「ストロベリーヒルハウス(Strawberry Hill House)」でアート鑑賞。

昨日、ついに暖房のスイッチを入れてしまいました。
「寒いね~」なんていいながらも、
ここ数日は耐えていたのですが・・・

あとはもう、またあの季節がやってくるのみ
そして今日で長かった夏休みも終了です

先週の日曜日は、一日中天気が良かったので、
ロンドンの南西部に位置する「トゥイッケナム(Twickenham )」という街へ
「ストロベリーヒルハウス(Strawberry Hill House)」という建物を見てまいりました。

20150907 1

見えたきたのが、真っ白いお城
そこだけまるでテーマパークに来たような雰囲気です。

20150907 2
20150907 3

このストロベリーヒルハウス。
18世紀中旬、イギリスの初代首相の息子ホレスウォルポール(Horace Walpole)という裕福な人物によってつくられ
以来、持ち主を何度か変え、近年では大学校舎としても使われていたそうですよ。
ここ最近になって、当時を再現すべく改装され一般公開されるようになったようです。
館内には売店やカフェレストランもありました。

何が見どころかと申しますと、中世のゴシック建築を真似て造られたゴシック建築で(ゴシックリバイバル)
建物にいくつもの「THEゴシック」なテイストを見る事が出来るそう。
ちょうど、Laura Fordというアーティストの作品が館内に沢山展示されていて、それがまたなんとも楽しかったです。

20150907 4

庭には、見ざる言わざる・・・?的な猫たち
そして、貞子が2体

20150907 5

建物内へ入ってみました(有料)
ちなみに、一度に入る人数が決められているようで入場時間になると入口に集まることになっていました。
ガイドブックもいただけるのですが、各部屋にはボランティアの方もいてその説明も聞くことが出来ます。

20150907 6

玄関入るとすぐに階段が。
それぞれの部屋にはLaura Fordさんの印象的な作品が展示され、時としてはっとびっくりしてしまうことも。

20150907 13
20150907 14
20150907 15
20150907 16
20150907 17
20150907 18
20150907 19
20150907 20
20150907 21
20150907 22
20150907 23
20150907 24

そばに人影を感じると「はっ」としますよね、そんな感じで
これ以外にも面白い作品が面白い場所に展示されていて、色んな意味で印象的でした。

また、館内にはステンドグラスが多く、
精巧な手書きの絵が施されていたり本当に美しかったです。

20150907 7
20150907 8
20150907 9
20150907 10
20150907 11

ところでこのお屋敷の主、ホレス・ウォルポール。
イギリス初代首相の息子として、「政治家・作家」という肩書をもちながらも
その一生を通じて悠々自適な暮らしをしていたそうです。

20150907 25

当時から目立っていたこの建物には、沢山の美術品や骨とう品などが飾られていて
それが評判となり見学者が絶えなかったそうですよ。
(彼はそのために自宅のガイドブックまで発行)

20150907 26

立派なホール

そして今回、長女が飽きる事なくむしろ夢中になっていた遊びがこちら
「Family Trail」

20150907 12

「館内にこんなのがありますんで探してね♪」
という紙上の遊びでございます。

どうしても見つからなくって、「メンドクサイから諦めて次行こう!」というと
「やだ~!探す!!」と本気で怒る長女 
とまぁ、一枚の紙でかなり盛り上がることが出来ました。

この日のランチは、テムズ川沿いのパブへ。
天気の良い休日だったせいか、大盛況!!

20150907 28
20150907 27

人がいっぱいで忙しかったせいか、料理がなかなか出てこず…
こんなに待ったことないかな?というくらい待ったのですが、
ようやく出てきたかと思ったら・・・冷めていた

猫舌の子供達は、「わーい、ポテトポテト~熱くない~♪」と大喜びで取り合うようにして食べておりました。
結果、食べやすくて良かった?!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP