続き~「皮パリッ&身ふっくら」ポワレのコツ→『真鯛のポワレ トリュフ&パプリカのソース』

Wで接近している台風、ゆっくりですね・・・

伊豆大島に甚大な被害をもたらした先週の台風
自宅マンションでも、エントランスにある大木がなんと根こそぎ倒れてしまうほどだったので
週末にかけてどきどきです・・・

そんな中でありますが、昨日は近所に住む友達宅へ
親子でハロウィンパーティーを楽しんで参りました
その温かいおもてなしの素晴らしさといったら!!

後日こちらでご紹介しますね。
(あー、ネタがいっぱい嬉しい悲鳴です



そして今日は前回の続きを

魚料理は真鯛です。
ポワレにして、一緒に焼いたアスパラとオクラを付け合わせに
市販のトリュフペースト(頂き物)と、パプリカを加えたビネグレットソースを添えてみましたよ。
20131121魚
市販品利用なので、見た目よりずーっと簡単です

【材料2人分】

・真鯛 2切れ
・アスパラ、オクラ 各3本
・塩、胡椒、薄力粉、オリーブオイル 各適量

・市販のトリュフペースト

パプリカ入りビネグレットソース
・EVオイル 大さじ1
・白ワインビネガー 小さじ1
・パプリカの極細かいみじん切り 赤、黄色 各小さじ1/2
・塩、胡椒 各少々
→要は、基本のフレンチドレッシングに色どりにパプリカを加えただけ。

【手順】

①真鯛は骨を抜き、焼く10分位前に軽く塩胡椒をふっておく

魚のポワレのコツ
②焼く直前に魚の水分をキッチンペーパーなどで押さえ、皮目のみに薄力粉をうすくはたきます
(ちなみに、ムニエルの時は切り身全体に粉を振ります)

③中火で熱したフライパンに大さじ1程度のオイルを入れ、皮目から焼きます。
最初表面の皮目が凝固するまでフライ返しでぎゅっと押さえてくださいね
ここで反り返った皮に空気が入ってしまうと、その部分だけどうあがいてもパリッとしませんので
皮目がこんがりとぱりっとする程度の火加減(うちは弱めの中火)で約6~8分、
8割がた火が通るまで焼きます
。(蓋はしませんよ!!)
さっと裏返して30秒~1分加熱したら皿に取り出します。

⑥同じフライパンをさっとふき、オイルを足し野菜を炒め軽く塩胡椒します、付け合わせの完成。
⑦お皿に付け合わせ、魚を盛り付けて、ソース類を色どりよく垂らしてサーブ。

20131121魚2

魚のポワレ(フライパン焼き)は、修行時代にお店の先輩から
「見て覚えろ」といった風ですが、散々教えていただいたのです
このコツを頭に入れ何度かチャレンジしていくと
皮目はパリッパリに、身はふっくら柔らか~上手に焼けるようになると思いますよ。

付け合わせはちょっと焦がしてしまったので、魚の下に敷いていますが

この日の〆
Cpicon 松茸のリゾット by ちわここ
20131121りぞっと

安いカナダ産マツタケを使いましたが、思わず自画自賛してしまう美味しさでございました

この日、遊びに来てくれた彼女は出産予定日が年末とのこと
ケチャ家の子供達が使った服や玩具を沢山抱え、最高の笑顔で帰ってゆきました。

安産を祈ってるからねー!!
そして、約束通りロンドンにも遊びにきてね



スポンサーサイト
GO TOP