シチリア旅行⑤異文化融合文化の街、パレルモ・世界遺産めぐり。

シラクーサの考古学公園をあとにして、次の目的地パレルモに向かいました。

パレルモ

シチリア州都であり島内で最大の都市です。
ギリシャ・ローマ時代よりも、9~11世紀のイスラム帝国支配以降に重要な都市として発展してきた歴史があり
街には、前年に世界遺産登録されたアラブ・ノルマン様式の建物など、見どころいっぱい。
異文化の入り混じった世界が広がっていました。

20160605 1

まずちょっとびっくりなのが、少し小道を入るとこんな感じ。
今までの見てきたシチリアの街とは明らかに違う、モロッコのマラケシュで見たような活気がありました。
一人歩きはちょっと怖いかも。

なんていいながらも、早速宿から近い旧市街を散策~

20160605 2

美しい噴水がありました。

プレトーリア広場

大きな噴水の周りには30を超える裸体彫刻があります。
元々はフィレンツエで制作されたものを、この地に移築したのだそうです。

柵で囲われていますが、ちゃんと中へ入ることも出来ます。

20160605 4

この広場だけルネッサンスな雰囲気なのが面白いなと思いました。

噴水広場から、また別の広場へも道で繋がっています。
「ベッリーニ広場」

20160605 5

左が「マルトラーナ教会」で、右のぽこぽこ3つ連なっているのが、「サン・カルタド教会」です。

ガイドブックに見どころ☆☆☆と書かれていた教会へ入ってみました。
「マルトラーナ教会」

20160605 6

正面のファサードは16世紀のバロック様式で造られていますが
内部は、ほんとうに見事な装飾が施されています。

20160605 21

12世紀頃のビザンチン様式の金モザイクや、17~18世紀頃のバロック様式のフレスコ画
カラフルな大理石の床や、それぞれの柱の色も違っていたりして、
様々な時代の様式が混在しているのを見ることができます。

20160605 24
20160605 22

一度で何度も美味しい~みたいな気分♪

個人的にはこのブルーの部分の美しさ、好みでした。
絵になりますよね。

20160605 23

余談ですが、
この時長男が「おしっこ~」というのですが、トイレがなく・・・
ですが、教会の方に相談してみるとスタッフ用のトイレを貸していただきました。(言ってみるものですね)

噴水広場と教会から少しあるくとすぐ
パレルモのへそ、と言われる交差点がありました。

「 クワットロ・カンティ」

20160605 7

広場に面した4つの建物が、均等に弧を描くように造られており
各壁面には3段ずつ装飾が施されています。
一番下には四季をモチーフにした噴水が、真ん中には歴代のスペイン総督、
そして一番上には街の守護聖女がの像があるそうです。
19世紀に入ってイタリア王国に統合される前は、スペインの支配下に置かれていたこともあるのですね。

20160605 8

ここからヴィットリオ・エマヌエーレ通りを歩いて、パレルモの大聖堂へ向かいました。

カテドラーレ(Cattedrale)

これがまた圧巻
写真では伝わりませんが、街一番の、と言って間違いないであろう立派な教会です。

20160605 9
20160605 10

1184年に建設、以後様々な国の支配を受けながら度重なる増改築がされていた教会です。
もともとイスラム色のある様式の教会でしたが、14~19世紀前半にかけての改築で様々な建築様式が加わり
パレルモらしいといわれる現在の姿になったそうですよ。

20160605 11

中にも入ってみました。

案外フツーというか、外観の壮大さから考えると以外にフツーというか、
内部は18世紀後半の改築による、新古典様式、なんですって。

20160605 12

時間がなくて行けませんでしたが、カテドラーレ内部では霊廟や宝物庫などが見どころらしいです。

一旦宿へ戻り、子供達はいつ寝てもいいようにシャワーを浴びてもらい
いざ夕ご飯へ

この日のレストランは、シチリア旅行の中で1、2を争う美味しさだったので料理写真いっぱいでご紹介します!!

20160525 5

数種類盛られたパン、どれも買って帰りたいほど美味しくて
確かセットメニューにしたのですが、これもまたどのお皿も見た目だけでなく味が、
なんというか、日本の美味しいイタリアンで食べているようなお味でした。
素材の良さ、味加減、加熱の加減、どれもプロのお仕事で、イギリス人はきっとこういうの好きじゃないだろうけど(笑)、日本人の私達は大満足~!!

また、当時3歳と5歳児を連れた子連れ一家にもフレンドリーで、
店内もお洒落なカフェ風。だけど居心地がとても良かったです。ほんとにおススメ。

GAJINI RESTAURANT
+39 091 589 918
Via Cassari 35, Palermo

旅行中最後の晩餐に、美味しいレストランで食事を出来、幸せでした

翌日はパレルモ一番の見どころへ

ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂 Palazzo dei Normanni e Cappella Palatina

これも、アラブ・イスラムとキリスト教文化の融合が観られる貴重な世界遺産。
王宮では現在も議会が行われる場所として使われており、観光客が入れるのはパラティーノ礼拝堂を含む一部です。

20160605 14
(礼拝堂の前には列が出来ていました。)

最初は、列が長いぞ!!と思いましたが
中に入ってみてそれも納得

20160605 15

写真ではちょっとわかりにくいですが、天井の鍾乳洞造りと呼ばれる木製の装飾など
スペインのアルハンブラ宮殿で見たようなあれと一緒!!
金地モザイクも目がくらむような、神々しい美しさでした。

20160605 16

この日はこの礼拝堂しか見ることができませんでしたが…
曜日によっては、王宮内の他の部屋も見学することができるようです。

そして最終日のランチはヴィットリオ・エマヌエレ通りに面した広場で見かけたレストランへ
Ristorante Pizzeria Carlo V  

20160605 26

広場に面したレストランの中では一番繁盛していたので、、
オーダーしたパスタはどれも普通に美味しかった♪

20160605 25
(これで一人前)

元々、というかここ数年来で量をあまり欲しなくなった私ですが、
これは、ちょっと量少なくない?なんて思ったりして

食後は広場で待機していた観光馬車に乗りました。

20160605 27

旅先のあっちこっちで乗っていますが、、、
ここの相場はそんなに安くはなかったです。そして英語もほとんど通じず。

馬車に乗って、前日までに周れなかった、パレルモの観光名所を見る事が出来ました

20160605 29

途中下車して立ち寄らせてもらった、マーケット。
大好きなアーティチョークが茎ごと山積み~

20160605 28

映画「ゴッドファーザー」のロケ地としても知られている、マッシモ劇場

20160605 30

シチリア最大の都市パレルモ。
ヨーロッパ的な街を想像してくると、いい意味でも悪い意味でも衝撃的で活気溢れる街でした。

初めて行ったシチリア島。
2016/4/1~5 タオルミーナ(とカステルモーラ)、シラクーサ、パレルモ。
今回、3都市をめぐる4泊5日旅行ではありましたが、
街ごとにその様相が全く違っていて、行く先々で新たな発見や感動があり楽しかったです。

20160605 32
(タオルミーナのギリシャ劇場)

シチリア旅行①タオルミーナ・旧市街と古代劇場
シチリア旅行②タオルミーナ・グランブルーの海岸へ
シチリア旅行③空と海に囲まれた、カステルモーラ &猫たち
シチリア旅行④世界遺産の街 シラクーサ「オルティージャ島」・「考古学公園」 &猫たち
シチリア旅行⑤異文化融合文化の街、パレルモ・世界遺産めぐり。
2016/4/1~5


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP