2013クリスマスイブのディナー・前菜から『オマール海老のサラダ』。

主人の会社もXmas休暇ということで
今年は、例年にないようなどっぷり家族漬けのクリスマスになっています。

昨日、クリスマスの朝は
「サンタさん」を理解し始めた3才の長女が
枕元のプレゼントに大喜びしてくれました

去年は「なにこれ?サンタってダレ?」的な反応でしたが
今年は違う!!
サンタを理解して喜んでもらえることが、親としてこんなに嬉しいとは

思わず、主人と動画を撮ってしまいました。笑





さて、今日は今年のイブの食卓と
献立からお洒落なごちそうサラダレシピをご紹介したいと思います

この日は、クリスマスイブも開催されていたマーケットに出かけておりまして
帰りにプチ渋滞にはまったりと帰宅したのは18時近く
きちんと料理をする余裕がありませんでした。

でも、クリスマスですから
「丸鶏さえあればいいでしょー!!」
これだけは事前に焼くだけの状態にしたものが冷蔵庫にありましたので
前菜だけ「いつもよりお洒落で豪華に」頑張ってみましたよ。

昼にマーケットで購入したお皿を早速使用
E20131225 1
鹿モチーフがトナカイを連想させません?かわいい

サラダには、奮発して購入した「ロブスター」を主役に
メインががっつり系なので、軽めな前菜を兼ねて作ってみました

『クリスマスに☆ロブスターの前菜風サラダ』

E20131225 2

【材料(2人分)】

・ロブスター 胴体部分のみ1尾分
・サラダ野菜 軽く2つかみ(水に放ちぱりっとさせ、よく水けをきっておく)
ルッコラ、ロメインレタス、レッドチコリを合わせました。

~ドレッシング~
・EVオイル 大さじ1.5
・にんにくのすりおろし ごく少々
・白ワインビネガー 小さじ1
・ライム果汁 小さじ1
・オレンジの絞り汁 大さじ1
・ディジョンマスタード 小さじ1/2
・塩、胡椒 少々

【手順】

①ロブスターは塩を加えた湯で4~5分茹で、取り出したら皮つきのままおいておく
荒熱がとれたら殻を剥き、EVオイルと塩コショウ少々(共に分量外)で下味をつけておく
②ドレッシングの材料を合わせておく。
③1のロブスターを縦半分に切り、さらに斜めそぎ切りにする。
④器に、サラダ野菜、ロブスターを盛り、ドレッシング(かける直前によく混ぜて乳化させます
⑤好みでディルなどのハーブを散らして完成です。

【ポイント】

ロブスターの下味は「少し味が薄いかな?」レベルで。
 そぎ切りにすることで、見た目のボリュームがアップします重要
ロブスターと相性の良いオレンジ果汁を加えたドレッシング
 市販のドレッシングではマネのできないお上品な美味しさですので、ぜひ


その他の前菜はといいますと
Cpicon クリスマスに ~ブリニ・カナッペ~ by KT121
数年前クリスマスの時期に出会ったレシピですが、
この華やかさ、ホームパーティーにも欠かせない一品です。
E20131225 3
手前から、
『ブリーチーズ、りんご(グラニースミス)のソテー』
(参考レシピCpicon 洋ナシのソテー ブルーチーズ添え  by ケチャウルレシピ
『レバーパテ(市販品)と、ラデュッシュ、イタリアンパセリ』
『フムス(市販品)ときゅうり、パプリカマリネ』
『オリーブとドライトマト、プチトマト、バジル』

イギリスのスーパーって、パテやディップの市販品が沢山あるうえに美味しいのです
自分で作る気がなくなってしまい、この日も多用

昼に購入した各皿その2に盛り付けたのは、
『スモークサーモンとオクラのチコリボート』
E20131225 4
こちらも、今年パーティーやおもてなしでよく作る一品です。
サーモンの旨みをオクラのねばねばが上手にまとめてくれるんですよね

主人の大好物、
『ムール貝のガーリックバター蒸し』
E20131225 5

イギリスに来てからの嬉しいカルチャーショックなひとつ
「ムール貝が安くて美味しい!!」

日本のあさり的、な位置づけとでもいいましょうか
連呼してしまいますが、本当に安くて美味しいんです。
しかも、殻に異物があまりついておらず、下ごしらえもめっちゃ楽!!
(これ値段の次に大事。笑)

この日も二人で山盛りいただくことができました


メインは鶏の丸焼きでございます~

ここ数年、クリスマスのローストチキンは
先日ブログでもご紹介した『Cpicon 丸鶏のローストチキン 牛蒡ピラフ詰め by ケチャウルレシピ
を作っているんですが
イギリスの牛蒡事情(2本入り約1500円)により、今年は断念
「シンプルに焼いただけ~」でしたけれども
E20131225 6

「んんーー美味しいっ!!」

イギリスの巨大オーブンのおかげでしょうか
~皮ぱりぱり中しっとりじゅわぁ
今年のXmasも、この味を堪能することが出来ました


E20131225 7
付け合わせには、これまた主人の好物「ベビーポテトのロースト」を。
甘くてほっくり♪
(あ、刻んだタイムを芋に絡ませるのを忘れてしまった

今年は初めて挑戦したものもあるんですよ。
それが、チキンに添えている「クランベリーソース
E20131225 8
スーパーのベリーコーナーに
生のクランベリーが山のように売られているのを見て、
食いしん坊&料理好きの私はこれを作らずにはいられなかったのです。

酸味と甘みが絶妙~
その昔、料理にフルーツなんぞありえない
と思っていたのですけどね。

デザートは、ケーキではなくてタルト。
手抜きして市販の生地を使ってみたけれど、失敗?わけありのタルトです
(この話はまた今度…
『りんご(グラニースミス)とカスタードのタルト』
E20131225 9
フローズンヨーグルトに、「クランベリーソース」を混ぜ込んだものを添えて
冷たくて甘酸っぱくってめちゃうま

この日は日本の友人にもらった美味しいワインを開け、
「明日は、大きな公園に行ってみようね。」
「正月休みは、家族旅行でもしようか」そんな話も・・・
イギリスのクリスマスも、こうして楽しむことが出来ました



スポンサーサイト
GO TOP