FC2ブログ

豚ヒレイタリアンレシピ、動画もあるよ♫『サルティンボッカ』、今年のお花見と長男の入学式。

東京では先週末に桜がちょうど満開でしたね。
今年は近所の河川敷でお花見をし、その翌日は長男の小学校の入学式がありました。
ちょうど桜の開花時期に入学式があるのって嬉しいですよね。

そしてその後、想像はしていたけど、なにやら落ち着かない慌ただしい1週間で・・・

まず、こないだまで幼稚園生だった彼が、重いランドセルをしょい、
勝手に(というのも語弊があるけれど)歩いて通学するという事への違和感!!
年度初めの保護者会…PTAの委員決めなんかもあって緊張!!
来週は給食も始まり、長男の帰宅時間にも余裕ができるかな?
しばらくは私も新1年生気分です…


さて、今日ご紹介するのは豚ヒレ肉を使ったイタリアンな一品

Cpicon 豚肉で作るサルティンボッカ by ケチャ&ウル

ええと、「さるてぃんぼっか」変換すると「サルティン牧歌」となりました。笑
とまあ馴染みのない「サルティンボッカ」ですが、要は豚肉にハーブ(本来はセージ)をはさんで生ハムと一緒に焼いた、風味抜群の美味しいイタリア料理です。

使用するのは、豚のヒレ肉
ヒレ肉って普段はちょっとお高いので、我が家では安売りになっているときよく購入します。
で、子供達がヒレカツ大好きなので、だいたいはヒレカツになるのですが
「今日はワインが飲みたいんだよな~」という時などは、これを作ったり。

生ハムは安いので十分♫(セブンイレブンのPV商品がおすすめ)
セージはなかなか手に入りにくいと思いますが
これを、バジルや大葉に代えて作っても美味しいのですよ♫

カットした豚肉を切り口を上にして叩いて柔らかくし、ハーブと生ハムをぴたっと肉につけて
粉をはたいてカリッと焼き上げます。
お好みでレモンを絞って食べても


クックパッドさんが動画をアップしてくれていたので、とても見やすくなっております
(ありがとうございます!!)

20190411 4


【ポイント】
・生ハムの塩気があるので、豚肉の下味塩胡椒はごくわずかでOK!!
(といって、全く下味をつけないのも味気ないので、この微量がポイントです。)
・多めの粉をつけてしっかりとはたき、多めのオイルでカリっと焼く!!
生ハムを付けた面から弱めの中火で8割がた火を入れ、裏返して残りに火を通すイメージです。
ある程度厚みのある豚肉は強火で短時間に焼くよりも、中火でじっくり火を通すと柔らかく仕上がります

20190411 5
(付け合わせに、サラダと隙間でソテーした温野菜を添えました。)

実はこれ、鶏ムネ肉や仔牛肉にも応用できるんですが(鶏ムネを使う場合は、下味に+砂糖を加えます)
個人的には豚ヒレが一押し。
ぜひご家庭のレパートリーに加えてやってください♫


先週のお花見のこと。

実は、リアルに桜の花の下でお花見をするのは、たぶん5年ぶりとか?!
前回は長男が赤ちゃんだったし、けっこう寒かった記憶があります。
場所は近所の河川敷で、途中から近所の友達家族も加わって楽しいひとときでした

20190411 8

4月に入ってまさかの冬日?!というような寒い日も続きましたが
この日は、半袖でもいられるくらいの暖かさ

おいなり2種類と、大量からあげ、タケノコの煮物(・・・のはずが、色々入って結局おせちの煮しめ風
Cpicon ちくわの明太大葉巻き☆イカの鳴門巻き風 by もこデリ
←ロンドンでは材料が微妙にそろわなかったのでなかなか作れなかった、大好きなちくわレシピ♪)

20190411 6

それと、食べかけ画像ですが、うちの子が大好きな「サーモンとアボカドと胡瓜の裏巻き」も作りました。
(これだけ冷蔵庫に忘れてしまい、家に取りに戻ったという…)

20190411 7

川でどじょうやカニ、エビを捕まえてきたり(カニは途中脱走)、
小人数野球やボール遊びに興じる子供達、気付ばあっという間に夕方に。
日本の春っていいなぁと思える一日となりました。


その翌日は小学校の入学式です。

20190411 9

まだまだランドセルの大きさが際立つけれど
長男よ、入学おめでとう!!
スポンサーサイト

桜のアイシングクッキー作り。&懐かしのロンドンへ①

こんにちは。
ついに新元号が発表されましたね。「令和」

といいながら、実は春休み前半を利用して、ロンドンに行っていました。
そして昨日帰国してみたら、桜満開?!
そして寒い!!ロンドンよりも寒いよ~東京!!


さて先月のこと。
長男もめでたく幼稚園を卒業し(体調不良でぎりぎりの出席、帰宅後に再度寝込みましたが
桜の開花を待ちわびながら、ロンドンへのお土産用に桜のアイシングクッキーを大量生産しました。

型は、ごくごく定番のクッキー型を使って
けれど、ここに花びらを一枚づつ縁取りしたので、さらに量もあったので、
見た目よりずっと手間と時間がかかってしまいました。(完全に想定外

20190319 8

今回は日持ちを考え、「脱酸素剤」と、「シート状の乾燥剤」(どちらも富沢商店にて購入)とを入れました。
シーラーが大活躍です!!

また、ひたすら「桜の花びら」を縁取るのも苦でしたので、イースタークッキーも少々。

20190319 9

ひよことイースターエッグ
シンプルな形状のクッキーをさらにシンプルなデザインで、手を抜く

こちらは娘作。
20190319 10

毎度、大胆なデザインに圧倒されます。笑

以上、出発前にこんな桜アイシングクッキー作りまくり
帰国してみたら、桜満開まであともう少しといった光景になっていてなんとも嬉しい気分です。

週末はお花見できるかな?


さて、冒頭でお話したロンドンでのこと。
滞在は約1週間、ホテルではなくいわゆるAirbnb(民泊)を利用しました。

最寄り駅のキングスクロス(King's Cross station)まで徒歩10分弱、
運河近くにある3階建てのテラスハウスです。

20190319 11
(乱れる前に撮影)

キッチンは自宅より俄然大きく、リビングの小物も可愛かったりして
唯一の難点はダイニングの照明が暗すぎること…(夕食時に料理がよく見えない!!)
それでも水回りが悪くなかったので、概ね快適に楽しく過ごすことが出来ました。

駐車場もあったので、レンタカーを借りて懐かしい道をドライブしてみたり
運河沿いを散歩してみたり、近所にあった公園や噴水広場には何度も出かけました。
基本的にはロンドンに住む友人に会うことがメインとなってしまい、観光はほとんどしませんでした

運河沿いには、ナローボートが停泊していて、中にはそこに暮らす人もいるようで

20190319 15

朝から料理のにおいをさせながらその煙突から煙がもくもくと出ていたり
「本屋」として営業しているらしきボートもありました。

噴水は、定刻になるとカラフルに光ながら、まるでリズムにあわせてダンスをするな演出があって

20190319 12

これには特に長男が釘付けになっていました。

近所の公園、おなじみの遊具や、高い木にはリスちゃんもお出ましに

20190319 14

また駅前のTESCOや運河沿いのWaitroseもよく利用していました。
日本へ帰国して数か月の頃は日本のスーパーに感動していたけど、
その逆で、しばらくごぶさたしていたイギリスのスーパーに感動する単純な私。

20190319 13
(古い倉庫?列車庫?を利用したと思われるお洒落なWaitroseでした)

「野菜が安い!果物が豊富で安い!」「乳製品が安くて豊富!」「ラム肉や鴨が売っている!!」
日本へのお土産用に、バターやチーズ、お気に入りのバルサミコ酢やビスケットや製菓材料などを買い込みました。

キッチン付きでしたので、料理もいちおう、でも「最小限」
朝ごはんには、薄切りトースト(懐かしい!!)と卵料理、
大好きなブルーベリーやグラニースミス(りんご)やマンゴーを食べまくり

20190319 17

夕ご飯には、簡単なサラダと肉焼いただけなのと野菜焼いただけなのを・・・
このシンプルなのが美味しかったなー!!

ロンドン日記続きます(多分)

GO TOP