1月の料理教室記録「和風な家庭料理『サーモンのチキン南蛮風』『シイタケの海老肉詰め揚げ』『カニ炊き込みご飯』など」

今日は、前回(2016年1月)の料理教室記録です。

テーマは、『和風の家庭料理』

和風といいつつ洋食の要素を取り入れた「サーモンのチキン南蛮風」をメインに
不揃いしいたけを使った副菜、カニの旨み凝縮な炊き込みご飯、
その他、野菜中心のヘルシーレシをご紹介させていただきました


20160130 1

献立

 豆苗とブロッコリーのお浸し
 シイタケの海老肉詰め揚げ レタスラップ 
 サーモンの鶏南蛮風 和風タルタルソース添え
 オクラチャンプルー
 カニ飯


 
 おつまみ   くるみたっぷり田作り、栗きんとん、紅白なます
 デザート   とろとろほうじ茶(抹茶)プリン

 副菜その①
『豆苗とブロッコリーのおひたし』

20160130 5

・イギリスのスーパーで売られている「豆苗」、栄養について
・ブロッコリーの茹で方
・栄養吸収率を上げるおひたしつゆの工夫
・小鉢への盛り付け方


「豆苗」
日本では豆が付いた状態でそこからひゅんひゅんと芽が出ている状態で売られていますが
こちらではもっぱらサラダとして食べることが多いようで、パック詰めのサラダ野菜コーナーで売られています。
加熱してたっぷり食べる方法のひとつとして、お浸しをご紹介しました。

『オクラのチャンプルー』

20160130 6

・オクラを炒める
・火加減、炒める時のこつ
・卵の火入れ加減
・小鉢への盛り付け

「オクラ」
ねばねば食材大好きな長女が好んで食べてくれる、ありがたい野菜のひとつ。
夏が旬の野菜ですが、こちらのスーパーでは通年お手頃価格で入手することが出来ます(1パックの量がまた多い!!)
そこで、サクラエビやハム、ネギ、塩昆布と一緒に炒飯にしてみたところ、長女に大好評
その炒飯をヒントに、微妙な量の溶き卵が余った時の消費レシピとして、ご紹介させていただきました。

『シイタケの海老肉詰め揚げ レタスラップ』

20160130 3

・ひき肉100g~おススメの肉と簡単少量ひき肉の作り方
・海老入りひき肉種
・しいたけへの詰め方こつ
・揚げ油温度
・つけだれ2種類

イギリスでは、きのこといえば=マッシュルーム、というほどに色々な種類のマッシュルームが、新鮮且つ安く売られています。
マッシュルーム好きにとっては天国なのです
が、そんなマッシュルームたちに混ざって
「Shiitake Mushrooms」と呼ばれるいわゆる日本のシイタケも売られてまして
これが大きさもバラバラ、なのに安くはないという・・・
中には赤ちゃんみたいな小さいものや、ぴらぴらの薄いものまで入っていて、日本人から見ると「できそこない」感が否めません。
そんなできそこないシイタケでも美味しく召し上がっていただけるよう、考案したレシピです。

バジル(大葉)が香る、プリプリの海老入り肉だねとシイタケの旨み
2種類のタレをお好みでつけて、たっぷりの白髪ねぎと一緒にレタスに挟んでがぶっと召し上がっていただきました

Cpicon チキン南蛮みたいな サーモン照り焼き しば漬けタルタルソース添え by ケチャ&ウル

20160130 2

・しば漬け入り和風タルタルソースの配合、代用食材について
・サーモンの簡単皮はぎ方法
・ムニエル若しくは天ぷら粉を使った衣アレンジ
・バルサミコ酢を使った甘酢タレの配合
・サーモンの加熱、火加減について

実はこのレシピ、クックパッドへ既にアップしているレシピの改良版なんです。
より美味しく、分かりやすい分量で見直してみました。(以前のレシピで作ってくださった方、ごめんなさい

こちらで売られているサーモンは脂がのっていて肉厚、それだけでボリュームいっぱいですが
チキン南蛮のような洋食風の味付けがとっても合うんです
またタルタルソースは、入手しにくいしば漬けの代りに、同量のピクルスで作っても美味しい基本レシピです。

「魚苦手な子供がおかわり」「タレだけで作っても美味しい」
「外国人の友達家族向けのおもてなしで喜んでもらえました」とのお声、とても嬉しかったです

また今回はめずらしくご飯レシピもご紹介しました。

『こっくり味噌入りカニの炊き込みごはん』

20160130 4

・使用する製品(カニ身&カニみそ)
・炊飯器で炊く
・パサつかない工夫

材料を入れてスイッチポンで出来てしまうので、本当に簡単
カニみそを入れてこっくり味にしてみたのは、一時帰国中に食べたカニの卵入り炊き込みご飯が美味しく、そこがヒント。
また海鮮食材を炊き込むとパサつきがちなので、そこは材料に一工夫します。
アクセントに塩昆布を添えてご試食いただきました。

加えて、一口サイズのおつまみはお正月後ということで
我が家の手作りおせちを3品召し上がっていただきました。

Cpicon おせち料理 砂糖要らず♪うちの栗きんとん by ケチャ&ウル

20160130 7

栗の甘露煮は、前年の一時帰国で仕入れてきたものを
くちなしも友人経由で調達です。
こちらの芋で作るとどうしても少し水っぽくなってしまうのですが今後の課題かな・・・

Cpicon おせち料理 薄味♪ポリポリ田作り by ケチャ&ウル

20160130 8

これは大好きで、正月以外にも作ってしまう我が家の定番です。
一度作っておくとものすごく日持ちするのも嬉しいポイント。

『紅白なます』

20160130 10

ゆずを贅沢にたっぷり使った我が家の紅白なます。
塩と砂糖は控えめに、柚子果汁をたっぷり絞って作ります。
いつも適当に作っていたのですが、今回は分量をしっかり量りました!!

20160130 9


そしてデザートは、和風テイストで。
『ふるふるほうじ茶プリン』

20160130 13

生クリームをたっぷり使って、少な目のゼラチンでふるふる食感に仕上げたプリン。
実は当初、日本から調達してきた抹茶でご用意する予定が、貴重なその食材をなんと紛失してしまい
頂き物のほうじ茶で苦し紛れに作ってみたところ、大成功
レシピ公開のリクエストが多かったので、近々ご紹介させていただきます。

20160130 11
20160130 12

茎はすっかりしおれてしまったスプレーカーネーション、花びらはまだまだ綺麗
捨てるのが忍びなく最後まで利用させてもらいました。

いつも楽しみに来てくれる皆様には本当に感謝です
また今回はいつも以上にお別れが多く、それは本当に寂しいのですが・・・
新生活でのご成功を心よりお祈り申し上げます!!


今月~3月半ばは洋食の献立でやらせてもらっています。
また、4月いっぱいはお休みをさせていただく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP