まさかのロンドンで、わらび狩り☆『わらびのお浸し、お味噌汁』。

先週末、半そででも暑いくらいの中
郊外にある大きな公園へとある噂?を信じて、出かけてまいりました。
まさかのここロンドンに、ワラビが群生する場所があるのだとか
最初はちょっと信じられなかったのですが、
私自身も、約5年前にロンドンのグリニッジという街の丘で見かけたことがありまして
ダメ元で行ってみたんですよ。

結果、予想以上の大収穫
この公園でわらびを採っちゃって良いものか、若干不安はあるものの…

早速帰って、家の大きなボールや鍋を総動員してあく抜きをしました。
そんなわけで今日は私の大好きなわらびの食べ方をご紹介します。

『わらびのお浸し』
20140520 4 1

これはあく抜きしたわらびをさっと茹でて、出汁醤油(めんつゆ)に浸しただけなのですけど
とろっとしたわらびの食感と、独特の風味が最高美味で
「日本人でよかった」と実感させられる一品なのですよ

【材料】
・わらび  適量
・重曹 適量(熱湯1リットルに対して小さじ1使用)
・めんつゆ 適量

20140520 1
ロンドンの我が家のせっまいシンク(笑)

【手順】
①あく抜きをします。
わらびを洗って、大きなボウルや鍋に入れ、重曹をなじませます。
そこへ熱湯を加えてすぐに皿などでふたをし、そのまま一晩おきます。
20140520 2
→少し食べてみて苦くなければOK。苦かったら、灰汁を捨てて水にさらし、さらに数時間~半日おきます。
②あく抜きしたわらびの葉の部分をしごきとり、さっと茹がいて
20140520 3
食べよく切って(写真)、好みの濃度に薄めためんつゆに浸します。
③食べる時に味が薄ければさらに醤油をたらり~鰹節をかけていただきます。

『わらびの味噌汁』
20140520 5
これはもう、そのまんま。
あく抜きしたわらびを、味噌汁にするだけ
レトルトパックの山菜では、この風味は絶対に出ません。
旬のわらびを入手したらまずお試しいただきたいのが、この「味噌汁」!!
わらびの風味が、かつおだしと味噌に本当によく合うんですよ
加熱しすぎると歯ごたえがなくなってしまうので、火はあまり通しすぎないのがポイントです。


スポンサーサイト
GO TOP