ロンドンおススメ食材♪『ラムレッグのロースト』、長女お友達のバースデーパーティーへ。

先週末、土曜日。
午前中から雪が降り・・・
かと思えば即止んで、午後は快晴~
長女と一緒にお友達の合同バースデーパーティーへ行ってきました

去年の9月に現地の学校へ転向したお友達も沢山来ていて
子供達だけでなく、ママ達も、
久々の顔ぶれで楽しいひとときを過ごすことが出来たのでした

が、その翌日の日曜日。

長女発熱です
この時期、室内遊戯場に行くと必ず何かをもらってくることが多いせいなのか
それとも弟の風邪がうつっただけなのか、定かではありませんが・・・
明日からは元気に通園できますように祈るのみ!!



今日はそんな先週末の晩ご飯から、美味しかったラム肉の食べ方のご紹介です
自分への覚書も兼ねて

週末は、夫婦でワインを飲むことが多く
「楽してご馳走気分を味わいたい」そんな気分で食事を作っています。

で、よく登場するのがオーブンまかせの「ロースト」

この日は、ラム肉のこんな塊をローストしてみました
実はこの部位、馴染みのスーパーではよく見かけるのですが、購入したことが無く今回初挑戦だったんですよね。

『Leg of Lamb』
201501019 6

パッケージには「焼き時間 1時間と6分」と書かれていましたが
そこを守ってしまうと、パサパサになってしまうのがイギリス流・・・

私は40分焼いてオーブンから取り出し、ホイルをかぶせて30分置いたものをスライス
バルサミコベースのソースをたっぷりかけていただきました。

日本のスーパーではこんなラム肉の塊を入手することは難しいと思いますが
(日本の読者様、申し訳ないです
ロンドンにお住まいの奥様ー!!
塩胡椒して焼くだけですので、ぜひお試しくださいませ

201501019 1

【分量】

・ラム塊肉(Leg、骨無し) 約600g 
・塩、胡椒 適量
・タイム、ローズマリー 2~3枝

ソース
・バルサミコ酢 50㏄
・はちみつ 大さじ1
・粒マスタード 大さじ1強
・バター 少々

付け合わせ
・ジャガイモ
(カットしてオリーブオイルを絡め、肉と一緒にロースト)
・人参
(乱切りにしてバターで炒め、コンソメで煮る→白ワインビネガー少々とはちみつ、醤油少々で味付け)

【手順】

①ラム肉は塩胡椒とハーブでしっかりめに下味をつけておく。(出来れば2~6時間前に)
②焼く30分前には冷蔵庫から取り出しておきます。
③200℃に予熱したオーブンで、40分間焼きます。
④竹串をさして火が通っているから確認(引き抜いた竹串をすぐ唇にあて「ひんやり」しなければOK)、
オーブンから取り出してホイルをかぶせておく。
そのまま温かい場所で30分程度放置しておきます。
⑤ソースを作ります。
小鍋にマスタード以外の材料を入れて火にかけ、ごく軽くとろみがついたら火からおろし、最後に粒マスタードを加える。
⑥盛り付け。
食べる分だけスライスして、付け合わせとソースと共に皿に盛り付ける。

参考レシピ
Cpicon 塊で焼くローストラム バルサミコソース  by ケチャウルレシピ
Cpicon ラムチョップにはこれ❤ by ケチャウルレシピ

ソースはスプーンで円を描くように回しかけると綺麗ですよ

201501019 5

ラム肉特有の臭味もなく、しっとり柔らか~
この日は赤ワインが進みました



おまけ

前述の、バースデーパーティー。
ショッピングモール内にある室内遊戯場で開催されました

大半の時間は、その遊戯場で遊ぶ子供達ですが
パーティールームでは、キッズミールを食べてジュースを飲んで~

201501019 2

そしてバースデーケーキ。
誕生日を迎えたお友達のママさん達による手作りのカップケーキですよ

201501019 3

愛情いっぱい

お友達には、一緒に用意したバースデーカードとプレゼントを渡して、満足げ
いただいたお返しを大切に大切に持ち帰った長女でした。

201501019 4



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP