『海老カニアボカドの前菜、ミルフィーユ仕立て』、

先週末から、ぽかぽか陽気の続いているロンドン
日中の日向は、半そででも暑いくらいですよ。
今日はこれから友人宅でBBQパーティーに参加してまいります
持ち寄ったお料理のことなどは、また後日♪

今日は、今週の料理教室の前菜で作らせていただいた一品をご紹介しますね。

『カニとアボカド、海老の前菜 ミルフィーユ仕立て』

クックパッドに掲載している、定番レシピ『Cpicon かにとアボカドの前菜ベース by ケチャウルレシピ』を使って
チコリとボイルした海老を交互に挟み重ねて、ミルフィーユ仕立てにしてみました。

この前菜ベース、ディップにしても美味しいし
スモークサーモンと合わせたり、クスクスサラダと一緒にセルクル仕立てに盛り付けたり
アレンジが効くのがまた嬉しいところ
簡単に、レストランのお味が楽しめます。
言うことなしの一品のはずですが、唯一難点は「カニ身がちょっとお高い」こと
(Waitroseという高級系スーパーで、100gパック£5でした)
…ですが、カニカマ(イギリスでは「スリミロイヤル」という製品がおすすめ)で代用できるんですよ。
このカニカマversionもとても美味しいので、気軽にお試しいただきたいと思います

カニとアボカドの前菜 ミルフィーユ2

【材料(6人分)】

Cpicon かにとアボカドの前菜ベース by ケチャウルレシピ 全量
・ボイル海老 6~12尾
(EVオイル小さじ2、レモン汁小さじ1、岩塩とオレガノ少々で下味をつけています)
・チコリ 6枚

あれば
・薄いガーリックトーストやクラッカー等 6枚
・フレッシュディル 少々

【手順】

①前菜ベースを作ります。
②海老は1尾を斜めにスライスしカッコ内の材料でマリネしておきます。
チコリは4㎝程度にカット
③お皿に、前菜ベース(前)→チコリ→前→海老→チコリ→(クラッカー等)→前→海老の順に重ねます。
④ディルを飾り、さらにドレッシング(EVオイル、ちょっと高級なバルサミコ酢 各小さじ2、塩少々)を周りに垂らして完成

こちらはトースト無しversion
P1210583 1

海老を欲張るほど、層が崩壊する可能性が高いと思い(笑)
はさみきれなかった海老は脇に盛り付けてみました。


スポンサーサイト
GO TOP