今年も巨大かぼちゃで!!『ジャック・オ・ランタン(Jack-o'- Lantern)』の作り方。

今年もスーパーに巨大なかぼちゃが売られはじめました

あまりにも大きいので、最初は「誰がこんな大きなのを買うんだろう・・・」なんて思ったのですが
スーパーで見かける度に何故だか意欲がわいてしまい
去年、初めて挑戦したジャックオランタン作り

結構楽しくまた思ったより簡単♪
そこで今年は「作ってみたーい!」という友達と一緒に楽しく作成開始

20150918 2

【必要なもの】

・南瓜(ジャックオランタン用) 
・油性ペンかクレヨン
・新聞紙かレジャーシート
・果物ナイフ
・スプーン

【作り方】

①紙に顔を下書きします。
それを参考に、南瓜本体にクレヨンなどで下書きをする。
同じ形でも、口や目を書く位置によってだいぶ印象が変わりますので、そこはよく考えて。

20150918 7

クレヨンを使う場合、色は黒や青よりも、茶系を使った方が目立たなくて良いかも。
下書き部分の外側をカットしていくので、小さ目に書くと良いです。

②カボチャの底(ヘタがついていないほう)を直径10~13㎝程度の円形にくりぬく。
(気持ち、ナイフを外側に倒すようにしてやると、皮が外れやすくなります。)
③スプーンで中をくりぬきます。
食用南瓜と違って、とても果肉が柔らかいのでびっくりしますが、なるべく丁寧に。
種&ワタだけでなく、水っぽい果肉部分まできれいに削ぐようにすると日持ちがするそうです。

20150918 9

けっこうな量。

④いよいよ彫っていきます。
下書きのクレヨンが見えないように、その少し外側にナイフを入れていきます。

20150918 8

直線は簡単ですが、曲線がちょっと難しい・・・
やはり南瓜なので、皮自体はけっこう固いのです。

20150918 10

パカッと外れた時には、ちょっぴり感動~
子供たちから「もういっかいそれやって」とのリクエストが

20150918 1
(右端は陶器製の既製品です

作る人の個性が出ているような?笑

そして、なるべく日持ちをさせるためには、
「カビの生えやすい内側に水で薄めたハイター(消毒用塩素)を霧吹きでふきつける」
「作った後は、半日~1日干す。(できれば天日干しで)」
というのが効果あるそうです。

20150918 3

今年もちゃんと自己満足


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP