「ケーキを焼く会」のおもてなしランチ☆『キラキラサーモン』『披露宴風スープ』『豚ほほ肉とビーツの赤ワイン煮込み』。豆まき。

日本ではちょうど節分でしたね。
長女の通う、日本人幼稚園でも
鬼のお面を作ったり、豆まきをやったそうですよ。

実は我が家でも、友達が日本からいり豆を送ってくれたので
なんとここロンドンの自宅で豆まきをすることが出来ました

鬼のお面をかぶった主人に追いかけられて
げらげらと笑うヨダレ王子、逆に「もう鬼はやめて」と訴える長女。
それでも豆をつまんでは投げる、それがなかなか楽しかった様子
終わってからも「鬼はそと~ふくはうち~」というフレーズを繰り返し口にしておりました

それにしても、この終わった後に食べる豆の量。
年々増えるその豆量に「うっぷ」と辟易し、てきとーに済ませてしまっている私です



さて、今日は先日の「ケーキを作る会」で用意したランチの内容をご紹介しますね

乾杯前のテーブルです。
20140202 1
船便で到着した、白山陶器ショップ限定「青葉紋」のお皿

センターには、庭のグリーンと
日本でもおなじみ「ラッパ水仙」をいけてみましたよ
20140202 6

この花、イギリスではポピュラーな季節の花らしく
スーパーマーケットの花売り場では、水にさされることもなく
こんな風につぼみの状態で売られているんです。
20140202 8
そのお値段(一束£1=170円前後)、
そしてこの乱雑な扱いを見て、最初はこれ「ニンニクの芽」かと思いました。笑

前菜①
Cpicon キラキラ☆スモークサーモンのお洒落サラダ by ケチャウルレシピ
20120202 2
野菜(スティックブロッコリー、アスパラ、カリフラワー、ビーツ、いんげん)
この写真ではよく見えませんが
最近発見した、分厚くスライスされた「スモークサーモン」
これがなかなか美味しくてこれを使用しています

これは、最近ブログ読者の方からのリクエストで作りました。
『ミディトマト&プチトマトのWマリネ』
20140202 3
Cpicon トマトと玉ねぎのマリネサラダ by ケチャウルレシピ)を参考に、
玉ねぎ量を減らし、マリネ液にはさらにミディトマトのみじん切りを加えて
「汁まで飲み干す」そんなトマトマリネを目指して。
(このまま食べてももちろん美味しいのですけど、これとお肉を組み合わせたアレンジを考えています)

ちなみにイギリスでは、日本のようなフルーツ並に甘く実の詰まった「フルーツトマト」を見ることがありません。
それでも枝付きで、皮にもうっすら毛が生えているような新鮮なトマトが普通に売られていて
私のようなトマト好きには嬉しいかも

スープ
『東京の披露宴で食べたお洒落スープ、の牛蒡スープ版』
20140202 4
先月末の弾丸帰国の際、披露宴でいただいたスープが美味しくて
さっそく真似っこ。
(マッシュルーム、ズッキーニ、海老、ごぼうスープ、泡立てミルク)
牛蒡スープのレシピは次回ご紹介させてください。

メイン『豚ほほ肉とビーツの赤ワイン煮込み』
20140206 4
これ、友達が大絶賛でした
同じロンドンに長くお住まいのKTさんのレシピCpicon 豚肉とカブの赤ワイン煮 by KT121を参考に
カブをビーツに代えて長時間煮込んだアレンジシチューです。
この「豚ほほ肉」が、イギリスの某スーパーでびっくりするくらい安くて
なのにこれで作ったシチューが、日本でウン全円もする何等牛の「すね肉」並に美味しいんですよー

デザート『ベリーのベイクドチーズタルト』
20140202 5
私ったら、また型から外すのを忘れてしまい
Cpicon 季節のフルーツで♡ベイクドチーズタルト by ケチャウルレシピ
のアレンジです。

この日、このランチを食べた友達のひとりが
大の料理好きで、早速同じ食材(豚ほほ肉)を購入し同じようなシチューを作ってくれたそうです。
嬉しいな~




おまけ

実はケチャ家初となる、「豆まき」。
鬼役の主人は、お面をかぶってけっこうノリノリでした。

長女はがんばって豆を投げつけていますが
主人のテンションが上がれば上がるほど、「ぱぷー、もう鬼やめてーっ!!」と
20140202 9 20140202 10
ヨダレ王子は、その様子を見てけらけら笑っていましたよ。

これで今年は我が家にも福がやってくるのかな?
日本から豆セット一式を送ってくれたKさん、本当にありがとう



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP