バレンタインに❤『苺のトリュフ』

昨夜、子供たちをお風呂に入れていたら
鼻周りになま温かい感じ・・・

「鼻血」でした~~

子供の頃から、鼻血が出やすい体質なんですが
何もこんな時に出なくても

長女は「ママ怖~~~い」と言って大泣きするわ
長男までつられ泣きをするわ

しかも、風呂で出た鼻血って
なかなか止まんないですよ。
心も身体もアワアワでした



さて、もうすぐバレンタイン

決して甘党ではないので
チョコレートはもっぱらビター専門の私。

トリュフも、セミスウィートを使ってラム酒を効かせたタイプが好みです。

でもこれは別!!
大好きな苺を凝縮させたトリュフを目指して、たどりついたレシピ

『苺のトリュフ』

今日は、私がほぼ毎年つくっているトリュフの中から
こちらをご紹介しますね

チョコレート菓子、特に「トリュフ」って面倒臭さこの上ないけど
1粒で得られる満足感と
貰ってくれる彼や友人の喜ぶ顔に
「一年に一度くらいなら作ってやろう」
という気合いが湧いてくるのです。
・・・一年に一度、が限界なんですけどね

20130212トリュフ

【材料 10粒分】
◇センター
・ホワイトチョコレート 50g
・生クリーム 17g
・ラム酒 小さじ1弱
・フリーズドライの苺 パウダータイプと粒タイプ 各4~5g
◇コーティング用
・ホワイトチョコレート 100~150g
◇デコ用
・デコペン
・砕いたナッツ等

【手順】
①チョコレートは粗く刻んでおきます
まずはセンター作り。分量のチョコと生クリームを電子レンジにかけ
一部でも溶けそうになったらすぐに取りだし、ゴムべらなどで混ぜてガナッシュを作ります
②ラム酒、ドライ苺も加えて混ぜます
③ボウルごと氷水につけ、混ぜながらピーナツバター程度の柔らかさにします。
④スプーンなどで10等分にして、オーブンシートをしいたバットなどに並べ、冷蔵庫へ
⑤扱いやすい硬さになったら、指先で手早く丸め
さらに冷蔵庫(急ぐ場合は冷凍庫へ)でしっかり冷やしておきます。
~~私はここまでを前もって作っておき、冷凍保存しておきます~~
⑥コーティング用のチョコレートを湯せんで溶かし、フォークにのせたガナッシュボウルをくぐらせ
オーブンシートをしいた皿などに並べます。
⑦(周りにナッツをトッピングする場合は、コーティングチョコが固まる前に)
好みのデコを施したら完成♪



ちなみに、コーティング用のチョコレートは製菓用を使った方が
圧倒的に扱いやすいし、仕上がりも綺麗です

また、面倒ですが「テンパリング」作業をすると
時間をおいた時の表面の美しさが違います

いやでも、やっぱり面倒ですよね・・・「トリュフ」
ほんと一年に一度しか作りたくないです。笑



今日のおまけ

寒い日にカンガルー状態で散歩中の長男
カメラに向かって、この笑顔

20130212かい

本命チョコを貰う日も近いかも(←親バカ




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト
GO TOP