塩レモン活用レシピ☆『サーモンの塩レモンワイン蒸し 生姜マヨソース』、何でもフォークで変な顔。

寒っ!!

夜、庭に出てみると思わず声に出してしまうほど
8月半ばだというのにすっかり秋らしくなってしまいました。

数週間前、扇風機を買おうかどうか迷っていた頃
友達が「8月になるとどんどん寒くなるよ」と言っていたのを、まさかと思って聞いていたけど・・・
もう少し、「残暑」的な空気を感じていたかったな~


さて、今日はまた「塩レモン」活用レシピのご紹介

Cpicon 塩レモンで☆サーモンのワイン蒸し 生姜マヨソース

先日の女子会でも友達に食べてもらい好評でしたので、自信をもってレシピアップ

脂ののったサーモン(若しくは鮭、真鯛などでも♪)に
塩レモンを塗ってぴっちりとラップを付けてしばし置き、あとは少量のワイン(若しくは日本酒)で蒸すだけ。

塩レモン効果で、しっとり爽やかな風味のワイン蒸しサーモン
これだけでもちろん美味しいのですが、
今回は、これにスッキリした生姜風味のソースを合わせてみました♪
(個人的に「サーモン(鮭)」と「生姜」との組み合わせが大好きなもので

簡単だけど、こうやってソースを加えることでオシャレ度アップ!「なんか手が込んでる」風に見えるのです

待ち時間には、電子レンジで付け合わせを用意したり、マヨソースを合わせたり・・・
そんなこんなで、簡単すぐに作れるお手軽レシピ♪

また、冷めてもしっとりした口当たりで、とても美味しいんです。
普段の食卓はもちろん、小さく切り分けた切り身で作れば、
お弁当、さらにはパーティーのオードブルなどにもおススメですよ

塩レモン サーモンのワイン蒸し

【コツ、ポイント】
・白ワイン(酒)がいったん沸いてからは、焦げないように適度な弱火に切り替えて蒸しあげること。
・火の通り具合の目安は「身がふっくらとして」、「触ると弾力がある」です。
・生姜入りのマヨソースは、このサーモン(鮭)によく合いますので、ぜひ!


おまけ

最近、何でもフォークで刺して食べるヨダレ王子。
おかずや大好きな果物はもちろん、「手で食べても良いんだよ」と言ってるのにパンまで。
なんでもぶっ刺して食べたいお年頃のようです

もちろん、おにぎりも。

20140818 1

して、必死の形相。
長女もそうだったけど、この時期の子供の食事中の顔って、本当に面白い・・・



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP