覚書レシピ『ピメントスの出汁浸し』、友人宅でのポトラックお料理色々♪

昨日、新しい内容での料理教室第1回目が無事終了~ほっ
そして今週も盛りだくさんな一週間でした。

とある日は、友人宅でのポトラックパーティーへ
密かに年末から楽しみにしていたイベントだったので、そりゃもうこの日が待ち遠しくて!!

「モデルルームみたいに素敵」という噂通りのお宅。
広く明るいキッチンからは、手入れの行き届いた庭がすぐそこにある、といった風で
家の中でキッチンで過ごすことの多い私にとっては、羨ましい限り

20160205 1

彼女のセンスあふれる盛り付け、美味しいお料理の数々にただただ感激なのでした。

カナッペ2種類
(ポルチーニとマッシュルームのクリーム煮、カポナータ)
生ハム、チーズ、フォアグラwithイチヂク


20160205 2

トマトのマリネ
ビスク風スープ


20160205 3

黒いスレートプレートに、赤や黄色のお料理がとても映えていて素敵ですよね。
こういった使い方も勉強になります。

ブルーチーズ入りポテトサラダ

20160205 4

この国では一年中出回っているベビーポテト。
日本でいうところの新じゃがなんですが、これはワインにぴったりです。

ビーフとアボカドのサラダ

20160205 5

私のレシピCpicon 牛タタキとアボカドのカルパッチョ風サラダ by ケチャ&ウルで作っていただきました。
おもてなし定番なのだとか、嬉しいよー!!ありがとう!!

私が持ち寄ったのは、
持参品その①
パンとアミューズ的なおつまみ2種類に、パドロンペッパー(ピメントス)の料理

20160205 6

このアミューズ、ガラス器に盛り付けたまま持ち込みました
次回のレッスンでもご試食いただこうと思っている、野菜料理2品です。
ポテトキノコ半熟うずら トリュフ塩風味
パースニップと茄子のラタトゥイユ


パンは、Cpicon シュトーレン風フルーツブレッド by ケチャ&ウル
ピメントスの料理は、素揚げして白だし浸しにしただけのレシピとは呼べないほど超~手抜きな一品。
和な食べ方ですが、白泡などによく合います。
「初めてなんだよね~これ辛いんでしょ」と怖々食べ始めた友人が
2個も3個もお代わりしてくれていたのが嬉しかったです

『ピメントスの出汁浸し』
20160205 9

覚書レシピ
【材料】
パドロンペッパー(スペインバルで「ピメントス」、見た目はシシトウですが肉厚で甘味があるピーマンに近い?) 1パック
オリーブオイル 適量
白だし 大さじ2
水 白だしと併せて100㏄
【手順】
①ピメントスにはつまようじなどで2か所プスプスと穴をあけます
②普通の鍋にオリーブオイルを熱し(2㎝程度の深さがあった方がよい)、ピメントスを香ばしく素揚げします
③白だしを合わせた漬け汁につけて、冷めた頃にいただきます。

20160205 7

持参品その②
鴨と葱のエスニック風
ドレッシングにちょいとエスニック味の要素をプラスしてみました。

写りこんだ白ワインは、ワインに詳しい友人宅からやってきた特級品
別格の美味しさでした。

20160205 8

デザートと紅茶は、美味しいスウィーツ店がたくさんある街に住む友人が調達してくれました。

黄色い器に入った、お手製のローズマリー&黒糖風味のカリカリミックスナッツもハマる美味しさ!!

紅茶は、「バレンタインブレンドtea」という、ピンク色が可愛いローズヒップベースの爽やかな味
ケーキはお店ハシゴして買ってきてくれたそうです、どれも美味しかったけどチーズケーキが秀逸
お店メモっておこうと思っていたけど、
早々にタイムリミットがやってきてしまい慌てておいとますることに

続きは、また来月ということで


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP