スペイン・アンダルシア旅行記④『グラナダのカテドラル、マネのできない「タコ料理」、手作り?メリーゴーランド♪』

スペイン・アンダルシア旅行記(2日目午後~)
『グラナダ着、カテドラル&夕ご飯』

グラナダ到着
ホテルにチェックインを済ませ、夕方までの時間を有効に利用しようと
翌日に予定している「アルハンブラ宮殿」以外の観光スポットへ向かいました。

まずは、グラナダの「カテドラル」
モスク跡に建てられたこの大聖堂
ヨーロッパではありがちな話ですが、着工から完成までなんと200年を費やしたそうです。
中は巨大

20140817 1

キラキラとまばゆい黄金と色鮮やかなステンドグラスに彩られた主祭壇、
一度みたら忘れらないゴージャスさ。

このパイプオルガンも、すごいんですけど!!

大きさも大きさですが、せり出した巨大なパイプのデザイン。

20140817 2

この貫禄たっぷりなパイプオルガンが、2台も設置されていましたよ

小さな怪獣たちは、キラピカ輝くそんなものには目もくれず(笑)
脇にある、何やら階段的な場所できゃいきゃいと、楽しそうにおっかけっこ

20140817 8

ああもう~「教会」という、神聖な場所だというのに・・・
おごそかな空気をぶち壊す、罪なやつらでございます。

「はい、ここはもうおしまい!!早く次の場所にいこう!」
そう声をかけると、4歳児は聞き分けてくれるものの
標準よりも言語能力が劣っていると思われるヨダレくんの方は
「んきゃー!!(やだ、まだ遊びたい)」と大暴れ、必死に抵抗するのでした

カテドラルを出てみると、そのヨダレくんのお尻から何やら嫌な臭い
まあ、子連れ旅行とは、実際のところこんなふうであります

カテドラルの隣にある、観光名所「王室礼拝堂」
20140817 7 1

こちらも見ようと思ったのですけど、閉館時間となってしまったので
プラプラ散歩しながら時間を潰し、そのまま夕ご飯へ

グラナダ初日の夕ご飯は、ビブランブラ広場に面したレストランにて
高級店ではないけど、お値段そこそこしそうな雰囲気でした。
夜になるとある程度涼しくなるので、広場の席でいただきましたよ。

スペイン料理の定番タパス(おつまみ)
『タコのガリシア風』

20140817 3

柔らかく、旨みたっぷり香ばしく焼かれたタコと、
ジャガイモ、パプリカパウダーとオリーブオイルで味つけられた一品
です。
4歳&1歳児も、競うようにもりもり食べていました。

実はこれ、日本では再現がかなり難しい料理なんですよ。
何故ってこのタコの歯ごたえ
日本のタコって、水あげしたら即茹でて、しこしことした歯ごたえを楽しむものですよね。
でもこちらの「タコ」って、加熱する前に柔らかい食感になるよう処理をするんですって。
日本で、市販の茹でタコを使って、この料理を再現しようと何度か試みたけど
歯ごたえがどうしても、スペインのタコのようにはならない・・・

そんな苦労(?)を思い出しながら、「スペインにいる内にもう一度食べておかねば」と誓う私でした。

『アーティチョークのロースト』

20140817 4

これも、自分で作るのはちょっと・・・面倒くさそう
アーティチョークどわい好きになってしまったので、これもめちゃめちゃ好みの味でした~。
外は固いんですけど、中に到達するほどほっくりしたあじわい

『ミックスパエリア』

20140817 6

お姉さんが目の前でサーブしてくれます・・・
20140817 5

って、こういう作業、ほんとは自分でやりたいんですけど!!
鍋のはしっこのカリッとした部分とか勝手に混ぜないでー!!
とか思っちゃう人です、わたくし。笑

パエリア自体の味は、ちょっと濃いめだったし、米のアルデンテ加減もいまいちだったのですが
魚介がどれも本当に美味しかった
白ワインすすみまくり。やはり、本場で食べると旨いのだ!!

子供達はレストランの前の広場にあった、「メリーゴーランド」で盛り上がり

このメリーゴーランド、馬や場所が木製の玩具だったりして手作り感いっぱいなんです。
でもって、面白いのが・・・

おじさんの自転車こぎこぎが動力源なんですよ。

20140817 7

時間決めてこいでるのかな~?それともその時の気分かしら。
ぷぷぷのぷー。
おじさん、おまけのポップキャンディーをくれました。ありがとう

グラナダ2日目に続きます



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ


スポンサーサイト
GO TOP