ミレーが暮らした芸術家の街「バルビゾン」、天皇陛下の訪れたレストランへ。

パリ(郊外)旅行2日目の午後、
「バルビゾン」というフォンテーヌブローの森に隣接する小さな街へ行ってみました。

午前中の宮殿観光を終え、
フォンテーヌブローの街から車で約15分、ランチはこの街でレストランを探すことに

20150723 9

フォンテーヌブローの広い森に続くこの街は、
パリからもそう遠くはない場所に広がる美しい自然と、その滞在費の安さが、
当時経済的に豊かではなかった画家たちにとって魅力的だったそうで
「落ち穂拾い」で有名なミレーなどの画家達がこぞって滞在した街としても知られています。

20150723 7
20150723 8

約150年前経った今でも、当時の面影が偲ばれる石造りの家々が立ち並び
通りには名画を模したモザイク画が何枚も飾られているんです。

20150723 1
20150723 2
20150723 3
20150723 4

私は、美術に全~っく詳しくないのですが、これがまた本当に素敵なんですよね。
通りを歩いているだけで楽しい!!

20150723 6

ランチタイムを微妙に過ぎていたので、お目当てのレストランには入れず

がしかし、
なんとなくで入ったみたビストロがなかなか良かったのです

20150723 12

可愛いメニューにテンション

20150723 13
20150723 25

店内も広くはないけど、落ち着いた上品な感じ
見た目よりも洗練された味付けの美味しい食事に、ワインが進みます
店員さんの態度は実にフランス的ではありましたが

20150723 14
20150723 15
20150723 16

後で知ったことですが、このレストラン(ビストロの奧)
なんと、1971年に昭和天皇皇后両陛下が訪れたことがあるんですって
前もって予約をすれば同じメニューを食べることが出来るそうですよ。

遅いランチ後、再び大通りを歩きました。

こちら、とっても素朴な石の家ですが
ミレーのアトリエだったそうで、現在は記念館になっています。
ミレー記念館

20150723 17

せっかくなので中へ入ってみました。(大人一人€4)

20150723 18

中には、当時の芸術家達の写真や絵画
ミレーの描いたデッサンなども飾られていましたが
一番奥の部屋では、現在の画家が描いた絵も販売されていたり、でちょっとびっくり。

大通りを歩いていると、
とにかく圧倒的に多いのが、画廊です。

20150723 10
20150723 11

アートな街だなぁ~
たまらず私も、とあるお店で可愛いポストカードを購入

20150723 19

小さな写真立てに入れて、洗面所の棚にでも飾っておこうかな。

20150723 24
(この日、ランチ中ずっと昼寝をしていてくれた孝行息子と)

まるでジブリの映画に出てきそうな、素朴で小さな街「バルビゾン」
世界中から観光客が訪れるのも頷ける、ステキな街でした


そうそう、フォンテーヌブローの宮殿そばの広場にも
お約束の「メリーゴーランド」がありました

20150723 20

大人の観光に付き合わせてしまっているので、ここは子供達の希望通りに

20150723 23
20150723 22
20150723 21
(星の王子様の飛行機、気球?、バイク)

飛行機とバイク、相当リピってました

翌日は、最終日3日目。
途中、ランチがてらフランスの小さな街に寄り、あとは延々ドライブ~ロンドンの自宅を目指します。
この旅で初めて車中DVDを解禁したケチャ家なのでした。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP