『マッシュルームたっぷりが決めて☆イギリス牛のステーキ ハニーマスタード風味のソース』。近所の公園へ。

ロンドンに来て以来
いろんなことがふりだしに戻ってしまったような・・・初めてづくしの生活

昨日は、初めて一人で(厳密には子連れですが)車を運転し
長女の幼稚園送迎をしたのです。
紙ドライバーなので、そりゃもう緊張で要らない汗が出まくっておりました
二人をチャイルドシートに乗せ「さあ出発!!」
と思ったら、目の前がまっちろ。

フロントガラスが凍ってまして
これまた初体験(日本では基本的に運転は他人まかせな私です)
「ああもう!時間がないのにー!」
とりあえずワイパーをかけてみましたら、そのワイパーの動きに長女が
つられてヨダレ王子まで大爆笑

ちょっと緊張がほぐれたのでした。

路駐文化の発達した、ロンドンの車道
E20131125縦列

この写真のように道幅が広ければいいのですけど
普通の道では対向車が来ると道を譲りあいながらで…
縦列駐車も上手にできないし…あ、ワタクシ駐車自体が問題ありでした

早く慣れたいな~。


ロンドンから綴るブログ2回目、今日は週末のディナーから。

じゃじゃん!!
週末なので、ちょっとごちそう
『マッシュルームたっぷりが決めて☆イギリス牛のステーキ』

こちらへ来てすぐに、日本人医療施設に行き
家族でインフルエンザの予防注射を打ってきたんです

その待合室で手にとった雑誌が「ステーキ特集」で
「ああ、がっつりとしたステーキを焼きたい!!」と
スーパーで見かけたイギリスの立派な牛肉を焼きたい願望が。
即、牛肉GET

物価の高いロンドンですが こちらの牛肉は、日本より安いようです。
しかも赤身ばかり!!
赤身肉大好きなので、嬉しいな
E20131125③
高級系スーパー「Waitrose」で購入したので、若干お高めですが
それでも国産サーロイン250gで8ポンド(1,300円程度)。 

加えて、先日のブログでも紹介した、イギリスのマッシュルーム事情
=「安くて旨い」
これには大喜びしているところでございまして
ステーキソースにもたっぷり使ってやりました

マッシュルームのうまみが凝縮された中に
粒マスタードとバターの風味がアクセントになっていて、手前みそですが絶品

多分これ、イギリスのケチャ家で定番になりそうです。
分量はとりあえず覚書として・・・
E20131125②1

【材料(二人分)】

・牛ステーキ肉 2枚
・塩、胡椒 各適量

~ソース~
・マッシュルーム 6~10個
・バター 5g+5g(分けて使います)
・白ワイン 大さじ2
・はちみつ、醤油 各小さじ1/2強
・コンソメスープ 適量
・水溶きコーンスターチ 適量
・粒マスタード 小さじ1

【手順】

①塩、胡椒をした肉を 強火で十分に熱しオイルをひいたフライパンで両面焼きます。
焼き加減はお好みで。

②焼き上がったらすぐに別皿へ ホイルをかけてあたたかい場所(ガスレンジのそば)に置いておきます。
このブログで何度もご紹介していますが
ステーキ肉は焼いてすぐに盛り付けナイフを入れると、
肉汁が流失しがちなので いったん落ち着かせると良いのです

③ソース作り。
肉を焼いたフライパンにバター5gとスライスしたマッシュルームを入れ、しんなりするまで炒めたら
続けて白ワインを加え強火でアルコールを飛ばします。
④分量の醤油とはちみつを加え、適量のコンソメスープでのばします。
⑤水溶きコーンスターチでとろみをつけ、仕上げに粒マスタードと残りのバターを加えて
バターが解けたらすぐに火を消してソースの完成。

⑥皿に盛り付けたお肉にたっぷりかけてどうぞ

E20131125①

【コツ・ポイント】

・ソースのとろみづけに、コーンスターチを使いましたが 片栗粉でも代用できます。
ただし、片栗粉だととろみが重くなりがちで中華のあんかけ料理みたいになってしまいますので、ご注意を
仕上げに粒マスタードとバターを入れたら、その風味を生かしたいので、決して加熱し続けないこと
・私は薄味好みなので、またワインのお供にしている為、レシピでは醤油量が控えめです。
白いごはんのおかずにするのであれば、お好みで醤油とはちみつを増やすことをおすすめします。

イギリスの赤身サーロイン肉、日本で食べるヒレステーキのようで
とっても美味しかったです




おまけ

先週、子供たちを連れて近所の公園へ行ってみました。

住宅街を抜けたところにあるのですが
これまた広い!!
敷地内を流れる小川沿いに歩いていくと、遊具スペースもあるんです。
E20131125公園道 E20131125公園

日本では見かけないような、遊具がたくさんあって
子供たちこれは楽しいかもー

E20131125公園2 E20131125公園3

ただ、かなり寒いです。
昼だというのに、日本の真冬の早朝のような寒さ・・・

帰り道に発見
E20131125公園道1
川沿いにベリーの木を発見しました。
こんな小さな事がいちいち嬉しかったりして

しばらくは、こんな感じで
「ロンドンはじめて日記」を綴らせていただきますね。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ




スポンサーサイト
GO TOP