紅茶教室⑤「自宅アフタヌーンティーでのおもてなし」

週末、長女の通う幼稚園の卒園式がありました。
年中である長女達も、「在園児代表」としてお姉さんお兄さんたちの卒園式に参加することとなり
歌などを一生懸命練習していた成果を発揮していました。

もちろん年中組の保護者は式に参加することはないのですが、
会場から漏れてくる歌声を聴いているだけで、なんだかこみ上げるものがありました
ロンドンへ来て初めて幼稚園に通うようになり
親子でのお付き合いが沢山あって、お別れもいっぱい経験してきて、、、
もし来年我が子が卒園式に出席する姿を目にしたら、絶対に泣いてしまいそうです。
式後に長女がクラスのお友達で集まって遊ぶ姿を見ていると、なんとも言えない気持ちになりました。


さてさて今日はレシピのご紹介ではなく、昨年から定期的に通っている紅茶教室の記録です。

今回は、5回目。
先生のご自宅でのレッスン最終回となります
テーマは
アフタヌーンティーでのおもてなし

イギリスで「アフタヌーンティ」というと、なんだかお洒落豪華な貴族的イメージがありますが
そうではなくもっと気軽に自宅で、例えば親しい友人やお世話になった人、そのご家族をおもてなしする
そんな楽しみ方もあるそうです。

この日は実際にテーブルを囲み、先生おススメの様々な紅茶と共に
サンドイッチやスコーン、焼き菓子などをいただきながらのレッスンです。
(こりゃ楽しくないはずがない

まず最初にいただいたウェルカムティーは、『Easter Tea Fortnum&Mason』

20160312 2

イースターらしくきれいな花弁入り
茶葉からして見た目もキュートなブレンドティーです。
マリーゴールドやコーンフラワーの花に、オレンジブロッサムやエルダーフラワーの香りも着香されているそうです。
のっけからお代わりしたくなるような、美味しい紅茶でした。

レッスンでは、事前の準備に関することからはじまって
・ゲストやメニューその告知について
・テーブルかソファか
・セッティングの仕方、そのポイントについて

20160312 1
(セッティング例)

また前日までにしておくこと~家の中、食器、茶葉や食事、焼き菓子の選択・決定、
加えて、当日すべきことアフタヌーンティーのマナー(エチケット)についての教えていただきました。

2杯目の紅茶は、『Valentine's Tea Fortnum&Mason』です。

20160312 3

これもまた茶葉からしてめっちゃキュート
バラの花びら入りなので、バラの香り溢れる紅茶かなと思いきや
ローズヒップの爽やかな味がバランスよく配合されている白いお茶(白茶)。
その水色がまさにバレンタインらしいというか、これ嫌いな女性はいないんじゃないかなと思います。

サンドイッチは、2種類。

20160312 4

『トマト卵』
『スモークサーモンと胡瓜』


高級ホテルのアフタヌーンティーで出てくるものですらパサついた印象のサンドイッチですが
この教室でいただくのはいつも具とパンのバランスがよく美味しい♪
また雑談の中から、美味しいサンドイッチの具材について教えてもらい、嬉しい収穫です。

続いて焼きたてのほかほか

20160312 5

『レーズン入りスコーン』

実はスコーンってあまり得意じゃなかったんですけど
この教室に通うようになって、友達が焼いてくれるこのスコーンは別

スコーン用のナイフで半分にカットして
お好みでクロテッドクリームやジャムなどをつけていただきます。

20160312 6
『自家製苺ジャム、レモンカードにジャージー牛のクロテッドクリーム』

3杯目の紅茶は、先生のお気に入りだという
『Rose Pouchong Fortnum&Mason』です。

20160312 8

しっかりとした印象の紅茶にバラの香り。
クリームやジャムをつけたスコーンや、甘いお菓子にぴったりだと思いました。
(また、写真はありませんがこの後もAfternoon Teaと呼ばれる美味しいブレンドティーもいただきました)

ブドウは、前々回のレッスンテーマ「アンティーク」で学んだ
ブドウ専用のはさみを使って、各自とらせてもらいました。

20160312 11

どこに刃があるのかわからないような優雅なはさみなのに、
「ばちん」といい音を立てて上手に枝が切れた時はなんだか嬉しくなりました

チョコレート(オランジェット)がのせられたアンティーク皿も素敵

20160312 7

銀製品は価格もですけど手入れにも自信がなくて、やはり高値の花ではありますが
こうやって実際に使っているのを見ると本当にいいなと思います。

焼き菓子は、イギリスではとてもポピュラーなこちら

20160312 9

『キャロットケーキ』

これも私、その先入観で今まであまり食べたことがなかったのですが
甘さもほどよく上に塗られているクリームがまた良くあっていて、紅茶にぴったり!
人参以外にもバナナがたっぷり、全粒粉とグレープシードオイルで焼かれているそうです。

20160312 10

素朴でやみつきになるお味。

以上、先生のご自宅での最終レッスン
アフタヌーンティーをしながら、そのエピソードやポイントについて、また紅茶と健康にまつわる話も教えていただきました。

「紅茶を飲みながら、くつろいで楽しんでいただけるように」
「マナー(エチケット)はあるけれど、肩ひじはらず」
そんなお話が紅茶素人にとっては嬉しく、私も家でアフタヌーンティーやっちゃおうかな、という気持ちに

イギリスにいる間に料理教室を通じてこんな素敵な友人と知り合えて
紅茶教室を受ける機会に恵まれ、本当にラッキーです

次回は来月、いよいよ最終回となります。

過去の紅茶教室記録

第1回「美味しい紅茶の淹れ方」
第2回「各茶葉、食事とのペアリング」
第3回「アンティークと歴史」
第4回「アンティークマーケット(Alfies Antique Market)」




にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP