南イタリア・プーリア地方旅行記③「オストゥーニ・荘園ホテルへ」

南イタリア半島のかかと部分「プーリア地方」旅行
3日目は、あたり一面がオリーブ畑そんな景色の中をひたすらドライブし

丘の上にある白い街、オストゥーニという街へ。

周りをオリーブ畑にかこまれた丘の上に、白い家々が重なるように密集して造られ
遠くから見るとまるで白く大きな城のようにも見えます。

20150819 1

街の起源は中世初期10世紀頃、アドリア海からの海賊や異教徒からの侵略に備え
このような形になった、とも。

20150819 4
20150819 6

一歩街に入ると、メインストリートが曲がりくねっていて、その間間を狭い階段が走る…
地図無では迷子になってしまいそうな迷宮空間がありました。

この日の夕ご飯はオストゥーニの街でいただくことにして
先に宿泊予定のホテルへ

20150819 14

「ん?ホテルはどこ?」

一瞬不安を感じる程、オリーブの木しか見えてこないんですけども・・・
ありました!!どうやらこれがその「入口」。

20150819 13

泊まったホテルは、中世の荘園領主の屋敷をを宿泊施設として利用した「荘園ホテル」です。

ちょうど一年前南スペイン・アンダルシア地方もそうだったけど
プーリアにもこれしかないの?ってくらい、ず~っと一面オリーブの木だらけ
そんな場所に突如現れた白い建物がまたステキでした

20150819 11
20150819 12

Masseria Valente
SP21, Contrada Valente 72017 0stuni (brindisi)
Puglia, South of Italy
info@masseriavalente.it
Tel +39.392.6777406
Tel +39.0831.302682

中庭を有するレストランにアパートメントハウス、歴史あるオリーブオイルの地下採油場・・・
総敷地面積は、サッカー場約37個分

20150819 15

部屋も、清潔感あっていい感じ。
シャワーの出も抜群でエアコンの調子もバッチリ。
遊具施設とプールが部屋の目の前にありました

20150819 16

夏は雨が少なく、また水道なんて通っていなさそうな畑のど真ん中であるにも関わらず
この「プール」は贅沢

20150819 17

超広くはないけれど、その造りがまた我が家のおチビ達に最適
ひょうたん型の半分は、足がつかないほどの深い大人用プールなのですが
その半分は、泳げない子供でも水遊びが楽しめるようなビーチ風。

20150819 18

これは嬉しい。
部屋の目の前でしたので、まるで部屋付きのプールのような感覚(って、ずうずうしいかな
時間の許す限り、プール遊びを堪能することが出来ましたよ

20150819 19
20150819 20

翌日に海水浴デビューをすることになる子供達にとって、良い予行練習となったかな。

さて、この日の夕ご飯。
冒頭の丘上の中世都市「オストゥーニ」に行ってみました。

20150819 5

街の広場(リベルタ広場)です。
夕暮れで人も沢山賑わっていましたよ。

ホテルのフロントの方曰く 「この街は夜がおススメ」と言っていたなぁ~

この日の晩ご飯

リベルタ広場から道を少し入ったところにあるレストランへ
子連れOK、カジュアルだけど小奇麗なお店でした。

お通し的に出てきた、ブルスケッタがまず美味。
20150819 7

このレストランに限った話ではありませんが、
プーリアのレストランでは「おまかせ前菜盛り合わせ」的なのが、けっこうすごい

どうすごいかというと、それとワイン1本あれば満足できちゃうほどのボリュームなのです

20150819 2

『野菜のマリネ』『スペルト小麦のサラダ』『ソラマメのパテ』
『ミニコロッケ』『茄子とズッキーニのグラタン』

これに『温かいモッツアレラ』(写真撮り忘れ)があったので、計6品。

何が出てくるのかはお店のおまかせなのですが、
オリーブオイルを使った、シンプルな野菜料理が大好きな方、プーリアのこれには感動すると思いますよ

『スキャンピ(海老)のカルパッチョ』
20150819 8

日本で食べるボタンエビのような、食べ応えのある甘い海老のお刺身♪
オレンジとざくろ風味で、白ワインにぴったり。

『シーフードリゾット』
20150819 9

コメ料理大好きな長女、リゾットをオーダーするとけっこう食べてくれるので
甲殻類のお出汁が利いた、日本人大好きな味。

『ウニと海老のリングイネ』
20150819 10

このパスタ、どこがリングイネ(太くはないけど断面が平たいロングパスタ)なの?って感じですが
手打ちなのかな?食感がもちもちで美味
もちもち好きにはたまらない~

ウニ好きの旦那は「ウニ風味が弱い」と申してましたが
私的には超好みな「トマト風味ではないのに旨い魚介系」の味で大満足

あーお腹いっぱい。

駐車した場所から、けっこうな階段を下ったのですが・・・
食後は逆にそれをひたすら登らなくてはならず
いい運動になりましたー!!


朝食は、荘園ホテルのレストランで。
庭に面した席でいただきました。

20150819 24

その実はまだ青かったけど、レモンやオレンジの木が沢山植えられていました。
南スペインでもそうだったけど、地中海地方にはオリーブやかんきつ類の木が本当に多く
街の街路樹や、公園や庭にも沢山あるんです。
これを見ると、同じヨーロッパのロンドンでもレモンやオレンジが激安なのが頷ける

このホテルで嬉しかったのが、猫

20150819 21
20150819 23
20150819 22

我が家のアイドル、ウルリの美しさを凌駕する美猫が沢山おりました。
猫好き一家にはたまらない

朝食後にチェックアウトして向かったのは、
「イタリアの美しい街」として登録されている、チステルニーノという小さな街です。
プーリア旅行記、もうちょい続きます

◇サレント地方旅行記①『世界遺産アルベルベッロ トゥルッリに泊まる』
◇サレント地方旅行記②『アルベルベッロ トゥルッリ散策』
◇サレント地方旅行記③『オストゥーニの荘園ホテル』
◇サレント地方旅行記④『イタリアの最も美しい街に選ばれた「チステルニーノ」』


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP