ロンドンでの初☆「おもてなしランチ」の食卓から、なんちゃってイギリス料理他。

一昨日から、日本から友人が子連れで遊びに来てくれています。
2週間ほど滞在してくれる予定なので、私も一緒にちょっととした旅行者気分

そんな矢先、長女に続きヨダレ王子が体調を崩してしまいまして
日本人医療センターへ行き薬を処方していただきました。
車で15分程度の場所に、そんな施設もあるので本当に安心です



さて今日は、先週末のおもてなしランチの食卓をご紹介しますね。

なぜか、カーテンもブラインドもない我が家のダイニング。
太陽高度の低いイギリスのこの時期、ランチ時は直射日光地獄となります

短時間ではありますが、まぶしいのなんのって。
テーブルで写真を撮影すると、影で真っ暗になってしまいます・・・
E20131207テーブル
この日のテーブル。
先日、フォートナム&メイソンで購入したランチョンマットをさっそく使ってみました。
購入したのは、ゴールドとシルバーの2色。
円形のアミアミしたデザインなので、我が家のテーブル色にはそのままおいても映えず
手持ちの落ち着いた赤色のランチョンマットと重ねてみましたよ


前菜は盛り合わせにしてみました

イギリスに来て、美味しいなぁと思ったものから色々と
『イギリス牛のたたき バルサミコ&醤油ドレッシング』
(参考レシピCpicon 牛たたきにルッコラ! 醤油サミコソース  by ケチャウルレシピ
『キャロットラペ』
こちらは、ライムが非常に安いのですよ(レモンも同様)
ライム果汁をたっぷり使った、爽やかな味付けがすごく気に入っています
Cpicon ラディッシュで✿赤の菊花かぶら✿ by ケチャウルレシピ
ラデュッシュも安く、大袋に何個も入った状態でスーパーに並んでいます。
E20131207 1

奥は、チコリボートです。
普通のチコリももちろん売っていますが、赤いチコリも普通に売っていて
これもやはり日本より安いし、どのスーパーでもお見かけする野菜のようです。
赤だと運気が上がりそうな
E20131207 3
『チコリボート
 ・ブルサンチーズを使ったディップVSスモークサーモン
 ・ひよこ豆のペースト(humus)、ハムと野菜』


前菜その2
『クレイフィッシュとアボカドのサワークリーム和え』
(参考レシピCpicon かにとアボカドの前菜ベース by ケチャウルレシピ
E20131207 2
この「クレイフィッシュ」、これも日本ではまずお見かけしないかと。
実はザリガニの仲間なんですって。
海老とシャコを足して2で割ったような味わいで、海老より味も食感も柔らかいというか
スーパーで売っている塩茹でされたものはちょっとしょっぱいので
これも、ほとんど味付けは無し。
ルッコラと一緒に、カリカリトーストに付けていただきました

魚料理、というか・・・
今回はなんちゃってイギリス料理にも挑戦してみたんです。

『フィッシャーマンズパイ

要は、シーフードグラタンですけども
マッシュポテトでふたをして焼きあげる、イギリス料理のひとつなのだとか
寒い季節にとても美味しいホクホクの一品

ただ、私はマッシュポテトだとどうしてもソースが芋に吸われてしまい
最初はいいけどおなかも膨れる途中から、ポテトコロッケの中身をもりもり食べているような気分に

最後までソースと美味しく食べられるように
敢えてつぶさずスライスした芋でふたをしてみました。
これでも十分ホクホクするし、カリッとした食管も加わって、個人的にこれは大正解かと
(ホワイトソースの参考レシピCpicon 冬の定番☆かきとほうれん草のグラタン by ケチャウルレシピ
E20131207 4

仕上げにすりおろしたパルミジャーノをたっぷりかけて焼いたので、表面はカリカリ
中から、アツアツのムール貝、海老、たら、3種類のシーフードがこんにちは、です。
E20131207 5
ホウレンソウと玉ねぎ、マッシュルームも入っています。
(うーん、写真がいまいちで残念

これ、少し課題を残してしまったので、また挑戦したいと思います!!

メインは焼くだけ豪華なラムチョップ。
(ソース参考レシピCpicon 塊で焼くローストラム バルサミコソース  by ケチャウルレシピ
E20131207 6
そうそう、イギリスではラム肉も日本ほど高くはありませんし
どこのスーパーでも塊状のゴツイものまで普通に販売されているので、それもなんかちょっと嬉しいのでした

デザートは、またチーズケーキ。
Cpicon 洋ナシとブルーベリーのチーズケーキ by ケチャウルレシピ
E20131207 7
気づけば、幼稚園のお迎えの時間が迫っていたので
慌ててばっくばく食べる私たち

いやぁ楽しすぎました
またぜひー!!



おまけ

5か月年上の女の子とおもちゃの取り合いをするヨダレ王子。
E20131207 kai

頭髪もそうですが(笑)年齢に見合わないニヒルな形相なので
女子を相手に、泣いている王子が妙におかしい・・・

この写真、大きくなったら見せてやりたいと思う母なのでした。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP