栃木県川治温泉・星野リゾートの温泉旅館へ、苺狩りと銀世界でのそり遊び。

週末、両親と子供達と共に温泉へ行ってきました。

親も顔負けな温泉好き長女が
「じいじ、日本に帰ったらまた温泉に行きた~い」なんてスカイプする度に話していたもんだから
(決して親が言わせていたわけではないですよ
今回はじいじからのプレゼントです

うっかり予約を取るのが遅かった為、
良さげな温泉宿はこの時期どこもいっぱいだったのですが
ぽっかり空いているのを発見!!しかも、あの「星野リゾート」 わ~い。

そんなわけで向かったのは、埼玉の実家から遠くはない、栃木県川治温泉です

宿に向かう途中で 苺狩り ののぼりを発見
時間に余裕もあったし、子供達の希望もあって立ち寄ってきました

P1260339 1

初夏がシーズンで、原則「量り売り」なイギリスの苺狩りとは全く違い
寒い冬にビニールハウスの中で、「食べ放題」な日本の苺狩り。

P1260329 (1) 1

イギリスではあり得ない特大サイズのイチゴに大喜び
ここ、お値段も意外にお安くて大人一人800円でした。
ヨダレ王子までもが、10個以上食べておりましたので軽く元はとれたかな

P1260338 1

君のお口は圧搾機か。。。
口に無理やり押し込むもんだから、ただでさえヨダレでジューシーな口元が
苺ジュースでびたびたに。


さて、到着した今回のお宿は、
『星野リゾート 界 川治』
口コミに違わぬ素敵なお宿でございました。

大浴場には、広い露天風呂が2種類も!!
それだけでも大満足な私ですが、今回予約した部屋は露天風呂付き

P1260346 (1) 1

正直割高ではありますが、思い立ったときに入れるし、
小さな子供が長時間遊んでも一目を気にすることなく、ストレスフリーなんですよ。

お食事も、なかなか
お品書きの紙を控え忘れてしまったので、それぞれの料理名は詳しく覚えていないのですが

『なんとか豆腐 春菊味噌』
P1260354 1

上にかけられた春菊の香り豊かな味噌が美味
マネしたくとも、イギリスの一般的なスーパーでは春菊がニャい

『八寸』
P1260355 1

手前から、『菊花とカニの砧巻き』『フォアグラの柿つつみ』『ずいきの土佐和え』『鮭のアーモンドせんべい』『なすのすり流し』『青菜の煮びたし』『鴨ロースリンゴ巻き』
(↑酔う前なので、案外記憶しているのです

おつまみ系大好きな私にとっては
この一皿だけで何杯もいけちゃいそうな、大~満足な八寸でした

『南瓜すり流し』
P1260357 1

香り良いお出しに、南瓜の香り
もっちりしたエビ餅?に、カニ肉がたっぷり~
南瓜と汁物に目がないヨダレ王子が「もっと、いっぷわい、たーたい!!(もっといっぱい食べたい)」と
かなりの食いつきを見せておりました。

『お造り』
P1260359 1

栃木名物の川魚のお刺身を含め、新鮮ぷりぷりなおつくり。
それぞれに味がついていて、「お醤油なしでどうぞ」とのこと
(でもここはやっぱりふつうに醤油とわさびつけて食べたかったー

『あなごの・・・(なんだっけ?)』
P1260361 1

柔らかく炊かれたあなごがメインの上品な味付け。
こういうのって絶対にマネのできない美味しさなんですよね

『酢の物・メカブと・・・(なんだっけ?』
P1260362b 1

ドリンクタイプの酢の物
一口であっさり食感も最高の一品です。

美味しいお酒をいただいて、酔いが回るうち
いくつか料理の写真は撮り忘れ、料理の名前も記憶に残らず…な状態になっておりました

デザート
その①『高野豆腐のサバラン風』
P1260366 1

「高野豆腐で、すうぃーつ?」
そのアイデアにお品書きを見たときからいろんな意味で楽しみにしておりました。笑
でもこれはこれでありかもー

その②『淡雪チーズ』
P1260367 1
たっぷりかけられたベリーソースに
3種類のフレッシュベリー(ブラックべりー、ラズベリー、ブルーベリー)が添えられていて
最後のデザートまで手を抜いていない感じが伝わりました

食事中、何度もネタのように「おいしい、おいしい」を繰り返すヨダレ王子
それを大声でマネする長女…
(わざとらしいからやめれー)

うるさい集団だったとは思いますが、
旅館の方もその都度温かく対応して下さったので、本当に有難かった

して、食後のひとこま

P1260373 1
P1260372 (1) 17

2歳児には見えない、この見事なおっさんぷり。
どっしりしてんなー
しばらくこの恰好でおくつろぎでした。



翌日は、旅館から車で約1時間近くのスキー場へ
キッズパークが充実していると聞き
ロンドンではなかなか実現することのないであろう「雪遊び」体験をしてきました。

一番盛り上がっていたのが「そり」

P1260397 (1) 1
P1260401 1

最初は少し恐々でしたが、慣れてくるとかなりのスピードを楽しめるように
特にヨダレ王子はどれだけ転んでもひるむことなく、
よだれと鼻水をめいっぱいたらしながら(笑)、すすんでチャレンジしていました

P1260408 1

「雪だるま、つく~ろ~
子供達にとっても、最高に楽しい温泉旅行になったみたい

じぃじとばぁば、ありがとう!!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP