モロッコ料理な晩ご飯より『モロッコ風パクチーたっぷりサラダ』、母の日の似顔絵×2。

5月に入って、暖かくなるはずが
まるでこのまま秋冬に突入しちゃうんじゃないか?!そんな危惧を覚えるほど
地味な天気が続くロンドンです。。。

週末は、ロンドンでも「マザーズデー」ということで
子供達が幼稚園で私の絵を描いてきてくれました。
長女のは、親バカながらとても上手に描けており「去年はピカソだったのになぁ」その成長がまた嬉しく
ヨダレ王子の絵はというと、「この子は大丈夫か?」と思ってしまうほどの、、、ぐっちゃぐちゃ。
でもこれもまた成長過程ですよね



さて、今日は最近美味しかった料理のご紹介。

今年2月に旅行した「モロッコ」

今まで経験したことのない異国情緒と活気に溢れた国で
中でもその料理、例えばタジンという独特の鍋で柔らかく調理された肉料理の数々や
コリアンダー(パクチー)クミンやチリなどのスパイスを多用した味が忘れられません。

どれもこれも、ワインやビールに合うんですよね

以来、家でも「モロッコっぽい」料理に挑戦するようになりまして
スパイスやハーブを多めに使って調理するのですが
味付けは実にシンプルなので、実はけっこうお手軽なんですよ

例えばサラダ。
モロッコでは、「モロッカン(モロッコ風)サラダ」と呼ばれるサラダがメニューの一番最初にあるほど
どのレストランでもポピュラーでして

・トマト
・オニオン、胡瓜
・ハーブ類(ミント、パセリ、コリアンダー等)、スパイス類(クミン、チリ、パプリカ等)

これを刻み、塩胡椒とオリーブオイルに柑橘系の果汁で味付けした、
食欲増進効果ありそうなサラダでございました

私は、中でもミントやコリアンダーを多め使ったさっぱり系が好みでして
こんなのを作ってみましたよ。

『モロッコ風パクチーたっぷりサラダ』

これまた、我が夫にも好評でしたので、調子にのってレシピ紹介させていただきますね。
パクチー好きな方、必見

20150508 1

【材料】

・ミディトマト 4~5個
・パクチー 一束(柔らかい場合は茎も一緒に使います)
・紫玉ねぎ 小1/4個
・きゅうり 小1本(欧米の方、キューカンバーを使用する場合は日本の胡瓜量に換算してください)

・オリーブオイル 大さじ2~
・白ワインビネガー 小さじ1~
・塩 適量
・にんにく(すりおろし) 1/2かけ分
・レモン又はライム果汁 お好みで(私は小さいライムを1/2個分使用しています)

【手順】

①トマトは1.5㎝程度の角切りに、玉ねぎはみじん切りにして臭いや辛味が気になる場合は水にさらし、
胡瓜とパクチーは粗く刻みます。
②ボウルに切った野菜類を入れ、オリーブオイル、ビネガー、ニンニク、塩で調味し
ライム果汁を絞りいれ、好みの酸味加減で仕上げます。

【コツ、ポイント】

パクチーの茎、柔らかい場合はぜひ一緒に使いましょう(香りと食感がUPします)
・トマトは、味の濃いミディトマトやプチトマト系がおススメ。
・焼いたお肉料理の付け合わせとして、ワンプレートに盛り付けるのもおススメです

20150508 2

パクチーさえあれば、あとの具材はお好みで♪
例えばこれにクミンなど加えても良し、
パクチー好きな方、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね


ていう、超簡単なモロッカンレシピをご紹介しましたが
今日はもうひとつ。
最近作って感激した「モロッコ風料理」です

同じロンドン在住の人気ブロガーKT121さんのレシピ
Cpicon チキンとデーツ、オリーブのスパイス煮 by KT121

20150508 3

大大大満足なおいしさ
モロッコで食べた、あんなのやこんなのを彷彿させる本格的なお味なんです。

20150508 5
20150508 4
(上「チキンとオリーブ、レモンのタジン」
下「ラムとドライフルーツのタジン」)

KTさんご自身が、モロッコ人シェフに聞いたレシピを参考にされているそうで
ほろほろチキンに、この香りとドライフルーツの甘味とが最高!!
まさにモロッコのリヤド(宿泊施設)のレストランでいただいたタジンの味なんです

20150508 6

たまたま家にデーツが無かったので
ドライアプリコットとプルーンで代用してみました。

皆さんもぜひお試しくださいませ



おまけ

冒頭の話に戻りまして、その作品。

長女作
20150508 8

むむ、なかなか上手ではないか~っ!
一年前はほんと福笑いみたいな宇宙人みたいな「顔」しか書けなかったのに(しみじみ…)

一方、ヨダレ王子作
20150508 7

・・・ん??

たいして想いはこもっていなくとも(笑)
素直に嬉しい、プライスレスな似顔絵が2枚。
しばらくリビングに飾っておこうと思います


にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト
GO TOP