摘みたてラズベリーたっぷり!!『フレッシュラズベリーのさくさくアーモンドタルト』、

先週の日曜日、車で20分程の場所にある農園へ苺狩りに行ってきました。
日本ではもう旬が過ぎてしまっている「苺」ですが、イギリスでは夏が旬なんですって。
農園といっても、これまた相当広い!!
ここでは、苺以外にもラズベリーやブラックベリー、レッドカラントやプラム、野菜まで
色々なものを好きなだけ収穫出来るんですよ。
改めてブログにて詳しくご紹介しますね


今日は、この日に収穫した、甘くて大粒のラズベリーで作ったタルトのご紹介です

『フレッシュラズベリーのさくさくアーモンドタルト』

農園で収穫したラズベリー。
これがかなり大粒で、苺並の大きさ!!でもって、とっても甘いんです。
これはぜひ生でたっぷり食べたい~と、迷わず大好きなタルトにしてみることに

サクサクとした全粒粉入りの香ばしいタルト生地に、
濃厚なアーモンド生地、甘さ控えめのさっぱりカスタードが
甘酸っぱいラズベリーのおいしさを十二分に引き立ててくれます

ベリー類の高い日本ではちょっと贅沢なタルトかもしれませんが
苺はもちろん、他のフルーツでも代用できますので、お好きな方はぜひお試しを♪

20140728 4

タルト生地とフィリングのアーモンドクリームは、
マイレシピの『Cpicon 香ばしくて甘酸っぱい♡ルバーブのタルト by ケチャウルレシピ
を参考にしています。

【分量】

◆タルト生地
・薄力粉(イギリスには薄力粉が無いので、「お菓子作り用」とされている中力粉で代用) 120g
・全粒粉 30g
・バター 80g
・砂糖 40g
・卵黄 1個分
・牛乳 大さじ2

◆アーモンドクリーム
・アーモンドプードル 50g
・バター 50g
・砂糖 50g
・全卵 1個
・コーンスターチ 大さじ1
・ラム酒 大さじ1
 
◆カスタードクリーム
・全卵 1個
・牛乳 200cc
・砂糖 40g
・コーンスターチ 大さじ2
・バニラエッセンス 少々

◆ラズベリー たっぷり

【手順】

下準備として、卵とバターは室温に戻しておきましょう

①タルト生地の作り方(下焼きまで)、アーモンドクリームの作り方は
前述のルバーブタルトと一緒ですので、こちらをご覧ください。

②下焼きしたタルト生地に、アーモンドクリームを平になるように敷き詰めます。
さらにラズベリー数粒を適当にのせて、180度に予熱したオーブンで、30~40分表面に綺麗な焼き色がつくまで焼きます。

③焼いている間にカスタードクリームを作ります。
今回は電子レンジで手抜き♪
➡耐熱ボウルに、コーンスターチと砂糖を入れ、牛乳を加えてダマがなくなるように混ぜ、
次によくといた卵を加えて混ぜます。
➡ふんわりとラップをして、W500~600の電子レンジで2分30~3分加熱し、いったん取り出してホイッパーで混ぜ
➡さらにラップをして2分半~3分電子レンジにかけます。
➡取り出して、バニラエッセンスを加えて再度ホイッパーでなめらかになるまで混ぜ、ぴっちりとラップをして冷まします。

④仕上げ
タルトが焼きあがったら、ケーキクーラー等に乗せて冷ましておきましょう。
このまま食べたい気持ちを抑えて、カスタードクリームをたっぷりと表面に塗ります。

20140728 1

気持ち、中心が盛り上がるように。

20140728 2

ラズベリーを隙間なく敷き詰めて、どうしても出来てしまった隙間にはミントやローズマリーなど
ケーキに添えてもおかしくないハーブを散らしてカバーしましょ。見た目もUP

20140728 3

フレッシュフルーツたっぷり乗ってる系タルトに共通することですが、
「切り分けが難しい!!」
ですが、ここはもう、豪快にいくしかないです
20140727 11

タルト&アーモンド生地の濃厚さと、ラズベリーの爽やかな果実味が抜群のバランスで
「これならいくらでも食べられちゃう

20140727 13

手作りスウィーツにありがちな、食べ過ぎ注意のおいしさです




スポンサーサイト
GO TOP