ポルトガル・リスボン旅行記完結☆「世界遺産ジェロニモス修道院へ」



「ポルトガル旅行記 最終日3日目」

朝、ホテルチェックアウト後、車に乗り込もうとしたら、
バケツをひっくり返したような、猛烈な雨!!
すぐに小降りになりましたが、この日も青空を期待してはいけないような天気。

そんな最終日の午前中は、テージョ川沿いに車を走らせ再びベレン地区へ。
前日長蛇の列を見て断念した、リスボンの世界遺産「ジェロニモス修道院」へ行ってみました。
20140117 2

大航海時代、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマの偉業をたたえ
時のポルトガル王が建設を始めた建物なんですって。
遠くから見ても「おお~っ!!」と思える、美しく迫力のある白い外観

教会(サンタ・マリア教会)内部です。
20140117 5

入口両脇には、かのヴァスコさんと著名な詩人さんの石棺がありまして
天井に向かって美しくそびえるこの柱は、ヤシの木をモチーフにしているそうですよ。
時代を反映してか、他にも「海」をモチーフにした装飾が、ところどころに見られます。

~ここからは有料

修道院の回廊です。
20140117 1
まるで映画の世界にタイプスリップしたような

ちょうどこのあたりで、一瞬晴れ間も見えたりして
(この気まぐれな天気、ロンドンと一緒です
子供達はこの解放感が気に入ったのか、
この回廊ではあちらこちらをうろちょろうろちょろして、大喜びでございました
二人の楽しそうな様子を見るだけでも、来てよかったなぁと。

食堂です。
20140117 3
壁面を飾るは、ポルトガルでよく見かける「アズレージョ」と呼ばれる伝統の絵付けタイル。
黄色とブルーの色使いがすっごく綺麗

広い部屋の中を
「トタトタトタトタ・・・(歩く音)、ドデッ!(転んだ!)」
わが物顔でよちよち歩きするヨダレ王子。

二階もあるんですよ。

20140117 4
ここから中庭を撮ってみました。

予想以上にはしゃぎ楽しんでいた子供達のペースに合わせておりましたら
あっという間に昼過ぎになってしまい
ポルトガル・リスボン観光は、今回はこの修道院でおしまい


また雨がどしゃどしゃ降ってきましたので、ランチは、デパート内で済ませることに
向かったのは「アモレイラスショッピングセンター」。

レストラン街にある、ポルトガル料理のお店へ
まず出てきたのが、こちら
20140117 6
・・・あれれ、また「てんぷら」?
もちろん、天ぷらではないのですけど、味はまさに天ぷら!!
これは、塩でいただくサクラエビの入ったネギのかき揚げみたいな感じ。
「ビールぅ」な美味しさですが、長女がくらいついておりました。

奥の真っ白なチーズも、手作りのカッテージチーズのような優しい味わい。
なんかもうデザートみたいで、これは美味しかったなぁ~

これは・・・
20140117 8
見ての通り、真っ黒なソーセージ。
味も個性的というか・・・
血でできているのかな、貧血にはいいかもしれませんね。

『鴨ごはん(Arroz de Pado)』
20140117 7
鴨好きの主人が、絶賛していました。
鴨で炊いたごはんを、さらにオーブンでカリッと焼き上げた、ポルトガル料理のひとつなんですって。

『ラムのシチュー』
20140117 9
ほろほろっとするまで煮込まれた、骨付きのラム!!
自分でもよく作る料理ですが、中に敷かれたパンとジャガイモが美味しいスープを吸って
これもまた、とても美味しかったです

こうしてまた前日に続き、昼間からおなかいっぱい。

空港についた頃に、ようやく青空を拝むことが出来ました。
初めて見たポルトガルの青空。


こうして、4日前に思いついて決行した「2泊3日のポルトガル旅行」
予想以上に、見どころもあり、ごはんも美味しくって
そして人もすごく明るく親切で・・・またひとつ、思い出に残る旅となりました

20140117 10

このことを、長女は覚えていてくれるかな?




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP