クロアチア旅行記④スプリットその2「世界遺産ディオクレティアヌス宮殿」

クロアチア旅行5日目。

スプリットは2日目となります。
前日にここ発の島めぐりを楽しんだ後は、旧市街にある世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿」を観光しました。

そもそもスプリットという街は、約1700年前、ローマ皇帝のディオクレティアヌスが晩年を過ごすため建設した宮殿に
人々がそのまま住み着くようになったことで誕生したそうです。
なので、一番の見どころといえば、この宮殿跡地でもある城壁に囲まれた旧市街!!

東西南北に4つずつあるうちの、北面にあるのがこの金門です。

20161015 30

他3つの門の中でも一番人が出入りしていたような気がします。
(この広場の前に建つ、巨大な像(グルグールの像)の足を触ると幸運が訪れるそうで、家族皆でさわってきました)

まずは、この宮殿の地下室に入ってみることにしました。
(入口は一見目立たない感じでしたが、海側の南面にあります)

20161015 2

この宮殿の地下室、中世以降には倉庫などとして使われていたそうですが
何が面白いかというと、当時の皇帝が居住した1階と同じ構造・間取りになっており、それを今に見ることが出来るということ。

20161015 3

歴史を感じさせる雰囲気が半端なかったです。
また、宮殿が完成したころの絵や、それ以降の歴史の展示などがあったりして、
宮殿内では一番見学しがいがありました。

20161015 5
(上から人がのぞいているのが見えますが、ここも地下)

また、宮殿地下通路には沢山のショップがあって、地域の特産物や土産物などを見ることが出来ます。

20161015 4

この地下通路を北側に進むと、広い中庭に出ます。
ここが、いわゆる大聖堂広場のようです。さほど広くはないのですが、ここはかなり大勢の観光客でにぎわっていました。

20161015 6 1
(ペリスティル)

ここに面して建つのが、大聖堂です。
その大聖堂鐘楼、広場からはどうやっても下から上まで入りきる写真が撮れませんでした。

20161015 6

まずはこの鐘楼にのぼってみたのですが、これがかなりの恐怖感でした。
なんていうか、柱の間がスカスカであったり、そこに非常階段的な階段を「ハイ、つけました!」みたいな、気取らない感じ(笑)

20161015 7 1

眺めは最高でしたが、恐怖のあまり水平線が斜めになっちゃってます。

20161015 7
(恐怖の階段)

ここ、高いところが苦手な方にはおすすめできないかも。。。

そしてこの日、残念ながら大聖堂内では宗教儀式があったようで、中に入ることが出来ませんでした。
「明日の午前中に行ってみよう!」ということに

20161015 1
(そういえば、城壁のそばでこんな儀式を見かけていました)

また、大聖堂のある広場(ペリスティル)に戻り、南側の階段(地下室出口の上)を上ったところには
円形の形をした広間、前庭がありました。

20161015 26 1

まあるい穴がぽっかり開いていますが
昔はここにちゃんと屋根がついていたそうで、皇帝住居の玄関であったそうです。

20161015 26

青い空がまんまるに切り取られたかのような美しさ
ここでは独特の音響効果を利用して、よく合唱や楽器演奏などが行われているそうです。

20161015 26 2
(前庭の壁も綺麗なカーブを描いています)

また、洗礼堂のほうも見学しようと思っていたのですが、
ここも大聖堂と同様、宗教行事が影響してなのか、この日はお休み・・・

大聖堂は急きょ、翌日の午前中に立ち寄ることにして、ひとまずランチです。
昨夜予約が取れなかったお店に行ってみました。

20161015 9
20161015 10

色々オーダーした中の、「タコのサラダ」と「シーフードカルボナーラ」
パスタはイカスミ入りの手打ちかな?もちもち系で、コクのあるソースにぴったんこでした。

食後はジェラートを食べて(長女とのお約束
お土産物やさんや食材やさんなどに入ってみました。

20161015 11

ドゥブロヴニクにもあった食材店。
クロアチアでとれたオリーブオイルや、トリュフオイル、ドライフルーツや、オリーブの木製品、
石鹸など。試食させてもらい、いちぢくを使ったfigcakeや、オレンジピールが美味しかったのでお土産に買いました。

20161015 31

ラベンダー製品を扱うお店もいっぱい。いい香りです

ホテルに戻りまして
午後はホテルから徒歩数分にあるビーチで、海水浴!!

20161015 13

クロアチアならではの、透明度は高く、だけど冷た~い
それでもめいっぱい遊びました。

ビーチからお宿へ戻る途中、可愛い姉弟猫達(?)に遭遇です。

20161015 14

つい数か月まで子猫だったのかな、可愛い~~

この日の夕ご飯は、このビーチを見下ろせる眺望抜群のレストランに行ってみました。
ちょうど日が沈むころで、なんだかロマンチックだね!

20161015 15

なんて話をしていたけれど・・・
ヨーロッパのレストランにありがちですが、夜になると卓上の照明だけではかなり暗くて料理が見えないという

そんな残念ポイントはありましたが、スマホの照明があったので問題なく(笑)
さっきまで泳いでいたビーチを眼下に眺めながら、そしてその波音を聞きながら、という食事の時間は何にも代えがたい

料理も、ものすごく美味しかった

20161015 17
20161015 16

前菜にオーダーした、カキと白身魚のタルタル。
メインの魚、仔牛がまた絶品でした!!

20161015 18
20161015 19

付け合わせやソースも、感激の美味しさで
「やっぱりクロアチアは料理が旨い」と再確認

20161015 20

旧市街からは離れますが、
ホテルとビーチの近所だったし、スプリットで訪れたレストランの中では一番でした。

Dvor
21000 Split Put Firula 14
+385 21 571 513

スプリットで3泊お世話になったBOBANともこの朝をもってお別れ。
大きなホテルではなかったけど、美味しいレストラン経営ということで朝ご飯もとてもおいしかったです

20161015 21
20161015 22
(シンプルな野菜のソテーも、味付けがばっちり)

この日は、次の街トロギールへの車移動を予定していたので
スプリット旧市街の観光は半日だけ、ということで
前日に見ることがかなわなかった場所へリベンジしてきました。

まずは、ディオクレティアヌス宮殿内の大聖堂

20161015 25

八角形の外観で、もともとは皇帝の霊廟として建てられたそうです。

が、世界史好きな方ならご存知かと思いますが、当時ディオクレティアヌス帝がキリスト教を迫害していたため、
その後、それを恨んでいたキリスト教徒により、棺もろとも遺体は行方不明にされ
この建物はキリスト教の大聖堂と変貌を遂げたそうです。

20161015 23
20161015 24

様々な建築様式がみられる装飾や、13世紀に作られたという木製の扉は一見の価値ありです

この大聖堂から広場を挟んだ向かいにあるのが、もうひとつの見どころ
洗礼室

20161015 27

ここもまた皇帝が自身を神格化すべく作らせた、ローマ神殿だったそうですが
のちにキリスト教徒によって大聖堂の洗礼室として改装されたそうです。

広くはない室内でしたが、天井に施された精巧な彫刻や
また、十字の形をしたバスタブのような洗礼盤も11世紀のものだとかで、

20161015 28
20161015 29
(描かれているのは、中世のクロアチア王だそうです)

以上、スプリットは歴史を感じさせる世界遺産らしく見どころいっぱいでした

20161015 12
(ブラチェ・ラディッチ広場)

そしてこの日は、次の目的地トロギールへ移動
続きます

クロアチア旅行記①アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク旧市街」、城壁ウォーク。
クロアチア旅行記②スルジ山からの景色、ドゥブロヴニク旧市街散策
クロアチア旅行記③スプリットその1「『青の洞窟』『フヴァル島』等島巡りツアー」



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
GO TOP