山梨直送の山菜料理色々。『わらびの炊き込みご飯』

毎週火曜日に通っている、長女の幼児教室
昨日、初めての母子分離保育がスタートしました。

その3時間が長いような、短いような

ママと別れて大泣きする子もいたけど
長女は1度だけ「ママは~?」と泣いてしまったそう・・・

でも、終了間際迎えに来た時は
他の子供達が大多数泣く中、長女だけけろっとしておりました。

なんか、複雑



さて、今日は山菜料理です。

山梨に住む友達が、山菜や珍しい野菜を沢山送ってくれたんですよ~

中には大好物の「わらび」が大量に!!
(すぐにアク抜きしてしまったので画像には無し)
他にも「こしあぶら」、茗荷竹、ブドウの芽、きゃらぶきetc.

20130508Ⅲサイ

東京に住んでいると、なかなかお目にかかれないような野菜達に
大感激

今日のご紹介するレシピは
『わらびの炊き込みご飯』

「多分、普通の方は作らないよね」というような類で恐縮です
…自分用に残しておこうと思いまして

ちょっぴりほろ苦く、独特の出汁が出る「わらび」
とろっとした食感なので、おひたしに食べるのが最高に美味しいと思うのですが

今回、沢山頂いたので
贅沢に(?)炊き込みご飯にしてみました

20130508わらびごはん

米に少しもち米を加えたので、もっちりとした食感なのがまた美味しかった

【材料】

・コメ 2合(←うち、大さじ4をもち米にしました)

・わらび(アク抜きしたもの) 100~150g
・鶏もも肉(皮を取り除き一口大の削ぎ切り) 100~150g

・酒、みりん 各大さじ1
・醤油 小さじ1
・ほんだし 小さじ1弱
・粗塩 小さじ1
・水 適量

【作り方】 

①米ともち米は、洗って炊飯器にセットし、分量より少なめの水に浸しておきます。
(もち米はしっかり浸水させておきたいので、少なくとも1時間以上は置いておく)
②調味料を加えてよく混ぜて溶かし、2~3cmに切ったわらびと鶏肉をのせ、スイッチオン!!

【コツ、ポイント】

・ワラビは予めアク抜きをしておきます。

 色々方法があると思いますが、私は・・・
 1、鍋にわらびが浸る程度の水を入れ火にかける。
 2、沸騰したら重曹小さじ1~程度を加えてとかし
 3、そこへわらびを投入、10秒そこらで火を消してそのまま一晩置きます


他にも、いただいた山菜&野菜を使って
昨夜はこんな料理を作りましたよ。

『蕨のおひたし』

わらびの一番好きな食べ方

20130508わらびおひたし

アク抜きした蕨をさっと茹でて、だし醤油をかけます。



『三つ葉と豚の冷しゃぶ、刻んだ茗荷竹をのせて

20130508豚しゃぶしゃぶ

湯がいた三つ葉としゃぶしゃぶ肉に
茗荷竹をたっぷり散らし、柚子胡椒を効かせたドレッシングをかけました。
(旦那に好評)


『こしあぶら、ブドウの芽の天ぷら』

20130508てんぷら

タラの芽も美味しいけど
「こしあぶら」もやっぱり美味しい!!

幸せ~山菜万歳






おまけ


ご近所さんを真似て最近購入した「イングッリシーナ ファスト
これが入っていた段ボールが、大きくて細長かったんです。

長女はここに入って「電車」と命名

中に小さな椅子を入れて、乗車(?)させてみたら、大喜び

20130508里虹かい

長男も一緒に入って大喜び

20130508りこかい2

若干早目に帰宅した旦那が、頑張って動かしておりました。




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP