4~5月の料理教室記録『おうちレストラン あんこうの煮込みと牛ステーキ肉を使った前菜ほか』

今日は、料理教室記録です。

4~5月のテーマは、シリーズ化しつつある「おうちレストラン」
ということで自宅で楽しめるご馳走風な簡単家庭洋食の献立をご紹介

白身魚(あんこう Monkfish)や、レンズマメ(Green Lentils)、赤身サーロインなど
イギリスのスーパーで手軽に買える食材
を使用しまして
それぞれの調理に関するコツを中心にご紹介させていただきました。

20150510 15

献立
前菜 牛肉とアボカドのカルパッチョ風サラダ 醤油バルサミコドレッシング
    レンズ豆のタブレ風サラダ
メイン あんこうのケイパー&サフラン煮込み


パン セサミロール
アミューズ ソラマメの冷製スープ、ホタテの昆布〆しば漬けソース
デザート ルバーブのタルト



前菜『牛肉とアボカドのカルパッチョ風サラダ 醤油バルサミコドレッシング』

20150510 3

・美味しいステーキを焼くいくつかのコツ。
(肉の選び方、冷蔵庫から出すタイミング、塩ふりのタイミング、使用するフライパン、焼き温度、時間、返しの目安、食べる前の保温など)
・ステーキ肉を使ったタタキを作るコツ
・斜めそぎ切り、切り方のコツ
・紫玉ねぎのみじん切り、保管ワザ
・サラダに使うアボカドの切り方、ひと手間
・サラダ野菜の盛り付け方

日本にいる頃からよく作っている、我が家のおもてなし定番中の定番レシピ
イギリスの赤身肉と日本の和牛では「美味しいステーキの焼き方」もまた若干異なってくるのですが、
文章にしにくい部分も、実際に詳しく見ていただき2種類のお肉も調理中にご試食いただきました。

サラダ『レンズマメのタブレ風サラダ』

20150510 5

・レンズ豆の種類、おススメポイント
・レンズマメの茹で方、冷まし方、保存方法
・パセリを使ったタブレ
・塩加減について
・仕上げの柑橘果汁、使用量のこと

私がイギリスのスーパーで手軽に入手できる食材の中で猛烈におススメする「レンズ豆(Green Lentils)」
これを使って、パセリ消費にも役に立つ「タブレ」の応用レシピです。
今までレンズ豆を買ったことや、ろくに食べたこともなかった方からも好評でした。
(レッスン後、ハマってしまい冷蔵庫にこのサラダを常備してます、なんてお声も

メイン『白身魚(あんこう)のケイパー&サフラン煮込み』

20150510 9

・アンコウの下ごしらえ
・野菜の下ごしらえ
・サフランの下ごしらえ
・ソースの煮詰め加減
・付け合わせのジャガイモ種類のことなど

この「アンコウ(Monkfish)」も、日本のスーパーじゃあまり一般的に見られませんが
こちらのスーパーでは対面販売コーナーでよく売られているんです。
スペイン旅行中に食べたアンコウ料理が忘れられず、再現を試みながらも
結果自分好みの味に収まってしまったという、そんなレシピ

鍋でしか食べたことの無かったアンコウの味に感激される方、
付け合わせのジャガイモとの相性に驚かれる方、
早速ご家庭で作って「美味しかった」とのお声、皆さんそれぞれの反応がとても嬉しかったです。

レッスンでは以上、3つのレシピを実践&ご紹介させていただきました。

パンCpicon 黒ゴマのシンプルパン by ケチャウルレシピ

20150510 8

日本の友達に送ってもらった京都の料亭さんの美味しいいりごま。
これをたっぷり使って、食事に合うシンプルな生地でロールパンを焼いてみました。
パン作り大好きな方が、これを気に入ってくださり当日中に焼いてくださったとのお話も

アミューズその①
『ソラマメの冷製スープ』

20150510 6

ソラマメでピュレを作り、小分けにしてストックしたベースを使って。
ローマで購入したデミタスカップが大活躍です

アミューズその②
『ホタテの昆布〆 しば漬けソース スプリングオニオンのマリネ』

20150510 7

長女の誕生会パーティーで作ったものがママ友に好評だったので
余ったしば漬けを使いレッスンでもご提供です
ホタテのサイズが小さくなってしまい、途中の回からイカ追加しました。

20150510 12

こちらは、先日ストーク・オン・トレントのアウトレットで購入した
ロイヤルドルトンのカラフルな器。これも大活躍

わらび狩り翌週のレッスンでは、こちらもご試食いただきました。

20150510 10

シンプルなおひたしです。
どんだけ採ってきたんだっていう・・・

デザートは、イギリスで今が旬のルバーブをたっぷり使ったこちら
Cpicon 香ばしくて甘酸っぱい♡ルバーブのタルト by ケチャウルレシピ

20150510 14

出始めはびっくりするほど鮮やかな赤色のルバーブ。
赤色のものだと調理すると綺麗なピンク色を楽しめるのですが・・・
回によっては鮮やかな赤色のルバーブが入手できず、微妙な色になってしまったけど
独特の爽やかな酸味、手作りならではのサクサクほろほろタルトをご賞味いただきました



お礼。
生徒さんの中に、ワインに詳しい方(ソムリエさんや、それを勉強されている方)がいらして
今回それぞれシャンパーニュやキャンティをご持参くださいました。

20150510 11

お心遣い、本当にありがとうございました

次回のレッスンは和風家庭料理を予定しています。
新規にご希望の方は、こちらブログのコメント欄に「非公開」にて返信用アドレスをいただければ
追ってご連絡させていただきます。

そして明日からしばしブログをお休みさせていただきます。
皆様も楽しい週末をお過ごしください


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP