ひんやりとろける簡単デザート『香ばし美味☆ほうじ茶のとろとろプリン』、紅茶教室最終回「F&Mでのアフタヌーンティー」。

今週は猛烈に忙しくなってしまいました。
ふんばりどころの1週間です。

それでも昨日は友人宅で気の置けない友達とアイシングクッキー作り&タコ焼きパーティー。
「ゆるい感じでアイシングクッキーを作ろう!」ということで、
お喋りしながらたこ焼きをつまみながらで、クッキーは沢山出来なかったけど、楽しかった~
これで残り3日も頑張れそうです



さて、今日ご紹介するレシピは、ひんやり冷たい簡単デザート

Cpicon 香ばし美味☆ほうじ茶のとろとろプリン by ケチャ&ウル

これから梅雨を経て夏を迎える日本の皆さんはもちろん
日本の味が懐かしく貴重な海外在住の方にもおススメ

一口食べると
ふんわりと香ばしいほうじ茶の香りが鼻を抜け
加えて冷たくとろりん~とした幸せ食感に、思わず笑顔になってしまうかも?!


そして何よりうれしいのが、材料を混ぜるだけという手軽さ

ゼラチンをふやかしたり、ほうじ茶を煮だしたりする手間さえ惜しまなければ、
胸をはっておもてなしにも採用できる「ほうじ茶風味のふわとろプリン」の出来上がりです

ほうじ茶プリン 1



【コツ、ポイント】

ほうじ茶に紅茶を加えることで、コクと香りUP!!

P1390316 1

・牛乳の吹きこぼれに注意。
(ドジな私は過去に何度も憂き目にあっています)
・牛乳と生クリームの計量単位が統一出来ていなくて申し訳ありません。


おまけ

昨年より通っていた、友人が主宰する紅茶教室。
前回は先生宅での最終回でしたが、今回はおそらく同じメンバーで集まるであろう最終回?!

「ホテルやレストランでの本格的アフタヌーンティーを楽しみましょう」

ということで、王室御用達であるロンドンの老舗デパート「Fortnum & Mason」へ行って参りました。
ピカデリーに立派な本店を構えるF&M。
行く度に胸がときめくというか、嫌なこと忘れちゃうというか、
買い物することなくとも(笑)観光気分で楽しむことが出来ます。

4階のレストランフロアへは初めて足を踏み入れました。

20160515 1

メニューからして素敵

「アフタヌーンティー」って、けっこういい値段するので
ちょっと高級なレストランで普通にランチをした方がいいかもしれない…

なんて思っていましたが、お茶が好きなメンバーと、お茶に詳しい友人と一緒のアフタヌーンティー体験は
本当に有意義で、お値段以上の価値があったんじゃないかと

20160515 3
20160515 4

F&Mのメインカラー、エメラルドグリーン(っていうのかな?)が美しいシンプルな茶器に、シルバーの茶こし。
紅茶はすべて先生に選んでもらい、皆でシェアしてなんと合計14種類もいただくことが出来ました

20160515 2
(フタになんのお茶か書いてくれているので一目瞭然!!)

1 ダージリンファーストフラッシュ(バンノックバーン茶園)
2 ホワイトティ
3 ダージリンセカンドフラッシュ(マーガレットホープ Margaret’s Hope Second Flush FTGFOP1)
4 エルダーフラワーグリーンティ
5 カウンテスグレイ
6 ジュブリーブレンド
7 ロイヤルウェディング
(ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚を祝してつくられた、アッサムとケニヤの茶葉を使用)
8 ローズプーチョン 
9 キームン 
10 ローズプーチョン 
11 セイロンティ NEW VITHANAKANDE
12 ガンパウダー
13 スモーキーアールグレイ
14 アイリッシュブレンド

一度にこんなに沢山の紅茶を飲む機会はそうそうないですよね。

さて、今回のアフタヌーンティー。
何がいいって、私のような甘い物がそんなに得意ではない人にも嬉しい
塩味のアフタヌーンティー、セイボリーがあったこと

20160515 5

そして、サンドイッチとスコーン、フィンガーフードが一度に出てきてくれた!!

今まで体験したホテルのアフタヌーンティーって、サンドイッチを平らげた後に焼きたてスコーンが登場し、
最後にデザートが出てくるという…大食いわんこそば的な苦しい部分があったのですが
今回のは好きなものを好きな順にゆっくり自分のペースでいただける、というのがとても嬉しかったです

サンドイッチは、『ハム、マヨ卵、スモークサーモン、きゅうり、カレー味のチキン』

20160515 9

スコーンも、甘くない塩味のスコーンです。
『チーズスコーン』『カニのスコーン』

20160515 8

これに添えられた、クロテッドクリームならぬ魚介の旨みがいっぱいのペーストがめちゃうまでした。
そしてプチフールの代りに、フィンガーフードです。

20160515 7

思わずシャンパンでも飲みたくなってしまう味。
(やはりそっちへ行ってしまう

オーソドックスなアフタヌーンティーをオーダーした友人のプチフールはこんな感じで。

20160515 10

これに+、あとはいかにもイギリスらしいどっしり系ケーキ
(ビクトリアサンドイッチ、クランブルタルト、市松模様のケーキ、バナナケーキ、チョコレートケーキ)が付きます。
そして食べきれない分は、これまた素敵な箱に詰めて持ち帰ることが出来ます。


紅茶がこんなに色々あって、それにまつわるうんちくも色々あって面白いけど、
何より紅茶を飲みながらの友人達と過ごす時間がとても楽しくて、
この日のアフタヌーンティーは、そんなことを教えてもらった紅茶教室最後の一大イベント
とても有意義なひとときを過ごすことが出来ました。
ありがとうございました!!

第1回「美味しい紅茶の淹れ方」
第2回「各茶葉、食事とのペアリング」
第3回「アンティークと歴史」
第4回「アンティークマーケット(Alfies Antique Market)」
第5回「自宅アフタヌーンティーでのおもてなし」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP