クマさんレシピのアレンジ『こんがり焼いた茸のマリネ』、背後からの視線。

実家での夏休み生活、4日目。

昨日は、母に子供達を預け
地元に住む高校時代の友人とランチを楽しんできました。

出会って20年近くになるのかなぁ
学生時代、サボった授業のノートを貸してもらったり 笑
お互いの結婚式には友人代表のスピーチをしたり(してもらったり)
今ではそう頻繁に会うことも少なくなってしまったけど、大切な友人のひとりです。

ケーキの美味しいカフェのご飯もなかなかで、
お土産にケーキまで買ってしまったのでした。




さて今日は、先月おもてなし用に作って以来、
ハマりまくっているきのこ料理をご紹介します。

『こんがり焼いたきのこのマリネ

実はこれ、人気ブロガークマさんのレシピ
夏向けのレモン・カルパッチョソース
配合を参考にさせていただいたアレンジレシピなんです

ピクルス(ガーキン)が絶妙なアクセントになっている、この美味しいドレッシング
マリネ用に配合して、ソテーしたきのこをたっぷり漬けこんでみました。

ポイントはなんといっても、「きのこのソテー」

茸は弱火でダラダラソテーすると、
水分と共にその旨みまでダダ漏れしてしまうような気がするんですよね。

そこで、少なめのオイルを使い且つ強めの火加減で
「焦げてない?」くらい強気にソテーすると、
香りが立ち、旨みが凝縮したきのこソテーが出来るんですよ。


例えば、魚焼きグリルで素焼きした茸って、香ばしくって美味しいじゃないですか
それを想像していただければ

 20130806きのこ 20130806きのこ2

香ばしくソテーしたきのこは、このまま食べてもすっごく美味しいので
味見段階でなくなってしまいそうですが

そこはぐぐぐっとこらえ、マリネ液につけて「おいしくなあれ」と一晩おきます。

これまで食べた茸のマリネの中で、断トツ一番私好みの味
めっちゃ美味しいきのこマリネが出来ましたよ

20130806きのこマリネ

【分量(作りやすい量)】

・茸類(エリンギマッシュルーム しめじなど) 350g

・炒め用オリーブオイル
・下味用ハーブソルト 適量

 ☆マリネ液☆
 ・オリーブオイル 大さじ2
 ・レモン汁、白ワインビネガー 各大さじ1
 ・粒マスタード、はちみつ 各大さじ1/2
 ・ピクルス(みじん切り) 20g
 ・紫玉ねぎ(みじん切り) 30g

【手順】

①マリネ液の材料を合わせておく。
②大きめにカットした茸類を少なめのオリーブオイル(小さじ1程度)でソテーします。
弱めの強火で、「ちょっと焦げたかも」くらいこんがりと、きのこの水分を完全に飛ばすように炒めてください。
そのまま食べて美味しいくらいしっかりめに、ハーブソルト下味をつけ
④熱いうちにマリネ液につけて、粗熱が取れたら冷蔵庫へ
⑤一晩おいたら完成です

【メモ】

・紫玉ねぎを普通の玉ねぎで代用する場合は、必ず水にさらして臭みを抜くか、
分量を1/3程度にを控えてくださいね。




おまけ

実家の庭にて
お恥ずかしい格好で無邪気にプール遊びに興じる長女

と、何やら視線を感じる・・・?!

20130806りこ

ばんっばんっ!!窓ガラスを叩く音。

20130806りこ2

さっきまで昼寝をしていた弟君でございました

「よお、ねえちゃん。俺も入りたいぜっ

20130806りこ3

窓ガラスがヨダレで潤っておりました
(乱れた室内でお恥ずかしい・・・



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ




スポンサーサイト
GO TOP