ベルギー旅行完結☆首都ブリュッセルの小便小僧と、ベルギーのショコラティエ♡



「ベルギー旅行記完結☆首都ブリュッセル、ベルギーの可愛いチョコレート屋さん」

その街の美しさが気に入ってしまい、長々とブルージュのことを綴っておりましたが
今日は最終日に訪れた首都ブリュッセルのことをご紹介しますね。

以前ここを訪れたことのある友人や、主人によりますと
ブリュッセルは、正直見どころが少ない、が食事は旨い という話でございまして
あまり期待もせずに(笑)行ってみました。

まずは世界遺産の広場「グラン・プラス」へ

20140611 1
あまり天気はよくなかったけど、人でいっぱい!!

15世紀初頭~半ばの建築とされる、立派な「市庁舎」
17世紀絶対王政時代のフランスルイ14世によって破壊され、
現在見られるのは、18世紀初めに再建されたものなんですって。

20140611 2
壁面の彫刻もまた立派でございました

「ふ~ん」
興味ゼロのひと。
20140611 3

ここから少しあるくと、かの有名な「小便小僧」の銅像があります。
予想以上に、こじんまり…!!
20140611 6

こんな小さな銅像に群がる観光客、それがまた面白い
わたくしも、うちのヨダレ小僧と共に、本物の前でパチリ。

20140611 4

今や世界各地にみられる小便小僧の銅像ですが、ブリュッセルのこの像が起源なんですって
その昔、城壁を爆破しようとする敵軍の導線に、
ジュリアン少年と呼ばれる子供がおしっこをかけ消火
→結果、街を救ったという逸話が、数ある由来のひとつとされているそうです

他にも、とりあえず見どころを歩いて制覇しようと思ったのですが
こんな見晴らしの良い広場で時間を食ってしまったり…

20140611 5

なんと狙っていたレストランのランチタイムが終了~

そんなこんなのベルギー旅行でしたが
中でも楽しかったのが、美味しいチョコレート屋さん(ショコラティエ)がたくさんあること!!
どのお店も本当に可愛くって、ウインドーショッピングだけで心がうきうき
20140611 10

甘いものが大好きなわけでもないのに、かわいすぎて引き寄せられてしまう~
20140611 7

ショコラティエによっては、店の奥に厨房を構えていたり
チョコレートの甘い、いい香りしまくりです~
20140611 8

日本でもデパートの店頭でお見かけする、一口サイズの様々なチョコレート
これらもベルギーが発祥で「プラリネ」と呼ばれています。

ちなみに「プラリネ」は基本的に量り売りになっていました。
20140611 11

「プラリネ」や「トリュフ」など、伝統的なチョコレート以外にも
茶目っ気たっぷりなものもいっぱいありました。
20140611 9

実物大?のリアルな工具チョコや、苺チョコのブーケなんかも。

20140611 12

「小便小僧」「実物大おっぱい」などの下ネタ系チョコもありましたね…

日本では、超高級と言われる有名どころのチョコレートも
ベルギーでは割と手軽なお値段で購入することが出来ました。
ビールとチョコレートのお好きな方、
ベルギー旅行(個人的には世界遺産のブルージュ)めっちゃおすすめです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP