ココアが隠し味!『バレンタインに♡鶏肉のポルチーニクリーム煮込み』、初めてのアンティーク!!

今週明けに仲良くしていた友達からの本帰国報告が
そしてその翌日も、心のオアシスだった別の友達から「急に本帰国することに…」との報告

仲良くしてもらっていた分、寂しさも倍増です。
これはやっぱりいつになっても慣れそうにないです


気を取り直して。。

今日もバレンタイン向けなレシピのご紹介!!

といっても、スウィーツではないのですよ。
甘いものが苦手な彼氏やオット殿に、
「今日は、ちょっとスペシャルなごちそう作ったよー」と自慢げに出していただきたいメインのお肉料理です

Cpicon バレンタインに♡鶏肉のポルチーニ煮込み by ケチャ&ウル

柔らかく煮込まれたチキンに、ポルチーニの風味が凝縮された旨々ソース
付け合わせのパスタがまた良いのです

難しそうな料理ですが、フレンチの基本レシピ「フリカッセ」の応用なので、見た目よりずっと簡単系

そして、実は隠し味にココアが入ってます
ていうのが、バレンタイン向けとする所以なのでした

ほろ苦いココア風味がクリームベースソースの味を引き締めまてくれるんです
騙されたと思ってぜひお試しください

バレンタインチキン



【コツ、ポイント】

生クリームを入れる前の、煮汁の煮詰め加減によって大分味わいが変わってきます。

20160124 3

濃いのが好きな方はしっかり煮詰めてクリーム多めに
あっさり好きの方は、必要であれば水分を加え、クリームは少量で仕上げてみてください。

20160124 1

仕上げにはミックスペッパーをごりごりと
この日の付け合わせ用パスタは、フェットチーネを使いました。

イギリスのスーパーで売られている「鶏もも肉」といえば
・骨付き
・骨はないけど皮もない
そんな二者択一になりますので、煮込み料理にはもっぱら骨付きを使用しておりますが

20160124 2

もちろん、日本で売られている普通の鶏もも肉でも同様に作れます。
その際はあまり小さく切らずに、大き目にカットした方がパサつかずジューシーな仕上がりになりますよ。
ワインお好きな方は、ぜいワインと
ナイフとフォークでお召し上がりください。


おまけ

前回の紅茶教室のこと。

紅茶の歴史とアンティークを学んだ後は、アンティークショップが集まる小さなマーケットへ行ってみました。

アルフィーズ・アンティーク・マーケット(Alfies Antique Market)

すっかり顔馴染みなのか、紅茶先生と通訳の仕事をしている友人とおばちゃん店主との会話が弾みます。
おばちゃん、その知識もさすがプロ。

いいのがあれば買いたいかな~

なんてノンビリ構えていた私でしたが、奧の棚にいたカップに一目ぼれ。
とはいえ、高そうなので尻込みしていますと
「あ、これね£○○でいいわよ」と、なんと値札の半額に負けてくれる店主のベスさん!!

都会ランチ一食分価格でしたが、そこで迷わずお買い上げしてしまいました。
もちろん私にとっては、初のアンティークです。

じゃじゃん

20160201 5

家ではひたすら眺めております・・・
この取っ手部分のデザインがつぼ

20160201 6

ちなみにこのカップが作られた年代は、1870年代なんですって
裏にあるこの印。

20160201 7
(W.T. Copeland & Sons./現Spode)

怪しい?なんて思っちゃうけど、これが当時のメーカーを記す刻印であり
これこそが年代を知る目印になるそうです。

知るほどに奥が深いですね



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP