モロッコ・マラケシュ旅行☆『1日目、伝統建築「リヤド」に泊まる』

数日ぶりの更新です。

ちょっと忙しくしておりまして
週末には、2泊3日でモロッコ・マラケシュへ旅行を楽しんできました。

ロンドンから飛行機で3時間、
ヨーロッパ旅行よりずっとお安くて
私はもちろん、旅慣れた主人にとっても初となるアフリカ大陸。

モロッコへ旅行したことのある友達からは、
「子連れだと厳しいかもー」「危険だから気を付けてー」そんなことを聞いていたし
ここ最近の人質事件のこともあったりで、いつも以上に気を引き締めての旅となりました。
今回は弾丸でしたので、楽しめたのは「マラケシュ」という都市の旧市街のみ。

ロンドン・Stansted空港を昼過ぎに出発する便に乗って、
モロッコ・マラケシュ空港に到着したのは、すでに夕方。
取りあえず送迎車にのって、この旅お世話になる予定の宿へ向かいました。

モロッコでは、古い邸宅を改築した「リヤド」と呼ばれる宿泊施設が人気ということで
私達もこの「リヤド」に宿泊してみましたよ。
『Riad Jona』

さすが元「邸宅」
外装からは想像できないような、優美な造りになっているんです。

1階は吹き抜けの中庭になっていて、天窓から太陽の光が

20150204 2

チェックインしながら、モロッコの伝統的なミントティーをいただきました。

20150204 1

このミントティー。
ポットに茶葉とフレッシュミント、砂糖をたっぷり入れてお湯を注ぐそうです。
これがけっこう甘いんですけど、爽やかでほろ苦く、ミント系食べ物が苦手だったはずの私がなかなかハマった!!

モロッコの人々はイスラム教の方が多く、アルコールが厳禁
そこでこんな爽やかなお茶を飲みながら、語らい団らんするそうですよ~。
(私はやっぱりお酒がいいな…


で、このモロッコ伝統的建築を利用した「リヤド」
中央に中庭が配置されている為、各部屋は長細くなっており
私達の泊まった部屋もこんな感じ

寝室側

20150204 3

リビング側

20150204 4

好みがあるかもしれないけど、インテリアがなんともゴージャス
でも、決して「お高い」宿泊料金を払っているわけではないですよ
・・・実際、お風呂のお湯が途中で出なくなったりする→宿に文句を言っても「時間をおけば大丈夫だから♪」と言われたりして

20150204 14
(部屋に置かれていたオレンジで遊ぶひと)

それでも、こんな素敵なお部屋に泊まれるってのが、一女子としては盛り上がっちゃいますよね
ハイレベルな「リヤド」になると、子連れNGなエステ付きコースなんかも用意されていたり
そんなところへはハリウッド俳優なんかもお忍びでくるそうです~

屋上には、街を一望できるテラスが完備されていて
小さいけれど「プール」「ジャグジー」、モロッコ風サウナ「ハマム」、

20150204 16

バーやレストランもあって、
朝食もここで頂くことが出来るんです。
昔は、外出を制限されていた女性や子供の憩いの場所だったそうですよ

20150204 17

さて、チェックイン後は夕飯の時間まで付近を歩いてみることにしました。

マラケシュの旧市街。
噂には聞いていたけど、既に日が暮れているのにも関わらずものすごい活気!!

20150204 9

道も迷路のように入り組んでおり、大通りはとにかく雑然としていて
狭い道の中をバイクがものすごい勢いで通り抜けていくので
とてもじゃないけど、ヨダレ王子を自由に歩かせるなんてことはできないし
大人の私達も一列になって歩いていないとちょっと怖い感じ。

だけど一本道を入ると、ひっそりしていたりして
子供達がきゃっきゃと遊んでいたり、猫の親子が食事をしていたり

20150204 6

宿から徒歩5分。マラケシュ旧市街の観光起点となる、
ジャマ・エル・フナ広場">ジャマ・エル・フナ広場

20150204 7

どこからこんなに集まってきたの?ってくらいの人、人、人

数年前に爆弾テロがあったという、侮ってはいけない危険な場所。
にこやかに、というか怪しげに話しかけてくる人も多いので
バギー(二人乗り仕様になる頑丈なタイプを持参しました)にいる子供達に注意を払い
前掛けしているバッグをきゅっと握って、どきどきしながら、の散策です。

20150204 8

夜になるとあらわれる屋台。
ここがまた「安くて美味しい」らしいのですけど、屋台によってはお腹を下しかねないとの噂
子連れ故ここはあきらめて

初日の夜はリヤドの食事をいただくことにしました。
これも期待を裏切らないディナーだったんですよー

前菜3種類
『ナスとパプリカのサラダ』『トマトのサラダ』
『ラム肉の春巻き、チーズの春巻き』


20150204 15

トマトサラダは爽やかで、酸味加減が好み
ナスのサラダも野菜の旨みが凝縮された甘さ
春巻きは、これもう一回食べたいおいしさでした~ビールが進む
ちなみにヨダレ王子、これらの前菜では、ナスと春巻きにがっついでおりました

メイン
『魚(あんこう)と野菜のタジン』

20150204 10

と、予約時には「あんこう」をお願いしていたはずだったのですが
どうもこの魚はアンコウではないような…と疑問を感じつつも、美味しかったのでこれはこれでよし。笑

メイン2
『ラムとアプリコット、アーモンドのタジン』

20150204 11

これも、超好み
連れて帰りたいほど(笑)、美味しかったです。
たっぷり入ったアーモンドが香ばしく、ラムに合うんですよね~
数年前までナッツはそんなに得意ではなかったのに・・・これでまた、ナッツが好きになったかも。

それぞれ熱々のタジン料理を、クスクスとriso(米粒状のパスタ)にスープを吸わせながらいただきます。

20150204 12

ローカルワインが進みます

デザートは、
『りんごの何とか』
『フルーツサラダ』


20150204 13

見知らぬ料理に辟易していた長女でしたが、
これら甘いデザートには大喜びでございました

↓翌日、屋上テラスの室外機前にて

20150204 18
20150204 19

ここから出る熱風で異常に盛り上がる子供達
この後は、スーク(市場)巡りです。続きはまた次回


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP