クロアチア旅行記②スルジ山からの景色、ドブロヴニク旧市街散策。

城壁を一周した後にランチを済ませ、街の全景をおがむべくスルジ山へ行ってみることにしました。

旧市街からこの山へはロープウェーで簡単にのぼることが出来ますが、
その乗り場へ行くのに、街中からはこの急な階段を上らなくてはなりません。

20160915 42
(子連れ一家にとって、これがなかなかきつかった

階段をのぼりきったところにあるブジャ門から、さらに少しあるくとロープウェー乗り場があります。

スルジ山は標高410メートルほどの小さな山ですが、
ここから見下ろす旧市街の全景が素晴らしく、どのガイドブックにもその写真が使われているんじゃないかな?

20160915 43

「あ~これが写真で見た景色だ!!」
写真より実際に見る景色はやはり別格です。

帰りのロープウェーからは泊まっているホテルがある、港も見ることができました。

20160915 44

この日の夕ご飯。
ホテルから歩ける距離にTrip Adviserで評価の高いレストランがあったので、そこへ行ってみました。

マグロのステーキはレアで超美味、添えられた2種類のソースもまたぴったんこ。
牛ステーキも焼き加減よく付け合わせも美味しかった~!!

20160915 45
20160915 46

前菜付き2コースでしたが、どれも家族でシェアして美味しくいただきました。
直前に予約した私たちは屋内でしたが、テラス席(もちろん満席)は海の眺めも素晴らしいに違いないです。

20160915 47

Taverna Otto
Ul. Nikole Tesle 8, 20000, Dubrovnik,
+385 20 358 633

翌日は、再びドゥヴロブニク旧市街へ。
時間の許す限り、観光と買い物をしよう!!という意気込みでいきました。

広場や大通りには人がたくさんいて「混んでいる」印象ですが、少し路地に入ってみると猫がいたりしてのどかです。

20160915 38
20160915 39

そしてガイドブック片手に、主要な見どころをまわってみました。

ラグーサ共和国の総督邸

20160915 40

かつて、ドゥブロブニクはラグーサ共和国という海洋国家だったそうです。
その総督は任期が1か月と短く、またその任期中はこの建物からも出られず…独裁化防止に有効だったそうですが。
現在は博物館となっています。

聖母被昇天大聖堂

20160915 41

城壁からも間近にそのドームを見ることが出来ました。
主祭壇には、ティツィアーノによる名画がみられるそうなんですが…修復中でした。
別料金で入場できる宝物室(撮影不可)には、ドゥブロブニクの守護聖人である聖ブラホの聖遺物、黄金の装飾品などが展示されていました。

ドミニコ会修道院

20160917 1

創建は13世紀、完成は14~15世紀ころだそうです。
入口は修道院というよりも、美術館のようで
撮影禁止でしたが、地元画家による宗教画が沢山展示されています。

20160917 2

中庭には井戸があり、それがまた絵になる感じ。

20160917 3

その教会内部は天井が高く明るかったです。

にぎやかなルジャ広場へ、ここに面したスポンザ宮殿
1520年ころに建てられ当初は税関的な役割を担っていたそうです。

20160917 4

甚大な被害のあった17世紀の大地震でも倒壊を免れた貴重な建物で
保管されていた文書などが焼けずに残り、現在ではその古文書館となっています。

20160917 5
20160917 6

公開されていた場所は広くはありませんでしたが、
歴史を感じさせる空気がありました。

ルジャ広場に面し、スポンザ宮殿の向いにあったのが、聖ヴラホ教会

20160917 7

18世紀に再建された、街の中では比較的新しい教会です。
この教会の脇から小道をぬけると、グンドゥリチ広場へ出ました。

20160917 8

ここで毎日午前中に青空市場が開かれているようで、この日もにぎわってました。

グンドゥリチ広場を坂に向かって歩くと、かなり急なありました。

20160917 9

ローマのスペイン広場がちっちゃくなったような(笑)
で、暑さに負けずがんばってこの階段を上るとそびえていたのが、イグナチオ教会です。

20160917 10

巨大だけど、外観はちょっとひなびているような…
この教会も前述の聖ヴラホ教会と同時期に建てられたそうです。

20160917 11

内部のフレスコ画はなかなか見応えがあると思います!

それにしても、日差しが強い~暑い~(8月中旬)
密集した建物の隙間を通る風が案外涼しく、なるほどこの街の造りは意味があるんだなと勝手に思ってみたり

20160917 12

時折現れる猫ちゃんに癒されながら、
「ここから見るスルジ山の景色がきれい」という場所へ行ってみました。

20160917 13
民俗学博物館からぱちり)

この後は下り坂の路地を元気よく歩きまして
(当たり前ですが、特に子供たちは上り坂とのテンションが全く違う!!)

20160917 15

ガイドブックにも載っていなかったけど、とてもかわいい雑貨やさんがありました。

最後はピレ門に戻り、前日にちゃんと見学できなかったフランシスコ会修道院へ行ってみました。

20160917 17

14~15世紀に建てられた修道院です。
もともとは城壁外にあったそうですが、この場所に移築されたのだとか。

20160917 18

建物自体は、17世紀の大地震後に再建されているそうですが
この中庭は建設当初のまま現在にいたるそうです。

20160917 19

回廊の脇にある薬局は、ヨーロッパで3番目に古い現役の薬局です。
何かお土産に買おうかな~と思いましたが、混んでいたので断念しました。

20160917 16
(回廊です)

以上、駆け足で観光したドゥブロブニク旧市街でした。
沢山の人でにぎわう大通りと広場周辺を歩くなら、全く問題ないのですが、少し路地を入ると容赦のない階段があります。

20160917 20

小さな子供連れ家族にとって、上りはかなりきついかもです。

20160917 21

それでもそんな景色も意外に楽しめたりして
「暑い暑い」といいながら、アイスを食べたりビールを飲んだり、、夏場の旅行ならではの醍醐味を楽しむことが出来ます。

この後は、スプリットという街に向かうのですが
途中ビーチに立ち寄って子供たちには海水浴で発散してもらい、海の家みたいなところでランチは軽く済ませて、

20160917 22
(海の水は透明度が高くとてもきれいですが、冷たかった…)
   
ひたすらドライブ~そして、スプリット到着です。
続きます


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP