悲劇のイングランド王妃アン・ブーリンが暮らした「ヒーヴァー城」へ。



今日は、週末ドライブに出かけた時の写真です。

日曜日に出かけたのは、ロンドンの自宅から車で1時間半
ナショナルトラストが管理する「ヒーヴァー城(Hever Castle)」

20140415 1

かのイングランド王ヘンリー8世の2番目の妻で、
エリザベス1世の実母でもあるアン・ブーリンがかつて住んでいた城なのだとか

お城自体は、壮大というよりむしろこじんまりとした感じでしたが
広大な敷地内には、チューダー様式の建物が並ぶ小さな村、立派な庭園、湖、巨大迷路や水遊び場、
遊具公園までもがあって、大人も小さな子供も楽しめるような場所でしたよ。

1270年に建てられたという、石造りのお城
20140415 3

規模は大きくないものの周りには堀がめぐらされ、入口も敵の侵入を防げるような造りになっていました。

中に入ることも出来ます。
当時のドレスを着た女性が!!
20140415 2
残念ながら、中のカメラ撮影はNGでしたので写真は残せませんでしたが
外のカッチリとしたお城とは全く異なる雰囲気で、
ほのぼのとした温かみのあるお屋敷でした。

敷地内にある庭園のひとつ、「イタリアンガーデン」
20140415 4
とにかくそこらじゅうを歩き回るヨダレ王子
奇跡的に立ち止まった瞬間に、パチリ

20140415 5
ここで湖畔にやってくる鴨と戯れたり、
タイルの上で「線路ごっこ」

地元産のアイスクリームを食べて一休み

ボート遊びも出来るという湖です。
20140415 6
この湖、広すぎやしませんかね。

なんやかんやと、様々な庭園内をただ歩くだけで楽しいヨダレ王子に付き合っていましたら
あっという間にそろそろ帰宅しないといけない時間に・・・
20140415 7

因みに、このお城で暮らしていたアン・ブーリン。
彼女が主人公の映画が、ナタリーポートマン主演で公開されたこともあるそうです。
一説によりますと、その魅力と野心で、当時既に妻がいたヘンリー8世を虜にし
離婚を認めないローマカトリック教会と決別させ
イギリス国教会を設立するきっかけが生まれたそうです。
でも、最期はなんと別の女性に心変わりしてしまったヘンリー8世に処刑されてしまうのですよ。

次回訪れることがあれば、そんな歴史にも想いをはせてみたいと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP