市販品利用で手抜き~♪『イタリアンポークソテー&ラヴィオリ』、Hampsteadのパブ「The Horseshoe」「The Holly Bush」。

連日、嬉しい秋晴れ
昨日はとある習い事の後、友人と美味しいガストロパブでランチしてきました。
ここ最近本当に忙しくしていたので、久々にまる一日ゆっくり出来た大満足な一日!!


さて今日ご紹介するのは、手抜きしたはずが思いのほか美味しかった
とある日の夕ご飯で作って書き留めておいた簡単料理のご紹介です。

『イタリアンポークソテー』

カリッと焼けた美味しい豚肉にニンニク風味のズッキーニが好相性
ラヴィオリに王道のシンプルなトマトソースがまた嬉しく
たっぷりかけたパルミジャーノが全体をまとめ上げてくれてくれました。

間違いのない美味しさです

20150916 2

覚書程度のレシピで申し訳ないのですが…

【材料(たっぷり2人分)】

・豚肩ロース肉 2枚
・ズッキーニ 1本
・にんにく 1かけ
・ラヴィオリ(市販) 適量
・トマトソース(Cpicon うちの「基本トマトソース」 by ケチャウルレシピ) たっぷり
・パルミジャーノ 塊をおろし金でおろしておく たっぷり(約30g)
・塩、胡椒、ミックスハーブ 各適量

【手順】

①豚肩ロース肉はしっかりめに筋切りをし、塩胡椒ミックスハーブで下味をつけておく。
ズッキーニは縦半分に切ってからそれぞれを半分に切ります。
②フライパンにオリーブ油大さじ1弱(分量外)、潰したニンニクを入れ点火
同時に豚肉を焼きます。
火加減は最初弱めにして徐々に火力をあげていくイメージで。フタをせずに片面8分→裏返して数分間
焼きすぎに注意しつつ両面を焼き上げます。
また、空いてるスペースで同時にズッキーニを焼きます。
③豚肉を焼いている間に、付け合わせのラヴィオリを茹でておき、トマトソースも温めておく。
④皿にラヴィオリと肉を盛り付け、トマトソースをたっぷりかけて、削っておいたパルミジャーノをたっぷりかけます。

【コツ、ポイント】
・美味しい塊チーズをたっぷり削ってかけてください。
余熱でチーズが溶けるのが美味しいので、ソースはきちんと温めてください。
・鶏肉で作っても間違いなく美味しいと思います。
・使用したラヴィオリはこちら。

Porcini Mushroom Ravioli
20150916 1

超美味しい!!というわけではないかもしれませんが、付け合わせ的に使ったり
具だくさんソースと一緒にサーブすると満足度が上がるかも?!

20150916 3

アスパラとホタテをソテーして、トマトクリーム仕立てにしてみました。
美味しかったです


おまけ

冒頭にお話した昨日のランチのこと。

ハムステッド在住の友人おススメのパブへ行きました。
パブだけどオーダーを取りに来てくれる形式で、店内もこぎれい

お肉の気分ではなかったので、コッドをオーダー。

20150916 4

メニューには、「コッド(鱈)、トレヴィス、レンズマメ、グリーンサルサ」としか書いていなくて
迷いつつでしたが、これが大正解

さっぱりしたレンズマメのサラダ。
トレヴィスの苦みが全く気にならないのが不思議なおいしさ
外カリカリ中ふわふわな白身魚にぽってりと添えられたサルサソースも好みの味でした。

20150916 5

『The Horseshoe』
28 Heath Street
Hampstead
NW3 6TE
02074317206

ちなみにハムステッドではこちらのパブもお気に入りです。
『The Holly Bush』

20150916 7

写真は、手長海老の前菜に、
2種類の調理法でいただくラム。

20150916 8
20150916 6

パブ飯的なボリュームだけど、味もGOOD
季節ごとに変わるメニューも楽しみなのです♪


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP