季節の贅沢♪『甘さ控えめ、ルバーブと苺のとろりんジャム』

早くも4月、最終週となりましたね。
ロンドンでは冬に戻ったかのような、10℃前後の寒い日が続いています。

それでも最近では、イギリスで「春の花」として知られるブルーベルが家の庭でも開花していたり
八重桜もひとつふたつと咲き始めたり
確実に春はやってきているんだから!!と思うしかないな



そして、ロンドンのス―パーでも、先月頃から真っ赤なルバーブが売られる季節となりました。
この真っ赤なルバーブ
夏から秋になってくると、どんどん緑がかってしまうのです。

20160420 4

そして一見、なんだか固そうな野菜みたいですけど(実際、果物ではないですよね
青林檎のような独特のきゅうんとした酸味が、他には代えがたく
焼き菓子やジャムなどにすると本当に美味しい、憧れの食材
これが、欧米では日本とくらべものにならないほど安く手軽に入手できのです!
今ではさすがに渡英直後ほどの興奮はなくなりましたが、今年もタルトやクランブル、ジャムにしていただいてます。

昨年、緑がかったルバーブに色をつけるべくを加えてみた
ゆるゆるコンフィチュール(ジャム)が個人的にとてもツボだったので、レシピをご紹介します

Cpicon ルバーブと苺のとろりんジャム by ケチャ&ウル

ルバーブの繊維がほろほろとろんとしたジャムも美味しいけど
なるべく形を残したままとろんとしていて、甘さも控えめなジャムとフルーツソースの中間?を目指してみました。

ルバーブと苺


【ポイント】
・瓶詰後、さらに煮沸して真空にしなくても冷蔵庫で2週間は軽く日持ちします。(その間に食べてなくなってしまう?!)

愛用の『WECK』
ゴムパッキンが別売りされているのですが、煮沸して真空になると写真の留め金がなくともフタがしまっている状態になります。
使える上に見た目がとても可愛いので、これは本当におススメ。

20160420 1

一度開封すると留め金が必要になりますが・・・

20160420 2

とろっとした食感がヨーグルトにもよく合いますよ。
甘さ控えめなのでたっぷり召し上がっていただけるはず

先週、我が家でアフタヌーンティーを初めてやることになり、
スコーン用にとクロテッドクリームとこのジャムをサーブしたところ、好評で嬉しかったです

20160420 3

一口サイズのサンドイッチ作って、スコーンを焼いて…
紅茶教室で学んだことのおさらいで試みた、初の自宅アフタヌーンティー。
この時のことはまたのちほど。。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP