イタリア・トスカーナ旅行記②「フィレンツェ・ヴェッキオ宮殿他」。


イタリア旅行記②

2日目。
朝からなんとも怪しい雲行きでした。
そういえば、正月のポルトガル旅行でも天気に恵まれなかった私たち
ケチャ一家の誰が一体、雨女で雨男なのか…笑

ピサのホテルをチェックアウト後、すぐに向かったのは「斜塔」
本当は前日に登りたかったのだけど、予約一杯とのことで2日目に

入場不可の子供達は、登った経験のある主人にまかせて
私だけ登らせてもらいました。
まず塔の中に入ってみると、思いっきり傾いているのにびっくり!!
20140422 1
いきなり酔ってしまいそうな感覚に。

人の通る場所だけやけに擦り減ってしまい、でこぼこになった大理石の階段に歴史を感じます。
登ってみると、そこには絶景が待ち受けているかと思いきや
20140422 2
どんよりと広がる曇り空に、強風!!
この写真を撮って即退散させていただきました

塔を降りてみると、大雨?嵐?
みたいになっていて、しょんぼり…予定を変更して、車で約1時間走り第2の目的地「フィレンツェ」へ

ここでも雨が降りすぎていたので、時間も時間だしランチにしようかと
街中の駐車場を探してウロウロしていたところ、瞬間的に雨がやみ
「やったぁ☆」
街中のこじんまりとしたレストランへ入ってみました。

英語堪能な店員さんが、子連れ夫婦にとても親切にサービスしてくださいました。
そしてこのレストランも、料理がまた旨い!!

『チーズとクルミ、レーズンの入ったグリーンサラダ』
20140422 4
(食べかけ)
アンチョビが入っていると思われる、自家製ドレッシングがまた美味しくって
帰宅後、すぐにマネしてしまった程気に入ったサラダです。
レーズン大好きな長女も、これには大変盛り上がっておりました

『リボッリータRibollita』
20140422 5
フィレンツェの伝統的なスープらしいです。
見た目はアレですが、ミネストローネをさらに煮込んだような味わい。
パンを加えることでもったりとした食感になっているのかな?
これは野菜スープ好きなヨダレ王子が喜んで食べてくれました

『アスパラのフィットチーネ』
20140422 7
これも見た目以上に、美味しすぎ!!
ほろ苦いアスパラの甘味と、爽やかなトマトの甘味に、オリーブオイルの香り
マネ出来そうだけどマネのできないパスタでしたよ。また食べたいなぁ。

『トマトとハーブのリゾット』
20140422 6
鍋で出てきました
あっつあつの、もちろん米はアルデンテ。
ハーブが効いた、トマトベースのシンプルなリゾットでした。

ランチなのにゆっくりと食事を堪能させてもらい
気付いたら、店内には私たちだけ。
20140422 3
天井も高く、内装もこじゃれていて素敵なお店です。
メニューは少なかったけど、どれを頼んでも間違いなさそう!!


その後、フィレンツェでお世話になるホテルにチェックインしまして
街中散策へと出かけてみました。

意気揚々と出かけたのに、街は「雨」です~

片手に傘をさし、もう片手でベビーカーを押しながら…
しかも平なアスファルトではないのです、旧市街はガタガタの石畳ですから
日本製ベビーカーのタイヤですと、手首にぐっと力を込めないとまっすぐ進まないのです。
向こうから来た同じ出で立ちの日本人ママと目が会い、お互い思わず苦笑い。
ちょっとした罰ゲームのようでした

さて、とりあえず一番最初に入れた場所で雨宿り。
『ヴェッキオ宮』の中へ
1299年に建設が始まり、16世紀まで共和国の政庁が置かれていたところで
現在も市庁舎として利用されているそうですよ。

ミケランジェロとダヴィンチによる壁画対決が行われたという、「五百人大広間」
20140422 8
結局二人の壁画は完成することなく、
メディチ家お抱えの画家による壁画が飾れているそうですが
近年、その裏にダヴィンチの壁画(未完)が隠されていることが分かり、話題になっているそうですよ。

外観からは想像できないような、絢爛豪華な内装の部屋
20140422 9
こんなのが、これでもかこれでもかと続きます。

このような壁画や天井には、隠し扉や隠し階段なんかも仕組まれているそうですよ。
んーっ、ミステリー!!

20140422 11
大人でも息が切れてしまうような階段を上って、
見晴らしの良い回廊へ出ることが出来ました。

向こうに見えるのは、「サンタ・クローチェ教会」
20140422 12
・・・あれ?いつのまにか晴れてる?!

やたーっ!!晴天
シニョーリア広場から、ヴェッキオ宮を撮影してみました。
20140422 13
やっぱり旅行中は晴れてもらわないと♪

こちら、入口にあったご存知「ダビデ像」
20140422 14
これはレプリカで、本物はアカデミア博物館にあるそうです。
他にもこの宮殿前の広場には様々な彫刻が飾られていました、好きな方にはたまらないかも。

隣に続く「ウフィツィ美術館」を抜けて
アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋、「ヴェッキオ橋」へ
現在の橋は1345年に造られたもので、大戦中爆破を免れた唯一の橋だそうです。
20140422 15
雲間から差し込んだ太陽の光が綺麗でしたよ

学生時代、ここで記念撮影をしたことがあったので
子供達もここで~なんてトライしてみたけど
20140422 16
「怖い~」ぐずる長女。

橋の上には、貴金属と宝石のお店が並び、とにかくものすごい人。
ここを渡って対岸にある商店街(?)の中に、陶器のお店を発見しました
20140422 17
先ほどぐずっていた長女が寝てしまい、ヨダレ王子もうとうと…
なんていいタイミング♪
色々と吟味させていただき、好みの大皿にめぐりあうことが出来ましたよ

長くなってしまったので、続きは次回に。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP