バレンタインチョコレシピ2種『定番トリュフ♡アレンジ色々』『友チョコ用☆簡単苺&ピスタチオチョコ』

週末、今井美樹さんのコンサートへ行ってきました。

日本にいてはなかなか行くこともないよな~と思い、思い切ってチケットを購入
のびやかで澄んだ歌声と素晴らしい楽器演奏とが、予想以上に心に響きました。
学生時代の懐かしい曲を聞けたのも嬉しかったです。

会場は日本人だらけということもあり、ロンドンで知り合った友達や料理教室に来てくれている生徒さんとも顔を合わせましたが
びっくりしたのが目の前の席に座っていた方までー!!
雰囲気似てるな~と思いきや本物



さて今日から2月。

ということで、ご紹介するのは、バレンタイン向けのチョコレートレシピを2つ
まずは、このブログでも毎年ご紹介している我が家の定番トリュフです。

Cpicon バレンタインに❤基本のトリュフ、苺、抹茶 by ケチャ&ウル

配合がとてもシンプルで分量も覚えやすく、
私のような本格的に製菓を習ったことがない方でも、どろんこ遊び感覚で気軽に作っていただけるトリュフです


20160201 1



チョコレート菓子なのでポイントはなんといっても「温度管理」
ガナッシュボールを作る時は手早く、柔らかくなると扱いにくくなるのでその都度冷蔵庫で冷やすこと
ちなみにこのガナッシュボールだけ時間がある時に作っておいて
「あとはコーティングするだけ♪」という状態で冷蔵保存しておくと楽ちん
(でないと半日がかりとかになってしまう…

また、コーティング用チョコレートは多めに溶かしておくと、
断然コーティングしやすく、仕上がりもきれいです。

余ったらコーンフレークなどを絡めて「チョコクランチ」にしてしまえばいいのです。
私、この副産物がかなり好きなんですよね


そして、もうひとつ。

トリュフが難易度☆☆☆だとしたら
こちらは難易度☆?

Cpicon 友チョコに❤苺とピスタチオの割チョコ❤ by ケチャ&ウル

とっても手軽なので、友チョコ向けに最適かなと思われます。
私、この「苺とピスタチオ、ホワイトチョコの組み合わせ」が大~好きなので
実はトリュフより気に入っております

20160201 8



トリュフ作りで、コーティング用のホワイトチョコが余った時のお助けにも♪

我が家では今年も長女と一緒に作れるチョコレートを考えています。
去年はハートのチョコサンドクッキーを作りました。)
さて今年は何作ろうかな~



おまけ

最近のフラワーアレンジメント作品のことをご紹介させてください。

昨年Xmasリースを作って以来、ハマりそうなフラワーアレンジ。
2回目は、「春の花を使った春らしいペアの卓上アレンジ」ということで
先生にオーダーさせていただきました。

前回お腹が空きすぎておかしくなりそうだったので
卓上にはちょこっとつまめるお菓子満載でスタート

20160201 2

この日も集中、集中~~
意外に早く?出来上がりました

じゃじゃん、私の作品です。

20160201 3

ラナンキュラス(黄)、チューリップ、桜の一種、ムスカリ、すみれ、スイートピー、小花
全てアーティフィシャル(造花)です。

ムスカリやチューリップがとがっているので、
丸みを帯びた全体にこのバランスどう配置してよいやら…少し悩みましたが
なんとか収まってくれた、かな?

ひゅんひゅん飛び出しているムスカリの長い葉を、
先生のアドバイスに従って丸く入れ込むような形に整えてみたり

20160201 4
(チューリップが本物っぽくてびっくり)

数日間は、これに思わず水をやってしまいそうな衝動にかられました

楽しいレッスンをありがとうございます!!
フラワーアレンジメント教室 A’s flower


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP