スペイン・アンダルシア旅行記⑥ 憧れの世界遺産「アルハンブラ宮殿」に大興奮!!

あれからもう1か月以上…
実は、夏に旅行したスペイン旅行記がまだ完結しておりませんでして・・・
色々時間が無かったのと、時間が経つにつれ面倒になってしまったのと・・・
そんなこんなの旅行記続編ではございますが、興味のある方、ぜひお付き合いください。
旅行はいよいよ佳境に突入~

グラナダ2日目午後、
私的にはこの旅のメインイベント、アルハンブラ宮殿へ

南スペインを訪れる人が必ずといっていいほど訪れる
グラナダの世界遺産「アルハンブラ宮殿」

8世紀頃からイスラム教徒の支配を受けていたスペインで、
イスラム国家最後の首都がグラナダであり、
軍事施設と王の住居、官庁などの施設が、このアルハンブラ宮殿におかれていたそうです。

キリスト教による奪還後も、イスラムの文化は破壊しつくされることなく
今もその美しさを見ることが出来るなんて

20140825 11
(アルハンブラ内ナスル朝宮殿のコマレス宮・アラヤネスの中庭)

今日は、イスラム建築の最高傑作とされる「アルハンブラ宮殿」を観光した様子を
写真満載でお伝えしたいと思います。

時期的なこともあり、入口はかなりの混雑でしたが
私達は事前にネット予約していたので、暑いこと以外は何ら問題なく入場することが出来ました。


ひとことでアルハンブラ宮殿といっても、かなり広大で
修道院を改築した国営ホテル「パラドール」があったり、
モスクを改修した教会(写真)や王の住居、要塞、別荘など、見どころいっぱいなんです。

20140825 1

赤い壁が印象的な、外見上は質素な建物群の中に
異彩を放つ豪華な宮殿発見

20140825 2

「カルロス5世宮殿」
この地を奪還した、スペイン王の孫カルロス5世
新婚旅行で訪れたここがたいそう気に入り、ここに当時最新のルネッサンス様式の宮殿を建築したんですって。


見どころはなんといっても、この王宮(Palacios Nazaries)

予約必須、入場制限ありの「ナスル朝宮殿」
外観は父の実家(東北の農家です)にある納屋を彷彿させるほど、地味なんですけどね

20140825 4

中が絢爛豪華
といっても、ヨーロッパの各地で見られるキリスト教建築の豪華さとは一線を画した、
グロテスクさ一切無しの、繊細優美な造りなんですよ。

20140825 6

偶像崇拝の文化を持たないイスラム文化独特のアラベスク模様を施した装飾が、
壁や柱~天井に至る随所で見られます。

施された彫刻が、所々透かし彫りのようになっていて

20140825 7

外の猛暑を忘れてさせてくれるほどの涼しげな印象を与えてくれます。

砂漠の民であった、イスラム教徒にとっては「水」がオアシスであり、生命の象徴でもあるんですって
そのため宮殿内いたるところに、泉や噴水など水の演出がみられました。

その都度子供達が大喜び

20140825 5

世界中から観光客が訪れる世界遺産の建物内で
楽しそうに遊べる子供達って、幸せですよね。

20140825 8

それまでは「暑い暑い」と文句タラタラだった長女も
水が湧き出る水路できゃいきゃい、弟と共にはしゃいでおりました。

12頭のライオンに支えられた泉のある中庭
ライオンの中庭(Patio de Leones)

20140825 9

この建物の2階には、たくさんの王妃が住んでいたといわれています。いわゆるハーレムですよね。
プライベートな場所として使われていたそうです。

この中庭に面した部屋には
鍾乳石を模して作ったといわれる「モカラベ」と呼ばれる美しい天井が

20140825 10

どうやって彫ってるのー?!

外の焼けつくような日差しが漏れてくるけど
宮殿の中はそんな外の暑さを忘れてしまうほどの涼やかな空気が流れていました。

20140825 12
(2姉妹の間)

そして、今度は水路をまたいで遊ぶ姉弟

20140825 13

何が楽しいんだか・・・笑
でも、観光中に少しでもハマってくれるものがあると、親もまた嬉しいものでして

ライオン宮を抜けたバルコニーでは、午前中にえっさほいさとバギーを抱えて歩いた
歴史的エリア「アルバイシン地区」を望むことが出来ました。

20140825 14

絶景

ナスル朝宮殿、出口前にあった中庭もまたステキです。
急にヨーロッパ的な風情があるのは、奪還後に増築された影響なのかな?

20140825 15

ここでも水場でじゃばじゃばっと、ご機嫌なおふたり

雨が少なく暑い国で、「池」「噴水」などがいかに貴重で喜ばれたのか
この二人の様子を見る度に実感するのでした。

20140825 215

以上の宮殿からはガラッと雰囲気が変わるのが、要塞「アルカサバ」
敷地内で最も古い部分で、ローマ時代の砦跡に起源をもつそうです。
「暑い暑い」とぶーたれる長女をひたすら説得しつつ、要塞内にあるいくつかの塔にも登ってみました。

20140825 17

一番高い塔からは、グラナダの街が一望できましたよ。
当時、坂の上り下りがブームだったヨダレ王子
こんなところでも盛り上がっておりました。

20140825 18

暑さでふらふらなケチャ一家でしたが、まだまだ見どころいっぱいなアルハンブラ宮殿。
お次は、王の夏の別荘地「ヘネラリフェ」

20140825 20

メインの宮殿からは少し離れている為、
先ほどまで観光していた場所の遠景を望むことができます。

ここでも、計算し尽くされたかのように左右対象の美しい絵が簡単に撮れました

20140825 19

ちなみにこの写真で長女が手にしているのは「オレンジ」?
スペインの街中には、街路樹が柑橘系果実の木だったりして
アルハンブラ宮殿内もしかり
そこらじゅうに熟して木から落ちたと思われる実がいっぱいありました。
それが子供達の即席玩具に・・・

20140825 21

予想以上に長くなってしまったので、今回はここで。
アルハンブラ宮殿を眺めながらいただいた、この日の夕ご飯のことはまた今度ご紹介します~

ほんとこのスペイン旅行記、ひっぱりすぎですよね・・・


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト
GO TOP