson)さん
小川が流れるのどかな風景の素敵な一軒家にご主人と4匹の愛猫と共に暮らしていらっしゃいます。

20160226 10
(お庭)

予めアポイントをとっておくと、こうしてご自宅兼アトリエ兼画廊?
(1家族は泊まれるであろうゲストハウスが別棟になってしました)
を訪れることが出来るそうです。

20160226 9

子供用のいすに描かれた絵、可愛い~

壁にも絵がいっぱい飾られていて、お値段も一目瞭然!!になっていました。(安心)

20160226 7

ダイアンさんがとてもフレンドリーで、
その作品ですら「写真撮っていいわよ~」なんておっしゃるので、しっかりと撮ってしまいました。

本物の一点ものは、£60~175程度だったかと思いますが
それぞれのプリント品も一枚£15(大きなサイズは£30)で購入することが出来ます。

20160226 8

敷地内にはとにかく猫がいっぱい。
可愛い本物もいました

20160226 11

茶トラさん。
この後、黒猫さんと、綺麗なトラさんがお目見え
猫好きにはたまらない癒し空間なのでした

戦利品。

20160226 6
20160226 5

渡英後にハマった大好きな絵、その画家さん宅兼アトリエでご本人から!!
信じられない幸せです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

鍋まかせのごちそうレシピ♪『豚肉のバルサミコ酢煮込み』、ワイン会③

先日、車で約1時間半~住む地域からは遠いのですが、とある画家さんのアトリエに行ってきました。
日本でもデパートで作品展を開いたり、絵本も出版されているそうです。
私はシャドーボックスを通じてその画家さんが書く絵を知り、猫モチーフが多いその絵が大好きだったので、そりゃもうテンションあがりました
この時のことはまたのちほどご紹介させてください



今日ご紹介するのは、バルサミコ酢(若しくは黒酢)を使った簡単煮込み料理です

Cpicon 豚肉のバルサミコ酢煮込 by ケチャ&ウル

20160225 1

どれだけ簡単かというと、材料を鍋に入れて煮こむだけ!!

ルクルーゼなどでコトコト煮込んでもOK
圧力鍋でさくっと作ってしまってもOK

付け合わせのレンコン、たっぷりの白髪ねぎと一緒にいただきます。


沢山作って余ったものも、ラーメンや山かけどんぶりなどに
美味しいアレンジがいっぱい楽しめるんですよ

一度にたくさん出来るので、パーティーなどに持ち寄り品としてもおススメです



20160225 2
20160225 3
(写真は友人息子くん誕生日パーティーにて)

【コツ、ポイント】

・ ワインに合わせる場合は、「葱の青い部分を→ローリエに」「ごま油→オリーブオイルに」替えると良い。
・ 一旦冷やしてから切り分けることで、肉に味が馴染み仕上がりも綺麗に。
・ 圧力なべを使う場合、肉の大きさにもよりますが加圧時間は20~30分です。


おまけ

ソムリエ友人宅でのワイン会、今月は第3回目

今回のテーマは「ブドウ畑の1年」ということで
ワインの原料とされるブドウ、その収穫までの過程についてのお話を聞いた後
泡・白・赤共に2種類づつをブラインドテイスティング。

20160225 6

色や香り、ヒット出来るのって相当難しいのですが
ああじゃないけどこうなんじゃない?
皆でそんな色々感想をいいながら・・・

20160225 4

毎度、お待ちかねの前菜盛り合わせ

チーズのマカロン
根菜のミルフィーユ
サラミ
いちぢくフォアグラ
サモサ 2種類
特製卵サンド
ラディッシュ、タコのガリシア風
コロッケ

一口サイズが美味しい手作りおつまみたち
この日もありがとう!!



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ひな祭りにも♪アレンジ寿司『アボカドとハムの細巻き』、来客。

週末、ヨーロッパ出張を機に父親がロンドンの我が家にも立ち寄ってくれました。
じいじが大好きな子供達は、大喜び!!

実は、来る前にちょっとした事故で一時危なかったらしいのですが・・・
元気そうな顔を見られたことが、何より嬉しく思います



さて、今日ご紹介するのは・・・細巻きレシピ

食の細い長女が、なんでも細巻きにすると軽くいつもの1.5~2倍の量をあっという間に食べてしまうので
昔からひたすら巻きまくっておりまして
特に納豆巻きは十八番だったりします

胡瓜やスモークサーモン、鉄火、卵焼き、ツナマヨと、オーソドックスなものから
漬物、サーモンの照り焼き、牛肉タタキ、野菜各種~いろんなものを巻いてきましたが
中でも、不動の人気を誇っているのが、こちら

Cpicon アレンジ寿司☆アボカドとハムの細巻き by ケチャ&ウル

ハムの塩気と旨みが、アボカドのとろりコッテリ風味を旨い具合に引き締めてくれます。
間に少量入るマヨネーズもなくてはならない隠し味といったところ。


子供だけではなく大人も満足できる美味しさなので
普段の献立にも、ひな祭りなどのパーティーメニュー候補としても、おすすめです

ハム&アボカド細巻き


柔らかいアボカドは胡瓜などと違って巻きにくいので、量をよくばりすぎないのが綺麗に巻く秘訣です。

20160220 2


細巻きって、上手く巻くには少しコツが要るのですが
うまく巻けた時の嬉しさもまた作る楽しさのひとつなのではないかと

ちなみに慣れるまでに注意しておきたいコツは、この2つ。

・具をよくばりすぎない
・ご飯は少な目に

また、
ハムをサーモンに
アボカドを胡瓜に

代えていただいても美味しくいただけます

20160220 3
(とある日のママ会にて子供用ご飯)

楽しく作って美味しく召し上がっていただけますように


おまけ

父のスーツケースにはお土産がいっぱい詰まっていました。
(体調万全ではないはずなのに、ありがとう!!)

20160220 1

ひな祭り用のお菓子が、空のティッシュボックスに入っているのにぷぷっと思わずうけてしまった
この遺伝子、しっかりと私に引き継がれているので(笑)

こちらでは貴重な日本の食材、長男用の日本製下着(質が断然良い)など
頼んでいたわけでもないものまで調達してくれた気持ちには、ただただ感謝

じいじは一晩寝てすぐまた出張先の国へ出発
そしてまた一週間後にロンドンへ戻ってくるという・・・身体大丈夫かなぁ。
無理しないでねー。

20160220 4

見送りに行ったヒースローで、間近に飛行機を見て無邪気に盛り上がる子供達です



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

1月の料理教室記録「和風な家庭料理『サーモンのチキン南蛮風』『シイタケの海老肉詰め揚げ』『カニ炊き込みご飯』など」

今日は、前回(2016年1月)の料理教室記録です。

テーマは、『和風の家庭料理』

和風といいつつ洋食の要素を取り入れた「サーモンのチキン南蛮風」をメインに
不揃いしいたけを使った副菜、カニの旨み凝縮な炊き込みご飯、
その他、野菜中心のヘルシーレシをご紹介させていただきました


20160130 1

献立

 豆苗とブロッコリーのお浸し
 シイタケの海老肉詰め揚げ レタスラップ 
 サーモンの鶏南蛮風 和風タルタルソース添え
 オクラチャンプルー
 カニ飯


 
 おつまみ   くるみたっぷり田作り、栗きんとん、紅白なます
 デザート   とろとろほうじ茶(抹茶)プリン

 副菜その①
『豆苗とブロッコリーのおひたし』

20160130 5

・イギリスのスーパーで売られている「豆苗」、栄養について
・ブロッコリーの茹で方
・栄養吸収率を上げるおひたしつゆの工夫
・小鉢への盛り付け方


「豆苗」
日本では豆が付いた状態でそこからひゅんひゅんと芽が出ている状態で売られていますが
こちらではもっぱらサラダとして食べることが多いようで、パック詰めのサラダ野菜コーナーで売られています。
加熱してたっぷり食べる方法のひとつとして、お浸しをご紹介しました。

『オクラのチャンプルー』

20160130 6

・オクラを炒める
・火加減、炒める時のこつ
・卵の火入れ加減
・小鉢への盛り付け

「オクラ」
ねばねば食材大好きな長女が好んで食べてくれる、ありがたい野菜のひとつ。
夏が旬の野菜ですが、こちらのスーパーでは通年お手頃価格で入手することが出来ます(1パックの量がまた多い!!)
そこで、サクラエビやハム、ネギ、塩昆布と一緒に炒飯にしてみたところ、長女に大好評
その炒飯をヒントに、微妙な量の溶き卵が余った時の消費レシピとして、ご紹介させていただきました。

『シイタケの海老肉詰め揚げ レタスラップ』

20160130 3

・ひき肉100g~おススメの肉と簡単少量ひき肉の作り方
・海老入りひき肉種
・しいたけへの詰め方こつ
・揚げ油温度
・つけだれ2種類

イギリスでは、きのこといえば=マッシュルーム、というほどに色々な種類のマッシュルームが、新鮮且つ安く売られています。
マッシュルーム好きにとっては天国なのです
が、そんなマッシュルームたちに混ざって
「Shiitake Mushrooms」と呼ばれるいわゆる日本のシイタケも売られてまして
これが大きさもバラバラ、なのに安くはないという・・・
中には赤ちゃんみたいな小さいものや、ぴらぴらの薄いものまで入っていて、日本人から見ると「できそこない」感が否めません。
そんなできそこないシイタケでも美味しく召し上がっていただけるよう、考案したレシピです。

バジル(大葉)が香る、プリプリの海老入り肉だねとシイタケの旨み
2種類のタレをお好みでつけて、たっぷりの白髪ねぎと一緒にレタスに挟んでがぶっと召し上がっていただきました

Cpicon チキン南蛮みたいな サーモン照り焼き しば漬けタルタルソース添え by ケチャ&ウル

20160130 2

・しば漬け入り和風タルタルソースの配合、代用食材について
・サーモンの簡単皮はぎ方法
・ムニエル若しくは天ぷら粉を使った衣アレンジ
・バルサミコ酢を使った甘酢タレの配合
・サーモンの加熱、火加減について

実はこのレシピ、クックパッドへ既にアップしているレシピの改良版なんです。
より美味しく、分かりやすい分量で見直してみました。(以前のレシピで作ってくださった方、ごめんなさい

こちらで売られているサーモンは脂がのっていて肉厚、それだけでボリュームいっぱいですが
チキン南蛮のような洋食風の味付けがとっても合うんです
またタルタルソースは、入手しにくいしば漬けの代りに、同量のピクルスで作っても美味しい基本レシピです。

「魚苦手な子供がおかわり」「タレだけで作っても美味しい」
「外国人の友達家族向けのおもてなしで喜んでもらえました」とのお声、とても嬉しかったです

また今回はめずらしくご飯レシピもご紹介しました。

『こっくり味噌入りカニの炊き込みごはん』

20160130 4

・使用する製品(カニ身&カニみそ)
・炊飯器で炊く
・パサつかない工夫

材料を入れてスイッチポンで出来てしまうので、本当に簡単
カニみそを入れてこっくり味にしてみたのは、一時帰国中に食べたカニの卵入り炊き込みご飯が美味しく、そこがヒント。
また海鮮食材を炊き込むとパサつきがちなので、そこは材料に一工夫します。
アクセントに塩昆布を添えてご試食いただきました。

加えて、一口サイズのおつまみはお正月後ということで
我が家の手作りおせちを3品召し上がっていただきました。

Cpicon おせち料理 砂糖要らず♪うちの栗きんとん by ケチャ&ウル

20160130 7

栗の甘露煮は、前年の一時帰国で仕入れてきたものを
くちなしも友人経由で調達です。
こちらの芋で作るとどうしても少し水っぽくなってしまうのですが今後の課題かな・・・

Cpicon おせち料理 薄味♪ポリポリ田作り by ケチャ&ウル

20160130 8

これは大好きで、正月以外にも作ってしまう我が家の定番です。
一度作っておくとものすごく日持ちするのも嬉しいポイント。

『紅白なます』

20160130 10

ゆずを贅沢にたっぷり使った我が家の紅白なます。
塩と砂糖は控えめに、柚子果汁をたっぷり絞って作ります。
いつも適当に作っていたのですが、今回は分量をしっかり量りました!!

20160130 9


そしてデザートは、和風テイストで。
『ふるふるほうじ茶プリン』

20160130 13

生クリームをたっぷり使って、少な目のゼラチンでふるふる食感に仕上げたプリン。
実は当初、日本から調達してきた抹茶でご用意する予定が、貴重なその食材をなんと紛失してしまい
頂き物のほうじ茶で苦し紛れに作ってみたところ、大成功
レシピ公開のリクエストが多かったので、近々ご紹介させていただきます。

20160130 11
20160130 12

茎はすっかりしおれてしまったスプレーカーネーション、花びらはまだまだ綺麗
捨てるのが忍びなく最後まで利用させてもらいました。

いつも楽しみに来てくれる皆様には本当に感謝です
また今回はいつも以上にお別れが多く、それは本当に寂しいのですが・・・
新生活でのご成功を心よりお祈り申し上げます!!


今月~3月半ばは洋食の献立でやらせてもらっています。
また、4月いっぱいはお休みをさせていただく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

掲載のお知らせ「うちのイベントごはん『ごちそう風牛肉と生ハムのトマトロール』、お友達のお誕生日会のこと。

今週は、幼稚園のお迎え時間が1時間早いっ
というのに、慣れそうでなかなか慣れない・・・そんな個人面談ウィーク。

月曜早々、昼ご飯を食べる余裕もなかった~
明日からはうまくやりたいものです。



さて、今日は嬉しいお話から。

日本では既に発売されている
クックパッドさんとオレンジページさんがコラボしたレシピ本にマイレシピを掲載していただいております

クックパッド×オレンジページ
『お披露目!うちのイベントごはん』




ピンクのカバーが印象的な、この一冊

年中行事やイベント毎のおもてなしに使えるレシピが
その素材ごとに分かりやすく紹介されています。

また、万人受け間違いなしの、華やかなアレンジ寿司や鍋物、
「中華せいろ」や「スキレット」など話題のキッチンツールを使ったレシピも盛りだくさん


そんなレシピ本に今回採用していただいたレシピはこちら
Cpicon ごちそう風 牛肉と生ハムのトマトロール  by ケチャ&ウル

牛肉と生ハムのトマトロール 1



果肉しっかり目の美味しいトマトと、生ハムにバジル&チーズ・・・
バルサミコ酢を使ったソースで、薄切り肉がちょっとしたイベントごはんになりますよ

20160211 6
(掲載ページ)

いつも素敵なページに掲載していただけて、本当に光栄です!!
特に今回は、子供のころから親しんでいた「オレンジページ」さんとのコラボ

レシピに合わせてご提案いただいている、あともう一品レシピが紹介されているのも嬉しいですよね。

20160211 7

盛り付け、さらには付け合わせの詳細まで、
私のレシピ写真に合わせていただけております。感激です!!

クックパッドさんとオレンジページさんの関係者の皆様、
また、日頃より応援してくれている皆様、いつも本当にありがとうございます



先週末、ご招待いただいた長女お友達のバースデーパーティーのこと。

大人用料理を数品持参させていただきました。

上から、「ホタテのキッシュ風ポテトグラタン」「牛リブアイ肉タタキ 和風タマネギソース」
「ぽりぽりブロッコリーとキヌアのデリ風サラダ」

20160211 8
20160211 9
20160211 10

長角の重箱や、蓋つきのガラス容器など、持参してそのままテーブルに出せる器が重宝しています。

この日は女子会。
気付けばドレスに着替え、皆本当に楽しそうでした

イベントのひとつ、ピニャータ

20160211 12

皆でヒモをひいて開けてみたり、
スイカ割りのように叩き割ったりして、けっこう本気で盛り上がり…

20160211 13

可愛いユニコーンと苺の中から、大判小判ならぬおもちゃやお菓子がザックザク~なのです

20160211 14

我先にと、お目当てに群がる女子達の姿・・・
「バーゲンみたいだね」と思わず苦笑いなママ達なのでした。

20160211 11

色とりどりのフルーツ&お野菜タワーとから揚げ、お誕生日ケーキを皆で食べてお祝いして
親子で楽しい一日でした



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ


バレンタイン・アイシングクッキー☆初体験。

イギリスのスーパー、製菓材料売り場が日本のそれと比べるとかなり充実しているように思います。
中でも、アイシングに使う着色料や砂糖菓子の類の豊富なことといったら
料理はあれだけど(失礼)、家庭でのお菓子作りって人気があるのかな?

というわけで、子供が大好きな「アイシングクッキー」
先日、友達とそのアイシングデコ初体験してきました。

型のテーマは、バレンタイン

ハート各種、くちびる、ハイヒール、ドレス
ハト、蝶、くまさん、天使、イニシャル…

これが想像以上に難易度が高いっ
最初にクッキーの表面に縁取りを書くのですが、そこが相当難しく

でも、難しいんだけどそれだけに楽しい~ハマりそうです

20160211 1

はじめての力作
が、所々ガタガタでお恥ずかしい限りです。

そして神の手(!)によるアイシング術にただただ感激

20160211 2
20160211 3

クッキーの周りを綺麗に縁取るのがとにかく大変
ここをなんとかクリアして、表面に柔らかめのアイシングを流し込むように延ばしていきます。

20160211 4
(固まる前に、別の色を絞り入れる事で模様が出来ますよ、の例)

・アイシングを入れる小さなコルネの作り方
・それぞれの作業に適したアイシングの固さ、絞り方のこつ
・色の作り方
・低温(50℃)オーブンでの仕上げ

友人おススメのレシピ本も教えていただきました
そうこうしているうち、予定していた型までは行きつけず、あっという間に制限時間が

「ランチ食べなきゃ

20160211 5

それでもしっかりと宅配のデリをたいらげ(以前ご紹介したこのお店のデリ、やはり美味)
出来上がった作品たち(クッキー)を箱に詰めて、「今日は本当にありがとう!!」

帰宅後、このクッキーを見た子供達が予想以上に大喜びしてくれまして
毎日食後に数枚づつ大事にいただいております

楽しくて為になる一日、とはこのこと
何度も言わせて~何から何まで本当にありがとう!!

忘れないうちに復習しないと。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

一面の銀世界?!春を告げる花「スノードロップ(待雪草)の森」へ。

週末、ちょっと遠出ドライブをしてまいりました

向かったのは、自宅から車で約1時間半、ロンドンから西にある「Welford Park」

ここは、スノードロップと呼ばれる花の群生が見られる場所として
毎年期間限定(2月~約1か月間)で一般公開されている場所なんですって
(私はロンドン滞在歴の長い方に教えていただきました)

20160206 12

元々修道院の農園であったそうですが
ヘンリー八世の修道院解散により潰され、彼も狩猟場としてよく訪れていたのだとか

現在ここに住む方のお屋敷と、立派な教会、カフェや庭園、広大な庭、小川が流れる森…
この日の風はとても冷たかったけど、それもすがすがしく感じるような青空です。

20160206 13

小川の水は澄んでいてとてもきれい
お屋敷と教会の傍には、カフェやギフトショップもありました。

20160206 14

でも、気持ちがスノードロップ一直線だったので
まずは入口でもらった地図を頼りに、「スノードロップの森(snowdrop wood)」と呼ばれる場所へ向かいました。

ちらほらとスノードロップが咲いている小道を歩き、
小川の橋を渡って林の中を抜けていくと、一面真っ白なその場所が目に入ってきました

20160206 4

わぁ~、綺麗~

思わず声をあげてしまいそうな美しさ。
このスノードロップ、日本では「まつゆきそう(待雪草)」と呼ばれるヒガンバナ科の植物で
イギリスでは早春の訪れを告げる花として人気があるそうです。

20160206 3

高さは10㎝程度、小さく可憐な姿に心癒されます。
元々は修道院の庭でよく育てられていいたそうで、ここにあるスノードロップもその名残なのかな?と思いました。

20160206 1

森一面に広がる白いスノードロップは
その名の通り、まるで白い雪が降り積もっているような印象です。
流れの早い雲間から差し込む日光に照らされた花と、日陰にある花との色の微妙な違いもまた素敵。

20160206 2

ところでここへ来る前、我が家の3歳&5歳児には
「雪が降っているみたいに綺麗な花があるんだよ」と説明しておりまして

「ほんと?すごーい!!楽しみ
この国では滅多にお目にかかれないけど、それでも雪が大好きな子供達はテンション高めであったのですが
実際ここへ来てみると
「なんだぁ、花が咲いてるだけでつまんなぁい」とぶつくさ文句たれ放題・・・

それでも、前日の参観日に楽しんでいた「だるまさんが転んだ」に妙にハマり
皆で「だーるーまさんがー」などと言いながら、大笑い。楽しく?散策出来たかな。

20160206 6
20160206 7
(単純な遊びが楽しくて仕方ないお年頃です)

散策中に驚きの発見も
これ、フキノトウです。

20160206 5

私の大好物「ふき」
イギリスに来てからは、どこの専門店でも見たことがなく諦めの境地であったのですが
なんとそれを飛び越えて「フキノトウ」に出会えるとは

感激のあまり、思わず写真に収めてしまいました。

そして、可愛い桜の花も見ることができました。

20160206 8

日本では桜=ソメイヨシノという所ですが、
イギリスでは、寒桜の種類も豊富で
この時期から八重桜の季節まで、かなり長い間桜の花を楽しむことが出来るのです。

スノードロップを楽しんだ後は、
ここから車で5分ちょっと走ったところにある地元のパブで遅めのランチをいただきました。

20160206 9

駐車場が満車で、もしや満席?という不安もありましたが
本物の暖炉がたかれた暖かい店内は沢山のお客さんで賑わってました。
皆スノードロップの帰りなのかな?

20160206 10

見たこともないような地エールを試飲させてもらいながら
料理もまたボリュームいっぱい、盛り付けもおおざっぱなTHEイギリス料理でしたが
そのお味、人気なのが頷ける美味しさでした。

20160206 11
(骨付きラム肉の煮込み)

Five Bells
Baydon Road Wickham
West Berkshire
RG20 8HH
+44 1488 657300

スノードロップや寒桜が咲く季節になったとはいえ、やはりまだ寒い日が続くロンドン。
春が待ち遠しいな~


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

覚書レシピ『ピメントスの出汁浸し』、友人宅でのポトラックお料理色々♪

昨日、新しい内容での料理教室第1回目が無事終了~ほっ
そして今週も盛りだくさんな一週間でした。

とある日は、友人宅でのポトラックパーティーへ
密かに年末から楽しみにしていたイベントだったので、そりゃもうこの日が待ち遠しくて!!

「モデルルームみたいに素敵」という噂通りのお宅。
広く明るいキッチンからは、手入れの行き届いた庭がすぐそこにある、といった風で
家の中でキッチンで過ごすことの多い私にとっては、羨ましい限り

20160205 1

彼女のセンスあふれる盛り付け、美味しいお料理の数々にただただ感激なのでした。

カナッペ2種類
(ポルチーニとマッシュルームのクリーム煮、カポナータ)
生ハム、チーズ、フォアグラwithイチヂク


20160205 2

トマトのマリネ
ビスク風スープ


20160205 3

黒いスレートプレートに、赤や黄色のお料理がとても映えていて素敵ですよね。
こういった使い方も勉強になります。

ブルーチーズ入りポテトサラダ

20160205 4

この国では一年中出回っているベビーポテト。
日本でいうところの新じゃがなんですが、これはワインにぴったりです。

ビーフとアボカドのサラダ

20160205 5

私のレシピCpicon 牛タタキとアボカドのカルパッチョ風サラダ by ケチャ&ウルで作っていただきました。
おもてなし定番なのだとか、嬉しいよー!!ありがとう!!

私が持ち寄ったのは、
持参品その①
パンとアミューズ的なおつまみ2種類に、パドロンペッパー(ピメントス)の料理

20160205 6

このアミューズ、ガラス器に盛り付けたまま持ち込みました
次回のレッスンでもご試食いただこうと思っている、野菜料理2品です。
ポテトキノコ半熟うずら トリュフ塩風味
パースニップと茄子のラタトゥイユ


パンは、Cpicon シュトーレン風フルーツブレッド by ケチャ&ウル
ピメントスの料理は、素揚げして白だし浸しにしただけのレシピとは呼べないほど超~手抜きな一品。
和な食べ方ですが、白泡などによく合います。
「初めてなんだよね~これ辛いんでしょ」と怖々食べ始めた友人が
2個も3個もお代わりしてくれていたのが嬉しかったです

『ピメントスの出汁浸し』
20160205 9

覚書レシピ
【材料】
パドロンペッパー(スペインバルで「ピメントス」、見た目はシシトウですが肉厚で甘味があるピーマンに近い?) 1パック
オリーブオイル 適量
白だし 大さじ2
水 白だしと併せて100㏄
【手順】
①ピメントスにはつまようじなどで2か所プスプスと穴をあけます
②普通の鍋にオリーブオイルを熱し(2㎝程度の深さがあった方がよい)、ピメントスを香ばしく素揚げします
③白だしを合わせた漬け汁につけて、冷めた頃にいただきます。

20160205 7

持参品その②
鴨と葱のエスニック風
ドレッシングにちょいとエスニック味の要素をプラスしてみました。

写りこんだ白ワインは、ワインに詳しい友人宅からやってきた特級品
別格の美味しさでした。

20160205 8

デザートと紅茶は、美味しいスウィーツ店がたくさんある街に住む友人が調達してくれました。

黄色い器に入った、お手製のローズマリー&黒糖風味のカリカリミックスナッツもハマる美味しさ!!

紅茶は、「バレンタインブレンドtea」という、ピンク色が可愛いローズヒップベースの爽やかな味
ケーキはお店ハシゴして買ってきてくれたそうです、どれも美味しかったけどチーズケーキが秀逸
お店メモっておこうと思っていたけど、
早々にタイムリミットがやってきてしまい慌てておいとますることに

続きは、また来月ということで


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

ココアが隠し味!『バレンタインに♡鶏肉のポルチーニクリーム煮込み』、初めてのアンティーク!!

今週明けに仲良くしていた友達からの本帰国報告が
そしてその翌日も、心のオアシスだった別の友達から「急に本帰国することに…」との報告

仲良くしてもらっていた分、寂しさも倍増です。
これはやっぱりいつになっても慣れそうにないです


気を取り直して。。

今日もバレンタイン向けなレシピのご紹介!!

といっても、スウィーツではないのですよ。
甘いものが苦手な彼氏やオット殿に、
「今日は、ちょっとスペシャルなごちそう作ったよー」と自慢げに出していただきたいメインのお肉料理です

Cpicon バレンタインに♡鶏肉のポルチーニ煮込み by ケチャ&ウル

柔らかく煮込まれたチキンに、ポルチーニの風味が凝縮された旨々ソース
付け合わせのパスタがまた良いのです

難しそうな料理ですが、フレンチの基本レシピ「フリカッセ」の応用なので、見た目よりずっと簡単系

そして、実は隠し味にココアが入ってます
ていうのが、バレンタイン向けとする所以なのでした

ほろ苦いココア風味がクリームベースソースの味を引き締めまてくれるんです
騙されたと思ってぜひお試しください

バレンタインチキン



【コツ、ポイント】

生クリームを入れる前の、煮汁の煮詰め加減によって大分味わいが変わってきます。

20160124 3

濃いのが好きな方はしっかり煮詰めてクリーム多めに
あっさり好きの方は、必要であれば水分を加え、クリームは少量で仕上げてみてください。

20160124 1

仕上げにはミックスペッパーをごりごりと
この日の付け合わせ用パスタは、フェットチーネを使いました。

イギリスのスーパーで売られている「鶏もも肉」といえば
・骨付き
・骨はないけど皮もない
そんな二者択一になりますので、煮込み料理にはもっぱら骨付きを使用しておりますが

20160124 2

もちろん、日本で売られている普通の鶏もも肉でも同様に作れます。
その際はあまり小さく切らずに、大き目にカットした方がパサつかずジューシーな仕上がりになりますよ。
ワインお好きな方は、ぜいワインと
ナイフとフォークでお召し上がりください。


おまけ

前回の紅茶教室のこと。

紅茶の歴史とアンティークを学んだ後は、アンティークショップが集まる小さなマーケットへ行ってみました。

アルフィーズ・アンティーク・マーケット(Alfies Antique Market)

すっかり顔馴染みなのか、紅茶先生と通訳の仕事をしている友人とおばちゃん店主との会話が弾みます。
おばちゃん、その知識もさすがプロ。

いいのがあれば買いたいかな~

なんてノンビリ構えていた私でしたが、奧の棚にいたカップに一目ぼれ。
とはいえ、高そうなので尻込みしていますと
「あ、これね£○○でいいわよ」と、なんと値札の半額に負けてくれる店主のベスさん!!

都会ランチ一食分価格でしたが、そこで迷わずお買い上げしてしまいました。
もちろん私にとっては、初のアンティークです。

じゃじゃん

20160201 5

家ではひたすら眺めております・・・
この取っ手部分のデザインがつぼ

20160201 6

ちなみにこのカップが作られた年代は、1870年代なんですって
裏にあるこの印。

20160201 7
(W.T. Copeland & Sons./現Spode)

怪しい?なんて思っちゃうけど、これが当時のメーカーを記す刻印であり
これこそが年代を知る目印になるそうです。

知るほどに奥が深いですね



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

バレンタインチョコレシピ2種『定番トリュフ♡アレンジ色々』『友チョコ用☆簡単苺&ピスタチオチョコ』

週末、今井美樹さんのコンサートへ行ってきました。

日本にいてはなかなか行くこともないよな~と思い、思い切ってチケットを購入
のびやかで澄んだ歌声と素晴らしい楽器演奏とが、予想以上に心に響きました。
学生時代の懐かしい曲を聞けたのも嬉しかったです。

会場は日本人だらけということもあり、ロンドンで知り合った友達や料理教室に来てくれている生徒さんとも顔を合わせましたが
びっくりしたのが目の前の席に座っていた方までー!!
雰囲気似てるな~と思いきや本物



さて今日から2月。

ということで、ご紹介するのは、バレンタイン向けのチョコレートレシピを2つ
まずは、このブログでも毎年ご紹介している我が家の定番トリュフです。

Cpicon バレンタインに❤基本のトリュフ、苺、抹茶 by ケチャ&ウル

配合がとてもシンプルで分量も覚えやすく、
私のような本格的に製菓を習ったことがない方でも、どろんこ遊び感覚で気軽に作っていただけるトリュフです


20160201 1



チョコレート菓子なのでポイントはなんといっても「温度管理」
ガナッシュボールを作る時は手早く、柔らかくなると扱いにくくなるのでその都度冷蔵庫で冷やすこと
ちなみにこのガナッシュボールだけ時間がある時に作っておいて
「あとはコーティングするだけ♪」という状態で冷蔵保存しておくと楽ちん
(でないと半日がかりとかになってしまう…

また、コーティング用チョコレートは多めに溶かしておくと、
断然コーティングしやすく、仕上がりもきれいです。

余ったらコーンフレークなどを絡めて「チョコクランチ」にしてしまえばいいのです。
私、この副産物がかなり好きなんですよね


そして、もうひとつ。

トリュフが難易度☆☆☆だとしたら
こちらは難易度☆?

Cpicon 友チョコに❤苺とピスタチオの割チョコ❤ by ケチャ&ウル

とっても手軽なので、友チョコ向けに最適かなと思われます。
私、この「苺とピスタチオ、ホワイトチョコの組み合わせ」が大~好きなので
実はトリュフより気に入っております

20160201 8



トリュフ作りで、コーティング用のホワイトチョコが余った時のお助けにも♪

我が家では今年も長女と一緒に作れるチョコレートを考えています。
去年はハートのチョコサンドクッキーを作りました。)
さて今年は何作ろうかな~



おまけ

最近のフラワーアレンジメント作品のことをご紹介させてください。

昨年Xmasリースを作って以来、ハマりそうなフラワーアレンジ。
2回目は、「春の花を使った春らしいペアの卓上アレンジ」ということで
先生にオーダーさせていただきました。

前回お腹が空きすぎておかしくなりそうだったので
卓上にはちょこっとつまめるお菓子満載でスタート

20160201 2

この日も集中、集中~~
意外に早く?出来上がりました

じゃじゃん、私の作品です。

20160201 3

ラナンキュラス(黄)、チューリップ、桜の一種、ムスカリ、すみれ、スイートピー、小花
全てアーティフィシャル(造花)です。

ムスカリやチューリップがとがっているので、
丸みを帯びた全体にこのバランスどう配置してよいやら…少し悩みましたが
なんとか収まってくれた、かな?

ひゅんひゅん飛び出しているムスカリの長い葉を、
先生のアドバイスに従って丸く入れ込むような形に整えてみたり

20160201 4
(チューリップが本物っぽくてびっくり)

数日間は、これに思わず水をやってしまいそうな衝動にかられました

楽しいレッスンをありがとうございます!!
フラワーアレンジメント教室 A’s flower


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP